生産管理システム・クラウド型EDIサービス|Factory-ONE 電脳工場の「エクス」

在庫適正化サービス

「Factory-ONE 電脳工場」に蓄積されたデータを活用し、品目マスター保守に設定する最低在庫数・基準在庫数の数量を検証するためのツールです。担当者が都度、在庫数を確認し、発注のタイミングや数量の判断をしてきたことを、シミュレータが検証した数値と発注点手配処理・生産計画作成処理・所要量計算処理の活用で、効率的かつ有効に管理できます。また、各品目の安全在庫を把握することで、欠品や過剰在庫を抑える在庫管理を行うための一助となります。


EX在庫診断との相関イメージ「EX在庫診断」で課題品目を見つけ、「EX在庫シミュレータ」でその安全在庫数を見極める

①「Factory-ONE 電脳工場」の蓄積されたデータを有効活用

生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場」の在庫データをEX在庫シミュレータに取り込むだけで、過去の出荷実績に対して様々な条件で在庫推移をシミュレーションすることができます。また、シミュレーションの結果から理想的な基準在庫数や最低在庫数、ロット数、リードタイムなどを把握し、その数値をマスター値として利用することで、より効果的な生産管理システムの活用が実現します。

②過去の実績とシミュレーション結果を比較

過去3年間の実績データとシミュレーション結果をグラフ画面で比較することができます。どれだけ欠品や過剰在庫を抑えられるのか、発注間隔や在庫回転率、在庫評価額がどのように変わるのかを予測し、そのシミュレーション結果を基準在庫数・最低在庫数、発注タイミング、発注量をマスターに反映させ、見直しを繰り返すことで、理想の在庫推移実現に近づけます。

  • ###(画面をクリックすると拡大表示します)
  • ###(画面をクリックすると拡大表示します)


③監視品目の評価、運用

在庫監視品目を指定し、シミュレーションを行うと、集計期間や欠品許容率、リードタイム、メモなどの結果データを保存できます。そのシミュレーション結果を参考に、Factory-ONE 電脳工場のマスター値をメンテナンスし、運用を繰り返すことで、数量推移や評価額推移がどのように変化したのかを再評価でき、改善への検討が進みます。

  • ###(画面をクリックすると拡大表示します)
  • ###(画面をクリックすると拡大表示します)


無料トライアル

トライアルをお申込みいただけます。
(期間限定)

概算費用・お見積もり

お客様のご要件に合わせたお見積もりをさせていただきます。

デモ依頼

当社担当が訪問もしくはWeb利用にて、デモを行います。

お問合わせ

製品に関するご質問など、お気軽にお問合わせください。

お電話でのお問い合わせ:06-7711-1161 受付時間(平日)9:30~17:00

 サイト内検索

お問い合わせ