40g→235kcal “meiji The Chocolate”のカロリー表, いかがでしたか? 管理栄養士・幼児食マイスター。クリニックでの栄養指導を担当。ちょっとした栄養の疑問に答えるブログ(あなたのweb栄養士https://34beauty.wpcomstaging.com/)を運営。食生活の悩みに全力で答えられるよう頑張っています♪, カロリー・糖質が高く太る食べ物として有名なチョコレート。甘い香りや口に広がる濃厚な味にうっとりしてしまいますよね。ダイエットに励んでいるとチョコレートを食べることに罪悪感のある方もいるのではないでしょうか。そこで本記事ではチョコレートのカロリーや糖質をはじめ、栄養素について徹底調査しています。チョコレートを食べながら痩せたい、少しでもカロリーが低いチョコレートを知りたい方は必見です!, 市販のチョコレートの原材料をみると、先頭にきているのは砂糖です。原材料は多い物から順に記述されているので、チョコレートは砂糖が中心で糖質が高いお菓子と分かります。とくにホワイトチョコレートは乳製品が入っているため高脂質・高糖質で、ダイエット中に食べる際は要注意!, カバーリングチョコレートはチョコレートをコーティングしたクッキー、アーモンドチョコレートはアーモンドをチョコレートで包んだもので、どちらも高カロリー。チョコレートはどれも高カロリー・高糖質・高脂質でタンパク質は少し含んでいることがわかりますね。, 安くて手に入りやすく、お菓子やパンづくりなど多用されている板チョコレートのカロリー糖質をチェックしていきましょう。明治・森永・ロッテの3社についてそれぞれ記載しています。, 明治からは4種類の板チョコが販売されています。ホワイトチョコレートのカロリーが一番低くなっていますが、カカオではなくココアパウダーを使用しているため、カカオの栄養は摂れないことを把握しておきましょう。またブラックチョコレートの方が健康に良いと思っている方が多いですが、カカオの脂質が増えるのでカロリーはミルクチョコレートよりも多いです。, 森永からは板チョコはミルクチョコレートのみが公式サイトに記述がありました。明治のミルクチョコレートと比べると、糖質とカロリーは高いですね。森永のミルクチョコレートはカカオやココアの割合が高いので、あっさりとしたビターに近い味が楽しめます。甘すぎるミルクチョコレートは少し苦手という方におすすめの板チョコレートです。, お口の恋人ロッテのガーナシリーズ♪ガーナブラックとガーナホワイトは、それぞれカカオや全粉乳の割合が高いので素材の味を楽しめます。しっかりカカオの苦みを味わいたいけど甘さも欲しい方はガーナブラック、ミルクの風味をちゃんと感じたい方はガーナホワイトがおすすめです。, チョコレートを使ったお菓子で人気のある商品のカロリー・糖質を見ると、全体的に高糖質・高カロリーなのがわかりますね。チョコレートなど砂糖が多い食べ物は中毒性があるので、ある程度食べたら辞められる意思を強く持ちましょう。チョコレート菓子のカロリーや糖質を考慮したうえで食べたいときは、ぜひ参考にしてください。, 説砂糖などの糖類を使っていないシュガーレスのチョコレート。砂糖不使用なのにチョコらしい甘みで糖質制限やダイエット中の間食やお菓子に人気の糖質カットチョコです。, つづいてチョコレートを使った洋菓子についてカロリー・糖質を算出しました。チョコレートを使ったケーキはかなりの高カロリーでダイエット中は控える方がいいでしょう。月に一度のご褒美デイや停滞期を乗り切るためのチートデイ(※)などに食べる際は、カロリー調整の目安にしてください。, ※チートデイ・・・順調だった体重の減少がまったく動かなくなった際、高炭水化物の食事をとって代謝アップを狙う方法, さて、高カロリー・高脂質・高糖質であることがわかったチョコレートですが、ほかにも含まれている栄養素について解説します。カカオを原料とするチョコレートに含まれるうれしいパワーを紹介します!, チョコレートの原料であるカカオには食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維は老廃物の排泄を担う排便を促すのに大切な栄養成分です。また、カカオが含んでいるタンパク質は、整腸作用があるという報告(※2)もあります。チョコレートに配合されているカカオの割合が高いほど食物繊維も含まれていることになるので、ホワイトチョコレートの便通改善効果は薄いでしょう。, カカオは抗酸化作用があるポリフェノールが豊富です(※2)。抗酸化作用による効果としてアンチエイジングや代謝向上などがあり、健康的な生活を望む方たちも注目している成分になります。カカオのポリフェノールによる効果についても、砂糖たっぷりの甘いチョコレートではあまり影響は期待できません。栄養成分を参考に、カカオポリフェノールの量が多いチョコレートを選ぶことをおすすめします。