蘭科または蘭科は、最大の顕花植物科の1つです。実際、それはキク科に次ぐ開花植物の二番目に大きい家族です。 胡蝶蘭を買おうと思っても、いつの時期にお迎えするのが一番いいのか分かりにくいですよね。買ってすぐに枯らしてしまったら悲しくなってしまいます。... 様々な祝い事にもらうことが多い胡蝶蘭。 胡蝶蘭と一口に言っても、多くの品種があります。数多くの品種は、元をたどれば自然環境に自生している原種から作られました。今回は生物学的な視点から胡蝶蘭の魅力に迫りたいと思います。見て、育てて楽しい胡蝶蘭、今度は学んで楽しい胡蝶蘭にしましょう!そして胡蝶蘭について新たな興味をもっていただけたら幸いです。, 生物学では、動物や植物などの生き物をその進化の形態や類縁関係を明らかにする目的で分類します。人気の高い, ファレノプシスって何?という疑問をまず解消しましょう。「ファレノプシス」は胡蝶蘭の学名で、「Phalaenopsis」と表記されます。ファレノプシスはギリシャ語のファライノ(phalaina:蛾)とオプシス(opsis:~のような)という2つの単語が組み合わさってできています。胡蝶蘭は日本ではよく、花弁を蝶の休んでいる姿に例えられますが、この姿を蛾に見立ててファレノプシスと名づけられました。同じように、胡蝶蘭は英名でもモス・オーキッド(moth orchid:蛾のようなラン)と呼ばれています。美しい花なのに蛾に例えられてショックかもしれませんが、海外では蛾と蝶を特に分けない場合もあるため仕方ないのかもしれませんね。そんな中、日本では美しいものを蝶に例える文化があるため、和名では蛾ではなく蝶の文字を入れ胡蝶蘭と名付けられました。また、植物は流通するときに学名で呼ばれる場合があります。そのため日本でも胡蝶蘭とファレノプシス、両方の名前が使われています。, では胡蝶蘭の分類についての話をしましょう。わかりやすい点のみ抜粋してお伝えしますね。胡蝶蘭はラン科のファレノプシス属(コチョウラン属)に属します。胡蝶蘭はファレノプシスのグループに属し、ファレノプシスはランのグループに属する、という意味です。こうして遡っていくと、最後は植物のグループに分類されることになります。, ここまでファレノプシス属についてご紹介しましたが、実は胡蝶蘭と呼ばれるお花には別の属の植物が含まれる場合もあります。別の属というのは、ファレノプシス属に近縁のドリティス属です。ドリティス属の原種は様々な花色があり、それをファレノプシス属の花に取り込むため、交配が繰り返されています。その結果、この2種間に生まれた雑種をドリテノプシス属と呼びます。, ファレノプシス属に分類される胡蝶蘭の原種は約50種類あり、それぞれに特徴があります。原種の胡蝶蘭やその子供の雑種の胡蝶蘭を交配させ、様々な品種が作り出されています。まず最初に、ファレノプシス属に属する胡蝶蘭の原種を3つご紹介します。, 続いては、原種から交配を重ねて作りあげられたファレノプシス属の美しい胡蝶蘭の品種をご紹介します。, 今回は生物学的な視点で胡蝶蘭についての話をしました。胡蝶蘭と言っても、属性があって品種名があって、自分の持っている胡蝶蘭について理解しようとするだけで、おなか一杯かもしれませんね。でも、調べていくと近縁種だったり、親品種であったり、様々な品種に出会えて新しい発見があります。ご紹介した品種以外にも本当に, 寒中見舞いに胡蝶蘭柄のはがきって失礼にあたる?~寒中見舞いの正しいはがきの書き方~, Beer and Tech Co., Ltd. © 2014-2020.All RIGHT RESERVED , Hitohana(ひとはな)なら、送料無料、翌日配送可能、請求払い対応、法人様多数, は、お祝いのギフトやご自宅用のインテリアに、あなたにぴったりのお花や植物をお届けできるように, ファレノプシス リューデマンニアナ Phalaenopsis lueddemanniana, ファレノプシス ”ウエディング・プロムナード” Phalaenopsis 'Wedding Promnard', ファレノプシス  ”タイスコ スノー” Phalaenopsis 'Taisuco Snow'. もちろん胡蝶蘭が花を咲かせないことには理由があると思います。

