松本 眞(まつもと まこと 、1965年 2月18日 - )は、日本の数学者。 広島大学大学院理学研究科教授。専門は疑似乱数、数論幾何、組合せ数学、位相幾何学。 優れた疑似乱数生成法であるメルセンヌ・ツイスタを考案したことで知られる。 1998年慶應義塾大学理工学部助教授。1999年九州大学大学院数理学研究科助教授。2000年3月 東京大学博士(工学)。論文の題は「Random number generators by M-sequences with high-dimensional equidistribution property,and their dynamic creation (M系列を用いた高次元均等分布性を持つ乱数の発生法とその動的生成)」[4]。 2000年京都大学総合人間学部助教授。2003年広島大学大学院理学研究科教授。2010年から2013年3月まで東京大学大学院数理科学研究科教授。2013年4月より現職。, http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/~m-mat/PROFILE-RESEARCH/public040301.pdf, http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/teacher/mmatsumoto.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松本眞&oldid=79404634. 中家剛(なかや つよし、1967年11月 - )は、高エネルギー物理学を専門とする物理学者。 京都大学理学部教授。. (※本学の学生の皆さん: 授業関係の問い合わせについては,授業で指定の連絡方法があれば,そちらを使って下さい), メッセージ任意 理学博士(大阪大学); 日本学術振興会海外特別研究員; 1997年:シカゴ大学 エンリコ・フェルミ研究員 〔大学院での研究を希望される方へ〕 ・ 人間・環境学研究科では、「修士課程」「博士後期課程」の他に、「研究生」も募集しています。 当研究室の専門領域について基礎から学ぶ必要がある場合は、まずは「研究生」として出願されることをおすすめします。 このフィールドは空のままにしてください。.

松本 眞(まつもと まこと[1]、1965年2月18日[2] - )は、日本の数学者。広島大学大学院理学研究科教授。専門は疑似乱数、数論幾何、組合せ数学、位相幾何学。優れた疑似乱数生成法であるメルセンヌ・ツイスタを考案したことで知られる。, 東京都杉並区出身[2]。麻布高等学校卒業[3](1983年)。東京大学理学部情報科学科卒業(1987年)。東京大学大学院理学系研究科修士課程(情報科学専攻)(1989年)。東京大学大学院理学系研究科第一種博士課程(数学専攻)進学。1990年同中途退学。, 1990年京都大学数理解析研究所助手。1995年 京都大学博士(理学)。論文の題は「Galois representations on profinite braid groups on curves (曲線上のプロファイナイト組紐群へのガロア表現)」[4]。同年慶應義塾大学理工学部専任講師。 特定助教: 松本純明 特定病院助教: 川口展子 医員: 稲垣有希子、中川梨恵、中村有輝、樋上明音、何佳曦 医師: 仙田典子、清水華子、波々伯部絵里、福井由紀子、前島佑里奈 TEL: 075-751-3660 FAX: 075-751-3616 E-mail: nyusen@kuhp.kyoto-u.ac.jp 1990年:大阪大学理学部物理学科卒業; 1994年:フェルミ研究所; 1995年. 入力欄の内容をそれぞれご確認の上,問題がなければチェックを入れてから,送信ボタンを押して下さい. 京都市伏見区讃岐町の松本クリニックです。うつ病や適応障害、パニック障害、強迫性障害、摂食障害、睡眠障害、ptsd、統合失調症など、心療内科、神経内科、精神科の診療に対応し、時間をとってじっくりお話を伺います。認知症もご相談ください。医師紹介のページ。 本校地 〒607-8414 京都府京都市山科区御陵中内町5 . 