:アーモンドアイ :ダノンキングリー 最強の法則ランキングのほうにも全馬の印を打ってるのでよければ。 Prev. うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪今回は2020【天皇賞秋】です…

⇒ファルコンS最終予想へ, onix-onikuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 3連複5,880円ダブル的中! ⇒金鯱賞最終予想へ

天皇賞・秋の最終予想を行っていきます。今日から11月となりました。秋の府中での古馬による中距離王決定戦。果たしてどの馬に栄冠が輝くのでしょうか。, 天皇賞のルーツをたどると、1905年5月6日に横浜競馬場で創設されたThe Emperor's Cup(エンペラーズカップ) や、明治初期のMikado's Vaseにまでさかのぼることができる。, 1937年秋に行われた「帝室御賞典」、日本中央競馬会(JRA)ではこれを天皇賞の第1回としている。1937年以来「古馬の最高峰」として位置づけられた天皇賞は長らく番組体系の中心に据えられ、旧八大競走にも含まれるなど、その地位を保ち続けた。1980年代以降に進められたさまざまな制度改革、賞金や競走条件の変遷を経てもなお、天皇賞は日本国内で現存する競馬の競走としてもっとも長い歴史と伝統を持ち、重要な競走のひとつに位置づけられている。, レース間隔が中3週だったエリザベス女王杯は、この馬が生涯で一度きりの馬券圏外となる5着に敗れました。, 今回は中17週とたっぷりレース間隔がとられました。もちろんノーザンF系のSランク外厩を使われています。, 道悪の京都記念や宝塚記念を勝っているためにパワータイプに見られがちですが、もちろん良馬場でも問題はありません。現在は充実期・成長期にあり、ここでもその強さを遺憾無く発揮してくれるでしょう。, 「厩舎の自信度」=各厩舎の担当記者による印チェックでもアーモンドアイよりも上の評価となりました。見るべき人が見れば、この馬が本格化しているとの現れでしょう。ここは人気でもややスポットになっている印象です。, 思えば2019有馬記念のリスグラシューであったり、2020安田記念のグランアレグリアであったり、化物級の牝馬と並ぶ勢いがあります。時代は牝馬で、強い馬が斤量2kgマイナスの恩恵があれば、牡馬には敵はいません。, 初めてとなる、レース後に外厩先に戻らず自厩舎での調整で挑んだレースとなりました。ヴィクトリアマイル⇒安田記念は中2週しかレース間隔がなかったので、仕方のない措置でした。その間精神的にも休まる時がなかったのでしょう。, 安田記念ではピリピリしていて、スタートで出遅れ。最後もキレはあまりなく2着に上がるのがやっと。この馬の力は発揮されませんでした。, 今回はレース間隔が中20週とキッチリ調整されてきました。問題のない仕上がりで臨めるでしょう。, どうもこの馬は前走の安田記念でケチがついた印象です。おそらくは今年で引退でしょう。次にジャパンカップだと中3週でレース間隔が短すぎます。有馬記念でも中山や距離に対する不安もあります。香港に出るとしても未知数な部分もあります。, ここで芝G1の8勝目を取らせたいなら、ノーザンファーム陣営もクロノジェネシスを敢えてこの天皇賞・秋に使う必要はなかったのではないでしょうか。, クロノジェネシスがイマイチなキレに終わればここは勝つでしょうが、どうも今回は2着に敗れる可能性のほうが若干高いような気もします。, この馬は三嶋牧場生産ですが、外厩はずっとノーザンファーム系の外厩を使われています。, G1では勝負弱さがあります。ノーザンF系でも3番手評価で、牡馬なので斤量はクロノジェネシスやアーモンドアイに比べて2kg重いハンデもあります。, とてもじゃないですが、牝馬2頭には勝てないでしょう。上手く立ち回っての3着が精一杯でしょう。鞍上の戸崎騎手は良いとは思います。, 朝の時点で3番人気となっていますが、それ程までの信頼はおけない気もします。消極的な3着候補となります。, この馬は本当に中距離だと安定しています。天皇賞・春はやはり距離が長かったのでしょう。芝の1800m~2200mだと崩れは少ないです。, ノーザンF系の馬が勝った時での2着3着が異常に多い馬です。