中堅・中小製造業様に豊富な導入実績をもつ
生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場」ラインナップに新サービス!
「Factory-ONE 電脳工場 on Cloud」を提供開始
 

 2021年10月28日(木)

 株式会社エクス(本社:大阪市北区、代表取締役:抱 厚志、以下「エクス」)は、生産戦略サービス「Factory-ONE 電脳工場SC」をクラウドにインテグレーションし、「Factory-ONE 電脳工場 on Cloud」として提供開始します。第1弾として、「FJcloud-O」(富士通)を採用した「Factory-ONE 電脳工場 on FJO」を2021年11月にリリースします。

Factory-ONE 電脳工場on-Cloud ロゴ

 

クラウド化の背景
 

 大企業を中心に活用が加速しているクラウドサービス。経済産業省が2018年9月に公表した「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」により、中堅・中小企業においても、クラウド活用への関心は高まっています。ですが、生産管理という基幹システムをパブリックなクラウドサービスに構築することに不安を感じる企業も多く、サポートするSIer側にもクラウドに精通した技術者が不足している現状がありました。

 しかし、昨春からの新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、中堅・中小製造業においてもテレワークを推進する企業やDXに取り組む企業が増え、今年に入ってからはクラウドシステムを前提に、新規導入や既存システムの刷新を考える企業が大幅に増加しています。

システムの概要
 

 生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場」は、生産計画の立案から受注・出荷・手配計画(MRP手配/製番手配)・ 発注・受入・進捗・原価、販売管理機能に至るものづくり情報を総合的に管理することができます。

  • ● 生産形態に合わせてMRP版、製番管理版、ハイブリッド版、販売・手配管理版をラインナップ
  • ● 経済産業省が推奨する中小企業共通EDIに準拠した、EDIサービス「EXtelligence EDIFAS」も標準でバンドル(2ID)
  • ● 新たなオプションとして、業務の可視化を支援する「Factory-ONEダッシュボードサービス」を追加

Factory-ONE 電脳工場on-Cloud(システム関連図)

 
システムの特徴
 
  • ● クラウドならではの早期稼働と可用性を実現。お申し込みから最短10日でシステムを提供可能
  • ● 一般的なSaaSではなく、お客様毎に個別の環境をご用意しますので安心、安全
  • ● 24時間365日システムを監視し、お客様のデータは定期的(毎日夜間)にバックアップ
  • ● ストレージデータの暗号化や通信の暗号化など、セキュリティ対策も万全
  • ● オンプレミスと同等の柔軟なカスタマイズが可能
  • ● CPUやメモリの入れ替え、ストレージの追加などシステムの拡張にも柔軟に対応
  • ● 初期費用を抑えたシステム導入が可能。月額145,000円~(税別)、契約は1年単位

■「株式会社エクス」について( https://www.xeex.co.jp/

 1994年の創業以来、製造業にフォーカスし、導入効果を創出できる生産管理パッケージ「Factory-ONE 電脳工場」シリーズの開発・販売・サポートを手掛け、現在、約1800本出荷しております。小規模から大規模製造業まで企業規模に合わせ、オンプレミス版からクラウド版まで様々なシステムを提供。2014年には、知的プラットフォーム「EXtelligence(エクステリジェンス)」を開発。2015年にリリースしたEXtelligenceのサービスのひとつである「EXtelligence EDIFAS(エディファス)」は、製造業を中心に1800IDを超える企業にご利用いただいております。また、近年では自社開発の「Owlgarden RPA」のリリースをはじめ、ソリューションライブラリー「EXfeel(エクスフィール)」を展開。デジタルトランスフォーメーション(DX)分野における新たな事業の創出および事業化を行っています。

「Factory-ONE」「電脳工場」「EXtelligence」「EDIFAS」「Owlgarden」および「EXfeel」は株式会社エクスの登録商標です
ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです
商品、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください

 サイト内検索

お問い合わせ