日本では協調性を重視する傾向が多いのと反対で、アメリカでは個性を尊重して伸ばすことが重視されています。 アメリカでは、子供が失敗した時でも責めることはあまりしません。それよりも、できた事をたくさん褒めることで、正しい方向へと導くようにします。 なおワシントンD.C.のみ海外領土を除いて唯一の連邦政府直轄地区であって、どの州にも属さない。 海外で暮らすバイリンガルの子どもは、二つの言葉と文化の狭間で成長しています。彼らは成長の中で、多かれ少なかれ、アイデンティティーの揺らぎを経験します。自分は日本人なのかアメリカ人なのか、日本の集団主義とアメリカの個人主義のどちらの価値観で行動すべきなのか、日本文化とアメリカ文化のどちらを優先すべきなのか。異文化へ適応する道のりは、自己を見つめ、アイデンティティーを確立していくプロセスでもあります。アイデンティティーの揺らぎを経験することは、人格形成にとって有益であり、決して悪いことではありません。ただし、海外で育つ子どもの場合、アイデンティティーの混乱が長引くと、自己や個性の否定につながるケースがあるので注意が必要です。アメリカ社会への同化を急ぐあまり、本当の自分を心の奥に押し込め、周囲と同じように振る舞うようになるといった行動が一例です。国際社会では、多様な背景を持つユニークな個性が尊重されます。子どもが日本人である自己に気付き、誇りを持てるように配慮した子育てが両親には要求されます。何も日本への愛国心を強調しなさいということではありません。日本の文化や価値観が肯定される環境、そして同時に、日本以外の文化や価値観が肯定される環境に子どもを多く触れさせてあげればいいのです。, 家庭では日本語を話し、日本食を食べ、日本的価値観に基づいた生活をしていても一歩外に出ればそこはアメリカです。学校ではアメリカ的個人主義や論理思考に基づいた教育が与えられ、子どもたちは米国式の行動パターンを身につけることが期待されます。これは子どもにとって大きなカルチャーショックでありストレスです。子どもを異文化にスムーズに適応させたければ、親自身が、自分の文化と異文化を客観的に観察し、両者のよい点を積極的に受入れる態度を持つことが必要です。親の文化観が偏っていると、子どもはどの文化に対しても誇りを持てなくなります。異質な文化を受け入れる前提は、自文化への誇りを持っていることです。自己への自信があるから他者を受け入れる余裕が生まれるのです。世界は異質なものから成り立っていて、文化や習慣に上下や優劣はない。自分の文化を大切にするのと同じように他者の文化も尊重する。そんな機会を日常生活の中で多く経験させてあげましょう。アメリカは多文化が共存している国です。自文化に閉じこもることなく、たくさんの文化に触れる機会を作りましょう。その経験の多さが子どもの異文化適応を促進します。, 日米のコミュニケーション方法には大きな違いがあります。日本と異なりアメリカでは自分の意見や考えを表現しないと「理解していない」「表現する能力がない」と判断されてしまいます。子どもがアメリカの学校生活で苦労しないためにも、アメリカ的子育て文化について少し勉強しておきましょう。, アメリカでは子どもといえども「一人の人格者」として扱います。子どもの意見や考えを尊重し、一人前に扱うことによって自立心を育てます。同時に一人の人格者としてのマナー、エチケット、道徳など社会的責任を教えます。子育ての根底にあるのは自立心の強い子どもに育てることです。, コミュニケーション能力の育成は、家庭教育で最も重要されます。幼い頃から自分の考えを伝えることが訓練されます。親は子どもの話を真剣に聞き、子どもは相手の話をしっかり聞くことが要求されます。兄弟間、友達間で衝突があった時には当事者の話し合いによって解決することを学びます。, 自主的な積極性がなければ、アメリカ社会で生き抜くことはできません。幼い子どもでも自分でできることはやらせます。また自分でしたいことを子どもに選ばせ、やらせます。親はできるだけ手出し口出しをせずに見守ることで子どもの自主性、積極性を育てます。