アメリカ独立戦争(アメリカどくりつせんそう 1775年 - 1783年)はイギリス本国(グレートブリテン王国)と、アメリカ東部沿岸のイギリス領の13の植民地との戦争である。 正しくは The American Revolution(アメリカ独立革命)若しくはthe Revolutionary War(革命戦争)。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。.

1776年、独立戦争時代のアメリカ・サウスカロライナ。かつては「愛国者(パトリオット)」とまで言われた英雄マーティンの反対もむなしく、イギリスとの戦争が始まった。 2年後。 アメリカの独立戦争 パトリオット 1776年アメリカ独立宣言発布 リンカーン 西部開拓 夕陽のガンマン ゴールドラッシュ 1839年アミスタッド号事件 鉄道の時代 アメリカの内戦「南北戦争」(1861~1865) 風とともに去りぬ JAZZ AGE 1920s 1920s 華麗なるギャッツビー また、アメリカ艦隊総軍を中心とした艦隊を世界各地の海域に展開している。, アメリカ海軍は、アメリカ独立戦争中に設立された大陸海軍を起源としている。大陸海軍は、1775年10月13日の大陸会議によって、設置が承認された。イギリス陸軍への軍需物資を搭載した輸送船を妨害するために、2隻の武装船を準備したことから始まっている。1789年に批准されたアメリカ合衆国憲法は、議会に「海軍を提供し養う」ことの権限を与えた。これに基づいて議会は、6隻のフリゲートの配備および艦への人員配置を命じた。6隻のうちの1隻であり、「オールド・アイアンサイズ」として親しまれているコンスティチューション(USS Constitution)は、今日でもボストンに保存されている。なお、コンスティチューションは現在でもアメリカ海軍の現役艦である。, アメリカ独立戦争中に艦船数は50隻を数え、最盛期には20隻以上が活動していた。その後、大陸会議はアメリカ独立戦争の終了に伴い、大陸海軍の艦船を売却し人員を復員させたため、海軍は解散した。, 1794年になると、ヨーロッパでの政情不安に伴い、商船の航行に不安が生じるようになった。そこで、憲法の規定に従い、議会は1794年3月27日に6隻のフリゲートの建造を命じ、1797年に最初の3隻(ユナイテッド・ステーツ、コンステレーション、コンスティテューション、USS United States, Constellation, Constitution )は就役した。それらのフリゲートは、1812年の米英戦争においてイギリス海軍と戦闘を行い、それを撃破した。, 議会が1798年4月30日に海軍省を設立するまで、旧陸軍省 Department of War (戦争省や軍務省・軍事省などとも訳される)が海軍の事務を処理した。海軍は1949年に国防総省の一部になった。, 1798年の時点で正規の軍艦14隻の規模となったアメリカ海軍は、1799年にイギリスとの協定によりカリブ海の哨戒任務に就きフランス海軍との非公式な交戦を幾度も経験した[1]。1801年には北アフリカのバルバリ諸国と戦争状態になり、海軍はトリポリに出動しデルナ攻略を支援した。, 南北戦争中に、革新的な甲鉄艦の運用を行った。1880年代から近代化により有力艦艇の増強を行い、1898年の米西戦争ではマニラ湾海戦とサンチャゴ・デ・キューバ海戦でスペイン艦隊を壊滅させている。20世紀の始めには、世界でも上位の海軍となり、1907年から1908年にかけてグレート・ホワイト・フリートの世界一周航海で特に日本に示威を与えた。その後、第一次世界大戦における活動は相対的に低調だったものの、第二次世界大戦においては、特に太平洋戦線において活動を行い、また戦時の拡張により世界最大の海軍へと成長を遂げ日本海軍に勝利した。, 日本海軍の真珠湾攻撃により、アメリカも第二次世界大戦に参戦した。太平洋では日本の空母機動部隊に対抗するために、15隻以上の正規空母を中心とした艦隊を作って対抗し、日本海軍を壊滅させた。大西洋や地中海においては、ドイツ海軍の潜水艦による通商破壊作戦に対応する為に、対潜水艦戦術を進化させ、護衛空母と護衛駆逐艦を大量に投入して勝利した。, 第二次世界大戦が終わり、アメリカを中心とした西側諸国と、ソビエト連邦を中心にした東側諸国との冷戦が始まると、二度の世界大戦で疲弊したイギリス海軍は縮小され、アメリカ海軍が世界に展開するようになる。