過激なコメント等に関しては、一部を削除し掲載しています。全内容にご興味のある方は、元スレのリンクより参照ください。 2016年アメリカ大統領選挙の日程が近付いている。有権者による投票日は11月8日であり、それまで候補者のドナルド・トランプ氏およびヒラリー・クリントン氏は当選のために全力を尽くすだろう。, イギリスのEU離脱国民投票の時のように、結果は蓋を開けてみるまで分からないものだが、現状では各候補者の支持率はどうなっているだろうか? また、アメリカ大統領選挙のシステムでは単純に全米の有権者の票の合計で勝敗が決まるわけではないため、その辺りの仕組みを含め、各州の状況を見てゆきたい。, 先ずはアメリカ大統領選挙の仕組みから説明してゆこう。アメリカの大統領選挙では各州に予め票数が割り当てられており、その州で勝利を収めた候補者がその州の持つ票を総取りできる「勝者総取り方式」となっている。, 例えばカリフォルニア州には55票が割り当てられているが、州内の投票がどれだけ僅差であろうとも、州における勝者には55票すべてが与えられることになる。したがって、全米における支持者の比がそのまま大統領選に反映されるわけではない。, この点を抑えた上で、RealClearPolitics(原文英語)が纏めている現状における各候補の支持率を見てゆこう。, 先ず、クリントン氏がこれまでの世論調査で圧勝している州は以下の7州(括弧内は票数)であり、その合計票数は115である。, 一方で、トランプ氏が圧勝している州は以下の9州だが、クリントン氏の支持州に比べ人口が少ない州が多いため、合計票数は49とクリントン氏の支持基盤に比べ票数が少なくなっている。, カリフォルニアの55票、ニューヨークの29票を総取りできる状況は、クリントン氏にとって大きなアドバンテージと言えるだろう。, しかしながら、大統領選はこれらの州だけで決まるわけではない。上記のデータも含め、すべての州の票数を各候補の支持率で分類し集計すると次のようになる。, 単純計算で、トランプ氏は浮動票の大半を獲得しなければクリントン氏に勝てない計算となる。, アメリカ大統領選挙において、特定の政党の支持が決まっておらず、選挙によって民主党支持と共和党支持に揺れ動く州のことをスイング・ステートと呼ぶ。2016年の選挙においても、やはりこの浮動票が勝負を決すると言えるだろう。, キーとなるのは、スイング・ステートのなかでも票数の多い州、あるいは片方の候補寄りであっても逆転が可能な州などである。, 例えば、浮動票のなかではフロリダの29票、オハイオの18票、ノースキャロライナの15票が注目されているが、どの州も僅差であるものの、フロリダはクリントン氏優勢、オハイオはトランプ氏優勢、ノースキャロライナはクリントン氏優勢となっている。, また、クリントン氏寄りの州でも、ペンシルバニアでは支持率の差が4%と逆転の余地があり、20票が揺れ動く可能性がある。一方でトランプ氏寄りのテキサスでも支持率の差が3%まで縮まっており、元々劣勢のトランプ氏がこの38票を落とせば、勝利はほぼ絶望的と言えるだろう。トランプ氏が化石燃料を使うエネルギー産業に好意的な理由はそこにある。, カリフォルニア州(55)とニューヨーク州(29)で支持されるクリントン氏のリードは大きく、また浮動票でもクリントン氏やや優勢となっているため、世論調査の数字だけを見ればトランプ氏の挽回は難しいと言えるだろう。, しかし選挙の結果がそれまでの世論調査と大きく異なるということは珍しくない。6月23日のイギリスにおけるEU離脱国民投票では、世論調査どころか出口調査でもEU残留派が勝っていたにもかかわらず、結果は離脱が支持されたのである。当時の様子を思い出してみれば、EU離脱支持のイギリスの政治家たちでさえ、一度は敗北宣言を出したほどであった。, 個人的にはアメリカ大統領選挙が金融市場に大きな影響を及ぼすとは思っていないが、トランプ氏およびクリントン氏の動向については投票日まで逐次取り上げてゆくつもりである。どの国においても政治は茶番だが、国民はそれに付き合うほかないのである。. var blogroll_channel_id = 295958; var blogroll_channel_id = 295960; 早急に対応いたします。, 投票用紙って一枚の大きな紙なんだろう。そこに大統領と上院、下院の議員も選挙されるんだろ。, テレビ無いからわからないんだけどバイデンの一家の不正を日本のマスコミは一切報じてなかったの?, twitterのトレンドにトランプは出てもバイデンが出ないのはハンターの件で操作してるからか?, 支持率調査で今まで負けてたはずのフロリダとかペンシルバニアとか蓋開けたらトランプ優勢ばっかじゃん。, このスレッド以外、アメリカの選挙人カウントを見ても、バイデン勝利としか思えないんだけど、ここでトランプ勝利と言っている人たちのソースを教えて。まじで。, 今ラジオで聴いたんだがバイデンの政策て増税と移民を増やすって言ってたんだが…どこかで聞いたような政策だなwww, https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604432565/, ・【アメリカ大統領選】激戦6州の平均支持率でバイデン氏をトランプ氏が徐々に詰め、2.3ポイントに迫る ★5 [豆次郎★], https://youtube.com/watch?feature=emb_title&v=ef7IthozHmY, 「杉田水脈の辞職求める署名」13万 「学術会議6人の任命求める署名」14万 あれ?数字が似てるな, 【菅直人元首相】「私が釈放を指示したという指摘はあたらない」 尖閣衝突事件でツイッター投稿, 北海道、東京を超えるコロナ感染拡大… なんでこんなに?都民だっておっパブぐらい行ってるだろ?, 【悲報】岡崎市民「5万円欲しいもんで票入れたんやん。