, アメリカ社会では、コミュニティーの一員として自覚と責任ある行動が強く求められます。家事の手伝いを子どもに分担させることで、家族の一員としての自覚と社会性を育てます。また手伝いの報酬として小遣いを渡すことで労働の意味と価値、金銭感覚を育てます。 日本の教育をすぐに変えることはできませんが、アメリカ式の幼児教室に通わせる方法があります。 (2013年11月1日号掲載). アメリカでも幼児教育に対する関心は高まりを見せています。アメリカでの幼児教育では、何が重視されているのでしょうか? 日本との違いを含め、アメリカでの幼児教育の特徴について解説いたします。, アメリカでは、日本でいう幼稚園の年少~年中の間は、ナーサリーやデイケアと呼ばれる保育施設で過ごし、年長からキンダーガーデンに通います。ほとんどの州において、キンダーガーデンは小学校の付属の位置づけとなっており、キンダーガーデンでの学習時間は小学生と同じです。 アメリカの人種・民族構成について大まかに見ていきましょう。白人、黒人、アジア人、先住民族など、人種のるつぼと言われるアメリカを知る上では押さえておきたいことです。, 世界最大の経済大国である「アメリカ合衆国」に対しては、「人種のるつぼ」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。, 実際、世界一の経済大国として、また、アメリカ国内でも使用される英語が事実上の世界言語となっている現代の国際社会において、アメリカは大きな存在感を示してきた結果、同国にはこれまで異なる人種背景や民族背景を抱える人々が多く移り住んできました。, そのため、アメリカ国内には少数先住民のルーツを持つ人々までを考慮した場合、数百から1千近い民族的背景を持つ人々が集まっていると言え、実際に人種のるつぼと言える状況が生まれているのです。, この記事では、そんなアメリカの人種と民族状況について簡単な紹介をしていこうと思います。, アメリカの国税調査で分類される主要な人種グループを見ていき、また、その中では民族的な解説も加えていきます。, 「人種のるつぼ」と呼ばれるアメリカ合衆国の人種や民族後世状況を、大まかにですが確認していきましょう。, アメリカの国勢調査やその他の調査によると、実施年度や調査ごとによって多少の差はあるものの、アメリカ全国民の75〜80%が「白人」に分類されます。, まず、国勢調査ではこの「白人」という項目は基本的に「ヨーロッパ系の祖先をもつ人々」を意味し、例外としてアラブ系、ペルシャ系、(人種的な)ユダヤ系なども含まれます。, そして現在、彼らの大半が英語を話し、そのルーツに関わらず「白人系アメリカ人」として分類され、このことがまた、アメリカは今だに白人国家であるとイメージされる理由の1つです。, ただ、1つにまとめられる「白人系アメリカ人」を掘り下げてみると、ヨーロッパの多様な民族にルーツを持つ人々によって複雑に織りなされていることがわかります。, アメリカ国内におけるヨーロッパ系の最大民族グループは、19世紀に集団移民してきたドイツ系の人々で、その割合は全体の約17%。, その後に続くのが、入植順にアイルランド系(約12%)とイギリス系(約9%)で、この3つのヨーロッパ系アメリカ人グループだけで、アメリカ人口の40%程度を占めています。, そして、その後にイタリア系、ポーランド系、フランス系、スコットランド系、オランダ系、ノルウェー系、スウェーデン系、ロシア系、ウェールズ系、チェコ系、ハンガリー系、スペイン系、ポルトガル系、デンマーク系、ギリシャ系などが続き、実に多様なヨーロッパ各国が白人系アメリカ人の起源として挙げられるのです。, ちなみに、この白人系アメリカ人の中でも南部に集中している人々は、自分たちのことを「ホワイト・アメリカン(白人系アメリカ人)」という民族的なグループとして考える傾向にあります。, 上に見た白人系アメリカ人の中には、アメリカ合衆国内で比較的よく見かける、あるヨーロッパ系の集団が抜けていることに気づくかもしれません。