東ヨーロッパが次々と共産化されると、イギリス海軍と共に地中海に艦隊を派遣してギリシャの共産化を防いだ。, 朝鮮戦争ではアメリカ軍が中心となって国連軍として戦い、中東戦争が始まると牽制の為に艦隊が派遣され、ベトナム戦争でも機動部隊が派遣された。第二次世界大戦後は、イギリス海軍からアメリカ海軍へ世界の海の覇権が移った。, その後もソ連海軍に対抗する為に、退役していたアイオワ級戦艦にトマホーク巡航ミサイルを搭載して現役に戻すなど、海軍は拡張されて約600隻の大艦隊(600隻艦隊構想)を維持していたが、冷戦の終結により規模は縮小され、現在は約300隻の艦艇を持っている。, また、冷戦時は敵の艦隊を攻撃し、制海権を維持する事が最大の任務であったが、冷戦後はアメリカ海軍に対抗出来る海軍は世界に皆無となり、地域紛争に対応する為、海から陸上への戦力投射「フロム・ザ・シー」へと任務が変わった。, アメリカ軍の再建を掲げるトランプ政権下で、アメリカ海軍は、2020年度造船計画で2034年までに保有艦艇を355隻に増やすことを示した。しかし、財政難からその実現が危ぶまれている[2]。, アメリカ合衆国憲法の規定により、アメリカ海軍の編成権及び統轄及び規律に関する規則を定める権限は、アメリカ合衆国議会にある。, アメリカ海軍の戦闘艦の名前はすべて「合衆国の船」(United States Ship) を意味する艦船接頭辞USSで始まる。アメリカ海軍の非戦闘、民間の有人船は「アメリカ軍艦」(United States Naval Ship) を表すUSNSから始まる名前を持っている。, 2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。, 第二次大戦前にコロラド大学へ移設された海軍日本語学校からは、後に日本古典文学や日本文化の研究者となる人物が輩出されている。, 1人のDCNOが近接する分野を担当している複数の部を管轄している場合がある。現在は、人的資源・人事・訓練・教育関連を担当する第1部、即応(Fleet Readiness)・兵站関連を担当する第4部、能力(戦力)統合・資源関連を担当する第8部、戦闘システム関連を担当する第9部にはそれぞれ単独でDCNOが置かれているが、情報(インフォメーション・インテリジェンス)関連を担当する第2部と通信・コミュニケーション関連を担当する第6部、作戦・計画・戦略関係を担当する第3部と第5部はそれぞれ1人のDCNOがまとめて管轄しており、DCNO(N2/N6)、DCNO(N3/N5)と表される。, SPC-R = Special Operations Craft-Riverine, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ海軍&oldid=80323774, この項目では、アメリカ合衆国(United States of America)の海軍について説明しています。, 海軍次官(Under Secretary of the Navy)…長官に次ぐナンバー2。定数1人。, 海軍次官補(Assistant Secretary of the Navy)…現在の定数は4人。, 研究開発・調達担当次官補(Research, Development and Acquisition)…兵器のR&Dや調達を統括。, 人的資源・予備役担当次官補(Manpower and Reserve Affairs)…人員管理や予備役問題を統括。, 財務・会計管理担当次官補(Financial Management and Comptroller), エネルギー・施設・環境担当次官補(Energy, Installations and Environment)…施設管理や労務の安全衛生等を統括。, 首席法律顧問(General Counsel of the Navy)…長官、次官に次ぐナンバー3のポスト。. ちなみにタイトル名のパトリオットとは愛国心のこと。アメリカ独立戦争を描いた歴史映画においては非常に相応しいタイトルだ。しかしながら俺には本作を観ていて、アメリカの愛国心を大して感じることができなかった。それは一体何故なのか? All Rights Reserved. アメリカの独立戦争. 