花の色や本立てによって微妙に意味合いの違いは出ますが、基本的に純白の三本立てあたりを贈っておけば、どのような状況でも相手に礼を失することなく、喜ばれます。バラなどもそうですが、そうした高貴な花を贈られることは、一種のステータスでもあります。, しかし――では、海外ではどうなのでしょうか? 海外では胡蝶蘭はどのように考えられているのでしょうか。結論から言うと、海外でも、胡蝶蘭は、ギフトに喜ばれる花です。, 胡蝶蘭の学名は、「Phalaenopsis aphrodite(ファレノプシス アフロディテ)」です。, 「Phalaenopsis」とは、ギリシャ語で「蛾」という意味の「Phalaina」に「似ている」という意味の「opsis」を組み合わせたものです。そして、「aphrodite」は、やはりギリシャの、女神の名前。ローマ神話で「ヴィーナス」と呼ばれ、日本でもその呼び名はよく知られていますね。すなわち――胡蝶蘭の学名は、“蛾のようなヴィーナス”というわけです。, これは何やら、日本語での「胡蝶蘭」とは、蛾と蝶で、まったく似て非なるもの、真逆のような言い方にも感じられますが…。実は、胡蝶蘭の原種の9割は、今のように美しく整ったものではありませんでした。茶色っぽいものや、シミのある花も多く、まさしく蛾のよう――それが品種改良されて、だんだんと今のような姿になっていったのです。, よって、大振りで存在感ある見た目ではあるけれど、蛾のような雰囲気である、という胡蝶蘭の学名は、むしろ原種を見たままそう呼ぶに忠実なものであったとも考えられます。, また、そのようないわくある学名も、あくまで学名です。今、一般的の諸外国では、胡蝶蘭を「Phalaenopsis(ファレノプシス)」と呼んでいます。あえて覚えるなら、こちらを覚えておくとよいでしょう。, 「ファレノプシス」、すなわち今「胡蝶蘭」と呼ばれている蘭が最初に見つかったのは、1831年のこと。赤道付近の東南アジアの地域で見つかり、一部の種のみがイギリスで観賞用に持ち出されました。そして、かの地で交配が進み、日本に入ってきたのが明治時代のことです。, それからの日本での胡蝶蘭の歩みはよく知られている通りですが、では、海外ではどうだったのでしょうか?, 最初からイギリスでは貴族の観賞用の花とされていた流れで、海外でも胡蝶蘭は、たいへん縁起のいい花として扱われています。やはり日本と同様に、お祝い事などに贈られる花です。花言葉も、日本では「幸福が飛んでくる」など縁起のいいものばかりですが、やはり海外でも同様に、「「love(愛)」「beauty(美)」「refinement(優雅)」といった良い意味の花言葉がいろいろとついています。, その位置づけについては、日本とほとんどまったく変わらないと考えていいでしょう。よく想像されるように、パーティーやお祝いの場を、胡蝶蘭の存在が華やかにしています。, しかし、日本では白い胡蝶蘭が気品ある控えめなものとして喜ばれる一方で、海外ではその色については、実は、白よりもカラフルなカラーの方が人気は高いようです。ピンクや黄色、主張のある赤リップなど――。, 海外でも喜ばれる花であることは間違いない胡蝶蘭ですが、実際、海外のどなたかに贈るときには、色のチョイスに関しては、カラフルな色を選ぶ方が喜ばれるかもしれません。, 胡蝶蘭は海外でもお祝い事に定番の花ですが、必ずしも、あまり特別な扱いを受けない国もあります。たとえば、オーストラリアなど、栽培農家が多く、胡蝶蘭もごく一般的な花である国では、ギフトとして贈っても、あまり嬉しいと思われるものではないようです。, またベトナムやマレーシアなどの土地は、熱帯であり、胡蝶蘭がもともと育てやすい土地柄であることから、安く生産できるので、日本から贈っても、やはり「?」という感じ。, つまり、胡蝶蘭の存在があまり一般的でない国、通常は栽培されていない国に贈れば喜ばれるわけで、その具体的な例を挙げると、アメリカ、ヨーロッパ諸国、中国、といったところです。