, カカオにはビタミン・ミネラルもたくさん(※1)入っています。南国の食物は栄養価が高く、生命エネルギーに溢れています。ビタミンやミネラルは身体の調子を整えるために欠かせない栄養素です。ご飯をしっかり食べる方や野菜不足の方はとくに積極的に摂りたいところ。かといって、チョコレートのビタミン・ミネラルだけを集中的に摂るのではなく、いろいろな食材からまんべんなく摂ることを意識してください。, カカオの栄養が摂れるチョコレートをダイエットに活用したい!ダイエット中の息抜きにチョコレートを食べたい!そんなときに押さえたい食べるときのポイントを紹介します。, 先述していますが、カカオにはダイエットや健康をサポートする栄養素が含まれています。もしチョコレートにダイエットや健康効果を求めるのであれば、できる限りカカオの配合割合が高いチョコレートを食べましょう。明治やロッテではカカオ高配合のチョコレートがいくつか販売しています。カカオが多いほど苦みがあるので、ストレスを感じずに美味しく食べられるチョコレートを見つけてください。, 減量を目的とした食事制限をおこなっている際は、総エネルギーを考慮したうえで食べる量を計算してみましょう。例えば、毎日1400Kcalに調整しているのであれば、3食の食事で各450Kcalほどに抑えて間食は50Kcalとします。これは板のミルクチョコレート5分の1枚分ほどです。たくさんは食べられませんが、カロリーの調整さえすればダイエット中も罪悪感なく食べることができます。, ダイエットや健康も気になるけど、やっぱりチョコレートは甘くないと嫌!でも糖質制限中で糖質量が気になるという方には、糖質オフや糖質ゼロのチョコレートがおすすめ♪ロッテや明治から販売されているチョコレートを2つ紹介しますね。, ロッテの砂糖・糖類ゼロのチョコレートは糖質が気になる方は要チェック。砂糖などの単糖類は身体に吸収されやすいため、糖質制限中やダイエット中は避けたいですよね。その点ロッテのZEROは糖類がないので血糖値の急上昇も通常のチョコレートよりは緩やかになっています。ただし、糖質がゼロなわけではないので注意してくださいね。, 砂糖や乳糖などの糖類をまったく含んでいないにもかかわらず、チョコレート本来のまろやかな口どけを味わえる、独自技術のチョコレートです。カラダの健康を気づかう人たちもストレスを感じることなく、チョコレートが提供するワクワク感や喜びを味わうことができます。, 砂糖ゼロ、糖類ゼロのゼロからほろ苦い味わいのビター新登場。健康機能を求める女性に向けたゼロの新提案です!

砂糖や乳糖などの糖類をまったく含んでいないにもかかわらず、チョコレート本来のまろやかな口どけを味わえます。, 砂糖の使用ゼロの明治のおいしいOffチョコレートも糖質制限中の間食に適しています。一袋で187Kcalあるので、二日にわけて間食として食べるといいでしょう。食物繊維3.8gも摂れるので便通が気になる方にもぜひ試してほしいチョコレートです。ダイエット中に甘いものを間食する際は食べる量をあらかじめ決めてお皿に盛り、温かいお茶と一緒に飲むなどして食べ過ぎを控えてくださいね。, チョコレートのカロリーや糖質について紹介しました。高カロリー・高糖質・高脂質のチョコレートには、健康効果の高いカカオの魅力も詰まっているとわかりましたね。できる限り高カカオ配合のチョコレートを食べることでダイエットに活用しましょう。きれいに無理なく痩せたい方はぜひお試しください!, ※1:文部科学省「エネルギーおよび成分含有量は文部科学省<日本食品標準成分表>2015年版(七訂)」, 昔ながらの日本のお菓子であるおせんべい。揚げせんべいや固焼きせんべいなど、いろいろな食感・味を楽しめるおせんべいですが、そのカロリー・糖質もさまざまで[…], もちもちの生地にたっぷりの生クリームやフレッシュなフルーツが入ったクレープ。美味しいものは高カロリーという話は一理あり、クレープも具材によっては高カロ[…], 普段のおやつやパーティーまで、どんな場面でもチョイスされやすい人気のお菓子、ポテトチップス。高カロリー・高糖質・高脂質なのは多くの方が知っていることだ[…], 【管理栄養士監修】チョコレートのカロリーや糖質を徹底調査!ダイエット中のおやつに食べて大丈夫?, 砂糖などの糖類を使っていないシュガーレスのチョコレート。砂糖不使用なのにチョコらしい甘みで糖質制限やダイエット中の間食やお菓子に人気の糖質カットチョコです。, ガストでカロリーが気になるダイエット中にもおすすめなメニュー&上手な選び方を紹介!.
*料理講師&フードコーディネーター *海外駐在歴12年(ブラジル→メキシコ→アメリカ→中国)

Copyright (C) 2020 元駐妻から料理講師へ転身~海外生活&美味しいものブログ All Rights Reserved.