!」ふぁる(L1A1)役), 1966年8月18日未明、南ベトナム。ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地がベトコン部隊による迫撃砲の急襲を受ける。発射地点を突き止めるため偵察に向かったハリー・スミス少佐(トラヴィス・フィメル)率いるオーストラリア軍D中隊は、第10、11、12の3小隊に分かれて前線を進む。ロングタンのゴム園に差し掛かると第11小隊がベトコン兵と遭遇。交戦となるがベトコン兵は散り散りに逃げ出してしまう。安心した小隊は前進するも、既にベトコン兵の大軍に囲まれてしまっていた。自らの命を顧みないベトコン兵は容赦なく機関銃掃射で襲い掛かる!四方八方から銃撃を受け、戦闘開始からわずか20分で28人構成の小隊のうち半数以上が負傷。味方からの応援部隊も近づけない平坦なジャングルで小隊は絶体絶命の状況に追い詰められてしまう。, ベトコン兵から放たれる機関銃の嵐の中、少佐は遂に基地へ指令を出す。目前にいる敵へ後方から迫撃砲を撃つ要請をしたのだ。「責任は取る。極限着弾(デンジャー・クロース)を要請する」。それは味方に対して超至近距離で撃つことになり、小隊が全滅してしまう危険な作戦である。一方基地本部では、応援の大隊を出撃させるかの判断をする時が迫っていたのだった…。, トラヴィス・フィメル(『ウォークラフト』)、 ルーク・ブレイシー(『X-ミッション』)、 リチャード・ロクスバーグ(『サンクタム』)ほか, 2019年/オーストラリア/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/118分/原題:Danger Close The Battle of Longtan 配給:彩プロ    G(一般映画) 公式サイト:http://dangerclose.ayapro.ne.jp/ © 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA.
6/19(金)より新宿バルト9ほか全国公開!映画『デンジャー・クロース 極限着弾』予告編, 本作は、南ベトナムの農園地帯“ロングタン”でオーストラリア軍108人がベトナム解放民族戦線(ベトコン)2,000人に対峙した伝説の戦闘「ロングタンの戦い」を、オーストラリアを代表する豪華俳優陣・スタッフが結集しておくる本格戦争映画。, 戦闘時間4時間に対して1日の損失はオーストラリア軍が戦ったベトナム戦史上最大という過酷な戦いだったにも関わらず、その功績は称えられることもなく50年ものあいだ封印されてきた伝説の戦闘の全貌が描かれる。, 待望の日本公開に向けてSNSキャンペーン「俺のNAM」も始動。ベトナム戦争下の伝説の戦いを描いた本作にちなみ、ミリタリーファッションやモデルガン、ジオラマなどのベトナム戦争に関わる写真を投稿すると、抽選で豪華プレゼントがあたるキャンペーンとなる。作品公式Twitterアカウント(@dangerclose0818)をフォローしてキャンペーンに参加してみよう。, デンジャー・クロース 極限着弾2020年6月19日(金)より新宿バルト9にて全国ロードショー配給:彩プロ© 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA.
バーンズとエリアスは戦争の現実と理想だったのです。, 愛国心の塊で北ベトナムを倒すことだけを使命に思う二人。 ベトナムに派遣された頃の顔とテイラーの顔は明らかに変わってきていました。, そして「現実と理想」を見たテイラーは、エリアスのように戦う本能をむき出しにし、さらにバーンズのように憎いものを排除するようになってしまったのでした。, だからラストでテイラーは「自分は二人の間の子のような感じさえする」と語っているのだと思います。, オリバー・ストーン監督は自分がベトナムで経験したことを伝えることが義務だと感じていました。, そして残りの人生を意義あるものにすることが自分の務めだと思い、『プラトーン』という作品を作りました。, 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ), ドキュメンタリー『グレート・ハック SNS史上最悪のスキャンダル』SNSで世界を操る企業. 2019年8月8日よりオーストラリアで公開予定。. 心に残るアニメーション。 それは全てオリバー・ストーン監督が体験したことなのです。, そしてこの経験を忘れないためにも、監督は『プラトーン』を製作しました。 それゆえに、南ベトナムの人さえも北に通じているのでは疑うようになってしまうのです。

