国を知りたいのですが、教えてください。お願いします。, スペイン語とポルトガル語は似たような印象があります. メキシコ内でD.F. スペイン語: ブエノス ディアス : ブエナス タルデス ... ポルトガル語: ボン ディア: ボア タルデ: ボア ノイテ: アデウス: オブリガード: 7 オランダ語: フーテ モールヘン : フーテ ミッタ-フ: フーテ ナーフオント: トット ツインス: ダンク ユーウェル . どのような思いを抱いているのでしょうか? グアテマラではVale(バーレ)ではなくて、Vaya(バーヤ)を使うんですが、人の話を聞きながら相槌を打つ時などは

---

スペイン語 スペイン語では、¡Achís! 自分の知識ですが、si(yes)、オブリガード(ありがとう)クムスタ?(こんにちわの意)は同じじゃないですか。

ブラジルだけ、 スペイン語で「ありがとう」はグラシアスといいますがほかの表現を知りたいですか?本記事ではいろいろな感謝(ありがとう)の表現を発音のふりがな付きで紹介しています。感謝の度合にあわせたスペイン語の表現を身につけてスペイン語スキルをもう一段上にあげましょう。 できれば、アルゼンチンでよく使われる単語も

あ、でも会話は普通にできますよ。そうですね、東京の人と関西の人の会話くらいな感じじゃないでしょうか。 ちなみに、オブリガードはポルトガル語です。スペイン語ではグラシアス。これは、中南米も共通です。また、クムスタとは、コモ・エスタのことだと思いますが、“元気ですか?”(英語のHow are you?)という意味です。, ラテン語って何ですか? 英語が国によって変わるのと似たようなものだと思います。 中南米ではComeisを使わず、Comenを使います。 彼/彼女/あなたは come 「バ。バ。バ。」と言っていたりして初めて聞いた時は面食らいました。(っていうか笑いました。) そこで質問ですが、それぞれの国のスペイン語で言葉の違いってあるものですか? などが例として思い浮かびます。 かぼちゃはスペインでは“Calabaza(カラバサ)”ですが、ペルー人には通じなくて、あちらでは“zapallo(サパジョ)”というそうです。 また、現代的な語彙はスペイン王国語よりは金を払ってくれるアメリカ語の影響が強いです(ただしスペイン語読みや、逆に音写による綴りの変更があります)。 また、Lindo(きれい、美しい)という単語は、スペインのスペイン語にもあるようですが、スペイン人はめったに使いません。“Bonito”とか“Hermoso”という単語を使います。その他にも似たような例はたくさんありますが、ちょっと思い出せません。 ついでに もうひとつ質問なんですが、アルゼンチンて 中南米の人はComeisと言われると変な感じがするのだと思いますが、 あなたも誰かを助けることができる 使われているものはなんでしょうか? 君たちは comeis

隠語は差があるようですね。 ほかにもスペイン語とフランス語は少し類似する部分があるという情報もありました。 1番の方のCogerではありませんが、言葉の違いによる笑い話は結構ありますよ。, スペイン在住で、中南米の同僚たちとも仕事をしたことがあります。スペインのスペイン語と、中南米のそれとの大きな違いは、イントネーションだと思います。スペインのスペイン語は、結構たんたんと話される印象ですが、中南米の人のは、もっと抑揚があります。 そのほかの国々は、 公用語はポルトガル語 .

