生産管理システム・クラウド型EDIサービス|Factory-ONE 電脳工場の「エクス」

受注・出荷

受注情報および受注状況に応じて、計画されたオーダー(計画製番)の管理を行います。
受注残管理、在庫の引当・引落に伴う有効在庫および実在庫管理、配送手配、納期変更履歴確認や納期遅延警告等が可能となります。多品一葉形式。得意先からEDIで送られてくる確定受注情報を受注製番に取り込むことも可能です。
出荷処理は、受注情報を連動し処理できます(受注に伴わない出荷も可能)。 分納・打ち切りにも対応。 "出荷=売上モード"で出荷をすることにより、売上入力を省略することも可能です。

生産計画

工場全体の基準生産計画立案を支援します。製品在庫データから生産計画を自動作成することが可能です(マニュアル登録可)。
生産計画入力では、在庫推移を確認しながら数量や納期の調整をカレンダー形式で行うことができます。同一製品の小ロット繰返受注が多い場合に有効的です。得意先からEDIで送られてくる内示情報を取り込み、生産計画に反映させることも可能です。

生産計画:生産計画入力

所要量計算

立案された基準生産計画に基づき、所要量計算(MRP処理)を行います。
品目構成マスター(階層型部品表※ツリー構造)を基に、レベルごとの総所要量から在庫引当分を差し引いた正味必要量に対して「まとめ」「まるめ」等を行って、発注予定データを作成。また資材の手配(購入)と並行して、工程手配(製造指示)も行われ、工程の基準日程(手番)や購入リードタイムを基に発注日(着手日)・納期(完了日)も計算します(リードタイムオフセット)。確定処理を行うまで繰り返し計算ができますので、資材発注計画や負荷計画のシミュレーションとして利用可能です。

所要量計算:所要量計算処理

進捗

ガントチャート形式で、作業指示および実績を対比して照会することができます。
所要量計算品目(MRP処理)の場合は品目構成マスターの多段階展開イメージで、製番手配品目の場合は手配情報から作業工程表のイメージで照会します。

負荷調整

手配先や機械別の保有工数(所定工数+調整工数)と、指示残数や基準情報の標準工数(段取・作業)から単純山積計算した負荷工数を、日ごとに対比した負荷率を算出します。
負荷率のレベルに応じてカラー表示。また保有工数と負荷工数はグラフで対比表示させることも可能です。

発注・受入

手配情報を確定することにより、資材購入・外注依頼の発注(指示)情報を生成します。
所要量計算(MRP処理)の場合、外注依頼と同様に社内への工程指示も発注として扱います。発注先は最安値の購入先を自動選択することが可能。発注残管理、納期変更履歴確認など、発注データの管理を多面的に行うことができます。
受入処理では、購入品・外注加工品の受入および社内工程での出来高が入力できます。発注書を一品一葉のバーコード付き伝票とすることで、受入業務の省力化も可能。複数発注に対する一括受入もできます(発注先や製番等を指定)。分納・打ち切りにも対応。 “受入=仕入モード“で受入をすることにより仕入入力を省略することも可能です。

在庫

在庫照会では、品番別・場所別・一段階/多段階展開(親子関係)・受払明細(予定と実績)の照会など、実在庫や有効在庫を多面的に検索できます。
入出庫は受入や出荷入力などの各システムと連動。受入処理では親品目の入庫をすれば、同時に前工程または子品目の出庫をします。また、基準情報に基づく理論値による「みなし出庫」、マニュアル入力による実績値の引落としも行います。支給品管理や在庫一括戻し、在庫調整、在庫移管、在庫棚卸にも対応しています。

ロットトレース ※オプション

各入力(受入・作業実績・依頼実績・出荷)でロット№を登録する事により、ロットのトレーサビリティが可能です。
トレーサビリティの情報はツリー構造形式で表示され、製品から材料への正展開、材料から製品への逆展開、共に対応できます。

ロットトレース:ロットトレース照会 ※オプション
カタログダウンロード

PDFのカタログをダウンロードいただけます。(日本語版/英語版)

概算費用・お見積もり

お客様のご要件に合わせたお見積もりをさせていただきます。

デモ依頼

当社担当が訪問させていただいてデモを行ないます。

お問い合わせ

製品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:06-7711-1161 受付時間(平日)9:30~17:30