不器用だと心を欲している人には何も伝わらず損だ。

ミッドナイトスワンは、 映画を先に見たほうが楽しめます。 ミッドナイトスワンは、映画公開前にノベライズ小説が販売されています。そのため、世間では小説と映画ではどっちを先に見たほうがいいのかで迷っている方が多くいます。 だからこそもどかしいし、愛おしいんだろうなということをとても感じる。

それぞれ、傷を抱えたまま離れ離れだった家族。 旦那が浮気してて、父親の介護して、自分も体調不良で、そんな時に優しくされたらフラフラっとなるでしょねぇ。元旦那ならなおさら。 利一の優しさはあまりにも大雑把過ぎて、もっと人には繊細に接してあげればいいのにと思う。 最後の方は、一筋の光が見えた気がして救いがあった。

それを上手く伝えられない不器用な人達。 全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。 そんな物語のラストは驚くくらい綺麗。 その先には輝かしい朝日が待っている。 傷付きながらも父親の元に残った子供達。 結局、皆が身勝手で、傷付くのが怖いから壊れた理由に向き合おうとしないんだと思うと、その弱さに腹が立つけれど、自分も同じじゃないかとハッとしたり… 長距離夜行バスがいい具合に絡まってきて素敵な話になっていると思う。, 地元に戻り深夜バスの運転手として働く利一。 スッキリした話ではないですが、心の奥底に響く作品でした。, 14/09/06読了 美雪は再婚しているが、その夫の浮気に悩んでもいた。 分かってるよ、利一が行って志穂さんは喜んでくれるやろう。 でも、言葉に出来ることと出来ないことの微妙な違いとかなんだかすごく分かるような気がしてしまった。

夜が長くとも朝はくる。そしてその朝は昨日とは違う朝なんだと 会社の倒産により、故郷の綺麗な空気のなかで、自分一人の技量と +++ 東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。

別れた妻の義理の父とリイチさんの会話にじ~んときました。 しかも、離婚した妻・美雪が、実父が入院したため、近くに通うようになっていた。 志穂がかわいそうな成り行きなので、これどうなんだ‥って思っていると‥ いいえ, +++ 家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作! 当時は気付く事すら出来なかった事実。 彩菜は友達にはいいかな。家族だとめんどくさそう。 実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。 志穂さんに感情移入しているつもりもなかったのに、利一さんのはっきりしない態度にやきもきして、心ない言葉に憤った。

バラバラになった気持ちをうまく繋ぎ合わせるのは難しいことだけれど、他人ではない家族なら時間はかかっても望みは捨てないでいたい。

故郷の新潟に戻り、深夜高速バスを運転している利一。 参考書と同時に発見したから買った!受験だし、映画観れないから小説で我慢ミッドナイトバス来年映画やるんでぜひ見てください!

もうちょっと教えて欲しかった。 それぞれの心情がよく書かれていて良かった。 とても心温まるお話です。 愛情じゃなくて愛惜だって。すごい。 美雪は再婚しているが、その夫の浮気に悩んでもいた。 父、母、息子、娘だけじゃなく、その周りにいる人々もたくさんの想いを抱えている。 怜司の悩みの原因も、なかなか分からないため、ハッキリしない感じが好ましくなく、終盤まではあまり良い感情をもてずに読んでいました。 でも、子供って、親だって弱いひとりの人間、って知ってるんですよねw 子供の方が、強いのかもしれません。

白鳥って大きな群れではなく、 伶司の肌の理由は意外だった。ただの仕事でダメになった子だとばかり思ってたので。 ひとつのきっかけをもとにまた顔を合わせるようになる…。 そして、彩菜の姿が1番好ましかったです。
今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。 今、先の見えない暗がりの中でもがいていたとしても、明けない夜は決してない。 10歳下の恋人・志穂を初めて家に呼び、一歩を踏み出そうとしたところ、急に仕事を辞めて帰ってきた息子と鉢合わせしてしまう。 何かを抱えながら、もがきながら必死で生きている

でも、子供って、親だって弱いひとりの人間、って知ってるんですよねw 子供の方が、強いのかもしれません。

東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。 他の作品も読んでみます。, 映画になりそうなお話。 真っ暗闇の夜を通り越したら、みんなに等しく朝はやって来る。 裁量で稼げる職に就きたいと、大型免許を取得し、 離婚後16年がたち、男手で育てた子供達もなんとか無事に成人した。 本編も良かったけれど、時折付けられるアナザーストーリーがとても好き。 暗さを強調された紺色の夜空のような雰囲気が漂っています。

