海外からお客様を向かえた時の
接待ネタ

今回は「居酒屋」にまつわるお話をお届けしたいと思います。私の香港人の友人が日本に来た時に「何を食べたい?」と聞いたら、「居酒屋に行きたい!」と言われました。

Hanako: What do you want to eat when you come to Osaka?
大阪に来た時、何を食べたい?
Jane: I want to go to IZAKAYA for dinner this time!
夕食には居酒屋に行きたい!
Hanako: Why IZAKAYA? There are famous foods in Osaka such as OKONOMIYAKI,TAKOYAKI….
なんで居酒屋?大阪には有名な食べ物があるよ。お好み焼きとかたこ焼きとか...
Jane: Well, I want to try various kinds of dishes.
だって、いろいろな食べ物を食べたいから。

なるほど・・・ 日本の「居酒屋」は本当に優秀だと思います。お安く、財布に優しい「居酒屋」から、少し高級な個室などもある「居酒屋」まで、沢山ありますよね。
「居酒屋」というのは、日本独特の食文化だと思います。お酒を飲みながらいろいろな「つまみ」を皆でシェアして食べる。いわゆる「飲みニケーション」というのは、お酒を飲まない人には迷惑?なこともあるかもしれませんが、お酒好きには良い「コミュニケーション」方法ですね。お酒と「おつまみ」に関して言えば、以前イギリスに行った時、夕食後パブ(いわゆるバーみたいな場所)に飲みに行ったのですが、私の周りの日本人の方で、フライドポテトなど「つまみ」を注文したいという人がいました。すると、イギリス人の友人が「え?お腹空いているの?夕食食べたよね?」と不思議がっていました。「日本ではお酒を飲む時には、つまみを食べながら飲む習慣があるんですよ」と説明したら、「へえ~、そうなんだ」とビックリしていました。

それでは、「飲みニケーション」、「おつまみ」などについて英語で説明する時はどのように表現するのでしょうか。
例えば、下記のような会話例を参考に、海外の方に説明してみてくださいね!

Bob: With whom do you usually go for drinks?
いつも誰と飲みに行くの?
Taro: I sometimes go for drinks with my boss and co-workers.
時々、上司や同僚と飲みにいったりするよ。
Bob: Really? If I were you, I would not drink with my boss after work. It must be tiring!
本当?僕が君だったら、仕事後に上司とは飲みに行きたくないね。疲れるよ。
Taro: In Japan, it is common to drink with bosses and co-workers after
    work. We call this drinking opportunity "Nominication",
    which means "communicating through drinking".
    It is a good opportunity to get to know each other and to build
    a good relationship.
日本では、上司や同僚と仕事後に飲みに行くのは一般的だよ。この飲む機会を"飲みニケーション"っていうんだ。"お酒を通じてコミュニケーションする"という意味なんだよ。
お互いをよく知る良い機会だし、良い関係も築けるよ。
Bob: Oh, I see. This is a Japanese business culture.
なるほど。日本のビジネス文化なんだね。
Taro: Yes. We usually go to restaurants called "IZAKAYA" and share some dishes over drinks. We can have dinner and "Nominication" at "IZAKAYA" at one time!
そうだよ。たいてい、"居酒屋"というレストランに行って、飲みながら料理を分け合うんだ。"居酒屋"では夕食と"飲みニケーション"が一度にできるんだ。

「go for drinks」は「飲みに行く」とよく使える表現です。「co-worker」や「colleague」は「同僚」という意味です。ビジネスシーンでは使えますね。
また、飲み過ぎるとなってしまう「二日酔い」。その場合は、「I have a hangover. 又はI am hungover.」と言いましょう!
「二日酔い」ではなく、まだ酔っている状態「I am still drunk.」かもしれませんね。飲み過ぎには注意しましょう!

関西Actualizers(アクチュアライザーズ) プロフィール

2015年4月設立。経験を通じて、「海外留学や海外生活を考えている人たちの背中を押したい」と考える関西のグループです。 海外生活をする、外国人を迎え入れることにあたって知っておくと良い事や役立つ情報などを発信しています。 
facebook:https://www.facebook.com/kansai.actualizers

 サイト内検索

 過去のコラム(英語)

To the world (世界へ)

EXtelligenceコラム

「EDI」や「IT」をはじめとするキーワードをテーマにしたコラム EXtelligenceコラム