飲食店などで
接客に使える英会話フレーズ 。

私が暮らすカンボジアは、4月と5月の間となる今が一年で最も暑い時期になります。同時に、マンゴーが一番おいしい季節でもあり、街中にマンゴーがあふれています。日本ではあまり見ないような種類のマンゴーもたくさんあるので、暑くても楽しみな季節です。

様々なマンゴー

さて、先日、首都のプノンペンから車で6時間ほど北に行ったところにあるプレアビヒア州というところまで行ってきました。タイとの国境に近く、プノンペンとは全く異なり、高いビルもなく交通量も少ない田舎町なのですが、驚いたのはふらっと入った食堂にメニューがあったことです(そもそもカンボジアの田舎の食堂や屋台には、あまりメニューというものが存在しません)。そして、そのメニューにはなんと英語表記も!聞けば、近くに外国人が働くNGOがあるからとのこと。私はクメール語が全く読めないので、英語表記のメニューがあるだけで感動ものでした。もちろん、店員さんが英語を話すというわけではなかったのですが、メニューを指させばよいので、かなり助かりました。日本を訪れる外国人も、英語表記があるだけで随分と安心してくれると思います。特に飲食店などでは、少しでも英語対応できれば、売り上げアップにつながるのではないでしょうか。
今回は、飲食店などの接客で役立つ、簡単に使える英会話フレーズをご紹介したいと思います。




・いらっしゃいませ
 Hello!/Good afternoon!/Good evening!/Can I help you?
・ようこそ○○レストランへ
 Welcome to ○○ restaurant./Welcome to our restaurant.
・ご予約はされていますか?
 Do you have a reservation?/Have you booked a table?
・何名様ですか?
 How many are you?/How many people are there?
・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?
 May I have your name, please?
・申し訳ございません。ただいま予約で満席です。
 I'm sorry but we're fully booked at the moment.
・ここでしばらくお待ちいただくか、30分ほどしてからお越しいただけますでしょうか?
 Would you like to wait here or could you come back in 30 minutes?
・相席になりますが、よろしいでしょうか?
 Would you mind sharing the table?
・お客様のお席がご用意できました。
 Sir(Madam), your table is ready.
・こちらへどうぞ。ご案内いたします。
 This way, please./Would you follow me, please?/Please follow me.
・ご注文はお決まりでしょうか?
 Are you ready to order?/May I take your order?/Can I take your order?
・しばらくしてからまいりましょうか?
 Do you need a few more minutes?/Do you need a little time to decide?
・お飲みものは何にしますか?
 Would you like something to drink?
・すぐに(対応)いたします。
 I will take care of that right away.
・こちらが本日のおすすめメニューです。
 Here are today's chef's specials./Here is today's recommendation.
・申し訳ございません。ただいま、そちらは品切れております。
 I'm sorry, we are out of that right now.
・そちら(お皿など)をおさげしましょうか?
 Would you like me to take that?/May I take your plates?
・かしこまりました。
 Sure./Certainly
・お料理は(お味は)いかがですか(いかがでしたか)?
 How is everything?/Is everything all right?/Did you enjoy your meal?
・すぐにまいります。
 I'll be back shortly./I'll be with you in a minute.
・お会計はご一緒でよろしいでしょうか?それとも別にいたしましょうか?
 Would you like to pay together or separately?

英文法など細かいことも気にはなるかと思いますが、接客の場合は気持ちを込めて対応すれば、少々間違っていたり発音が違っていたりしても、必ず相手には伝わります。飲食店に限らず、接客する際は積極的に使っていきましょう!

関西Actualizers(アクチュアライザーズ) プロフィール

2015年4月設立。経験を通じて、「海外留学や海外生活を考えている人たちの背中を押したい」と考える関西のグループです。 海外生活をする、外国人を迎え入れることにあたって知っておくと良い事や役立つ情報などを発信しています。
facebook:https://www.facebook.com/kansai.actualizers
instagram:https://www.instagram.com/kansai_actualizers/

 サイト内検索

 過去のコラム(英語)

To the world (世界へ)

EXtelligenceコラム

「EDI」や「IT」をはじめとするキーワードをテーマにしたコラム EXtelligenceコラム