昨年行われたアメリカ大統領選で、トランプ大統領に敗れた元民主党候補のヒラリー・クリントン氏が9月12日(現地時間)、その選挙キャンペーンを振り返る著書『What Happened』を出版する。出版に先駆けてこの本を入手したCNNによると、 大統領選挙でトランプ大統領と戦ったヒラリー・クリントン氏が追及を受けたメール事件問題を覚えていますか?アメリカのみならず日本でも問題として取り上げられたヒラリー・クリントン氏のメール事件問題とは何だったのか?その内容や問題点、経緯についてご紹介します。, 誰もが次期大統領はヒラリー・クリントン氏だと思っていました。あんな、ふざけた言動を繰り返すドナルド・トランプが勝つわけないと。けれど、ふたを開けてみれば投票数は僅差で負けていたものの選挙人の数ではドナルド・トランプ氏の快勝で終わった大統領選挙。その敗因の一つとなったのが、ヒラリー・クリントン氏の「メール事件問題」。ニュースなどではよく見たけれど改まって聞かれると何が問題だったのか分からない、今更聞けないヒラリー・クリントン氏の「メール事件」問題とは何かを、ご紹介します。, 1947年、イリノイ州シカゴで生まれた彼女は早くから政治に興味を持ち、若き共和党員として活動し、1964年の大統領選挙では共和党所属のバリー・ゴールドウォーター候補を応援するゴールドウォーターガールをとして大統領選挙に参加しました。1965年にはマサチューセッツ州の名門女子大学であるウェルズリー大学に入学し、1年生で、学内青年共和党の党首に選出されましたが、政策に疑問を抱き、辞任しました。ウェルズリー大学を優秀な成績で卒業後はロースクールに通い、夫のビル・クリントン氏と出会いました。弁護士資格の取得後は児童教育に関する職についていましたが、夫のビル・クリントン氏が選挙に出馬する手伝いのために弁護士へ転職しました。, ビル・クリントン氏がアーカンソー州の知事となってからもヒラリー・クリントン氏は弁護士をつづける一方で教育支援や、教育委員会の委員長として州の教育制度などの見直しを行いました。ビル・クリントン氏が大統領選挙に出馬してからも仕事を続けていましたが本人が「家にいてクッキーを焼いてお茶を入れることもできたが、自分の職業を全うすることを選んだ」とコメントしたことによって一部から非難を浴び、弁護士事務所や委員会などの職を辞することとなりました。, ビル・クリントン氏が大統領選に当選すると、1993年から8年に渡りヒラリー・クリントン氏はファーストレディーを務めました。大統領選挙キャンペーン中にビル・クリントン氏がヒラリー・クリントン氏とのコンビを「ひとつ分のお値段で、ふたつ分のお買い得 ("get two for the price of one")」と語った様に、ビル・クリントン氏が大統領であった間、ヒラリー・クリントン氏は大統領にとって「最大のアドバイザー」として全幅の信頼を寄せ、閣議に臨席することのできる特別な存在でした。, ファーストレディーとして人気を誇っていたヒラリー・クリントン氏は、やがて民主党からの推薦でニューヨーク州選出上院議員の立候補として出馬し、得票率55%で当選し、再選をかけた2006年の出馬では得票率67%という圧倒的な支持を得て当選しました。, ヒラリー・クリントン氏はこの追い風を受けて2008年に民主党大統領候補選に出馬することになりました。始めは世論調査でヒラリー・クリントン氏を支持する人が40%にものぼるなど圧倒的な人気を誇っていましたがやがてその勢いは減退し、予備選終盤で致命的な失言をしてしまい、最終的には候補選を辞退、オバマ氏を支持しました。, そして、2016年の大統領選挙へと話は進みます。ヒラリー・クリントン氏は、7月の党大会開催を目前にして「ベンガジ疑惑」の追及を受け、騒動が収まった後も、一度落ち着いたはずの「メール事件問題」などスキャンダルが噴出します。, 公開討論会の場でもこの問題は取り上げられましたが、対するドナルド・トランプ氏側でもスキャンダルは多く取り上げられていたため、トランプ氏の性格もあってか、討論の場がお互いを貶めあうという泥仕合を呈するようになっていました。, 勿論それらだけが要因となったわけではありませんが、最終的に11月に行われた大統領選挙の結果、得票数ではヒラリー・クリントン氏がわずかに上回っていたにも関わらず選挙人232人で、306人を獲得したトランプ氏に敗北する形となりました。, さて、まずは日本ではあまり報道されなかった「ベンガジ疑惑」問題とは何か、始めに軽く触れておきましょう。, ベンガジで一体何があったのか?この問題は2012年9月まで遡ります。2012年9月、リビアにあるベンガジという都市でアメリカ領事館にいた、クリストファー・スティーブンス駐リビア大使を含む国務省およびCIAの職員4人が、重武装をした勢力の攻撃を受け殺害されました。, 犯人グループはアルカイダと関係のあるイスラム系の組織で、綿密な計画による犯行でした。