公約守らな辞めてもらうしかない」, 【悲報】NHK「受信料の徴収単位を世帯から個人に変更するから覚悟しとけ、必ず変更する」. , ずわいまとめ〆〆は北海道に関するスレを中心に、時事ネタ等をまとめています。 世論調査会社モーニング・コンサルト(Morning Consult)は、アメリカの各州ごとのトランプ大統領の支持率を毎月公表している。; その最新の結果によると、2018年11月のトランプ大統領の支持率は、同氏が大統領に就任した2017年1月から全ての州で低下していることが分かった。 記事についてのお問合せは、削除要求等はメールフォームまたはコメントにてご連絡ください。 11/4(水) 2:00 配信 共同通信 米大統領選、開票へ 期日前投票1億人超、当確遅れも 【ワシントン共同】米大統領選の投票が3日 … 大統領就任から2年近くが経った後、アメリカのトランプ大統領の支持率は各州及びワシントンD.C.で低下している。, 世論調査会社モーニング・コンサルトは、各州ごとのトランプ大統領の支持率を毎月公表している。同氏が大統領に就任した2017年1月、多くの州でトランプ人気は高かった。トランプ大統領を支持する人のパーセンテージから支持しない人のパーセンテージを引いた純支持率がマイナスだったのは、6つの州とワシントンD.C.のみだった。, トランプ大統領の支持率は中部や南東部の熱心な共和党支持の州で最も高かった一方で、西海岸や北東部のリベラルな州と中西部のいわゆるスイング・ステート(激戦州)の一部で最も低かった。, Business Insider/Andy Kiersz, data from Morning Consult, 2018年11月の直近の調査でトランプ大統領の支持率は、サウスダコタ州とワイオミング州の4%からニューメキシコ州の33%まで、全ての州及びワシントンD.C.で低下した。25の州及びワシントンD.C.で、トランプ大統領を支持する人を支持しない人が上回った。, 2016年の大統領選でヒラリー・クリントン氏が勝った全ての州で、トランプ大統領の不支持率は、しばしば2ケタ差をつけて支持率を上回っている。ウィスコンシン州やミシガン州、ペンシルベニア州、アイオワ州、アリゾナ州といった主要激戦州でトランプ大統領の純支持率がマイナスであることにも注目だ。, 一方、アパラチアやディープサウス、ワイオミング州を含む中部の山の地域といった保守の強い州でトランプ大統領の支持率は依然として高い。, [原文:Here's a map showing how Trump's approval ratings in each state have changed since he took office], Here's a map showing how Trump's approval ratings in each state have changed since he took office, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. var blogroll_channel_id = 295959; アメリカ大統領選挙において、特定の政党の支持が決まっておらず、選挙によって民主党支持と共和党支持に揺れ動く州のことをスイング・ステートと呼ぶ。2016年の選挙においても、やはりこの浮動票が勝負を決すると言えるだろう。 1: 2020/11/04(水) 05:40:10.39 . Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); , 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. アメリカ大統領選挙で開票率200%でバイデンの逆転とかなんなんすか?そんなインチキまでして左翼やパヨクは勝ちたいすか?95%の時点でトランプが12万つけてたのに残り5%13万票すべてバイデンとかトランプは0票とか有り得るのか rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="19bb4f43.2596b064.19bb4f44.93e4bd0d";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="336x280";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1595249694393"; 【ワシントン共同】米大統領選の投票が3日始まった。焦点は「米国第一」を掲げ内外に波乱を起こした共和党トランプ大統領(74)の再選の可否。歴史的対決は民主党バイデン前副大統領(77)が先行したが、トランプ氏が追い上げ、重要州で激戦となった。CNNテレビによると、期日前投票は1億人を突破。3日夜(日本時間4日朝)からの開票で郵便投票の集計に時間がかかり、当選者確定が遅れる可能性がある。, 政治サイト、リアル・クリア・ポリティクスによると、激戦6州の平均支持率でバイデン氏をトランプ氏が徐々に詰め、2.3ポイントに迫った。前回と同様の逆転劇につながるか注目される。, https://news.yahoo.co.jp/articles/045f25e4efa1ab2f9d08e9fa72ce0eb251c56512, ※前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604432565/, 引用元: ・【アメリカ大統領選】激戦6州の平均支持率でバイデン氏をトランプ氏が徐々に詰め、2.3ポイントに迫る ★5 [豆次郎★], トランプは給料も貰ってなかったなんてはじめて知った 本物の正義だわ   悪の中国にとっては都合悪いんだろうが https://youtube.com/watch?feature=emb_title&v=ef7IthozHmY, .