このあたりの国では、輸入の関係で原産地から買うと高く、また「日本の胡蝶蘭は高品質で素晴らしい」というブランドイメージもあり、日本から贈ると喜ばれます。, 海外配送をしているお店やサイトでは、相手の国の胡蝶蘭の事情もよく知っています。カラーや本立てなどでわからないことがあれば、相談してみれば、間違いのない選択ができるでしょう。, 以上、海外での胡蝶蘭の取り扱いについてでした。縁起のいい花という扱いは同じなのですが、白よりもカラフルな色が好まれるというのは、あまり知られていないことだったのでは? 海外に贈るときには、せっかくなので、ちょっと色でも冒険してみたいですね。. なんとなく胡蝶蘭に元気がなくなってきた、そう感じたら根に原因があるかもしれません。胡蝶蘭の根は大事な生命線です。しかし、正しい対処法を知っておけばあわてる必要はありません。今回は胡蝶蘭の根のキホンや根腐れ、根の異常な状態についての対処法について解説します。 の 主な違い デンドロビウムと胡蝶蘭の間は デンドロビウム 蘭は、最大6週間繁栄する花を作ります ファレノプシス ランは、3か月まで繁栄する花を生成します。 蘭科または蘭科は、最大の顕花植物科の1つです。実際、それはキク科に次ぐ開花植物の二番目に大きい家族です。単子葉植物です。蘭は、しばしば色鮮やかで香り高い花を生み出します。この科は約880属、26000以上の植物種で構成されています。 デンドロ, の 主な違い デンドロビウムと胡蝶蘭の間は デンドロビウム 蘭は、最大6週間繁栄する花を作ります ファレノプシス ランは、3か月まで繁栄する花を生成します。, 蘭科または蘭科は、最大の顕花植物科の1つです。実際、それはキク科に次ぐ開花植物の二番目に大きい家族です。単子葉植物です。蘭は、しばしば色鮮やかで香り高い花を生み出します。この科は約880属、26000以上の植物種で構成されています。 デンドロビウム そして ファレノプシス 蘭の2つの属です。両方の属には着生ランが含まれます。 デンドロビウム 花は、色が消えるまで最大6週間繁栄します。対照的に、 ファレノプシス 花は一度に3ヶ月まで繁栄します。また、 デンドロビウム 蘭は再開花することができますが、それはまれに起こります ファレノプシス ランは年に3回咲き乱れます。, 1.概要と主な違い 2.デンドロビウム蘭とは 3.胡蝶蘭とは 4.デンドロビウムと胡蝶蘭の類似点 5.並べて比較–表形式のデンドロビウムと胡蝶蘭 6.まとめ, デンドロビウムは約1,500の種からなる蘭の属です。デンドロビウム蘭は成長しやすいです。彼らは6週間まで続く花を作ります。開花することはできますが、1年以内に再び花をつけることはめったにありません。デンドロビウムの植木鉢は、机、テーブルトップ、窓枠の装飾によく使用されます。, デンドロビウムのほとんどの品種は背が高く、直立した形をしています。デンドロビウム蘭は直射日光を好みます。さらに、50〜75%の湿度が必要です。, ファレノプシス 一年中咲く蘭科の属です。花の形や色がはっきりしていることから、一般的に蛾の蘭として知られています。この属は約70種の植物を含みます。 ファレノプシス 花は、潜在的な花粉媒介者にとってより複雑でカラフルな中点を提供します デンドロビウム。, ファレノプシス 屋外では間接光が必要です。直射日光はおそらく葉に鱗片を作るでしょう。したがって、維持する必要があります ファレノプシス 日陰の下。 ファレノプシス 花は一度に3ヶ月まで繁栄します。一般的に、彼らは年に3回花を作ります。, デンドロビウム 6週間まで繁栄する花を作る蘭科の属です。対照的に、 ファレノプシス 3か月まで繁栄する花を生成する蘭の別の属です。つまり、これは デンドロビウム そして ファレノプシス. ファレノプシスとは日本でのみ呼ばれている「胡蝶蘭」のことを言い、慶弔を問わず高級な贈り物の花として定着した感があります。現在では種類も多く花色も多彩にあるのです。ここではファレノプシスの種類やどの様に育てたら良いのか、また、管理の方法などをご紹介してみます。, M.Sasakiさん(@sucobo_marimari)がシェアした投稿 - 2019年 5月月13日午後4時01分PDT, ファレノプシスの原産地は、東南アジア周辺の熱帯、亜熱帯地域が主です。