Factory-ONE 電脳工場シリーズ『業務自動化オプション』サービスをリリース


  2020年10月21日(水)

 株式会社エクス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:抱 厚志、以下「エクス」)は、RPAによる業務自動化のニーズ、基幹システムの導入コスト低減の要請が高まる中、生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場」に活用できる業務自動化オプションサービスを、10月21日にリリース致しました。

 本オプションサービスでは、弊社開発RPA製品『Owlgarden RPA』を利用し、『Factory-ONE 電脳工場』の操作自動化を実現する、以下のようなシナリオテンプレートをご用意しております。

分類サンプルシナリオタイトル概要効果
帳票発行 在庫受払チェックリスト定期実行 有効在庫チェックリストおよび納期変更依頼書を在庫数マイナスで出力しメール送信 人が定期的に在庫がマイナスにならないようにチェックしていた運用をRPAに代行できます
伝票発行 翌日分のピッキング伝票発行 出庫予定日が翌日までのピッキングリスト(発注構成)を出力
出庫場所ごとのフォルダを作成し、場所ごとにPDFで保存
人が翌日分のピッキング伝票を発行し出庫部署毎に仕分けしていた運用を、 RPAに代行できます
バッチ実行 所要量計算処理実行 所要量計算を実行します。実行後、以下の帳票をPDFでメール送信
 ●所要量計算書
 ●在庫受払チェックリスト*
 ●
納期変更依頼書* 
*「在庫受払チェックリストの定期発行」シナリオを呼び出し
人が定期的に所要量計算処理を実行し、処理結果をチェックしていた運用をRPAに代行できます
チェック作業 ユーザ定義データチェック_受注 受注製番照会から、以下のいずれかの条件に当てはまる受注を抽出しExcel出力  
 ●指定額以上の受注金額
 ●指定日数以降の未来受注日
 ●指定月数以降の未来納期
人が定期的に入力間違いなどの不正データが入っていないかチェックしていた運用をRPAに代行できます
データ更新 廃盤部品のマスタ反映 品目コードと廃止日を手入力  
対象品目が子品目として登録されている品目構成全てに有効終了日を入力
有効終了日が空白の場合のみ更新可能です(上書き未対応)
人が廃盤となる仕入部品の情報をマスタに反映していた運用をRPAに代行できます

 本オプションを利用することで、従来、人が行っていた操作の自動化を支援し、生産性向上に役立てられます。
オプション利用料:月額30,000円/年額330,000円(税別)※端末は3台まで ※新規契約のみ適用
導入時は環境構築支援、詳細説明など、有償サポートも準備しています。

ご契約中は、新たに作成されるシナリオテンプレートを何個でも追加利用できます。

 『Factory-ONE 電脳工場MF』サイトhttps://www.xeex.co.jp/products_services/factory-one/mf/uppoint ※R4.0・R3.0に適応
 『Factory-ONE 電脳工場SC』サイトhttps://www.xeex.co.jp/products_services/factory-one/sc/option

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日時点のものです。
 商品、サービス内容などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社エクス ソリューション事業本部 セールスプロモーションチーム 中上
TEL:06-7711-1161 / FAX :06-7711-3470 / E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 サイト内検索

お問い合わせ