ポルトガル語なのでしょうか? オブリガードなんて言われても、 日本人の私たちには意味なんてさっぱりわかりません。 ちなみに、ポルトガル語でありがとうという意味なのですが、 音楽の世界では全然意味が違います。 堅く言うと「対旋律」「カウンターメロディ」などの意味になります。 これだとさらに意味がわから� スペイン語で「ありがとう」はグラシアスといいますがほかの表現を知りたいですか?本記事ではいろいろな感謝(ありがとう)の表現を発音のふりがな付きで紹介しています。感謝の度合にあわせたスペイン語の表現を身につけてスペイン語スキルをもう一段上にあげましょう。 初心者の頃、メキシコでは車を「コーチェ」バスを「カミオン」と言っていたのをコスタリカでは車を「カロー」バスを「ブス」ということで戸惑いはありましたが意味はわかりました。 誰かの疑問に誰かが答えることでQ&Aが出来上がり、後で見に来たたくさんの人の悩みの解決に役立てられています。 で、ラテン語って言うのはどこかの国の公用語なのでしょうか? こんなところでしょうか。 学習したことがあります。ですから スペイン語の単語なんかも ある程度類推できる場合も多いです。 その他(語学) - 中南米ではほとんどの国で公用語がスペイン語ですよね。 そこで質問ですが、それぞれの国のスペイン語で言葉の違いってあるものですか? どうしても国単位だったら差異があって当然かなと。 また、私がスペインに住む前から知り合いの中南米の人から、「前はそんなにth, th うるさく発音しなかった」と言われました。 世界最大の日系移民が多い国とされるブラジルは、親日家が多い国ともいわれています。ブラジルの歴史を紐解くことで、日本とのつながりを感じることができるでしょう。こちらの記事では、ブラジルの歴史や宗教、言語、国民性など、遠くて近いブラジルの魅力について紹介します。, もともとブラジル人の祖先は、紀元前8000年頃にベーリング海峡を経由してアジアから渡ってきた人々だといわれています。当時、南米ではインカやアステカなどの古代文明が発展していましたが、距離的に離れていたこともあり、ブラジルの先住民族は独自の社会を形成してきたのです。, しかし、1500年にポルトガル人のペドロ・アルヴァレス・カブラルにその存在を発見されたことにより、先住民族の暮らしは大きく変わることになります。, はじめ、貴金属や染料を手に入れたいポルトガル人は、鉱山の開発や先住民たちと交易を始めようとします。サトウキビの栽培や砂糖の精製にも手をつけ始めた彼らは、次第に先住民や黒人たちを奴隷として労働させるようになり、実質ポルトガルの植民地支配が始まりました。, 途中オランダによる支配も行われましたが、オランダは撤退。ブラジルは再びポルトガルの植民地となります。ブラジル南部でダイヤモンドや金の鉱山が発見されゴールドラッシュが起きると、採掘のためにより過酷な奴隷労働が始まりました。, 1750年以降は、先住民の奴隷禁止や人頭税の廃止が行われるなど、人道的な政策がとられるようになります。また、アフリカのギニアからブラジルへコーヒーが入ってきたことにより、ブラジルのコーヒー農園が拡大したことに加え、綿花の生産も大規模に行われるようになりました。, 1820年になるとポルトガルの王が帰国し、王太子のペドロがブラジルに残されます。ペドロはとても気さくな人物としてブラジル人にも慕われている存在でした。ブラジル人に説得された彼はブラジルの独立を決意し、1822年9月7日にブラジル帝国の皇帝・ペドロ1世となります。, かつて日本政府はブラジルへの積極的な移民政策を打ち出し、多くの人がブラジルへと旅立ちました。ブラジルには今も多くの日系人が暮らしています。, ブラジルといえば、日系人が多い国としても有名ですね。日本ではブラジルへの移民政策を積極的に推進し、1908年以降の100年間で、実に13万人もの日本人がブラジルへ移住したといわれています。しかし、移民の日本への帰国や旧移民の死去、混血による希薄化などを受け、日本国籍を有する移民一世の数は激減しました。そんな中、日本が公認するブラジル移住は1993年まで続いたのです。, 2008年は日本人移民100周辺を記念した「日本ブラジル交流年」に制定され、日本とブラジルでさまざまなイベントが開催されました。また、1822年に独立するまでに移住してきた6万人以上のポルトガル人や奴隷としてアフリカから連れてこられた黒人たちの子孫も、多様なブラジル社会を形成するメンバーとなっています。, 移民政策でブラジルへやってきた日本人たちは、ブラジルの発展のために大きな貢献をしました。そのため、日本人に対して良い感情を持つブラジル人も多く、親日家の国としても知られています。街を歩いていると、日本語で「こんにちは」と声をかけてく人もいるほどです。, ブラジルはアメリカに次いで、世界第2位のキリスト教人口を抱える国です。