生産管理システム・クラウド型EDIサービス|Factory-ONE 電脳工場の「エクス」

セミナー・イベント詳細

[オンライン開催]
 御社に必要なのは、電子契約?AI契約レビュー?EDI?
 ~事例からみる違いと導入メリットをご紹介~

日時 2021/11/11(木) 13:00 ~ 14:00
定員 30
主催 株式会社エクス
会場 全国
 
 ◆スケジュール

  12:45~ 受付(接続)開始  
  13:00~14:00 オンラインセミナー

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  工場のデジタル化を推進するエクスが主催するシリーズセミナー
 
  今回のテーマは「電子契約」。
  生産管理業務に引き離せないのが、それに関わる契約業務。
  難しい、この業務をデジタルの力を借りて、効率化、正確化、ペーパーレス化
  が進めばと、今回はこのテーマを取り上げさせていただきます。
  
  弊社が取り扱っている3製品をピックアップ、ご紹介。
  特性を知って頂き、御社に必要なものは何かの判断の一助となればと思います。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

  Section1
  ツールを用いた契約書レビュー業務のケーススタディ
  ~活用事例から学ぶ、AI契約レビューの使い所~

  契約書レビューは、自社のビジネスを成功させ、将来的な紛争を予防するために、
  契約書面上でリスクの適切なコントロールを求められる、難易度の高い業務です。
  それは単に「リスクを潰せばいい」というものではなく、
  想定する取引との整合性や過去からの一貫性、記述の正確性など、
  契約について多面的に考えることが求められるため、
  レビューする=「契約書を読む・直す・仕上げる」行為は、
  法務担当者にとって神経を使い、精神的にも負担の大きい業務です。
  本セミナーでは契約審査アシスタントAI-CON Proを用いて、
  契約書レビュー業務の効率化を実現している事例を弁護士がご紹介致します。
  ● Pickup● 契約書レビュー支援クラウド「AI-CON Pro」
  講演:弁護士法人GVA法律事務所 弁護士 リードアソシエイト
     GVA TECH株式会社 リーガル部門統括 マネージャー 仲沢 勇人氏

  Section2
  電子契約が企業にもたらす価値・メリットについて
  なぜ、最近電子契約を活用する企業が増えているか、
  なぜ、電子の契約において法的効力が得られるのか、
  そもそも企業にとってどのような価値・メリットがあるのか、
  これらを分かりやすく包括的に、ご説明致します。
  ● Pickup● ワンストップ電子契約サービス「NINJA SIGN by freee」
  講演:株式会社サイトビジット 部長 杉山 一彦氏

  Section3
  EDIが企業にもたらす価値・メリットについて
  受発注などの企業間取引の電子化は、EDIがおすすめです。
  今回は、EDIと電子契約の違いも交えながら、EDIの活用方法や事例を
  ご説明するとともに、 クラウド型EDIサービスをご紹介します。
  ● Pickup● クラウド型EDIサービス「EXtelligence EDIFAS」
  講演:株式会社エクス サービス事業本部 木本 洸介

 ◎スケジュール内容等に関して、予告なく変更が生じる場合がございます。 
 
  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  
  ●受講に関しては、セミナー開催前3日以内に事務局よりご連絡いたします。

  ●受講環境について・・・「接続テスト」はこちらからお試しいただけます。
   「接続テスト」は こちら * 外部リンクに遷移します
   「接続テストの説明」は こちら * 外部リンクに遷移します

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
  
  【お申込み】
   下の「申込み」のボタンから開始してください。
   ※参加の詳細ご案内は、事務局より通知いたします。
 
  【お問合せ】
   エクス セミナー事務局 中上・岩田
   電話:06-7711-1161  Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 

AIで超える2025の壁