そのため、今後も使い続ける予定のクレジットカードを使った方が手間は少なくなるのです。. そこでも残高不足だと、次の月の26日に2期分(2か月×2)が再請求されます。, 3回連続で残高不足の場合には、郵送で振込用紙が届くので口座に十分お金が入っているかを把握しておくようにしましょう。, クレジットカード継続払いは、口座振替と同様にクレジットカードと紐づいている口座から自動的に引き落としがされます。, 1つ目は、請求日と引き落とし日がずれることです。
NHK受信料の支払い方法のまとめ NHK受信料は、次の4つの方法で支払いができます。 継続振込(振込用紙) 口座振替 クレジットカード継続払い ふれあい収納 できるだけ受信料を安くしたいという場合は、12か月まとめてクレジットカード 還元率は、クレジットカードによって違いますが、1.0%以上の高還元率のクレカを選ぶと良いでしょう。, 最近のマンション、アパートでは建物自体が衛星放送(BS放送)に対応しているケースも多く、BS放送を見ない場合、BS放送を見る設備がない場合(テレビはあるがBSのコードを繋いでいないなど)であっても地上波+衛星放送での契約が必要になります。, そのため、どうせ料金を支払うのであれば衛星放送を含めてテレビを楽しんだ方が得です! また、大学生、新社会人で一人暮らしを始めたという方もできるだけお得な支払い方法を選ぶ方が良いでしょう。, NHKの受信料は振込用紙を使って現金払いをしなくても、もっとお得な方法で支払いをすることができます!, この記事では、NHK料金の支払い方法、料金がお得になる支払い方法はどれか、支払い方法の変更の仕方について説明していきます。, この内、ふれあい収納に関しては振込用紙での支払いが困難な方のために直接、訪問での集金を行う方法なので、他の3つについて説明をしていきます。, 毎月、偶数月の20日ころに振込用紙が届くので、その金額を翌月の5日でに支払います。, 支払いができる場所は、コンビニ、郵便局、金融機関の3つです。 具体的な支払日は、利用するクレジットカード会社ごとで異なるので、そちらを確認しましょう。, 2つ目は、クレジットカードのポイントが貰えることです。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 今回紹介した、まとめて支払いをする方法、口座振替・クレジットカード継続払いをする方法を組み合わせるだけでも年間で最大2,590円※もお得になるのです。, さらに、支払い金額に応じて貯まるクレジットカードのポイントも考慮すれば、それ以上に! 世の中にはNHKの受信料を拒否する方もいるようで、しかもわざわざ解約するためのマニュアルなんてのも存在するようですが、そのような方法ではありません。, クレジットカードでNHK受信料を支払うと、クレジットカード会社のポイント還元を受けられます。, 還元率はクレジットカードによって違うので何とも言えませんが、多くの場合は0.5~2%程度のポイント還元を受けることが出来ます。, NHK受信料に限らず、あらゆる支払いをクレジットカードを経由させることでポイント還元分を節約出来ます。またクレジットカードや口座振替は、振込による支払いよりも100円節約出来ます。, 支払方法によってNHK受信料が若干変わってくるので、まずは現在の支払方法をチェックしてみてください。, 基本的にNHKの受信料は2ヶ月払いになっているのですが、地上波の場合だと6カ月払いにすることで370円の節約、12カ月払いで1130円もの節約をすることが出来ます。, これが衛星放送も契約している場合は6カ月で650円の節約、12カ月で1990円の節約になります。, 12カ月払いとクレジットカードによるポイント還元(1%)を合わせると、地上波の場合は1275円(内145ポイント還元)の節約です。衛星放送だと2237円(内247ポイント還元)の節約をすることができます。, 銀行預金の金利でこれだけの金額を貯めることは簡単ではありません。毎月の支払いがギリギリだという生活をおくっているのでなければ、NHKの受信料はクレジットカードで年間の一括払いにすることで大きく節約することができます。, また学生や単身赴任に方には家族割引が適用できるケースがあるので、当てはまる方は確認してみてください。, このようなちょっとしたことを面倒だと手を抜いてしまうと、長い目で見て大きな節約のチャンスを逃すことになります。この先何十年間も支払うことを考えると、僅かな金額でも大きな節約になっていくものです。, これはNHKの受信料に限った話ではないですが、積み重なっていく固定費ほど素早く行動して節約するのがポイントです。, 全うな方法でNHKの受信料を節約するには、クレジットカードを経由させて一括払いをすることです。振り込みや口座引き落としにしていないかチェックしてみてください。, またNHKの受信料は免除されるケースもあります。経済的に苦しい方や障害がある方は当てはまるケースがあるので、NHKのホームページで確認してみてください。, あえて極端な節約方法だとテレビを手放して解約するしかありませんが、受信料だけではなく電気代も節約になるでしょう。, ただしテレビを手放してもスムーズに解約手続きが出来るわけではないようなので、手放した事を証明できるものを取っておくと良いそうです。