金持ちの家に育った若者が大学を中退してまで向かったベトナム戦争。そこで見た現実は『プラトーン』の監督オリバー・ストーンが体験したことでした。戦地で見た善と悪。それは戦争が兵士達の心を蝕んでいった結果だったのです。, 大学を中退してまでベトナムに志願したのは、次々と徴兵されてゆく彼と同年代の若者たちのほとんどが、少数民族や貧しい者たちだった事に対する義憤からであった。, だが、いきなり最前線の戦闘小隊に配属されたテイラーにとって、戦争の現実は彼の想像をはるかに超えた過酷なものだった……。, (出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20373), 1955年〜1975年まで続いたヴェトナム戦争。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い2020年4月17日より公開が延期されていた映画『デンジャー・クロース 極限着弾』の初日が2020年6月19日(金)に決定した。, 【SCREEN ONLINE独占】伝説の戦いを映画化する『デンジャー・クロース 極限着弾』の道のりを監督&製作者が激白!. ベトナム現地の映画館(ハノイ/ホーチミン/ダナン)で上映中の映画を一覧で紹介しています。このほか、中 ... ベトナムエンタメ情報サイト【A-TIM’s(エータイムズ)】では、ベトナム映画を中心にベトナムのエンタメ・芸能情報を日本語で紹介しています。 彼自身がこの映画の主人公であるテイラーのモデルになっています。 戦地に長くいたために、戦うことが自分の全てとなり敵を倒した時の笑顔は不気味でもありました。 賛否両論を巻き起こしたベトナム戦争映画の佳作 : 危険地帯の復興道路建設に挑む: 爆撃隊司令官の孤軍奮闘の姿が描かれた空戦映画: 若者たちが次第に殺人兵器となり、精神が壊れていく: 各国の豪華キャストが一堂に集結: クワイ川架橋建設をめぐるイギリス人と日本軍の物語: テーマソング�

映画「夏至 (Mùa Hè Chiều Thẳng Ðứng)」の作品データベースです。映画のあらすじ、キャスト、監督など ... 「サイゴン・ボディガード(Vệ Sĩ Sài Gòn)」(2016年)は、「タイガーマスク」(2013年)や「太秦ライムライト」(2014年)などを手掛けた落合賢監督が、日本人として初めてベトナム映画のメガホンを取った作品です。, ボディガード2人が御曹司を探して敵に立ち向かい、ホーチミン市内を駆け巡るドタバタアクション&コメディ。アクションとコメディ、恋愛、そして男同士の友情。終始ハラハラドキドキで目が離せません。ホンダのカブでホーチミン市内の路地裏やローカル市場を駆け巡るカーチェイスのシーンも見どころです。. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のトム・ハーディ、『IT/イット』シリーズのビル・スカルスガルド、『レディ・プレイヤー1』(2018)のタイ・シェリダンら豪華キャストが、ベトナム 戦争 を描く新作映画『The Things They Carried(原題)』に出演する。 次第に二人がいがみ合っていく姿も見ていました。, しかし二人とも戦争によって犠牲になった兵士なのです。 あらすじ. 金持ちの家に育った若者が大学を中退してまで向かったベトナム戦争。そこで見た現実は『プラトーン』の監督オリバー・ストーンが体験したことでした。戦地で見た善と悪。それは戦争が兵士達の心を蝕んでいった結果だったのです。 心に響く音楽、 彼は北ベトナムを倒すことだけが、使命だったのです。, 正反対のバーンズとエリアスですが、どちらも自分たちが勝つことを信じて戦地にいたのです。 映画「ベトナムの怪しい彼女 (Em Là Bà Nội Của Anh)」の作品データベースです。映画のあらすじ、キャ ... 「草原に黄色い花を見つける(Tôi Thấy Hoa Vàng Trên Cỏ Xanh)」(2015年)は、Victor Vũ(ヴィクター・ヴー)監督が手掛けた作品で、ベトナムの有名作家Nguyễn Nhật Ánh(グエン・ニャット・アイン)による同名の長編小説が原作です。ベトナムで2015年のベトナム映画の興行収入トップに立ったヒット作です。, 思春期の子供たちの微妙な人間模様と心の動きが繊細に描かれていて、ベトナムの田園風景と音楽がまた美しく、ちょっと切なくてしずかできれい。日本語版DVDはまだありませんが、原作の日本語版が出版されています。, 【ベトナム映画名鑑】草原に黄色い花を見つける (Tôi Thấy Hoa Vàng Trên Cỏ Xanh). 戦いは北ベトナム軍の勝利で終わりますが、ベトナムは南北に分断されてしまいます。 Kindaieigasha