Oops! 2020年セ・リーグ戦力分析スレpart82 ... 基本セリーグは読売のやりたい放題やらせる、がデフォ 読売独走でセリーグがより凋落すれば読売はパリーグと組んでセリーグ見捨てて1リーグに走るよ 整理対象 そこで、2020年楽天の新戦力、投手、野手の戦力や、開幕スタメンや投手のローテーションを予想しました。

8/19現在の成績で書いていきます。 菅野と戸郷が勝ち頭。サンチェスは怪我で離脱も一定の成績を残しています。 2020年の楽天の戦力が気になっている方はぜひご覧ください。, 2020年の日本ハムの戦力ってどうなんでしょう? プロ野球の開幕がもうすぐそこまで迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている各球団の先発ローテーションと中継ぎ一覧の予想を今回はブログで取り上げていきます。, それぞれの記事で随時解説した記事をアップしていくので、お好きなところからご覧ください。, 解説者の順位予想分と私独自の戦力分析を交えて順位予想しておりますので、是非ご覧ください。, 主に、私が好きなこと(野球,アイドル,ドラマや映画、バラエティー番組など)について書いています。, 野球ポジション(ピッチャー/キャッチャー)の性格&適正(特徴)は?動画付きで解説!, 野球ポジション(ファースト/セカンド/サード/ショート)の性格&適正(特徴)は?動画付きで解説!, 俺の侍ジャパン2019を身内3人でやった結果!2020年放送の参考にどうぞ!【中居正広のプロ野球魂】, 俺の侍ジャパン2019を外国人ありでやった結果!2020年放送の参考にどうぞ!【中居正広のプロ野球魂】, 乃木坂46欅坂46日向坂46ファンレターの送り方&書き方(コツ&自分の名前など)!, 親バカ青春白書3話の視聴率は?ネタバレ注意!考察/感想/レビュー/評判(評価)まとめ, アンサングシンデレラ5話の視聴率は?ネタバレ注意!考察/感想/レビュー/評判(評価)まとめ. 巨人は戦力的にはセリーグナンバーワン。 監督のアホ采配が出なければ優勝もある。 横浜は外国人の5人枠効果を発揮しそうだが、投手陣のここの所の勤続疲労が出るかも。 ヤクルトは最下位予想だったが、奥川他の新人投手がある程度活躍しそう。 そこで今回からゆるく12球団分のドラフトでの補強ポイントを分析して書いていきたいと思います。 初回はセリーグの巨人から。 投手戦力分析. 2020/5/30 2020プロ野球! 12球団戦力分析.

2020年の楽天の戦力ってどうなんでしょう?