, その集団とはヒスパニックとラティーノグループで、ヒスパニックとはスペイン語圏を起源に持つ人々であり、ラティーノはスペイン語に関係なく南米を起源に持つ人々のことです。, では、なぜこの2つのグループが上記の解説に含まれていなかったかというと、アメリカの国勢調査ではヒスパニックおよびラティーノは、民族的に分類したグループとして別項目に載せているから。, この2つのグループはアメリカ国内で強烈な存在感を示しているため、多くの人口調査において個別に数えられる傾向にあるのが理由です。, アメリカ国民全体の約17%がヒスパニックおよびラティーノに分類され、その3分の2がアメリカの南に位置する隣国メキシコの出身者で占められています。, このことは、アメリカ南西部の大半は1848年までメキシコの一部だったことを考えれば、驚くべきことではありません。, そして、メキシコ以外の国ではプエルトリコ、キューバ、ドミニカ、コスタリカ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ、エルサルバドル、アルゼンチン、ボリビア、チリ、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ベネズエラの出身者がおり、ヨーロッパ出身者同様に非常に幅広い地域から成ります。, ただし、ここで1つ注意しておかなければならないのが、ヒスパニックおよびラティーノとは人種の分類ではないため、白人系が大半を占めているものの、中には異なる人種、例えば黒人系やアジア系なども少なからず含まれている点です。, つまり、「黒人系アメリカ人」に分類される人々で、全人口のおよそ13%に相当します。, 現在アメリカにいる黒人の大多数は祖先がアフリカへルーツを持ちますが、自身はアメリカ国内で産まれています。, 彼らの多くは西・中央アフリカから直接北アメリカに送り込まれた奴隷か、カリブ海を経由して北半球に送り込まれた奴隷、いずれかの子孫ですが、1865年に奴隷制度が廃止された後にアメリカへやってきた家系もかなりの数存在。, 国内にいる約300万人は、エチオピア、ガーナ、ナイジェリア、ソマリアを中心とするアフリカのサハラ砂漠以南の地域からやってきた人の子孫だと認識しています。, そんな黒人系アメリカ人の多くは、アメリカの歴史の中で常に差別の対象となってきました。, 実際、アメリカ社会では1960年代まで、黒人系アメリカ人は多くの地域で法的に排除されてきたこともあり、黒人問題として争いの種となり続けていました。, そして、現在であっても完全に差別は無くなっておらず、人種間の不平等問題は残り続けています。, アメリカ国内の人種規模で見た場合、白人系と黒人系の次に挙げられるのはアジア系で、全人口の5%前後が該当します。, 中国からの移民が大量にアメリカにやってきたのは19世紀のことで、結果としてアメリカ政府は、1882年から1943年まで中国からの移民を禁止する措置を採ったほどです。, 結果として、彼らはアメリカへの移住を禁止された初の民族集団となり、その後に中華系人口の増加が初期の増加数を上回ったことはありません。, また、中華系移民の後には、インド、ベトナム、韓国、タイなどからの移民も増えていきました。, ちなみに、アメリカの国勢調査においてアジア系とは、東アジア、東南アジア、そして南アジアに起源を持つ人々と定義されています。, アメリカの人種構成を見る上で最後に触れておきたいのが、北アメリカ大陸や太平洋諸島の先住民族の子孫達。, アメリカ国民の約1%がアメリカ先住民族、0.2%がハワイ・太平洋諸島の先住民族を祖先に持つ集団となり、全人口に対する割合が小さいのは、19世紀における同化政策や先住民族根絶政策の結果によるところが大きいと言えるでしょう。, ただし、それでも今日のアメリカ国内には550を超える民族または種族が存在し、その多くは独自の言語を有し、学術的にも別個の少数民族とされ、こうした民族もまた、アメリカの一部であり人種のるつぼを構成しているのです。