映画 フォーンブース(2003) 今頃紹介するような映画では無いような気がします... たびたび、コメントを頂くウルトラマンセブンのアンヌ隊員の、本名ひし美ゆり子さんのブログです。読んでいて心暖まるブログです。アンヌさん(ひし美ゆり子)さんの優しさが伝わってきます, 色々な競馬予想サイトが載っていて参考になります。何故か私のサイトも載せていただいています(笑), 私も映画が好きですが、内容がかなりしっかりと書かれており、わかりやすく書かれています。映画ファン必見です, 偶然見つけた映画が主なブログ。私の映画の記事より内容が簡素でうまくまとまっていて、見やすいブログです。, 私と同じく競馬と映画のブログを紹介されております。その他に日常生活も書かれています, 映画のレビューだけでなく日常生活のことも書いています。実はまだ彼は中学生。よく出来た若者です, ミニシアター系の作品もレビューされています。夫婦で映画好きなので1本の映画で2人の感想が述べられているユニーク設定です, ツイッターでもお世話になっている、西門さんの映画ブログです。思わず映画に恋しちゃいそうです, 僕の妹の子供(レイ君)の成長日記です。子供の成長振りが写真を通じてよくわかります。妹のブログも見てやってください。, 題名の意味がよくわかりませんが(笑)競馬の予想がメインになっております。語り口は面白いので、覗いて見てください, これも妹の子供(はるきちゃん)の成長日記です。こちらも写真を通じて子供の成長振りがよくわかります。どうかのぞいてやってください, 映画 砂と霧の家(2003) House(ハウス)とHome(ホーム)の違いが理解できる?. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 映画 フォーンブース(2003) 今頃紹介するような映画では無いような気がしますが・・・. アメリカの内戦「南北戦争」(1861~1865) 風とともに去りぬ; JAZZ AGE 1920s. アメカジと映画 WIfi ファッションに影響を与えた映画 アメリカ海軍は、アメリカ独立戦争中に設立された大陸海軍を起源としている。 大陸海軍は、1775年10月13日の大陸会議によって、設置が承認された。 イギリス陸軍への軍需物資を搭載した輸送船を妨害するために、2隻の武装船を準備したことから始まっている。
All Rights Reserved. 鉄道の時代 アメリカの内戦「南北戦争」(1861~1865) Copyright© Historiai , 2020 All Rights Reserved. アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍。, 原子力空母11隻と揚陸艦31隻、原子力潜水艦71隻を中核に、80隻以上の巡洋艦と駆逐艦(全てイージス艦)など主要水上戦闘艦約270隻、戦闘機や対潜哨戒機などの作戦機約2,640機を保有し、約43万人(現役・予備役合わせて)の構成員が所属する世界最大規模の海軍。近年の予算規模は約1200億ドル前後(日本円にして10兆円〜15兆円程度)で推移しており、予算的にも世界最大である。

暗黒の木曜日 世界恐慌 第一次世界大戦 第一次世界大戦 風とともに去りぬ JAZZ AGE 1920s 華麗なるギャッツビー 禁酒法時代 パトリオット The Patriot 監督 ローランド・エメリッヒ 脚本 ロバート・ロダット 製作 ディーン・デヴリン パトリオット』(The Patriot)は、2000年製作のアメリカ映画。アメリカ独立戦争を背景とするドラマを描く。 監督はローランド・エメリッヒ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 独立戦争時の人々の立場をおおざっぱに説明すると3つに区分することができる。1つ目は独立派、英語ではPatriots。2つ目は王党派(Loyalists)これは愛国派など色々な呼び名があるがオリジナルの呼称である「Loyalists」の翻訳が人によって違うだけである。そして3番目が中立派。どちらでもない人達である。, これらの人達の割合を説明するには当時は国勢調査などもないので当時の複数の文献から類推してみよう。, まず、第2代大統領のジョン・アダムズが独立後の1813年11月12日にジェファーソンに出した手紙にこんな記述がある, 大陸会議のメンバーの構成は3分の1が独立派、3分の1が王党派、残りがその他であった。