プロ野球2020の最新順位予想まとめ!【解説者の予想と戦力分析もあり!】 パリーグとセリーグの順位予想をしてみました。 解説者の順位予想分と私独自の戦力分析を交えて順位予想しておりますので、是非ご覧ください。 2020年のオリックスの戦力が気になっている方はぜひご覧ください。, 2020年のソフトバンクの戦力ってどうなんでしょう? 2020プロ野球、セリーグ・パリーグの先発ローテーション投手と、開幕スタメンの選手予想! 2020年のソフトバンクの戦力が気になっている方はぜひご覧ください。. Copyright © 2017 Kchan'sメモリー All Rights Reserved. 今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。, 球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。, ひいきのチームが「今年は優勝できるかな?」「Aクラスに入れるかな?」とワクワクしている方も多いと思います。, そこでこの記事では、セリーグ各チームの攻撃力(打撃力)に特化して、分析&ランキングしました。, 今年のセリーグは、あまり大きな補強やトレードもなかったため大混戦になると予想しています。, 国内での大きな補強がなかったシーズンですが、元々中軸がしっかり固まっているチームなので野手陣は大きな怪我等なければ昨年同様期待できます。, ①が序盤の鍵になるのは間違いないでしょう。ここで躓くと昨年同様、再編を迫られる事になります。, ②は期待も込めて7名挙げましたが、この中から岡本のようなレギュラー定着出来る選手が出てくると今後の常勝チームへの足がかりになりそうです。坂本のコンバート、代打の切り札として亀井を使う、等のオプションを使えるかはこの選手たちの活躍にかかっています。, ③の注目株は昨年の2軍首位打者、山下です。シェアな打撃には定評があり、今シーズンは東京ドームで観れる機会も増えてくるでしょう。, メインの補強はオースティンのみとなります。しかし打撃陣については神里/宮崎/ソト/ロペスと中軸は確定しているので問題はないと思います。, この上位陣の後を打つであろう佐野/伊藤裕といった選手がポイントゲッターとして打点を稼ぐことができるとより怖い打線になると思います。 注目ポイントは下記2点です。, ①については来期DeNAはロペス/ソト/オースティン/ピープルズ/エスコバー/パットンと計算できる外国人を6人も構える陣容であるということです。, エスコバーのコンディション不良が報道されましたので開幕は野手3 投手1(パットン)の陣容になるとは思いますが、エスコバーが戻ってきたときに野手を1人減らすか?その場合誰を2軍に落とすか?というところが非常にポイントになると思います。, ②については①との兼ね合いで外国人野手が2人となった場合には佐野/伊藤裕の両方が起用される可能性も高く、その場合5番6番を任される可能性があります。, ここで外国人枠の影響を感じさせない活躍ができるかどうかが編成上においても非常に重要になると考えられます。, 外国人の選手の補強が中心であり、外国人枠の問題もあるので2019年からの大きな成績向上は難しいという印象です。既存戦力の底上げが大きなカギを握ると思います。, 開幕時はボーアが担うと思いますが、日本野球の対応に躓いたときに大山になるかそれともサンズ/マルテといった外国人か、いずれにしても3番/5番を糸井/福留の勝負強いベテランが張ると思われる現状では4番の固定と活躍が大きなカギを握ると思います。, ②は糸井/福留の休養日にいかに活躍をし、レギュラーを取るかということがポイントです。, この2名の休養日にサンズを使い、外国人枠を1つ使うようなことがあると投手陣にしわ寄せが来るので、記載した3名が中心となってレギュラーを奪取するような活躍が必要です。, ③についてはボーア/マルテ/サンズの全員がファーストを守ることについてどうするかです。, 特にレギュラーが現状確定していそうなボーア選手はファーストか守れないので、他2名についてどう配置するか、投手枠との兼ね合いも含め注目です。, ①は昨年から繰り広げられているポジション争いが注目です。菊池のメジャー挑戦に伴ってどちらかがセカンドにということも考えられましたが、結果として菊池の残留によってポジション争いが激しく繰り広げられます。, 本来であれば田中・小園のどちらかが1番で固定ということが理想ですが、田中の昨年の不調、小園の経験不足を考えると8番になると思います。, しかし、前述のショートの選手や野間が1番として機能しなかった場合、西川1番でメヒアやピレラの3番があり得ます。, しかしこうなった場合5番に會澤となってしまい、本来は6番以降にポイントゲッターとしておいておきたかった選手を繰り上げるので下位打線の厚みに不安があります。, ピレラはユーティリティですが、広島にはユーティリティプレイヤーが多いので、個人的には一発の期待のあるメヒアを推したいと思います。, 打撃陣に関しては中堅選手を中心に切れ目のない打線という印象です。 注目ポイントは下記2点です。, ①については全ドラゴンズファンが期待している根尾が2020年にどれだけ台頭してくるかというポイントです。, 現在の中日は複数ポジションを守れる選手が多いので、根尾は福田/高橋/阿部の3人が不調に陥った際にチャンスがあるので今季中に必ず出番が来ると思っています。 そこで結果を残してレギュラーを獲得できるかどうかが非常に注目です。, ②については高橋は昨年ようやく開花しましたが、本塁打が7本と非常に迫力不足だった印象です。, 高橋に長打がついてこれば、高橋5番 平田1番というかなりインパクトのある打線が完成するので今季は高橋が15本塁打程度打てるかどうかというポイントに注目です。, メインの補強がエスコバーのみと不安は残ります。 ただし打撃陣については山田・村上・青木と軸はしっかりしているので5番・6番のポイントゲッターとしてエスコバーが機能するかどうかがカギになってくると思います。, ①についてはエスコバーが守備型の選手で打撃に関しては正直なところ未知数というところで注目ポイントとしています。, 同じく守備型という触れ込みでNPBにやってきたクルーズ選手のように2割8分 20本 80打点が狙えるような活躍をすればポイントゲッターとして十分機能すると思います。, ②についてはバレンティン選手の長打力をカバーするのは不可能ですので、足と守備があり、小力もある選手として塩見の活躍に期待です。, ③については昨年すでに覚醒していますが、村上選手が打率を上げることができるかが重要です。