, ちなみに沖縄県はNHK受信料が安くなっています。わざわざNHK受信料の為に移住する人などいないとは思いますが。, NHKの受信料について調べてみると極端な意見も多いのですが、私個人的な考えだとNHK受信料は支払っても良いかなと思っています。, 地震や台風などの災害時は、やはりNHKを頼りにしています。真っ先にチャンネルをNHKに合わせます。, また被災地で頼りになる情報がラジオだったということもあり、やはりNHKラジオの存続も必要なのだと感じています。, そして民法のテレビ局が視聴率を気にして通常の放送に戻っていった後も、NHKだけは冷静に被災地の状況を放送してくれました。, ちなみに私はNHKのラジオ体操(テレビ体操)にお世話になっているので、NHK受信料の元は取っていると思い込むことにしています。スポーツジムに通うより節約出来ているはずです(苦笑)。, また地デジになってからは映像だけではなく音声の質も大幅に向上したので、日曜の21時から放送されるEテレのクラシックコンサートを、ヘッドホンに装着して鑑賞すると中々の臨場感が得られて楽しいものです。, 民法の音楽番組だとヘッドホンは安心して楽しめません。急にCMでうるさくなることが多いのでイヤになってしまいます。静かな映画を見ていた時にCMになると腹立たしくなります(苦笑)。, またスポーツ中継もNHKのアナウンサーの実況が最も好きです。民法だとゲストや解説者が多少騒ぐのはいいのですが、アナウンサーまでうるさいケースがあるものです。, この辺は好みの問題ではありますが、私は比較的NHKの番組の方が好感をもてることが多いので、嫌いではありません。, 節約という意味ではNHK受信料を支払わないに越したことはないのですが、お世話になっている方は、今回紹介した方法で気持ちよく支払いましょう。, ちなみに私の母親の趣味が「絵はがき」でして、度々NHKの番組収録やNHK主催のコンサートに自慢の絵はがきで応募しては、それなりに当選しています。, 同じ絵はがき教室に通っている方が全く当選しないことを嘆いていたそうですが、その方はNHK受信料を支払っていなかったそうです。, おそらくですが、当選した時にNHK受信料の支払い状況を確認するのではないでしょうか。もしかしたら「のど自慢」や子供番組などに出演する時にも、NHKの受信料は関係あるのかも知れません。, 様々なところでNHKにお世話になっていることに気が付けば、気持ちよくNHKの受信料を支払うことが出来るものです。受信料の元を取るぐらい楽しんでしまいましょう。特にラジオ体操(テレビ体操ですが)はおすすめです。毎回ワンポイントアドバイスがあるので、見続けていくことでストレッチ効果を高めていくことができますよ。, 離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 一般家庭がNHKの受信料を安くする方法には、おもに2つの手段があります。1つは、NHKが定めている受信料免除を申請するというもの。これは、生活保護を受けているなど生計が厳しいと思われる家庭について、受信料を全額、または半額 みんな同じように料金を払うのなら、できるだけお得な支払い方法を選ぶのが賢い選択です。, 今選択している支払い方法を変更するには、NHKのホームページか、NHKふれあいセンターで行えます。, ちなみに、支払い方法はそのままで、指定したクレジットカードだけを変更することも可能。, インターネットから手続きをする場合には、氏名、住所、クレジットカード番号などを入力すればカンタンに手続きができます。, NHKの支払い方法の変更について詳しくは、NHK公式ホームページ「放送受信料 お支払方法変更のお手続き」で確認してください。, できるだけ受信料を安くしたいという場合は、12か月まとめてクレジットカード継続払いをすると良いでしょう。, 12か月まとめて前払いをすることで7.61%の割引、クレジットカード継続払いで1か月あたり50円の割引とクレジットカードのポイントバックも発生します。, 普段使っているクレジットカードでOKですが、選ぶポイントとして次の2点を意識してください。, 還元率は最低でも1.0%以上のクレジットカードを選びましょう。私のおすすめとしては、年会費がかからずに還元率1.2%のリクルートカードです。, また、クレジットカードの解約をした場合には、自動引き落としの指定をしていたクレジットカードの情報を変更する必要があります。 支払いには、現金だけでなく、クレジットカードも利用することが可能です。, 口座振替は、あらかじめ指定しておいた口座から自動的に受信料が引き落としされる支払い方法です。, 引き落とし日は、偶数月の26日で、その日が土日祝日などの金融機関の休業日の場合は翌営業日に繰り越されます。, 万が一、そのタイミングで残高不足で引き落としができない場合は、翌月の26日に再引き落としとなります。 NHK受信料を少しでも安くする方法は、ずばりクレジットカードで12ヶ月前払です! 振込用紙よりも口座振替・クレジットカード払いの方がお得! 2ヶ月払いより6ヶ月、6ヶ月より12ヶ月前払 … クレジットカードの場合には、料金の請求があってから実際に支払いをするまで1〜2か月のタイミングの時差があります。 