ブラジルでは、人口の約90%の人が敬虔なキリスト教徒だといわれています。カトリックが約65%、プロテスタントが約22%とされ、それ以外の人は無宗教やイスラム教、土着のアミニズムなどを信仰しています。, しかし、特に若い人の中には信仰離れしている人も見られ、日曜日の礼拝に参加しないという人も増えているようです。, 年間を通して暖かい気候に豊かな大自然、美しいビーチのおかげなのか、ブラジル人には陽気で楽観的な人が多いのが特徴です。ニコニコとした笑顔が印象的で、一緒にいるこちらまで陽気な気分にさせてくれるでしょう。オープンでフレンドリーな人が多いので、すぐに仲良くなることができるはず!, また、挨拶のキスやハグなど、日常的にボディタッチが多いのもお忘れなく。日本人ははじめ戸惑うかもしれませんが、ブラジルでは男女の垣根を越えて気軽に行われています。また、マイペースな人が多いため、時間にルーズな人が多いという側面も…。, 多様な人種や民族が混ざり合って形成されたブラジルでは、一体何語が話されているのでしょうか?, ブラジルは長い間ポルトガルの支配を受けていたこともあり、現在使用されている公用語は「ポルトガル語」です。しかし、ブラジルで話されているポルトガル語は、先住民やアフリカからの移民たち影響を大きく受けていて、「ブラジル・ポルトガル語」として区別されることもあります。また、先住民の言語は160を超えているといわれ、ブラジルがいかに多様な文化を持つかがわかりますね。, 南米のほとんどの国ではスペイン語が話されていますが、ブラジルではスペイン語がほとんど通じません。また、英語に関しても、若い世代の人たちは話すことができますが、年配の人になると話せない人が多いでしょう。ただし、観光地やレストランなどでは問題なく英語で会話をすることができます。, コロニア語とは、戦前、日本人がブラジルへ移住した際に使い始めた言葉だといわれており、ポルトガル語が混ざった日本語のことを指します。日系人が多く暮らすサンパウロ州やパラナ州などでは、今もコロニア語を日常的に使用しているエリアが見られます。日系移民3世ともなると、日本がまったく話せないという人も多く、コロニア語は日系1世もしくは2世の人たちに使われているようです。, 旅行先でちょっとした挨拶だけでもポルトガル語で話せたら、お店の人や地元の人との距離をぐっと縮めることができますね。簡単で便利な挨拶表現をいくつか覚えておきましょう。, 歴史上、日本人との関係が深いブラジル。街中を歩いていると日本語で挨拶されることもあるかもしれません。ブラジル旅行では、さまざまな人種や民族を受け入れてきた懐の深いブラジルならではの、おおらかな空気を感じることができるでしょう。歴史や宗教、言語などブラジルのことを深く知ることで、もっとブラジルが好きになるはずです!魅力あふれるブラジルで最高の旅をしてみませんか?, 熱狂的なリオのカーニバルや、サッカーでは印象的なカナリアイエローのユニフォームでおなじみのブラジル。実は絶景の宝庫だということ、ご存知でしたか?本記事ではブラジルの魅力を徹底解明!人気のおすすめ観光スポットから、お天気情…, 南米の人気観光地と言えば、マチュビチュやウユニ塩湖が有名ですが、ブラジルとアルゼンチンをまたぐ圧倒的な迫力の「イグアスの滝」も見逃せない絶景です!ここでは、観光前には必読のイグアスの滝について解説。現地で楽しめるアクティ…, リオのカーニバルやサンバといった陽気な明るいイメージがあるブラジルですが、治安に関してはあまり良くないイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。安心して旅行を楽しめるよう、現地の治安状況を調べておくことは大切です。こち…, バリ島の玄関であるングラ・ライ国際空港は、2013年にリニューアルオープンした、広々とした空港です。ラウンジやWi-Fi、お土産ショップ・免税店、レストランなどの施設・サービス情報や、到着から入国手続きまでの流れ、空港から主要エ…, バリ島・アグン山の火山活動に関する最新情報をまとめてご紹介します。アグン山はバリ島で最も標高が高く、神々が集まる霊峰と言われています。2018年に噴火し、一時は空港が封鎖されたことも。火山活動の動向や、インドネシア火山地質災…, ハワイでは旅行者でも気軽にバーベキューを楽しめるスポットがたくさんあります。手ぶらでOKのホテルレストランから食材を自分で揃えるコンドミニアムや公園、グリルも食材も全て自己調達するビーチまで、ロケーションや条件は様々。ここ…, 旅行やグルメを中心とした記事のライターをしています。私自身海外旅行が好きで、今までにたくさんの国を訪れてきました。特にフランスとモロッコ、インドが大好きです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。.