, 次に英語版wikiのPatriot (American Revolution) にはこの様な記述がある。, 歴史家の Robert Calhoon によると歴史家達の共通見解として独立戦争時の各勢力の割合は独立派が40~45% 王党派が15~20% 残り35~45%は中立派としている。, つまり、独立派が過半数を獲得して多数派を構成していたわけでなく、現実には少数派である3割から4割ほどの賛同しか得られていなかたという訳である。, 更に、この独立派の中でも見解の相違があった。武力を用いてでも強引に独立する急進派と穏健派に別れていた。穏健派は、独立といっても植民地に対する重税の是正や新大陸代表として本国の議会に代表を送るなど、本国に対する不満を解消することを目的とした人々であった。, ちなみに穏健派には南部のプランターや北部の商人など本国とビジネスにおいて密接に関連する資本家などがいた。, 以上の様に整理してみると、新大陸の13自治植民地に対してイギリスの支配から根本的な変革を求め独立を志向したのは独立派の中の「急進派」だけであったのである。, つまり、独立戦争とは当時の人口の15%~20%を占める独立急進派の人々が穏健派の人々を急進派へと転向させ、独立に反対する王党派を実力行使で排除し、日和見していた中立派を否応なく巻き込んで参加させた戦いと言うことができる。, この独立戦争時の人々の心境は非常に複雑で例えば、隣あった近所の家同士が独立派・王党派でお互い銃で打ち合ったという話や家族の中で賛成か反対かに別れて・・・という出来事が頻発したらしい。, 有名人で言えば、ベンジャミン・フランクリンはその著書「ベンジャミン・フランクリン、アメリカ人になる」の中でフレンチインディアン戦争をイギリス人として命がけで戦った話や、独立戦争の直前まで王党派であったが悩みぬいて最終的に独立派に転向したことなどを述べている。こういった例はベンジャミン・フランクリンだけの特別なケースではなかったようである。, 実際に1775年4月ボストン郊外において最初のイギリス軍と植民地軍の間で銃火が交わることになるが、この独立戦争最初の戦いにおいても当初は独立を求めていたのではなかった。「独立だ!」と植民地人は立ち上がったのでなく、彼らはイギリス本国に対し、1963年以前に認められていた植民地の自治の回復を目指して立ち上がったのであった。, この武力衝突が次第にエスカレートしていく中で、本国との対立の激化や独立急進派の動きなどがあり、やがて中立派も日和見することを許さない独立という革命運動に発展していくのである。, ちなみに独立派は植民地内を掌握していく過程で王党派を追い落としにかかり、王党派の人々はカナダやフロリダなどの植民地外やイギリス本国や西インド諸島などに駆逐された。, また、本国への抗議運動であった武力衝突を膨大なエネルギーが必要となる独立戦争へと転換させた際にトマス=ペインが書いた小冊子「コモン・センス」が植民地人を独立の機運へと大いに掻き立てたことも重要な要素であった。この本により多くの中立派の人々が独立運動に参加していった大きな原動力となった。(逆に言えばこの本が出るまで中立派だった人も多かったわけである), 以上を見る様に独立戦争時、新大陸の植民地人はイギリス人としての意識を失っておらず、現代から見ると驚くほどイギリス本国への忠誠を残していた。ボストン茶会事件後に、本国政府が独立運動へ波及することを恐れて植民地から本国議会への代表の派遣を認めるなどの措置をしていれば、18世紀末におけるアメリカの独立は行われなかった可能性も高く(カナダの様に英連邦にとどまっていた可能性も十分あり得た)、今とは違った形のアメリカになっていた可能性も十分ありえたのだ・・・・, 歴史というか人の営みが好きなのでそれに関する話題を書いています。ですから必然的に人の記録である歴史の話が多いです。, あと、極限の状況の中で人間の本性を垣間見られるのか戦争に関する話題も多いです。文化論、文明論など時代や地域による人々の暮らしの違いにも興味を持っています。. アメリカは勝利し、独立へ. 当時の人口の15%~20%を占める独立急進派の人々が穏健派の人々を急進派へと転向させ、独立に反対する王党派を実力行使で排除し、日和見していた中立派を否応なく巻き込んで参加させた戦い, 岩手のコロナ騒動と戦前の捕虜への偏見 ~岩手県民は斯く戦えり、感染一号者には特別のご高配を賜らんことを~.