高温多湿のジャングル地帯にあって、地面に根を下ろすのではなく、樹木の比較的高い位置にある幹の途中や枝などに寄生して根を這わす「着生植物」ですので「着生蘭」と呼びます。よく寄生植物と間違えられますが、そもそも寄生植物とは他の植物に寄生してその養分を吸収して生育している植物の事を言います。一方着生蘭は寄生した植物からは養分を得ることはしません。幹や枝にしっかりと根を絡みつかせて固定しています。他の洋蘭との違いは養分を蓄えておく「バルブ(塊茎)」がファレノプシスにはないこと。ベロの様な肉厚の葉で養分を蓄えます。, uchidaさん(@uchida_0013)がシェアした投稿 - 2019年 5月月12日午前4時14分PDT, 幾筋も張り出している根は層がスポンジ状の形を成していて、水分の補給や特殊な光合成を行う機能を持っていて、葉や茎に水分や養分を蓄えておく事ができるのです。この様な特殊な機能を有する植物などをCAM植物と呼び、砂漠のサボテンなどもこれに当ります。熱帯地域が原産のファレノプシスなどのCAM植物は樹上にある為、夜間の涼しい時にCO2(二酸化炭素)を取り込み、昼間は気孔を閉じて水分が蒸発してしまうのを防ぎます。他の植物との違いは光合成を昼間行うのとは逆の作用をしていると考えて下さい。, 선광 최さん(@po301233)がシェアした投稿 - 2019年 5月月3日午前6時29分PDT, ファレノプシスは日本では花姿が蝶に譬(たと)えられて、蝶の別称の「胡蝶(こちょう)」を付けて品種名を「胡蝶蘭」と名付けられています。学名は「ファレノプシスアフロディテ(Phalaenopsis aphrodite)」であり、「蛾」の意味の(phalaina)と「~の様」の(opsis)の二つの単語が組み合わされ、これにギリシャ神話の愛と美と性を司る女神「アフロディテ」の名を付けて表記されています。英名での呼び名も「モス・オーキッド(蛾に似た蘭)」とされていますので、やはり日本と同じ感じ方をされている様です。ちなみに、欧米では蛾も蝶も区別をつけない呼び方をしています。, 洋蘭栽培の1年生です:beginner:さん(@sunao_orchid)がシェアした投稿 - 2019年 5月月14日午後9時45分PDT, ファレノプシスの原種には50種程あり、特徴的な種類を交配させて様々な品種が作り出されています。一般にはラン科ファレノプシス属とされていますが、別種の属の種も含まれています。近縁とされ様々の花色を持つドリティス属がそれです。また、ドリティス属とファレノプシス属との交配が進んで、作り出された種をドリテノプシス属と呼称しています。こうして多彩な交配種が生まれ、花の大きさや花色、花姿など様々な品種が出回っています。主な品種では、定番の純白の花色の白花系、ピンクや紅色の赤花系、黄色系の花の黄花系、花びらに斑が入る斑入系、小輪系の花を咲かせるミディ系など他にも様々の品種があります。, chiechieさん(@shaochie)がシェアした投稿 - 2019年 5月月15日午前6時07分PDT, 日本でもファレノプシスは「胡蝶蘭」と呼びギフトとして高い人気を誇っています。一鉢に植えられている茎の本数と花の輪数によって価格が違ってきます。人気の秘密の第一は花の豪華さと「清純」「幸せを運んで来る」の花言葉によるもので、花の色によって贈り物の使い分けができます。第二は花の見ごろが長いことで、1ヶ月~2ヶ月程は花を楽しむことができるのです。第三は香りなどもなく、花粉も極少ないので飾る場所の環境にも適しています。, はざま園芸 観葉とコチョウランさん(@hazamaengei_plants_orchid)がシェアした投稿 - 2019年 5月月14日午後6時12分PDT, 胡蝶蘭をギフトとして贈る際には相手方の状況も把握をしましょう。大きな鉢は飾っておくスペースがなかったなんて事もあります。また、茎の本数では4という数字は日本では忌み数となりますから、花茎は3本立や5本立など奇数のものがベストです。病気見舞いに鉢物は根が付くといわれてタブーです。開業のお祝いでは赤字や火事を連想させるという意味で赤一色の花色のものはNGです。贈る相手の心象を考えて間違いのない品種を贈りましょう。, ArtGreen inc.さん(@artgreen_official)がシェアした投稿 - 2019年 5月月14日午前4時11分PDT, 日本ではファレノプシスの花言葉は「清純」「幸せを運んでくる」とされていますが、花色によって花言葉がそれぞれ違います。白色は「清純」「純粋」、花の中央にある突起の色は黄、赤、紫など色々ですが花弁が白一色であれば白色です。ピンク系は「あなたを愛します」。最近開発育種された花色で青があります。花言葉は「尊敬する」「愛情」とあり、花色の珍しさも手伝って慶弔を問わずに贈り物とされています。その他、黄、紫、復色系、ミディ系などがありますが、ファレノプシス自体の花言葉の良さからあらゆる場面での最良のギフトとなっています。, 呑み処 梢さん(@kozu.1213e)がシェアした投稿 - 2019年 5月月12日午後6時24分PDT, 日本で育種する場合、環境的には6月から9月の気温の高い時期がファレノプシスにとっては一番成長できる時期です。翌年に開花をさせるには置き場所によって左右されます。ファレノプシスは手入れの仕方によってより長い期間楽しめます。贈られたファレノプシスは直接エアコンの風などが当らない明るい場所に置きましょう。直射日光が当る場所は葉焼けを起しやすいので注意しましょう。, Hyonja Kangさん(@hyonjakang)がシェアした投稿 - 2019年 5月月12日午後5時51分PDT, 株からの育て方は、18度以上の温かさを好みますので室内で管理します。5月から9月下旬頃までは屋外の50%程度遮光した半日影の場所に置きます。花芽を形成する秋は18度以下の温度に3週間ほど慣らします。冬季は室内に取り込み15度~18度の温度を維持します。春気温が15度以上になったら戸外の風通しの良い場所で管理します。順調ならば6月~7月頃に開花します。蕾には乾燥させない様に時折霧水をかけてあげましょう。, 花茎は少しずつ伸張しますので、蘭用鉄線で支柱を立て茎を少しずつ上向きに茎止めテープで支えます。茎は少しずつ太くなっていきますので、余裕をもって緩めに止めておきます。注意することは、曲がった茎を強引に起すと折れてしまいかねませんので無理をせずに行いましょう。, トリさん(@torisangarden)がシェアした投稿 - 2019年 5月月9日午前5時01分PDT, 株は水苔で植えられていますので、水苔の表面を触ってみて乾いていたらたっぷりと水を与えて下さい。その場合、水の浸透が早いので鉢底から水が溢れて床を汚しかねませんので、戸外に出すか、鉢ごとバケツなどに入れて与えると良いでしょう。3本ないし5本立ちの場合はそれぞれがビニールポットに一株ずつ植えられたものが寄せられていますので、一株ずつ与えて下さい。比較的乾燥状態には強いので加湿状態を嫌います。絶えず水を与えるのは根腐れを起こしますので良くありません。, @takerin1704がシェアした投稿 - 2019年 5月月2日午後5時59分PDT, 株を冬越しさせるには水やりは少なくします。水苔が完全に乾燥している状態の時に与える様にします。但し、常時加温している温室などで育成している場合は生育期間と同様の水やりが必要です。, Satoshiさん(@satoshi_1112)がシェアした投稿 - 2018年 6月月18日午前4時55分PDT, 花の咲いている期間と冬季及び夏場の高温時には肥料は与えません。株が冬を越し気温が有る程度高くなる5月頃に新しい根(根の先端が緑色になっていたら元気な根です)が株の根元からたくさん出始めていたら水やりを兼ねて液体肥料を約1000~1500倍に希釈したものを1週間に1度の割合で与え、10月初旬頃まで施肥します。秋は三要素(N・P・K)の内リン酸分(P)が多めが良いでしょう。, 固形の緩効性肥料を置く場合には注意が必要です。置き肥と液肥の両方施肥するのは考え物です。肥料のやり過ぎは根腐れの原因ともなります。