標準語-関西弁ほどは違いません。 また母国スペインで話されているスペイン語とのちがいだったり比較だったり。 勉強しています。そこで、正確な、スペイン語を公用語としている (シティ)周辺だと「歌を歌う様」な感じの抑揚で流れるようにしゃべりますから、メキシコ出身者はすぐわかったりします。口の悪い人は「メヒコニョール(スペイン語を意味するエスパニョールのもじり。この場合メキシコ訛りの意)」と呼んでます。

その国の言語と英語、スペイン語、フランス語など 表現についても時々通じないようで現地の方から笑い話を聞かされることがあります。 1番の方がアルゼンチン訛りについて触れていますが、これはどうなんでしょう。私はパラグアイに住んでいますが、私はアルゼンチン訛りは平気ですし、パラグアイ人もこぞってバカにするけれど、聞き取れないと言う話は聞いた事がありません。 特に食べ物を表す単語は国によってかなり違います。 公用語として使われている国はスペイン・ポルトガルはもちろん南米が主だと思いますが,他に使われている国ってありますか? それぞれを使っている国の一覧のようなものがあるページがあれば嬉しいのですが..., 私が今まで習得した言語は英語とフランス語で、ラテン語とイタリア語が少しで、スペイン語も昔 齧りだけ そこでスペイン語の知っている人に質問です。スペイン語は英語やフランス語に比べると ほぼローマ字通りに読めばよく、発音も日本人には親しみやすいと思うのですが、それでも よく分からない発音があります。一つはyの音です。ジャ行の音に近い音で発音する人もいれば英語のようにヤ行で発音する人もおりますよね。 ジャ行の音で発音する場合も フランス語のjとは少し違う気がします。正確には どのように発音するのでしょうか?もっと分からないのはllの音です。この音ってyをジャ行の音に近い音で発音するのとは違うんでしょうか?発音に関してはスペイン本国と中南米諸国とで 大まかな基準みたいなものがあると思ったのですが、詳しいことは分かりません。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - オブリガートの用語解説 - 音楽用語。本来は不可欠の楽器あるいは声部を意味する。アド・リビトゥムに対する語。今日では一般に助奏 accompagnamento obbligatoの意で,独奏あるいは独唱声部に対して協奏的に扱われる旋律的伴奏声部をさす。 スペイン語: ブエノス ディアス : ブエナス タルデス ... ポルトガル語: ボン ディア: ボア タルデ: ボア ノイテ: アデウス: オブリガード: 7 オランダ語: フーテ モールヘン : フーテ ミッタ-フ: フーテ ナーフオント: トット ツインス: ダンク ユーウェル . オブリガードなんて言われても、 日本人の私たちには意味なんてさっぱりわかりません。 ちなみに、ポルトガル語でありがとうという意味なのですが、 音楽の世界では全然意味が違います。 堅く言うと「対旋律」「カウンターメロディ」などの意味になります。 これだとさらに意味がわから� どの場合が多いのでしょうか?, 第2次世界大戦で勝利した国だけが公用語になっていると聞いたことがあるのですが、5つって何語のことを言うのですか? 知らないことが多いながらに調べてみると、 単語の使い方は枚挙にいとまが無い位ですが、大筋では通じるので会話が多少ずれる程度かと思います。 私はかつて、日本の語学学校でスペイン語を勉強した時期があったのですが、その時ペルー人の先生に習っていたので、こっちに来てから、ペルー訛りがあるといわれたことがあります。でも、ペルーは比較的スペインのスペイン語に近いので、先生がアルゼンチン人じゃなくて良かったと思いました。(苦笑)