一度、クレジットカードや口座振替などで自動的に引き落としされるようにすると気にしませんが、NHKの受信料は支払い方法を工夫することで安くなります!, 特に、今現在、毎回支払い用紙を持ってコンビニで現金払いをしているという方は損しています!, NHKの受信料は、一人暮らしを始めた学生時代などから払い始めている方が多いと思います。, 始めはクレジットカードもないでしょうし、銀行口座から引き落としをする手続きも面倒で振込用紙を使っていたという方もいると思います。, そのまま、社会人になっても同じ支払いをしているという場合には、お金も時間もムダにかけてしまっていると言えます。 全うな方法でNHKの受信料を節約するには、 クレジットカードを経由させて一括払い をすることです。振り込みや口座引き落としにしていないかチェックしてみてください。 またNHKの受信料は免除されるケースもあります。経済的に苦しい方や 振込用紙でクレジット払いをした場合と同様に、支払い金額に応じてクレジットカードごとのポイントが発生します。, 利用できるクレジットカードのブランドは、VISA、Master Card、JCB、American Expressなど幅広く対応しています。, 1年間で見ると大きな得ではないかもしれませんが、今後何年間も支払いをしていくことを考えるとかなりの差になります。, NHK料金は、2か月単位で支払いをするよりも、6か月、12か月とまとめて支払いをした方が得です。, 具体的には、6か月まとめて前払いすると約5.0%、12か月のまとめて前払いだと7.61%の割引が適用されるのです。, 12か月まとめてだと支払いが厳しいという場合は、半年分(6か月)でも良いのでまとめて支払いをしておくとお得になります。, そのどちらかの支払い方法なら1か月あたり50円の割引がされるからです。 金額的には小さいと感じるかもしれませんが、年間600円、10年間で6,000円、40年間で24,000円です。, この先も支払いを続けていくものなので、少しでも安くなる方法を選択する方が絶対に得だと言えます。, 1か月あたり50円引きになる、口座振替とクレジットカード継続払いですが、よりお得度を上げるならクレジットカードを選択してください。, クレジットカードなら、還元率と支払い金額に応じてポイントが貯まるので、さらにお得になります。 前払いで2020年10月以降の受信料をお支払いの場合 2020年9月までは、現行の受信料額でご請求させていただきます。 なお、前払いにより既に10月以降の受信料をお支払いただいている場合は、10月以降の新しい受信料との差額について、次回のお支払いに充当する方法で精算させていただきます。

一番の方法は NHK受信料を全額支払う ことです。 しっかり支払いを済ませれば差し押さえ請求も撤回されます。 NHKに連絡して、今後の支払い計画についての相談をしましょう。 NHKへ受信料を支払わない方法としては、そもそも「受信契約を結ばない」「受信料の請求が来ても支払いを拒否をする」といった方法が考えられます。しかし、場合によっては裁判になることも…。そうしたリスクを冒さなくても、合法的な手段でNHK受信料を安くする方法があるのでした。, 一般家庭がNHKの受信料を安くする方法には、おもに2つの手段があります。1つは、NHKが定めている受信料免除を申請するというもの。これは、生活保護を受けているなど生計が厳しいと思われる家庭について、受信料を全額、または半額免除する制度です。, NHK受信料が全額免除になるのは、生活保護などの「公的扶助受給者」「市町村民税非課税の障害者」「社会福祉施設入居者」「奨学金対象等の別住居の学生」「災害被災者」です。半額免除になるのは「視覚・聴覚障害者」「重度の障害者」「重度の戦傷病者」となっています。, 放送法では、テレビを受信できる家庭はNHKと受信契約を結ばなくてはいけないと定めているため、NHK受信料が免除になる場合でもNHKとの受信契約は必要。そのうえで必要書類を提出し、NHK受信料の免除を審査してもらう仕組みです。, とはいえ、NHK受信料免除の条件はハードルが高く、条件を満たす人はそれほど多くないでしょう。そうした家庭でも、じつはNHKの受信料を安くするテクニックが存在します。それは、NHK受信料を「団体一括支払」へ変更するというものです。, NHK受信料の団体一括支払は、CATV加入者やマンション管理組合などに認められている制度で、15家庭以上のNHK受信料をまとめて支払うことで割引になるというもの。衛星契約の場合、通常2万4770円のところが2万2900円と1850円割安となります(いずれも12ヶ月払いで口座振替・クレジット決済の場合)。, J-COMなどのCATV会社の場合、視聴契約とNHKの団体一括支払がセットになっていることがほとんどです。有料チャンネル分の視聴料金がかかるため合計コストは上がりますが、NHK受信料を割安にする点ではCATVの契約は有効。WOWOWなどの月額料金にも割引があるので、活用するのも手でしょう。, ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。. より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]. お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。