突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、 未婚女性の一人としては、なんとなくずっと落ち着かなかった。 途中途中に挟まれる長距離バスの利用者達、これが凄く良い空気を作っているんです。 夜行バスの運転手、別れた妻、息子と娘、皆何かにつまずいている。夜明けはくると言われても、遠い。 何をしても全然上手くいかないことも 家族というくくりではなくて大人になった家族の問題かな。 明日が始まる方へゆっくりと向きをかえることができていたりする。

怜司の真実が変更されたのはまあ仕方無いとしても 何かの事情で仕事を辞め東京から故郷に舞い戻った息子・怜司 この白鳥の名前のつくバスが誰かを誰かのもとへ 娘の負担になっていると心を痛める元義父・敬三 相手を想う気持ちで溢れているのに、 すぐは上手くいかなくでも努力しただけのことはあるもんだよね!という印象でした。, 職場の先輩に薦めてもらった本。 ミッドナイト・ブルー。 母親にずっと会っていなかった息子と娘のために、むげには出来ない利一。 じわじわと問題は解決に向かい、すっきりさっぱりと未来へ踏み出す結末。

一度壊れてしまった家族。 … 千穂は可哀想だな。でもきっと利一が京都にきたらウエルカムしちゃうんだろな。 静かで暗くなりがちなのに、物語全体に漂う優しい空気が良かった。 決して前が見えない程ではないのですが 父親の介護と再婚した夫の浮気や身体の不調に疲弊してる元妻・美雪 バラバラに散らばっていた不器用な家族は、やがて自分達のペースで人生を進み始める。 夜行バスを見るたびに優しい気持ちでこの小説と主人公を思い出しそうです。 全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。 怜司が好みすぎる笑 唯一、逃げようとしなかった志穂の強さが心に残る。 もうちょっと教えて欲しかった。 案ずるより生むが易しというか~ 言わなくてもわかる。 登場人物たちの現在から先がよく見えない感じだからなのか 多数の大ヒット小説を手掛けた作家、五木寛之。小説家としてはもちろん、エッセイストとしても魅力的な作品をたっぷり世の中に送り出しています。また作詞家としての活動も豊富で、多方面に実力を発揮しています。そんな五木寛之の作品... たくさんの作品を発表し、新作のたびに世間を賑わす大人気小説家・村上春樹。翻訳者としても活躍しており、数々の文学賞も受賞しています。世界各国に多くのファンを持ち、彼の作品を心待ちにしている読者の数ははかりしれません。, ポップな青春ミステリーから、映画化された本格派ミステリーまで、様々な種類のミステリー小説を世に送り出している米澤穂信。数多くの受賞歴を持つ人気作家の作品の中から、おすすめの10作品を紹介します。, 1990年のデビュー以来、数多くのヒット作を生み出している角田光代。多くの人に愛される、彼女の作品の魅力に迫ります。.
何かとすれ違う気持ちが、少しずつ前へ。 分かってるよ、利一が行って志穂さんは喜んでくれるやろう。 温かく優しい気持ちになれました。, ところどころ目頭を熱くしながら読みました。 そんな夜空の中を淡々と人々を乗せて運んでいきます。

でもそこもうちょっと見たいやん。 母親にずっと会っていなかった息子と娘のために、むげには出来ない利一。 愛情じゃなくて愛惜だって。すごい。 みんな優しくてちょっとダメで愛おしいな。 著者の作品は3作目ですが,どれも前向きな優しい気持ちになれる作品ばかりでした。

優しくて、穏やかな描写なのにグングン物語に引き込まれ 2人の女性の間で気持ちを揺るがす利一と、別れた原因が自分にあると自覚しながらも、利一に再び思いを寄せるかのような仕草をする美雪に少しイライラしました。 今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。 東京での仕事に挫折し、故郷で深夜バスの運転手として働く利一。あるとき乗車してきたのは、十六年前に別れた妻だった。おだやかな筆致で描かれる、家族の再生。そして再出発。【「B... まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。, ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。, 東京での仕事に挫折し、故郷で深夜バスの運転手として働く利一。あるとき乗車してきたのは、十六年前に別れた妻だった。おだやかな筆致で描かれる、家族の再生。そして再出発。【「BOOK」データベースの商品解説】東京での仕事に挫折し、故郷で深夜バスの運転手として働く利一。そんなある日、16年前に別れた妻が乗車してきて…。おだやかな筆致で描く家族の再生、そして再出発の物語。『別册文藝春秋』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】, 映画を観て利一にあんまりにもムカついたので逆に原作を読んでみたくなり・・・ 志穂がかわいそうな成り行きなので、これどうなんだ‥って思っていると‥ 現代では飛行機や新幹線などで気軽に旅行に行けるようになりましたが、長距離を走るバスの旅も一興です。路線バス、高速路線バス、観光バスなど、全国で多くのバス運転士が日々バスを運行しております。今回はその実在する実在する高速路線を舞台にした映画「 突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、

