“菊花賞最強馬”ナリタブライアンの衝撃 「アンチ・ブライアン」記者が振り返る“取材規制”の真実(文春オンライン) 2020年の菊花賞はコントレイルが父のディープインパクトにつづいて無敗の三冠馬になるかどうかが唯一の焦点と言っていい。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 第55回菊花賞(だい55かいきっかしょう)は、1994年11月6日に京都競馬場で施行された競馬競走である。ナリタブライアンが皐月賞、東京優駿(日本ダービー)に続き優勝し、シンボリルドルフ以来のクラシック三冠を達成した。年齢は全て旧表記(数え年)にて表記。, 同年の牡馬クラシックはナリタブライアンが皐月賞・東京優駿(日本ダービー)に優勝した。そのため、菊花賞において同馬クラシック三冠を達成するかどうかが最大の焦点となった。同馬はトライアルの京都新聞杯でスターマンに敗れたものの、同レースに出走後体調が上向いたと判断されたことや三冠達成への期待から抜けた1番人気に支持された。, 同馬の対抗馬には東京優駿3着のあとラジオたんぱ賞・福島民報杯を連勝したヤシマソブリン、東京優駿2着のエアダブリン、神戸新聞杯・京都新聞杯を含め4連勝中のスターマンなどが挙げられた。また一部からは、かつて3200mの天皇賞(秋)を大逃げして勝ったプリテイキャストを母に持つスティールキャストがどのようなレースをするかが注目を集めた。, なお、同年の第61回東京優駿において出遅れながら5着となり、10月に菊花賞と同じ芝3000mの嵐山ステークスにコースレコードで優勝したノーザンポラリスが穴馬として注目を集めたが、故障を発症したため出走することができなかった。, 春のクラシック出走馬のオフサイドトラップや、ノーザンポラリスが故障で回避、メルシーステージが天皇賞(秋)へ路線変更等があったことや、例年であれば出走してくる下級条件馬もこの年は回避が多くクラシック競走としては異例のフルゲート割れという状況であった。, 一部から期待された通り、スティールキャストが序盤から大逃げを打った。ナリタブライアン・ヤシマソブリン・スターマンは馬群の中ほど、エアダブリンは後方からレースを進めた。第4コーナーでヤシマソブリンが前方へ進出を開始するとナリタブライアンがそれを追って先団に取り付き、直線では出走馬中最も早い上がりを見せ、ヤシマソブリンに7馬身の着差をつけて優勝した。, 第3回 テツザクラ / 第4回 セントライト / 第5回 ハヤタケ / 第6回 クリフジ / 第7回 アヅマライ / 第8回 ブラウニー / 第9回 ニユーフオード / 第10回 トサミドリ, 第11回 ハイレコード / 第12回 トラツクオー / 第13回 セントオー / 第14回 ハクリヨウ / 第15回 ダイナナホウシユウ / 第16回 メイヂヒカリ / 第17回 キタノオー / 第18回 ラプソデー / 第19回 コマヒカリ / 第20回 ハククラマ, 第21回 キタノオーザ / 第22回 アズマテンラン / 第23回 ヒロキミ / 第24回 グレートヨルカ / 第25回 シンザン / 第26回 ダイコーター / 第27回 ナスノコトブキ / 第28回 ニツトエイト / 第29回 アサカオー / 第30回 アカネテンリュウ, 第31回 ダテテンリュウ / 第32回 ニホンピロムーテー / 第33回 イシノヒカル / 第34回 タケホープ / 第35回 キタノカチドキ / 第36回 コクサイプリンス / 第37回 グリーングラス / 第38回 プレストウコウ / 第39回 インターグシケン / 第40回 ハシハーミット, 第41回 ノースガスト / 第42回 ミナガワマンナ / 第43回 ホリスキー / 第44回 ミスターシービー / 第45回 シンボリルドルフ / 第46回 ミホシンザン / 第47回 メジロデュレン / 第48回 サクラスターオー / 第49回 スーパークリーク / 第50回 バンブービギン, 第51回 メジロマックイーン / 第52回 レオダーバン / 第53回 ライスシャワー / 第54回 ビワハヤヒデ / 第55回 ナリタブライアン / 第56回 マヤノトップガン / 第57回 ダンスインザダーク / 第58回 マチカネフクキタル / 第59回 セイウンスカイ / 第60回 ナリタトップロード, 第61回 エアシャカール / 第62回 マンハッタンカフェ / 第63回 ヒシミラクル / 第64回 ザッツザプレンティ / 第65回 デルタブルース / 第66回 ディープインパクト / 第67回 ソングオブウインド / 第68回 アサクサキングス / 第69回 オウケンブルースリ / 第70回 スリーロールス, 第71回 ビッグウィーク / 第72回 オルフェーヴル / 第73回 ゴールドシップ / 第74回 エピファネイア / 第75回 トーホウジャッカル / 第76回 キタサンブラック / 第77回 サトノダイヤモンド / 第78回 キセキ / 第79回 フィエールマン / 第80回 ワールドプレミア, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第55回菊花賞&oldid=75462434, この年の三冠競走全てに出走した馬はナリタブライアン以外ではサムソンビッグのみであり、このことも異例であった。. 