水やりの回数がそれほど多くないので成分が浸透しにくく、また根に直接触れた状態であると却って根が傷ついてしまいかねません。間違いやすいのが同じ肥料でも即効性の科学肥料は肥料過多となり株を却って弱らせる原因になりますので避けて下さい。, すこたんさん(@scotan8)がシェアした投稿 - 2019年 5月月5日午後8時22分PDT, 植え付け、植え替えとも適期は根が成長する5月から7月にかけてです。周期は2年に1回程度で、黒っぽく古くなった水苔を交換します。まず株の大きさに合った通気性の良い陶器の蘭用懸崖(けんがい)鉢を用意します。水捌けと通気性を良くする為に鉢底に大粒の軽石を鉢の3分の1ほどまで入れておきます。用土としては、細かくしたバークや椰子殻のチップ、水苔などが用いられますが、水苔が通常使用されます。, 予め水を入れた容器に水苔をいれて水を含ませておきます。株の根に良く絡ませる様に水苔を軽くしぼったものを満遍なく貼り付けてから鉢に入れ、更に株を落着かせる為に水苔を足し、ヘラなどで鉢の縁際を良くついて隙間をなくして完成です。, アサカさん(@shochunomenai)がシェアした投稿 - 2019年 5月月14日午前5時09分PDT, 花は下方から萎れてきますので、萎れた花は取ってしまいます。花茎の半分ほどまで花が無くなったら茎の途中から2~3節を残して切り取ります。葉の生育もしっかりしていて、株も大きな場合は切り取った途中の節から新たに茎が伸び2番咲きが楽しめます。但し、2番咲きをさせると次年に花が付かなくなる事があります。新しいもので株を大きく育てたい場合は2番は咲かせない方が良いでしょう。葉がだらしなく垂れてあまり元気がなく株にも葉が少ない場合は、株自体が弱ってしまっていますので花茎は根元から切り取り株の養生を図ります。, ファレノプシスの病害虫については常に注意を払い、早目の発見と対処を図ることが大切です。温度や湿度などの変化にも微妙に反応して病気や害虫の発生に繋がります。ファレノプシスを育てるには病害虫について最低限の知識と対応の仕方を憶えておいた方が良いでしょう。, Hercules Chenさん(@hercules_chen)がシェアした投稿 - 2017年 8月月12日午前6時52分PDT, ファレノプシスの病気は主に細菌やカビ、ウィルスなどによって葉や根に発生することが多く、最悪枯死してしまうことがあります。植物の病気全般に言えることですが、病気は早く見つけて、早く処理することが間違いなく大切です。主な病気の種類を挙げてみます。, 葉の表面に水で濡らした様な小さな斑点が出来て放置すると褐色に色が変化して拡大し腐っていきます。腐った部分からは異常な臭いを発します。細菌やカビが要因とされるもので、病状が葉全体や根元まで進んだ場合は株ごとの処分しか防ぐことができません。見つけ次第ハサミかカッターで斑点の部分の周りを大きめに切り取って廃棄処分し、塩素系殺菌剤を塗布しておきます。進行の早い病気ですので早目の処理が重要です。, 褐斑病は、カビ(糸状菌)による病気で様々な種類の植物にも発生します。最初、葉の表面に小さな円い斑点が出来、次第に褐色や黒っぽく色が変化して拡大し枯らしてしまいます。春から秋にかけて風通しが悪かったり湿度が高い状態で多く発生します。早目のうちに病葉を切り取り処分して薬剤を散布しておきます。, 花びらに小さなソバカス状の小さな斑点が生じ、多いと見苦しくなります。ボトリチス菌が空気中に多く浮遊していて蘭などの葉や花に付着しています。湿度が高くなり気温も18度を超える状態になると菌の胞子が一斉に発芽して薄い花びらの組織内に根を伸ばして広がっていきます。少量であればそのまま放置しても良いのですが、酷い状態であれば花茎を切り取り廃棄します。対策は湿気を防ぐ事で、晴れて温かい時以外は葉や花に霧水は掛けない事です。, :diamond_shape_with_a_dot_inside:p_pinky_p:diamond_shape_with_a_dot_inside: :cat2: :jp: Japanさん(@p_pinky_p)がシェアした投稿 - 2013年 4月月12日午後5時08分PDT, 害虫はあらゆる植物にも発生しますが、ファレノプシスも例外ではなく、ウィルスやカビは害虫を媒介して病害の元となったり、排泄物が病気を誘引する原因ともなります。