日航ジャンボ機123便が墜落」の事故を起こした。 ちなみに墜落事故の・・・1985年8月12日に新聞社に「終結宣言」の手紙が届いている。 グリコ森永事件の真相 グリコ事件と日航ジャンボ墜落は 日清製粉売上UP目的 恐怖支配の仕上げが日航ジャンボ墜落 【1984年グリコ森永事件と日航ジャンボ墜落事件は皇后美智子が黒幕】 日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年(昭和60年)8月12日、日本航空123便(ボーイング747sr-100型機)が群馬県 多野郡 上野村の山中に墜落した航空事故である。 日清製粉と皇后美智子とグリコ事件と日航ジャンボ墜落と 1984年グリコ森永事件と1985年日航ジャンボ墜落事故は二つの目的がある 1 官僚・政治家・各界上層部を脅迫 2 日清製粉の売り上げアップ 弟が社 … グリコ森永事件・日航ジャンボ機墜落事故以降は なんでも 天皇の言うことを聞く体質になった なおかつ最近は 出世するために 天皇を中心とした官僚の 「天皇犯罪派閥」まで出来上がっている 政治においても全く同様である この「日清製粉」は「jal123便墜落事故」がおこる前に世間を騒がせた「グリコ森永事件」の黒幕のひとつだという情報がネット上に流れています。 「日清製粉」は「美智子皇后」の実家である、「正田家」発祥の企業です。