プロ野球試合数の推移 最多試合数は154試合、最少試合数は108試合 ダブルヘッダー(1日2試合)の事例 2020年シーズンの動向  …, 当記事では、こういった疑問を解消するため、ダブルヘッダーの仕組みや過去のダブルヘッダーの事例について解説します。 試合数: 120試合: 143試合: クライマックス・シリーズ: セ・リーグは実施せず。パ・リーグは1,2位のみで開催(4戦3勝制) プロ野球の年間試合数は現在1球団143試合ですが、2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響により特別ルールの120試合(セ・パ交流戦とオールスターゲームは中止) となります。 しかし2004年からはパ・リーグにプ …, 【2020年プロ野球チップス第2弾】スペシャルボックス レビュー【定価・購入方法・特徴】. 愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。, 当初はリーグの運営方法を模索していたためか、年間試合数も大きく変動していますが、1960年台あたりから徐々に試合数は安定しています。, その後徐々に増加傾向をたどり、交流戦の試合数見直しに伴い多少の調整を実施しながら、2019年シーズンは143試合となっています。, ・試合数は1球団の予定試合数を表しています 新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた日本のプロ野球公式戦が6月19日、3カ月遅れでようやく開幕。セントラル、パシフィック両リーグともに、当面はプロ野球史上初となる無観客試合とするほか、延長戦を短縮するなど、今シーズンは異例ずくめの特別ルールを採用して行われる。, 試合数は両リーグともに143から120に減らすほか、例年なら全12チームが18試合を戦うセ、パ両リーグの交流戦、オールスター戦2試合はいずれも中止とする。開幕の遅れに伴う日程過密化への対策として、延長戦を10回で打ち切るほか、出場選手登録枠を拡大することなどを決めた。また、1軍に登録可能な外国人を4人から5人に増やした。, 公式戦の日程については、セ・リーグは移動を極力減らすため、開幕時は首都圏の球場で試合を行い、その後は西日本の球場に移るという「集中開催」方式を7月中旬まで実施する。パ・リーグも、2カード目以降7月19 日までは、同一カードでの6連戦を日程に組み込むなどの対策を講じた。観客については、両リーグともに政府や自治体の方針を踏まえ、無観客から段階的に増やしていく予定。, 日本シリーズへの出場権をかけてシーズンの上位チームが戦うクライマックスシリーズ(CS)は、セ・リーグが開催を断念。雨天中止や感染拡大などの不確定要素が多い中、レギュラーシーズンの試合数確保を優先することを理由に挙げた。CSの開催見送りは、2007年の導入以来初めて。, ドーム球場が多く荒天で試合が中止になることが少ないパ・リーグは、日程を短縮して4試合制でCSを行う。シーズン1位チーム(アドバンテージ1勝を付与)と2位が対戦し、先に3勝したチームが日本シリーズに進む。パ・リーグのCSは11月14日、日本シリーズは11月21日に開幕する。, バナー写真:開幕前の練習試合ソフトバンク-オリックスで本塁打を放ち、笑顔を見せるソフトバンクの柳田悠岐=2020年6月10日福岡ペイペイドーム(時事), プロ野球 開幕は最速で6月19日(5月時点の見込み)であり、交流戦・オールスターゲームは中止が発表されています。 ・交流戦の試合数を含んでいます ・クライマックスシリーズやプレーオフ、日本シリーズ等のポストシーズンの試合数は含んでいません。 開幕の遅れに伴い過密日程が想定され、試合数も120試合程度への削減が検討されている状況です。, それでもなお、過密日程となることから、ダブルヘッダーが検討されているとの報道も出ています。, 2020年シーズンはプロ野球の試合数が削減されるって報道されているけど、そもそもプロ野球の試合数って何試合だったの?, アメリカでは長さの単位はインチやフィート、マイルなどの単位が使われており、メジャーリーグの球速表示もマイル(mph)で表示されます。 プロスポーツでは人気の高いnpb・プロ野球2020もようやく開幕を迎えることに。 プロ野球2020の試合数やクライマックスシリーズなどはどうなるのでしょうか。ファンが待ちに待ったnpb公式戦で、現在(28日)まで決まっていることをまとめました。 野球 当記事では、プロ野球がセ・パ2リーグ制となった1950年以降の試合数をご紹介し、このような疑問を解決します。, 野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。 ・1973年~1982年のパ・リーグは前期/後期制(各65試合)であったため、合計130試合をシーズン試合数として計算しています。