生産管理システム・クラウド型EDIサービス|Factory-ONE 電脳工場の「エクス」

セミナー・イベント詳細

[オンライン開催]
 ニューノーマル時代の補助金活用法
 ~補助金×EDIで、コロナ禍を生き残る~

日時 2021/05/26(水) 13:30 ~ 15:30
定員 100
主催 株式会社エクス
後援:特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
会場 全国
  
 ◆スケジュール
 
 13:15~ 受付(接続)開始  

 13:30~15:30 オンラインセミナー

 ニューノーマル時代の補助金活用法
 ~補助金×EDIで、コロナ禍を生き残る~
 
 皆さんは補助金を上手く活用できていますか?
 補助金の種類が多すぎたり、内容や申請要件が複雑であったりと、
 多くの方々はあまり活用できていないのが実態ではないでしょうか。

 しかし、補助金を上手に活用し、
 デジタル化と生産性向上を実現しなければ、コロナ禍を生き残ることはできません。

 今回のセミナーでは、2021年度の補助金の公募情報や申請のポイントを解説します。
 また、デジタル化と生産性向上のカギとなる、
 国が推奨する受発注ネットワーク「中小企業共通EDI」と
 それに対応したサービス「EXtelligence EDIFAS」をご紹介します。

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 1. 2021年度補助金のポイントを解説
  ~ニューノーマル時代の補助金活用法~
  講師:ブルーインIT経営研究所 姫野様
 

  今年度も「つながるDX」を実現するための様々な補助金の公募が開始されています。
  「ものづくり補助金」や「IT導入補助金」、「共創型サービスIT連携支援補助金」
  に加えて、今年度から中小企業のコロナ禍への対応を支援する「事業再構築補助金」
  が公募されました。
  今回は最新の情報をもとに、各補助金の内容から申請時のポイントまで、
  ”ここだけの話”を交えてお話します。

 2. faxに代わる新しい受発注ネットワーク「中小企業共通EDI」ご紹介
  講師:ITCA共通EDI事務局 野田様


  デジタル庁のフラグシッププロジェクトといわれる「電子(インボイス)請求書」
  の標準化の動向や、faxによる非効率な受発注から決済までの業務をデジタル化、
  効率化する「中小企業共通EDI」をご紹介します。
  ・インボイス制度の導入で業務負荷が増大!?
  ・faxによる受発注にはこんなに大きな無駄があった !
  ・受発注をデジタル化・オンライン化(EDI化)するとこんなに便利で効率的!
  ・これまでのEDIは中小企業が導入するには敷居が高い!
  ・簡単、便利、低コストに導入できる「中小企業共通EDI」とは!

 3. 中小企業共通EDIプロバイダ『EXtelligence EDIFAS』ご紹介
  講師:株式会社エクス

  エクスが開発、販売するクラウド型EDIサービス『EXtelligence EDIFAS』
  (以下、EDIFAS)のご紹介をします。
  中小企業共通EDIプロバイダとして認証を受けているEDIFASは、
  低価格で簡単に導入できるサービスとして、クラウドファーストの今に
  最適なEDIです。
  今回は、EDIFASの特徴や機能をご紹介した上で、
  デモンストレーションを交えながら、魅力をご紹介します。 
 
 ◎スケジュール内容等に関して、予告なく変更が生じる場合がございます。 
 
  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  
 ●受講環境について(Zoomを利用します)
  参加の詳細ご案内は、事務局より3日前までにメールにて通知いたします。

  ◇「接続テスト」はこちらからお試しいただけます

   「接続テスト」は こちら * 外部リンクに遷移します
   「接続テストの説明」は こちら * 外部リンクに遷移します

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
  【お申込み】
   下の「申込み」のボタンから開始してください。
 
  【お問合せ】
   エクス セミナー事務局 中上・桂田
   電話:06-7711-1161  Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

AIで超える2025の壁