リーマンショックの原因. リーマンショックについて学びたい方へ。「平成最大の金融危機では、一体何が起きていたのかな?リーマンショックの原因や詳細を詳しく知りたいな。」←このような疑問に答えます。世界経済に大きな影響を及ぼしたリーマンショックについて知りたい方はぜひご覧ください。 日常会話において、誰しもが一度は「○○が高すぎる... https://www.ocean-of-money.com/wp-content/uploads/2020/05/493567e953c870fb0ada1af7e75d5927.gif, 給料の手取りはどうやって決まる?控除額の内訳は? [新卒社員の給与明細を使って解説]. ・リーマンブラザーズが経営破綻 リーマンショックとは大手証券会社のリーマン・ブラザーズがサブプライムローンの巨額の損失によって経営破たんし、世界に大きな影響をもたらした金融危機です。その原因と一連の出来事について深く掘り下げます。 ・証券化する仕組みが作られたことで住宅ブームが過熱, サブプライムローンの崩壊 ・住宅バブルの崩壊 ・サブプライムローンが不良債権化 ここでは、投資信託の仕組みや特徴を紹介していきます。また、投資信託と非常に関係が深いETFについて、投資信託との違いなどを含めて、その特... この記事では、市場における価格調整のメカニズムについて説明していきます。 ↓ ・世界的な金融恐慌に発展, 特に投資家にとっては、過去の出来事からリスクを可能な限り洗いだし、先人と同じ失敗をしないように努めることは重要です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 経済、資産運用、ビジネス、税金、年金・保険、節約など、お金に関する幅広い内容を、1つのサイトでまとめて提供。, 徹底的に体系化された情報と、実体験に基づく知見により、あなたの学びをサポートします。, 同じようなことはもう起こらないだろうから、リーマンショックの知識は今後の経済を考える上で役に立たないのでは?, 社会人1年目の22歳 FP(ファイナンシャル・プランナー) ・関係する金融商品の価格が暴落, リーマンブラザーズの経営破綻 【ホンシェルジュ】 2008年に起こり、世界各国の経済に深刻な影響をあたえた「リーマン・ショック」。この記事では、原因やサブプライムローンの仕組み、世界と日本への影響などをわかりやすく解説していきます。関連するおすすめ本も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。 ・金利引き上げ等によりバブル崩壊 より詳しく知りたい方は. ↓ :借り主が返済不可能になるリスクから解放され、即座にキャッシュを得ることが可能, またローン会社は、手にしたキャッシュによって再び次の消費者に貸し付けを行うこともできます。, 利息分を受け取る権利を小分けすることで、投資家一人あたりのリスクを下げて販売しようと試みたのです。, さらに、他の様々な債券や株式と混ぜて一つのファンドとして販売することで、よりリスクが低い商品として売り出しました。, このあたりの仕組みをもう少し詳しく理解したいという方は、下の投資信託・ETFについて解説したページを読んでみてください。, そうして販売したファンドが、格付け会社からAAA(最も優良)の評価を得たこともあり、結果的にサブプライムローンが元手となっている商品が大流行することになりました。, これについては、サブプライムローンの債券を売りたかった金融機関が、わざと複雑な仕組みにしてリスクを隠し、投資家に購入を促したという見方がされています。, また、債権を証券化して売り出す仕組みができたことで、契約を成立させるほど儲かるサイクルが出来上がりました。, そうなると、住宅ローン会社は積極的に貸し付けを行い、金融機関はどんどん証券を販売しました。, 結果として、住宅ブームはさらに過熱し、価格が上がり続けるバブル状態に発展することになります。, 一時は価格が上昇し続けるかのように思われましたが、結局この住宅バブルは崩壊します。, 住宅が売れなくなってきたことで、2001年〜2006年あたりまで続いた価格の上昇はストップします。, そこから価格の下落が始まり、2007年末から急速に暴落していったことで、住宅バブルは終焉を迎えました。, 過去の記事で解説したように、長期的に見れば、価格は市場の力によって需要と供給の均衡点に向かいます。(詳細を知りたい方は下の記事を参照), 住宅バブルに限らず、本来の価値と大きく剥離した相場での取引はそう長くは続かないものです。, それまで可能だった借入ができなくなり、ローンの支払いを続けることが困難になりました。, また、住宅を売ったとしても、その価格が下がっていたため、ローンの返済に必要なだけの金額を用意できなくなりました。, 返済が滞れば、サブプライムローンを元手とする証券を持っていても、利益が得られなくなります。, つまり、この証券はサブプライムローンが破綻したことで不良債権になったということです。