, 上記の表のとおり、最多試合数は1956年パ・リーグの154試合、最少試合数は1972年パ・リーグの108試合となっています。, ただし、1952年のパ・リーグは特殊な方式で順位を決定しており、実質120試合であったと言うこともできます。, 予選リーグ(108試合)+決勝リーグ(12試合)の合計120試合で順位を決定しています。, 当時のパ・リーグは7球団制でしたが、7球団での総当たり戦(予選リーグ)を計108試合、その後、上位4球団での総当り(決勝リーグ)12試合を開催しています。, 予選リーグと決勝リーグの結果を合計した勝率を比較し、最終的なリーグ優勝を決定しています。, かつては交通網も現代ほど整備されていなかったことから、選手の移動にも時間がかかり、過密な試合日程が組まれていました。, そのため、1980年代頃までは頻繁にダブルヘッダー(1日に2試合)が組まれていました。, ダブルヘッダーは選手への負担が大きいことから、1980年代には現象の傾向を見せ、セ・パ両リーグともに1998年以降はダブルヘッダーの開催実績はありません。, 2020年シーズンでは、当初は2019年シーズン同様に143試合の日程が組まれていました。, しかしながら、新型コロナウイルス感染症の流行による開幕延期を受け、状況は一変しています。 当初は2020年3月20日に開幕する予定だったプロ野球。 2020年5月31日に緊急事態宣言が解除されれば、 最短で2020年6月19日の開幕が有力視されています。 その際に想定されているのは同一リーグ5球団と24回戦総当たりの120試合制。 2019年のプロ野球の試合数はパ・リーグ、セ・リーグともに143試合! 現在、セ・リーグ、パ・リーグ、それぞれ 6球団ずつ が所属しており、2019シーズンはどちらのリーグも、1球団あたりの試合数は 年間143試合 と発表されました。 前回は日本プロ野球の中で、セ・リーグ、パ・リーグの違いや、それぞれが分けられている理由に関して詳しく取り上げました!→野球のセ・リーグ、パ・リーグの違いとは?分け方や意味をご紹介!, そして日本プロ野球の年間試合数がシーズンによって変化していることを知っていますか?, 今回はセ・リーグ、パ・リーグ、それぞれ何試合ずつが2019年には行われたのか?また、長いプロ野球の歴史の中で試合数はどのように変遷していったのかを詳しく取り上げてます!, 現在、セ・リーグ、パ・リーグ、それぞれ6球団ずつが所属しており、2019シーズンはどちらのリーグも、1球団あたりの試合数は年間143試合と発表されました。, その内訳は、リーグ内の対戦が25回戦総当りの125試合、セ・リーグ、パ・リーグ間での交流戦が各チーム3試合ずつで18試合、合計143試合です。, これはあくまでもリーグ戦だけでの試合数。リーグ戦で上位3チームに入ればクライマックスシリーズに出場でき、試合数はそれだけ多くなります。, また日本プロ野球では、予備日を設定しており、雨天中止などの際も振り替えで試合を行うため、試合数がそこまで大きく変わることはありません。, 2019年では日本プロ野球の試合数は年間143試合と発表されましたが、過去には年間154試合と、今よりも11試合多く開催されていたシーズンもありました。, 1956年のパ・リーグでは所属球団が8球団と今よりも2球団多く、そのために試合数が154試合と、歴史の中で最大の記録となりました。, また、1998年まで日本プロ野球ではダブルヘッダー(1日で1つのチームが2試合試合を行う制度)を導入していましたが、それ以来はスケジュールに組み込まれることはなくなりました。, 野球の試合は平均3時間以上と非常に長く、2試合行うと選手への負担が大きくなってしまうこと、さらにはダブルヘッダーは1枚のチケットで2試合が観戦できたので、興行的な損失もあったことが、撤廃の理由でした。, となっており、選手やチームの負担、全体のスケジュールを考慮しながら、微妙に年間試合数が推移しています。, 今回はプロ野球の試合数について取り上げましたが、長いプロ野球の歴史の中で、最多連勝記録を持つのがどのチームか知っていますか?, こちらの記事ではプロ野球の連勝記録を持つ歴代TOP3チームに関して詳しく取り上げたので、ぜひ合わせてお読みください!→日本プロ野球(NPB)最多連勝記録を持つ歴代TOP3チームを紹介!. 新型コロナウイルス, 3カ月遅れでプロ野球がようやく開幕。試合数を120に減らしたものの、シーズン後半の過密日程が懸念される。その対策として「延長戦は10回まで」「5人の外国人選手が一軍登録OK」など、多くの特例ルールが設けられた。. Copyright 2020 SportsField Co Ltd.All Right Reserved.  …, 従来の日本シリーズといえば、セ・リーグの優勝チームとパ・リーグの優勝チームのぶつかり合いでした。