見て見ぬ振りをする煮え切らない父にも、都会に馴染めずストレスを抱え爆発寸前の兄にも、仕事と結婚の板挟みに悩む妹にも、夫の浮気と体の不調に悩む元妻にも。 家族の再生の物語。 分かりやすく軽快ながらも、その中身は人間愛と優しさに満たされている-そんな重松清の作品。幅広い年代の人から支持され、同年代の作品を多く扱っていることから小中学生からも強い支持を集めています。今回は中学生にぜひ読んでほし... ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。. ある程度の歳を経て、それなりの経験をしてこそ共鳴でいる小説というのはあるもので・・・出会えると、嬉しいですよね。歳を取ってしまったことも、よかったと思えるというかw, 良い感じの本でした。 誰かがそっと出した手にちょっと手を重ねてみただけで しんみり泣きそうになる話が多く、とても良かった。

彩菜ちゃんは友達と事業を大きくしてくんやろう。 心を病んで身体に不調の出て東京から戻った息子怜司、 ミッドナイト・バス - 伊吹有喜 - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。 バラバラだった家族が少しずつ少しずつ歩み寄り、ほどけていく。 離婚した妻との関わり、その父、義父との付き合い、息子、娘、一緒に生活してもいいと思える女性とのつながり。 しかも、離婚した妻・美雪が、実父が入院したため、近くに通うようになっていた。 家族がテーマですが、子供が大きくなった大人な私たちにぴったりのお話です。 ちなみに利一はやっぱりムカつきます(笑), このレビューは役に立ちましたか? 伊吹有喜さん、初めて読みました。 これは寸止めの距離が結構遠い。 黒に近い紺色。 子供を置いて家を出るしかなかった母親。 ネットの世界で名前を知られてゆき、夢の実現と結婚に揺れる娘・彩菜 それぞれの人々が繋がっていく。 怜司は海外でちょっと楽に生きていけるやろう。 どっか行きたくなった。, 各々悩みを抱える乗客達を乗せた深夜バスは今宵も静かにひた走る。 故郷の新潟と東京を結ぶ深夜バス。「はくちょうさん」と呼ばれる白鳥(しらとり)交通のバスを運転する利一が主人公である。どういうわけかなにかが上手くいかず、少しずつ歯車が合わなくなってバラバラになっていった家族。バラバラになりそれぞれに懸命に生きてきたが、そこでもまた悩み、傷つき、戻ってくる。言いたいことを言わず、取り繕うように暮らした過去から抜け出し、家族それぞれが傷を癒して再び巣立っていくまでが、静かに描かれた物語である。誰が悪いわけでもないのにすれ違っていく様には切ないものがあるが、家族といえども言葉が大切なのだと思わされもする。利一の選択で傷つく人もいないわけではないが、彼の家が、家族の要になったことは確かだと思える。夜を超えて走るバスが、人生のように思える一冊である。. 少しずつの歩み寄りで、わだかまりが解け、元いた場所に戻ったり、更に先に進んだりと、最後は穏やかに丸く収まります。 主人公はきっと素敵な人なんだろうなと想像しながら,愛する人と幸せになってほしいと思いました。 みんな優しくてちょっとダメで愛おしいな。 すぐは上手くいかなくでも努力しただけのことはあるもんだよね!という印象でした。, 不安定な時に読むものではないが、だからこほ読んだ方がいいのかもしれない。 離婚後16年がたち、男手で育てた子供達もなんとか無事に成人した。 いえいえ、言わなきゃ他人が考えてることなんてわかるわけないよ。伝えたいことはきちんと伝えていきたい。 彩菜ちゃんは友達と事業を大きくしてくんやろう。

家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作! やんわり包まれる一冊です。 やりたいことがいつでも実行出来る自分とか、自分の言葉を伝えたい通りに受け取ってくれる他人とか、そんなのはありえなくて。 はい これは寸止めの距離が結構遠い。 大人になりたかったあの頃・・・それもまた良い思い出ですね。, 1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒。出版社勤務を経て、2008年「風待ちのひと」(「夏の終わりのトラヴィアータ」改題)でポプラ社小説大賞・特別賞を受賞してデビュー。第二作『四十九日のレシピ』が大きな話題となり、テレビドラマ・映画化。『ミッドナイト・バス』が第27回山本周五郎賞、第151回直木三十五賞候補になる。このほかの作品に『なでし子物語』『Bar追分』『今はちょっと、ついてないだけ』『カンパニー』など。あたたかな眼差しと、映像がありありと浮かぶような描写力で多くのファンを持つ。 元4人家族が、それぞれの事情で故郷新潟に集まった。 利一を中心とした家族の物語。家族の周りにいるひとが語り部になることはあっても、家族である怜司、彩菜、志穂の心情が語られることはない。会話から滲み出る家族のすれ違いと愛情が愛おしくて切なくなる。終盤、美雪の視点で、彩菜が美雪に歩み寄り、美雪が怜司を受け止めるシーンがよかった。, よくあるハートウォーミングな話だなと思いつつも、頑張ろうかなと言う気持ちにさせられる作品でした。 でもそこもうちょっと見たいやん。 怜司は海外でちょっと楽に生きていけるやろう。 案ずるより生むが易しというか~ 内容紹介 10歳下の恋人・志穂を初めて家に呼び、一歩を踏み出そうとしたところ、急に仕事を辞めて帰ってきた息子と鉢合わせしてしまう。 何かとすれ違う気持ちが、少しずつ前へ。 夜行バスという設定だからか こんなふうにうじうじするのが嫌なんだけど、どうしてもそうなってしまうことってあるんですよね。

とても好きな話だった。胸をえぐられるような感覚も、涙ぐんだり、ふと笑ってしまったりするのも。 相手のことを考えていないわけではないのに、それをうまく表現できない不器用な人もいれば、器用すぎて悟らせない人もいる。 四十代の後半になった今は、新潟で高速バスの深夜便の運転手。 「2020年 『文庫 彼方の友へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」. 伊吹有喜の感動長編小説『ミッドナイト・バス』は、深夜バスの運転手をするひとりの中年男性を主人公に、ばらばらになった家族が再生していく様子を丁寧に描き出しています。 主人公の高宮利一は49歳。

弱さや、強がりや、それを超えた強さや・・・親って、子供のためなら、いくらでも強くなれるんですよねー。 ある時、乗車して来たのは十六年前に別れた妻だった…。 所々に登場する脇を固める方々のエピソードはとても良かった。

そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。



いいですね。他のものも読んでみたいと思います。, 深夜バスの運転手をしている男と家族をめぐる物語。 心を寄せ合い小さな家族で海を渡るとか。 どっか行きたくなった。, 家族再生の物語かな?と

昔、一世を風靡したバンドのボーカル・江崎 利一さんが選んだ道が良いか悪いかは別として。, 深夜バスの運転手をしている男と家族をめぐる物語。 家族以外の話しも邪魔にならずに読めました。, 素晴らしく良かったです!読みごたえある1冊でした。家族と、その周辺の人々の、近いがためにうまく思いを伝えられなかったり、モヤモヤや、葛藤や、相手を思うあまりのすれ違いや、そういう優しさやもどかしさが、ホントに上手く(というのもヘンですが)、書かれていて、ぐいぐいと引き込まれて、一気に読んでしまいました。 じわりじわり元気をもらえた。, バブルの頃東京の不動産開発会社で働いていた高宮利一。 ゆっくりと穏やかに。 ミッドナイト・バス - 伊吹 有喜 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 じわじわと問題は解決に向かい、すっきりさっぱりと未来へ踏み出す結末。 現実味がしっとりとやや重い中、娘がゴスロリファッションで、思わぬ成功をするところが今風で明るく、気分が変わってよかったです。 次に何か良い方向に動きそうな終わり方が良かった。, 素晴らしく良かったです!読みごたえある1冊でした。家族と、その周辺の人々の、近いがためにうまく思いを伝えられなかったり、モヤモヤや、葛藤や、相手を思うあまりのすれ違いや、そういう優しさやもどかしさが、ホントに上手く(というのもヘンですが)、書かれていて、ぐいぐいと引き込まれて、一気に読んでしまいました。 実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。 ミッドナイトバス気になるから小説買いに行こうかなー(o^^o)映画も見たいし(^O^) — くりぃむ (@kurimu_go) 2017年4月27日 .

今だからこそ、時を経たからこそ解る事、伝えられる事がある。 妻を守る事が出来なかった父親。 幼くて伝えられなかった思い。 2015/9/24, 高速バスの運転手を務める父を中心に、その家族達の再生と癒やしの物語は著者のお家芸とも言うべき一冊。もう少し先まで紡いで欲しかったでの★一つ減点。, 2019/9/30 閉塞感があるように思えても、緩やかな日常の中では笑える時間も確かにあることを知っている。 JavaScriptが無効の場合は一部ご利用いただけない機能がございますので、有効にすることをお勧めいたします。, 【電子書籍ストア】≪5日間限定≫【KADOKAWA】 全商品に使える25%OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<先着2,000名>コミック全商品に使える1000円OFFクーポン, 性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。, 商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。. 真っ白な白鳥交通の夜行バスは そうかもしれない。 で、やけぼっくいに火がついたと。 この利用者達のシーンは入れて欲しかったなあ・・・ みんな悩みながら進んでいくんだろう。