, ところが厄介なことに、この証券は様々なファンドに複雑に混ぜ込まれていたため、損失の大きさをすぐに把握することが困難でした。, 「サブプライムローンの影響の有無やその大きさがわからなくても、とりあえず資金を回収しよう」, ニューヨークの一等地に本社を構える業界最大手の企業で、世界の金融・経済において重要な存在となっていました。, そのリーマンブラザーズも、住宅バブルに後押しされて業績を伸ばしていたこともあり、サブプライムローン問題の影響を強く受けることになります。, サブプライムローン問題の表面化に加え、絶大な知名度を持っていたリーマンブラザーズの経営破綻を受けたことで、投資家の間で一気に不安が広がりました。, こうして、リーマンブラザーズの経営破綻をきっかけに、連鎖的に世界全体が不況に陥ったのです。, 現在では、この一連の騒動による経済の停滞のことを「リーマンショック」と呼んでいます。, 住宅バブルの発生 「リーマンショック」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。株式投資でも、「リーマンショックの時の株価下落は酷かった」とよく聞きます。 そこで今回は、リーマンショックとは何が原因で起こったのか?について解説したいと思います。 ・市場がパニック状態に⇒株価は暴落 リーマンショックが起きたことにより、アメリカをはじめ、世界中の経済が混乱することになりました。 もちろん、日本への影響も少なからずはあります。 リーマンショックにより、全財産を失った人もいました。 リーマンショックとは、米国大手銀行であるリーマンブラザーズの破綻とそれを原因とする世界同時不況のことです。サブプライムローン問題を原因とし、アメリカ経済はもちろんの事、ヨーロッパ(ユーロ圏)にも飛び火し、ギリシャの破綻問題なども引き起こしている。 サブプライムローン:返済能力が低い人向けの住宅ローン 投資や金融に興味が無い人でも、その名を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。, しかし、リーマンショックの実態をきちんと知っている人は意外と少ないように感じます。, 特に若い世代にとっては、名前こそ聞くことはあれど、その内容を知る機会はなかなか無いかもしれません。, また、投資家にとっても、過去に経済に大きな影響を与えた出来事を知っておくことは非常に重要になります。, 投資におけるリスクを学ぶ意味でも、この機会にリーマンショックの概要を理解しておきましょう。, リーマンショックという呼び名は、アメリカの「リーマンブラザーズ」という会社がきっかけとなって株価が暴落したことに由来します。, 実際に、リーマンブラザーズの経営破綻を皮切りに、世界的な金融恐慌にまで発展しました。, その背景には、リーマンショックの真の原因とも言える「住宅バブル」の存在があります。, そこでこのページでは、リーマンショックを、発生した流れに沿って次の3つの段階に分割しました。, ・アメリカで起こった住宅バブルとその背景 学生時代に投資に興味を持ち、以来お金について幅広く勉強中 ・リーマンブラザーズの経営破綻と金融危機, この3つの段階について、順番に説明していくことで、どのようにしてリーマンショックが起きたのかを解説していきます。, サブプライムローンとは、通常の住宅ローンの審査が通らないような信用度が低い人に向けた住宅ローンです。, 信用度が高い優良な客(プライム)よりも、所得や職業などの観点で返済能力が低いと考えられる客(サブプライム)を対象としたローン, サブプライムローンでは、信用が低い人でも組むことができる代わりに、金利が高く設定されます。, と思う方もいるかもしれませんが、これは住宅ローン会社のビジネスとしては当然の仕組みになります。, つまり、あらかじめ返済できなくなる人が一定数出てくると想定し、その上で利益が出せるように金利を設定するのです。, 低所得層を対象にしたサブプライムローンでは、破綻する人の割合が多いと予想できるため、必然的に金利を高く設定することになります。, サブプライムローンには、契約から数年の間は低い金利に設定し、その後段階的に金利を引き上げるというタイプも存在しました。, 購入した住宅が、契約後に値上がりした分だけ、新たに担保にして借入を行うことが可能でした。, 当時のアメリカでは、住宅の価格は右肩上がりに上昇していたため、追加で融資を受けることできたのです。, しかし当時は、住宅の価値は上がり続けていたため、③で述べたように追加で融資を受けることが容易でした。, また、たとえ破綻した場合でも、住宅を売れば返済が可能なことが多かった(住宅が担保として機能していた)ため、ローン会社にとっても大きな損失にはなりませんでした。, 問題がなかなか表面化しないとはいえ、低所得層への貸し出しはリスクが高いことには変わりがありません。, ローン会社のメリット リーマンショックという呼び名は、アメリカの 「リーマンブラザーズ」 という会社がきっかけとなって株価が暴落したことに由来します。 実際に、リーマンブラザーズの経営破綻を皮切りに、世界的な金融恐慌にまで発展しました。