皐月賞1.6倍ダービー1.2倍三冠リーチの上兄が菊花賞馬で距離不安なしなのに菊花賞は1.7倍だからな 夏負けからの前哨戦2着と前週のビワハヤヒデの負けでみんな不安になってたのがよくわかる No.1競馬サイト「netkeiba.com」が菊花賞(G1)2020年10月25日京都の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! “菊花賞最強馬”ナリタブライアンの衝撃 「アンチ・ブライアン」記者が振り返る“取材規制”の真実 2020/10/24 15:20 2020年の菊花賞はコントレイルが父のディープインパクトにつづいて無敗の三冠馬になるかどうかが唯一の焦点と言っていい。 偉大な父ディープインパクトに続いた! ´ç¿’する猫, 新型コロナウイルス感染症対策分科会. 2020年の菊花賞はコントレイルが父のディープインパクトにつづいて無敗の三冠馬になるかどうかが唯一の焦点と言っていい。 new! 2020年の菊花賞はコントレイルが父のディープインパクトにつづいて無敗の三冠馬になるかどうかが唯一の焦点と言っていい。, サラブレッドの3歳の最強馬を決める三つのレース、皐月賞、日本ダービー、菊花賞に勝った馬だけに与えられる称号が「三冠馬」で、これまでに1941年のセントライトから2011年のオルフェーヴルまで7頭がその栄誉に浴している。ほぼ10年に1頭の割合で誕生しているわけだが、オルフェーヴルからちょうど10年目。ぴったりのタイミングでコントレイルが現れたことになる。, 無敗で三冠を達成したのはシンボリルドルフ(84年)とディープインパクト(05年)の2頭だが、ともに菊花賞では一瞬「あわや」というシーンがあった。シンボリルドルフはゴール前でゴールドウェイに3/4馬身差まで迫られ、ディープインパクトも4コーナーでは先頭のアドマイヤジャパンに7、8馬身の大きな差をつけられていた。, 7頭の三冠馬のなかで、もっとも簡単に三冠を勝ちとったのはナリタブライアンである。2着馬につけた着差を並べる。, 94年の三冠路線は、わたしたちはずっとおなじようなレースを見せられた。白いシャドーロールを着けたナリタブライアンが後方から外をとおって追いあげてくると、4コーナーでは先頭に並びかけ、直線はいつも独走になった。その強さに「シャドーロールの怪物」というニックネームもうまれた。, シャドーロールとは鼻面に装着して下方の視界を遮り、意識を前に集中させるための矯正器具である。ナリタブライアンを管理していた大久保正陽さんによれば、父(大久保亀治)の厩舎にいたパッシングゴール(72年天皇賞・秋2着)がシャドーロールを着けてから成績が良くなったのを思いだし、2歳のときに成績が不安定だったナリタブライアンに装着してみたのだという。. コントレイルが無敗の三冠馬に…乗り越えた“3つの壁”, 三冠ジョッキーの称号を手に入れた福永祐一 名手ルメールとの壮絶なたたき合い「まずいなとは思いましたけど…」史上4人目のクラシック通算10勝目【菊花賞】, コントレイルが史上3頭目となる無敗の三冠 ディープインパクトの最高傑作だ!! 史上初の父子無敗三冠馬の偉業【菊花賞】, 【菊花賞予想】セントライト記念組は不振でバビットは消し コントレイルの三冠達成濃厚なレース, 【菊花賞】1994年ナリタブライアン村田光雄助手「連勝が止まったことで、人もリラックスできるようになった」, 【菊花賞】単勝1倍台がいる年は相手も堅い 92年の菊花賞馬に重なるヴェルトライゼンデ. © Bungeishunju Ltd. “菊花賞最強馬”ナリタブライアンの衝撃 「アンチ・ブライアン」記者が振り返る“取材規制”の真実. ナリタブライアン、皐月賞、日本ダービーに続いて、菊花賞を制す──それはすなわち、平成という時代が、初めて三冠馬を得た瞬間だった。 菊花賞を勝ち、平成最初の三冠馬となったナリタブライアンは、その年の暮れのG1・有馬記念で古馬と初対戦。 菊花賞で見せたナリタブライアン“7馬身差の衝撃” シンボリルドルフ以来の三冠馬が誕生するか——。 競馬界は盛りあがり、栗東トレーニングセンターにはナリタブライアンを取材する人が殺到する。その数は春の比でない。そしてとうとう、 第55回菊花賞(だい55かいきっかしょう)は、1994年 11月6日に京都競馬場で施行された競馬 競走である。 ナリタブライアンが皐月賞、東京優駿(日本ダービー)に続き優勝し、シンボリルドルフ以来のクラシック三冠を達成した。 年齢は全て旧表記(数え年)にて表記。 ナリタブライアンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。