, なかでも大規模なのがナヴァホ族、チェロキー族、チプワ族、スー族で、こうした先住民族に対して長年行われた暴力行為や保留地政策は、今なお多くの厳しい批判があります。, こうした分類を見ていくと、アメリカには世界各地にルーツを持ち、異なる民族的背景を持つ数多くの人々がいることがわかります。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。. 日本では、協調性が重視され個性がしぼんでしまう傾向にあるので、アメリカでの幼児教育の良い点を取り入れるようにするのも良いかもしれません。 また、個々の能力に合わせた教育を行い、その子の持っている個性を最大限に引き出すことを重視しているようです。

「褒める」を重視 アメリカ社会への同化を急ぐあまり、本当の自分を心の奥に押し込め、周囲と同じように振る舞うようになるといった行動が一例です。国際社会では、多様な背景を持つユニークな個性が尊重されます。 アメリカの人種・民族構成について大まかに見ていきましょう。白人、黒人、アジア人、先住民族など、人種のるつぼと言われるアメリカを知る上では押さえておきたいことです。世界最大の経済大国である「アメリカ合衆国」に対しては、「人種のるつぼ」というイ 一人一人が際限ない可能性を持っている子供たち。それぞれの個性や能力をしっかりと引き出していける教育環境を与えてあげたいものですね。. 「褒める」を重視することで、子供は失敗を恐れず多くのことに前向きに取り組めるようになります。 アメリカ合衆国の州(アメリカがっしゅうこくのしゅう、U.S. 各々自分の意見を持ち、それを表現し、お互いの意見を尊重することが日ごろから行われています。日本でよく見かける、みんなと違うこと言うことを恐れるという雰囲気は全くありません。

音楽が人気 アメリカの幼児教育では、読み書きや計算の他、自分の意見を表現する力を養うことを重視しています。 state)は連邦共和国であるアメリカ合衆国を構成する「国家」で、現在50州ある。 各州と連邦は国家主権を共有している。. とにかく広いロサンゼルスはちょっと観光するのにも車が必要で大変。 この旅の間、何度uberで配車したかわからないので請求が怖い(笑) それでもロサンゼルスのダウンタウンは、美術館や有名建築を何とかほぼ歩きで回れた。 その中でも観ておきたい有名建築を紹介。   幼児期から自己表現力やプレゼンテーション能力を高めていくことが大切だと早くから考えられており、その重要性はようやく日本でも、最近一般に知られるようになってきました。 個性を伸ばすことを重視 日本では協調性を重視する傾向が多いのと反対で、アメリカでは個性を尊重して伸ばすことが重視されています。 各々自分の意見を持ち、それを表現し、お互いの意見を尊重することが日ごろから行われています。 もちろん悪いことをしたらきっちり叱りますが、褒める回数と叱る回数が日本とは格段に異なるようです。 アメリカでも幼時期から教育を重視する家庭は多く、さまざまな幼児教育を受けさせています。 子供が自ら学ぶ力を引き出したり、きっかけを提供したりすることで、子供が興味を持ったことについて、自ら深く学ぶことができるようになります。 教えるのではなく導く キンダーガーデンでの学習は、フォニックス(英語のスペリングと発音の法則)を使っての読み書きや算数が中心ですが、日本より少し早くから本格的な学習が始まるといえます。, 自己表現力を強化 日本での教育は、教える意味合いが強いのに対し、アメリカでの教育は導くものだと考えられています。 そのなかでも特に最近人気が高いのは、音楽です。幼児期に子どもの能力を引き出すのに音楽が効果的だという考え方が広まり、多くの音楽教室が存在しています。, 個性を伸ばすことを重視 アメリカの子育ては「言語コミュニケーション」を発達させ、自己表現を通して自立心や個性を育てることに重点が置かれているのです。 日本の母親はいつも赤ちゃんのそばにいる反面、黙っていることが多く、言語的な働きかけをあまり重視しません。