ここでもその独特の能力を発揮して3着にしぶとく粘る場面が見られそうです。, 人気は朝の時点で単勝6番人気となっています。安田記念は海外競馬帰りで13着に敗れました。直線でももうほとんど追っておらず、競馬をしていません。, 今年は9月10日に外厩明けから自厩舎に戻ってきました。調整過程も昨年とほぼ同じです。「追切」の印も入りました。今回は初ブリンカーという事で陣営の力の入れ具合も伝わります。, フィエールマンはスタミナがあり長距離タイプ。イメージでいうとキレのあるシュヴァルグランという感じでしょうか。, G1だと2400m以上がベストで、G2G3だと2000m前後でも通用しますが、2000mのG1だと、この距離のスペシャリストが集まりますので自然と着順は下がってしまうでしょう。, 便宜上1点100円となっていますが、別に1点500円でも1000円でも何なら1万円でも、好きなだけ買っても良いのではないでしょうか。, 私がこの天皇賞・秋で馬券を買うならこの買い目しかありません。3連複は着順を考えてもデメリット(オッズ的な)しかありませし、単勝や馬連も保険替わりにしかならないでしょう。, 単勝 9 140円 複勝 9 6 7 110円 260円 140円 枠連 5-7 780円, 馬連 6-9 970円 ワイド 6-9 7-9 6-7 420円 180円 670円, 馬単 9-6 1,180円 3連複 6-7-9 960円 3連単 9-6-7 4,130円, 自信満々で消したフィエールマンに2着に好走されてしまいました。これではちょっと厳しいですね。, スプリンターズSでは三連単225.4倍を勝ち取ることができました。特にメインレースに効果を発揮します。, 個人的な楽しみとして、競馬偏差値予想表と掛け合わせて、全レースどれだけ精度よく当たるかなど趣味として使っている、, 全レースの軸馬や特注馬がひと目でわかるのが嬉しいことで、的中実績が凄くて精度が良かったので見ることにしました。, 「うまとみらいと」の競馬指数でチェックすべき馬は【緑で囲った1~6と書いてある馬のみです】, 競馬予想をするときに使っている人が10万人以上もいる人気コンテンツなので信頼度は高く、, 皆さんや私のように毎週競馬予想を楽しみながら稼ぎたい方には、強い味方になること間違いないと思います。おすすめです。, 天皇賞・秋の過去の偏差値データからの好走馬の傾向を【各偏差値データの条件別傾向】からまとめています, 【展開順偏差値予想表】前から9番手以降に予想されている馬が必ず1頭は3着以内に来ている(過去4年で7頭該当)。, 前から6番手以内に予想されていた馬で、3着以内に来た馬には展開★の印か追切の印のどちらかが必ずついていた。, 騎手ランクは12頭中12頭がAランク以上でした。Bランク以下の騎手は全く馬券に絡んでいません。完全に上位騎手が活躍するレースとなっています。, 騎手の乗り替わりだと、前走から騎手ランクが下がったケースは7回あり、1頭も馬券に絡んでいません。, 追切の印がついていた馬は12頭中11頭来ていました。2着以内の馬には全て「追切」の印がついていました。, SランクのノーザンF系の外厩が来る事が多いのですが、出走自体の数も多く複勝率としてはややイマイチとなります。, 展開順位予想で前から9番手以降に予想されている馬が必ず1頭は3着以内に来ていました。, 逆に前から6番手以内の前目の位置に予想されていた馬で3着以内に来た馬には、必ず「展開★」か「追切」の印がついていました。, ※このブログでの過去4年分の重賞偏差値予想表データが対象(それ以前はデータの作成はありません), //

Write CSS OR LESS and hit save. 馬連1,780円 ⇒金鯱賞最終予想へ 宝塚記念 1着 「競馬偏差値」完全オリジナル指数を開発 2020年10月31日 【軸馬一点予想】アルテミスステークス【2020】 Next. 金鯱賞(G2) 競馬ナンデ監修による天皇賞秋 2020等重賞出走予定有力馬の詳細情報。予想オッズは集合知に依らず、編集部独自のデータと合議により算出しており、精度が高いと評判。出走馬の次走情報や騎手想定、枠順・過去10年分データなども早期掲載しています。 2020年5月16日(土)