, バレンティン選手の分も打点を稼がなくてはなりませんので、昨年のようなホームランor三振ではなく打率/打点をもっと稼げるようになるかが注目ポイントです。. ⚾︎Twitter. そこで、2020年日本ハムの新戦力、投手、野手の戦力や、開幕スタメンや投手のローテーションを予想しました。 そこで、2020年ソフトバンクの新戦力、投手、野手の戦力や、開幕スタメンや投手のローテーションを予想しました。 2020年のセリーグ各チームの戦力はどうなのでしょうか? この記事では、セリーグ各チームの攻撃力(打撃力)に特化して、分析&ランキングしました。 ぜひ参考にして、2020年のプロ野球(セリーグ)を楽しみましょう! 単に予想するだけだとつまらないので、この記事では「WAR」という数字を使って予想しています。, 詳しい内容は本記事では割愛しますので、予想の方法が気になる方は下記確認して下さい。, そこで、こちらの記事では、セ・リーグに特化して、各チームの戦力分析結果をご紹介していきます。, また、この記事の最後に優勝チーム予想のアンケートをやっていますので、是非投票お願いします!!, *スマホは右にスクロール可 *3/15時点でシーズンに影響がなさそうな怪我については考慮していません。, 2~4位の広島・ヤクルト・中日は戦力的に、ほぼ均衡しており、激しいAクラス争いとなりそうです。, また、パーラもまずまず活躍してくれそうなので、退団選手の穴はしっかり埋めてくれそうです。, さらに、昨年途中から抑えとして安定した投球をしていたデラロサは、今シーズン通して守護神としてやれるでしょうから上乗せです。, 昨年は高卒一年目ながら二軍の首位打者を獲得し、冬に行われたウインターリーグでもしっかり結果を残しました。, 加入組は、DJジョンソン・テイラーといますが、そこまで活躍できる感じではなさそうです。, 田中が復活するだけでも大幅な戦力UPに繋がるので、田中の復調は広島にとって最重要といえるでしょう。, その他には、安倍・野間・島内・一岡あたりが実力をしっかりだせれば、さらに上乗せが期待できます。, 以上から、昨年よりも安定した成績を残せるでしょうが、一位となると厳しいでしょうね。, エスコバーはヤクルトの課題であった遊撃手で、MLB経験も豊富なため、ある程度は活躍してくれそうです。, 吉田は安定した制球力を持っていながら、各ボールも素晴らしく、先発投手としての完成度が抜群に高いです。, 首脳陣は焦らせるつもりはないようですが、二軍でしっかり結果を残し、夏あたりからぼちぼち一軍で投げるようになるでしょう。, また、昨年不調だった小川・原・高梨あたりが結果を残せれば、ヤクルトは一気に浮上するでしょう!, 加入組はゴンザレス・ロドリゲス・シエラですが、プレーを見た感じは活躍は厳しいかもしれません。, 一年を安定して活躍するのは難しいでしょうが、それなりに結果を残してくれる実践向きの投手です。, 昨年は怪我の影響で登板機会が少なかったですが、登板さえできれば、結果を残せる選手です。, 阪神の場合は鉄壁のリリーフ陣でなんとか勝ちを稼いでいましたので、この二人が退団したのはかなり大きなインパクトです。, 元々阪神内で打撃力があったマルテ・大山に対しての補強なので、ボーアが相当打たない限り補強の効果が出て来ないでしょうね。, 一年目ということで気負いすぎて、空回りしていた印象でしたので、2020シーズンは飛躍してもおかしくありません。, 筒香は横浜で数少ない出塁率の高い選手なだけに、数字以上にインパクトがあるかもしれません。, エスコバーが離脱したことで、オースティンを使うことになりますが、オープン戦を見る限りは十分戦力となりそうです。, 守備位置も手薄な二塁ということもあり、伊藤裕が台頭してくると、打線の厚みがさらに増してきます。, 私は巨人ファンです。この結果は非常に嬉しいです。ですが、さすがに阪神最下位というのは無いと思います。ボーア選手とマルテ選手がポジションが重なっている事についてですが、マルテ選手はコンバートでサードになるようです。今年サードを守っていたのは大山選手ですが彼は与えられたポジションって感じで、今年マルテ選手と争う形になるんで層でお互い刺激して高い成績を残す事が出来そうです。ジョンソン選手ドリス選手の退団については、今年ソフトバンクのスアレス投手、大リーグからエドワーズ選手を獲得していて大きな穴では無いかと思います。スアレス選手はトミージョン手術を3年前に受けていて今年復活が望めます。ジョンソン選手の退団は阪神にとって痛いと思いますが、ドリス投手はそこまで痛くないというか、むしろ良いのではないかと思います。ドリス選手は最初にランナーさえ出せば自滅してくれていましたし。, コメント頂き有難うございます。 阪神については、私が阪神ファンということで厳しくなっているかもしれません(笑), マルテについてはサードコンバートについて、キャンプを見る限りはそこそこやれそうなので、 サードで固定出来れば戦力UPになる可能性はありますね。 しかし、大山が外れる形となると、守備面での貢献が多かっただけに(エラー数は多いですが)、 大きな戦力UPには繋がらなそうな感じがします。, 中継ぎに関してはやはり不安があります。 現時点では新戦力も未知数という判断をせざるおえない状況ですし、 藤川・岩崎・島本・守屋あたりが昨年並みの成績を残せれば良いですが、 疲労や他球団のマークもきつくなるので、そう上手くはいかない気がします。, 現在の予想はあくまでもキャンプ前の情報ということで、対外試合や紅白戦、オープン戦の状況を見ながら、 情報はアップデートしていくつもりです。 あくまでのキャンプ前時点での私の見解という見方をして頂ければと思います。, 巨人についてはやはり強いな、という印象ですね。 先日の紅白戦を拝見させて頂きましたが、若手も順調に育っている印象を受け、うらやましく思っています。.

2019年は残念ながら5位に終わってしまいました。 こちらでは、データと最新の戦力分析からプロ野球・セリーグの順位予想2020をしてみました。混戦が予想される2020年のセリーグですが抜け出すのははたしてどのチームでしょうか?データと最新情報から戦力分析すると順位が見えてくる?

2019年は最下位になってしまいました。 巨人は戦力的にはセリーグナンバーワン。 監督のアホ采配が出なければ優勝もある。 横浜は外国人の5人枠効果を発揮しそうだが、投手陣のここの所の勤続疲労が出るかも。 ヤクルトは最下位予想だったが、奥川他の新人投手がある程度活躍しそう。 It appears that you have disabled your Javascript.