松本大学の防災への取り組み 本学では地域を守る防災士の育成をしており、資格取得後の研修の場・地域防災について継続的に学ぶ場として「長野県地域防災推進協議会」を設立、その事務局を学内に設置 … , ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰ÈE—Տ°_ŒoŠwE“Á’è•a‰@•‹³, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰ÈE—Տ°_ŒoŠwEŒ¤Cˆõ, ƒ}ƒTƒ`ƒ…[ƒZƒbƒc‘‡•a‰@_Œo“à‰ÈEƒŠƒT[ƒ`ƒtƒFƒ[, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰ÈE—Տ°_ŒoŠwE•‹³, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰ÈE—Տ°_ŒoŠwE‰@“àuŽt, ‹ž“s‘åŠwˆãŠw•”•‘®•a‰@E—Տ°”]¶—ŠwuÀEˆãˆõ, •Ä‘‘—§_ŒoŽ¾Š³”]‘²’†Œ¤‹†Š(NINDS)E”ŽŽmŒ¤‹†ˆõ, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰È•‘®‚ŽŸ”]‹@”\‘‡Œ¤‹†ƒZƒ“ƒ^[EŒ¤Cˆõ, ‹ž“sHŒ|‘@ˆÛ‘åŠwEƒxƒ“ƒ`ƒƒ[ƒ‰ƒ{ƒ‰ƒgƒŠ[EŒ¤‹†ˆõ, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰ÈEƒiƒmƒƒfƒBƒVƒ“—Z‡‹³ˆçƒ†ƒjƒbƒgE“Á’菕‹³, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰È•‘®‚ŽŸ”]‹@”\‘‡Œ¤‹†ƒZƒ“ƒ^[EŒ¤‹†ˆõ, ‹ž“s‘åŠwEŠwÛ—Z‡‹³ˆçŒ¤‹†„iƒZƒ“ƒ^[E“Á’èy‹³Žö, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰ÈE‚Ä‚ñ‚©‚ñ‰^“®ˆÙí¶—ŠwuÀE“Á’èy‹³Žö, ‚ŽŸ”]‹@”\‚̐³í‹@”\‚Æ•a‘ԁA”]Šˆ“®‚̐”—‰ðÍ, ‹ž“s‘åŠwˆãŠwŒ¤‹†‰È—Տ°_ŒoŠwi“Á’èy‹³Žöj@, “V—‚æ‚ë‚ÑŠ’kŠ•a‰@EƒWƒ…ƒjƒAƒŒƒWƒfƒ“ƒgi‘‡j, “V—‚æ‚ë‚ÑŠ’kŠ•a‰@EƒVƒjƒAƒŒƒWƒfƒ“ƒgi“à‰ÈŒnj, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ˆãŠwŒ¤‹†‰È—Տ°_ŒoŠw”ŽŽm‰Û’ö, “ú–{Ô\ŽšŽÐ˜a‰ÌŽRˆã—ÃZƒ“ƒ^[_Œo“à‰ÈEˆãˆõ, ƒ}ƒTƒ`ƒ…[ƒZƒbƒc‘‡•a‰@_Œo‰ÈEƒŠƒT[ƒ`ƒtƒFƒ[, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ˆãŠwŒ¤‹†‰È—Տ°_ŒoŠwE“Á’è•a‰@•‹³, Neuro-glial-vascular unit‚É‚¨‚¯‚éƒIƒŠƒSƒfƒ“ƒhƒƒTƒCƒg‚Æ‚»‚Ì‘O‹ì×–E‚Ì–ðŠ„‰ð–¾‚Æ_ŒoŽ¾Š³f’fEŽ¡—Âւ̉ž—p, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ˆãŠwŒ¤‹†‰È—Տ°_ŒoŠwE”ŽŽm‰Û’ö, ‹ž“s‘åŠwˆãŠwŒ¤‹†‰È—Տ°_ŒoŠwE“Á’è•a‰@•‹³, _Œo•Ï«Ž¾Š³A“Á‚ÉALS‚Ì•ªŽq_Œo•a—Šw“IŒ¤‹†, _ŒËŽs—§’†‰›Žs–¯•a‰@iŒ»Eˆã—ÃZƒ“ƒ^[jEŒ¤Cˆã, ƒ}ƒTƒ`ƒ…[ƒZƒbƒc‘‡•a‰@EƒŠƒT[ƒ`ƒtƒFƒ[, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@EˆãŠwŒ¤‹†‰ÈE—Տ°_ŒoŠwE•a‰@uŽt, _Œo•Ï«Ž¾Š³‘S”ʁA‚Æ‚­‚ÉALS, ƒp[ƒLƒ“ƒ\ƒ“•a—Þ‰Ž¾Š³, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ ˆãŠwŒ¤‹†‰È —Տ°_ŒoŠw ”ŽŽm‰Û’ö, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ ˆãŠwŒ¤‹†‰È —Տ°_ŒoŠw ˆãˆõ, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ ˆãŠwŒ¤‹†‰È —Տ°_ŒoŠw “Á’è•a‰@•‹³, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ ˆãŠwŒ¤‹†‰È —Տ°_ŒoŠw@•‹³, —„ìƒLƒŠƒXƒg‹³•a‰@ ƒX[ƒp[ƒ[ƒe[ƒgŒ¤Cˆã, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ ˆãŠwŒ¤‹†‰È —Տ°_ŒoŠw ”ŽŽm‰Û’ö, •Ä‘ƒWƒ‡ƒ“ƒYƒzƒvƒLƒ“ƒX‘åŠw ”]_Œo“à‰È ‹qˆõŒ¤‹†ˆõiƒŠƒT[ƒ`ƒtƒFƒ[j, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ ˆãŠwŒ¤‹†‰È ‚Ä‚ñ‚©‚ñE‰^“®ˆÙí¶—ŠwuÀ “Á’菕‹³, ¶—“I‚¨‚æ‚Ñ•a‘Ô‰º‚É‚¨‚¯‚é”]“à_Œoƒlƒbƒgƒ[ƒN, —Տ°‚Ä‚ñ‚©‚ñŠwA—Տ°_Œo¶—ŠwA—Տ°_ŒoŠw‘S”Ê, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ˆãŠwŒ¤‹†‰È@—Տ°_ŒoŠw@”ŽŽm‰Û’ö, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ˆãŠwŒ¤‹†‰È@—Տ°_ŒoŠw@ˆãˆõ, ‹ž“s‘åŠw‘åŠw‰@ˆãŠwŒ¤‹†‰È@—Տ°_ŒoŠw@“Á’è•a‰@•‹³, “ú–{Ô\ŽšŽÐ˜a‰ÌŽRˆã—ÃZƒ“ƒ^[@”]_Œo“à‰È@ˆãŽt, ƒp[ƒLƒ“ƒ\ƒ“•a‚Ì•ªŽq‹@\‚̉𖾂ƐV‹KŽ¡—Ö@‚ÌŠJ”­, ƒp[ƒLƒ“ƒ\ƒ“•a‚Ì•a‘Ô‹@˜AαƒVƒkƒNƒŒƒCƒ“‚Ì“`”d, —Տ°_ŒoŠw‘S”ʁA“Á‚Ƀp[ƒLƒ“ƒ\ƒ“•a‚Æ‚»‚Ì—Þ‰Ž¾Š³, ‚Ä‚ñ‚©ƒNƒŠ[ƒuƒ‰ƒ“ƒhƒNƒŠƒjƒbƒN‚ñƒZƒ“ƒ^[EƒŠƒT[ƒ`ƒtƒFƒ[, ƒqƒg‚Ä‚ñ‚©‚ñ•a‘Ô“Á‚É‚Ä‚ñ‚©‚ñŒ´«•]‰¿–@‚̐_Œo¶—Šw“IŒ¤‹†, —Տ°_ŒoŠwˆê”ʁA—Տ°‚Ä‚ñ‚©‚ñŠwA—Տ°_Œo¶—Šw. Copyright © Faculty of Integrated Human Studies,Kyoto University 南校地 〒607-8412 京都府京都市山科区御陵四丁野町1 . 京都大学大学院・医学研究科附属高次脳機能総合研究センター・研究員: 2013年1月: 京都大学・学際融合教育研究推進センター・特定准教授: 2018年6月: 京都大学大学院・医学研究科・てんかん運動異常生理学講座・特定准教授 日本内科学会認定内科医 tel: 075-595-4600(代表) / fax: 075-595-4750(代表) (※下記の「◆メール連絡の際の注意事項」をご確認の上、さらにその下のメールフォームからご送信ください。)Please use the mail form below. ドイツ・フランスの精神病理学、およびジークムント・フロイトやジャック・ラカンをはじめとする精神分析理論を基盤として、言語的存在かつセクシュアリティと関わる存在としての人間に生じうる様々な症状や創造性や社会病理の解明を目指しています。精神病理学や精神分析理論の他に、それらの関連領域であるかぎりでの哲学・思想、精神病理学や精神分析理論が発展してきた歴史の解明を目指す精神医学史、精神の病と芸術作品や時代病理などの関係を問う病跡学などの、人文科学と精神医学の中間領域に属する複数の分野を射程に入れた研究を行っています。, 『メンタルヘルスの理解のために——こころの健康への多面的アプローチ』(共編、ミネルヴァ書房、2020年), 日本精神神経学会、日本精神病理学会、日本ラカン協会、日本統合失調症学会、精神医学史学会、日本病跡学会、日仏哲学会、日本精神分析学会, 1983年、高知県生まれ。2008年3月、高知大学医学部医学科を卒業。2008年4月から2010年3月まで、自治医科大学附属病院初期臨床研修医。2010年4月より、自治医科大学精神医学講座に入局し、後期研修医として主任教授・加藤敏のもとで精神分析と精神病理学を学ぶ。2011年7月、日本統合失調症学会一般演題奨励賞を受賞。2015年3月、自治医科大学大学院医学研究科修了、博士(医学)。2015年4月より、自治医科大学精神医学講座助教。2016年4月より、現職。. 略歴. Graduate School of Human and Environmental Studies,Kyoto University.All Rights Reserved.