害虫は早期発見、早期駆除が基本です。主な害虫を挙げてみましょう。, 梅雨明け時から8月の高温時に発生することが多い害虫です。葉の裏側がベトベトする状態となって、さらに白い斑点状になり、葉自体の艶も失われます。ハダニの予防には、気温が高めの乾燥期に葉水を万遍なくまめに掛けてあげることです。発見次第殺虫剤を散布します。, カイガラムシが発生し気付くのが遅れると完全な駆除が難しい為、早目に発見することが大切です。葉や茎にこびりつく様に付着して養分などを吸汁してしまいます。発見次第歯ブラシ状のものでこそぎ落とし、ファレノプシスに害を及ぼさない薬剤を散布します。, スリップスはアザミウマとも呼ばれ菊類などに良く発生しますが、5月頃から高温で乾燥する時期が最も多く、ファレノプシスにも寄生して蕾(つぼみ)や花に害を与えます。蕾や花の縁などの色が変るなどの異変が生じたら殺虫殺菌剤で駆除します。, その他の害虫には、アブラムシ、コバエ、ナメクジなどが見られます。アブラムシやコバエは見つけたらすぐに薬剤(家庭用殺虫剤でもOK)を噴霧します。ナメクジは室内で管理する場合は心配ありませんが、温室などでは発生して夜間に花や葉などを食害します。予めナメクジ駆除剤を発生する場所に置いておくと効果があります。, masako yudaさん(@myudara02)がシェアした投稿 - 2019年 2月月20日午前5時12分PST, 現在洋蘭といわれる品種は3万種ほどとされています。ファレノプシスは、その内50種ほどがファレノプシス属とされています。発見されたのはおよそ200年ほど前で、主に英国で交配育種されて現在の様々な美しい花が作り出され、高級なギフトとして人気があるのは間違いありません。日本に渡ってきたのは約1900年頃です。ファレノプシスについてご紹介してきましたが、これからも魅力的な美しい花として脚光を浴びてゆくものと思われます。, ファレノプシスは、花鉢の贈り物として間違いなく定番となっています。その育て方や種類、品種をご紹介してみましたが、ファレノプシスについて興味をお持ちになったら「暮らし~の」で解りやすい記事が紹介されていますので、ぜひご覧になってみて下さい。, フラワー装飾一級技能士です。専門の花や園芸、趣味の旅行紹介記事、大好きな登山の情報などをメインに分かりやすい記事作成を心がけています!有益な情報とちょっとした豆知識まで、読んでいて楽しくなるような記事を届けられたら嬉しいです。. 胡蝶蘭自体は、育てるのはそこまで難しくないお花です。しかし、環境づくりの面で、... 胡蝶蘭の根っこが黒いとびっくりしてしまいますよね。 蘭は被子植物の主要なグループです。 デンドロビウム そして ファレノプシス 蘭の2つの属です。 デンドロビウム 6週間まで繁栄する長い茎の花を作ります ファレノプシス 最長3ヶ月繁栄する長い茎の花を作ります。また、 デンドロビウム 年に一度だけ咲きますが、 ファレノスピス 毎年3つの開花期があります。さらに、 ファレノプシス 花は潜在的な花粉媒介者のためのより複雑でカラフルな中点を持っています デンドロビウム。 これは、 デンドロビウム そして ファレノプシス. ファレノプシスとは日本でのみ呼ばれている「胡蝶蘭」のことを言い、慶弔を問わず高級な贈り物の花として定着した感があります。現在では種類も多く花色も多彩にあるのです。ここではファレノプシスの種類やどの様に育てたら良いのか、また、管理の方法などをご紹介してみます。 胡蝶蘭は、白やピンクが定番ですが、赤・黄色・斑点模様のある種類もあります。 また、花びらの形も品種によって様々です。 strephonsays | ar | bg | cs | el | es | et | fi | fr | hi | hr | hu | id | it | iw | ko | lt | lv | ms | nl | no | pl | pt | ru | sk | sl | sr | sv | th | tr | uk | vi.