アメリカ独立戦争に関して、世界史の窓というサイトより「3分の1は反英感情が強く、独立を求める愛国派(パトリオット)、3分の1はイギリス王室への忠誠心が強く、独立には反対している国王派(ロイヤリスト)、 アメリカ独立戦争 ~実は少数派だった独立派~ 独立直後の共和国に誕生したヴァージニア王朝; 実は広大な地域だったルイジアナ買収; アンドリュー・ジャクソン ~民主党を作った20ドル札の男~ 起業家精神を産んだフロンティア・スピリッツ 投稿日:2016-07-29 更新日:2020-10-27, アメリカの独立戦争は、ボストン茶会事件に代表されるように、本国イギリスに対して不満をもった植民地人が自由を求めて立ち上がった、というイメージで語られることが多い。, 確かにその通りであったが、それではアメリカ人の全員が全員独立に賛成していたのかというと、当たり前であるがそうではない。それでは一体実際にどれ程の人が独立を支持していたのかという事をここに書いて独立戦争時の人々の心の中を探りたいと思う。. 偉大なアメリカの起源であるアメリカ独立戦争を描いた『パトリオット』 5 :名無シネマ@上映中:02/06/23 20:13 ID:8dM+6kgu 独立戦争って本当にあんな感じだったの? 敵が正面で銃構えてるのに、ボーッとつっ立ってるんだもん。 もうアホかと。 パトリオット のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック! アメリカ独立戦争でなぜフランスはアメリカを支援したのか ニューヨークの自由の女神像がフランスからの贈り物だということは有名だが、独立戦争自体にフランスがどの程度関与していたのかは知らなかった。 夕陽のガンマン; ゴールドラッシュ; 1839年アミスタッド号事件; 鉄道の時代. Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. アメカジがわかるハリウッド映画 Tシャツの誕生 ポロシャツ ジーンズ アメリカンブランド LEE ウールリッチ ラングラー LEVIS アバクロンビー&フィッチLLBEAN ZIPPO ZIppoの歴史 Zippoの生産年を調べる Zippoのパーツ RAYBAN ニューバランス BURTON GAP フラッパー 1920s アメリカントラディショナル アイビー フィフティーズ 1950s スニーカーの誕生 アメリカの歴史がわかるハリウッド映画 アメリカの歴史一覧 植民地時代以前 1492年クリストファー・コロンブス コロンブスのアメリカ大陸発見 アメリカの植民地時代 アメリカの独立戦争 パトリオット 1776年アメリカ独立宣言発布 リンカーン 西部開拓 夕陽のガンマン ゴールドラッシュ 1839年アミスタッド号事件 パトリオット; 1776年アメリカ独立宣言発布; リンカーン; 西部開拓. アメリカ独立戦争は、1781年に独立軍がイギリスに勝利し、1783年のパリ条約でイギリスはアメリカと講和条約を結んで13植民地を正式に「アメリカ合衆国」として認めました。