動機としてホワイトハウスでは、アメリカで作成され、インターネット上に上げられた「ムハンマド侮辱ビデオ」が結果的に大使の死に繋がったのだと主張していましたが、共和党側は当時オバマ政権下で国務長官を務めており、在外公館の安全確保に責任を負っていたヒラリー・クリントン氏に何がしか落ち度があったのではないかと反論しました。, この問題には2つの焦点があり、1つ目は「当時ベンガジで起こりつつあった武装勢力(イスラム系組織)の攻撃について、アメリカで発生した『ムハンマド侮辱ビデオ』に反対する平和的なデモと同様だと誤認したことで、結果的に大使の死へとつながったのではないか?」という疑惑と、2つ目は「その疑惑に関して政府でモミ消しを図ったのではないか?」という疑惑です。, 2013年の喚問では感情的になって対応してしまったヒラリー・クリントン氏でしたが、2015年に再度喚問があった際は冷静に対応し、11時間に及ぶ応答を破綻なく終わらせました。しかし、これに対しても共和党側は納得せずなおも追求を止めていませんでしたが、2016年6月に「下院ベンガジ事件調査委員会」の最終報告発表で「ヒラリー・クリントン氏に落ち度はなかった」として無事に終息をみました。, そもそもメール事件問題とはどんな話なのか?何が起こっていたのか?メール事件問題の発端は2012年9月まで遡ります。当時オバマ政権下で国務長官を務めていたヒラリー・クリントン氏が、私的に利用していたメールサーバーでメールを送受信していたことが発覚します。ニューヨークタイムズ紙がこれを連邦記録法違反ではないかと報道します。その直後ヒラリー・クリントン氏は大統領選出馬を表明し、メール事件問題について謝罪しました。, その後のFBIの調査で私的に設置したメールサーバーで送受信された3万通のメールの内7通の内容が国務省により「極秘」と指定されていると分かりました。しかし、調査を行ったFBI長官は「国家機密文書の取り扱いとしては極めて不適切ではあるが、刑事訴訟するような問題ではない」としました。ヒラリー・クリントン氏はその後国務長官時代のメール内容について内部調査を独自に開始し、自ら私的に設置したメールサーバーでのメールのやりとりを公開するなどして、一定の終息をえたかに思えました。, しかし、大統領選挙も終盤の10月28日、突然FBIが政府内の重要機密情報を取り扱ったと考えられる内容のメールが私的に設置したメールサーバーから新たに見つかったとして、ヒラリー・クリントン氏のメール問題について再調査を行うと発表しました。そして選挙当日の2日前、11月6日にFBI長官がヒラリー・クリントン氏を訴追しない方向を表明し、事態は決着しました。, では、そもそも国家機密の情報を含む内容のメールを私的なメールサーバーで送受信することの何が問題なのでしょうか?これには大きく分けて2つの問題が存在します。, まずは、セキュリティーの問題です。これに関しては、一般的な企業などでも同様に考えられることなのである程度理解しやすいかと思いますが、重要な機密をメールなどで外に持ち出してしまうと、それだけ他人に見られるリスクや情報を盗まれてしまうリスクが跳ね上がります。何が起こっても文句は言えないでしょう。いくら自宅のメールサーバーが高度なセキュリティーに守られていたとしても、政府内でやりとりするよりもはるかに危険であることは間違いありません。FBIの長官が話したように、ヒラリー・クリントン氏の情報の危機管理能力が甘く、追求されても仕方のない問題でした。, 2つ目は信頼性の問題です。そもそも、私的に設置したメールサーバーを使用してメールのやりとりをするということは、政府内の人間に見られては困るような内容のやりとりを私的なメールサーバーでこっそりしていたのではないかと、ヒラリー・クリントン氏は疑われてしまったのです。ヒラリー・クリントン氏は、先ほど述べた「ベンガジ疑惑」で国民から疑惑の目を持たれていたばかりだったため、続けざまに信頼性を疑うような事件が続いたことで、疑いは晴れたものの国民はヒラリー・クリントン氏に対して悪い印象を受けてしまいました。しかも、選挙日の直前である10月の28日にFBIで調査を再開することが発表されたことが追い打ちとなり、クリントン陣営に大きな影響が出ることは避けられなかったのではないでしょうか。, ヒラリー・クリントン氏の生い立ちから大統領選挙の敗北までの経緯を含め「メール事件」問題とは何かを調査してみましたが、結局、なぜFBIが選挙日の直前である28日に調査を再開すると発表したのかは依然として不明のままです。明らかにクリントン陣営に大きな打撃を与えると分かっていての発表であったことを考えると、裏で何がしかの工作が働いているようにも思えますが、これはいくら考えても憶測の域を出ません。しかし、どこの国でも裏での工作というのは当たり前にあるのかも知れませんね。, 『ヒラリー・クリントンのメール事件』FBIが問題視した内容や経緯とは?のページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。. ↓ 大統領選挙でトランプ大統領と戦ったヒラリー・クリントン氏が追及を受けたメール事件問題を覚えていますか?アメリカのみならず日本でも問題として取り上げられたヒラリー・クリントン氏のメール事件問題とは何だったのか?その内容や問題点、経緯についてご紹介します。 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 2012年の選挙、及び、オバマ大統領、ミット・ロムニー元州知事、また今回のヒラリー・クリントン元国務長官と比較しても、トランプ氏の得票が一番少ないのは事実であり、トランプ氏は、アメリカ歴代大統領で5人目にあたる、「全国得票数では勝利をしていない大統領」となります。 合計点が270ポイ... トランプとバイデンは日本にとってはどっちが良いですか?世界にとってはどっちが良いですか?, 40代で300万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が300万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 分かる部分(州によって選挙人数... アメリカ大統領選挙の選挙人は州で選ばれた立候補者が獲得し、選挙人は投票時に裏切ってはならないことが連邦最高裁が判決している点を踏まえると、選挙人は投票しなくても結果は確定しているので、選挙人による投票は冗長というか無駄に感じるのですが、必要な理由などあるのでしょうか? 地方党員票のようなものが選挙人という ただその行動と私に対して報告してくれた内容に違いがあ... パズドラについて質問です。炭治郎2体目と、無惨2体目と、煉獄1体目どれがいいですかね?やっぱり持ってるキャラによりますか?, パズドラ初心者です。 『サルの一種・シロガオサキの「モップ」の観賞に訪れる女性について言及。「『モップくんが大好きなんです!』と来園してくださる方は素敵(すてき)なお... バイデンは中国とズブズブなんですか?SNSでは彼が大統領になったらアメリカも日本も終わると言ってるひとが結構いて不安です。 昨年行われたアメリカ大統領選で、トランプ大統領に敗れた元民主党候補のヒラリー・クリントン氏が9月12日(現地時間)、その選挙キャンペーンを振り返る著書『What Happened』を出版する。, 出版に先駆けてこの本を入手したCNNによると、クリントン氏は選挙キャンペーン中、最大の後悔として、炭鉱労働者の仕事をなくすと発言したことを挙げている。, これは同氏が2016年3月、オハイオ州コロンバスで開かれた集会で、化石燃料エネルギーを再生可能なシステムに置き換える計画を語った時の発言だ。, クリントン氏は述べた。「私は、クリーンで再生可能なエネルギーを、この炭鉱の国に経済的な機会をもたらす鍵として活用する政策を掲げる唯一の候補者だ。炭鉱労働者と炭鉱会社の仕事は失われてしまうだろう」, その上で同氏はすぐに、この国のエネルギーを生み出すために健康や、時には命を犠牲にしてきた炭鉱労働者とその他の労働者をサポートしたいと付け加えた。, 「こうした人々のことを忘れてはいけない。何世代にもわたって炭鉱での仕事に従事してきた彼らは、私たちの家を明るく照らし、工場を動かし続けるために、その健康や、時には命を犠牲にしてきたのだ」, 後にクリントン氏は、このコメントは「文脈に沿わない」、「間違った声明」だったと述べている。, しかし、この発言は同氏に対する反感を招き、最後までクリントン氏に付きまとった。共和党の大統領候補(当時)、ドナルド・トランプ氏は、労働者階級の白人の苦しみ、中でも苦境に立つ炭鉱労働者に焦点を置くことで、クリントン氏に対する反発をあおった。, この発言の後、クリントン氏は民主党予備選挙において、国内で最も炭鉱がさかんなウェストバージニア州の全ての選挙区でバーニー・サンダース氏に敗れた。同州は、2008年の予備選ではクリントン氏がオバマ元大統領に圧勝した場所だけに、ドラマチックな転落となった。, [原文:Hillary Clinton: Here's the misstep from the campaign I regret the most], Hillary Clinton: Here's the misstep from the campaign I regret the most, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 開設から数時間で1000件以上の通報…… 香港警察、市民に国家安全維持法の違反を密告してもらうホットラインを立ち上げ, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved.