1996年アメリカ合衆国大統領選挙(1996ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 1996)は、1996年11月5日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。現職の民主党ビル・クリントン大統領が、共和党候補のロバート・ドールを破って再選を果たした。

(26th : 1956 : San Francisco), The Living Room Candidate: Presidential Campaign Commercials: 1952 – 2004, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1956年アメリカ合衆国大統領選挙&oldid=75985788, ミズーリ州は過去1世紀間、あらゆる大統領当選者を支持してきたので、しばしば「指標」と考えられている。1956年の場合はスティーブンソンを支持して唯一の例外となっている(投票総数180万票以上のうちわずか4,000票差だった。この差は, 2007年現在、1956年選挙は4年前と同じ組合せで競われたことでは最後の機会となっている(同じ組合せは、, 2007年現在、民主党全国大会で副大統領候補者選びが2回以上の投票となったのは、1956年が最後となっている。. アメリカ大統領選は11月3日午後8時(日本時間)から順次投票が始まった。トランプ大統領(共和党)とバイデン前副大統領(民主党)の接戦が伝えられる今回の選挙。勝利の鍵を握るのは「スイングステート」と呼ばれる激戦州だ。激戦8州の選挙戦終盤の世

この登録をしている人の割合は、1996年の大統領選挙のデータだと 54.2%。 24歳以下の登録 率は30%強と低く、年齢が上がると登録率も上がる。 また、人種別では、白人が56%、黒人が51%

1996年ロシア大統領選挙(1996ねんロシアだいとうりょうせんきょ)は、1996年にロシアで行われた大統領選挙である。現職のボリス・エリツィン大統領が、4年の任期満了することに伴い実施されたロシア史上2度目の大統領選挙である。 アメリカ大統領選は11月3日午後8時(日本時間)から順次投票が始まった。トランプ大統領(共和党)とバイデン前副大統領(民主党)の接戦が伝えられる今回の選挙。勝利の鍵を握るのは「スイングステート」と呼ばれる激戦州だ。激戦8州の選挙戦終盤の世 1956年アメリカ合衆国大統領選挙(1956ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 1956 )は、人気のある現職大統領 ドワイト・D・アイゼンハワー(共和党)が再選を果たした選挙である。 この選挙は、アイゼンハワーが4年前1952年の選挙で … All rights reserved. E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp.
前回2016年の大統領選挙でも、「公式の投票者数」とされる数字は複数発表されています: 実は、これも正確には分かりません。, アメリカ国勢調査局は、前回2016年の大統領選挙で「有権者登録をした人」を、1億5760万人と発表しています。, 投票率は、「有権者数」に占める「投票者数」の割合のことです。, アメリカ大統領選挙 投票者数は?. 1956年アメリカ合衆国大統領選挙(1956ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 1956)は、人気のある現職大統領ドワイト・D・アイゼンハワー(共和党)が再選を果たした選挙である。この選挙は、アイゼンハワーが4年前1952年の選挙で破った民主党候補者アドレー・スティーブンソンとの再戦となった。, アイゼンハワーは人気があったものの、その健康問題が静かな問題になっていた。スティーブンソンは民主党革新派の中核で人気を保っていたが、役職経験がなく、実質的な基盤がなかった。スティーブンソン(およびアイゼンハワー)は公民権問題をほとんど無視した。アイゼンハワーは朝鮮戦争を終わらせ、国は繁栄し、カリスマ的要素でその大勝を疑う者はいなかった。, 1956年が始まると、アイゼンハワーの健康状態が危ぶまれたために、2期目に出馬しないのではないかという憶測が流れた。1955年、アイゼンハワーは重篤な心筋梗塞を味わい、1956年早々には回腸炎の手術も受けた。しかし、どちらの出来事の後も迅速に快復し、専属医師のお墨付きを得た後に2期目の出馬を決心した。「アイク」は大きな人気があったので、サンフランシスコで開催された1956年の共和党全国大会でも反対無く再指名された。, 共和党の中で唯一の疑問は、現職副大統領のリチャード・ニクソンが再度アイゼンハワーの副大統領候補になるかということだった。アイゼンハワーは、マサチューセッツ州知事クリスティアン・ハーターのような党派色が少なく論議も少ない者を好む証拠があり、歴史家(例えばスティーヴン・アンブローズ)数人に拠れば、アイゼンハワー自らはニクソンに国防長官のような別の閣僚職を提案したと言われている。しかし、ニクソンの副大統領候補再指名に表立って反対するのはハロルド・スタッセンのみであり、ニクソンは共和党一般有権者の間では高い人気を保っていた。ニクソンはまた、副大統領のあり方を改革しており、共和党が強い州や国中の地方候補者の選挙綱領としてそれを表に出し、これら候補者達がニクソンの防衛に回った。1956年春、アイゼンハワーはニクソンが再度副大統領候補となることを公に宣言し、スタッセンは党大会でニクソンに次ぐ位置に立たされた。1952年の場合とは異なり、共和党保守派(1952年はアイゼンハワーに対抗してロバート・タフトを支持した)はその綱領を作ろうとしなかった。党大会で唯一注目すべき事は、全てが満場一致で可決されることに抗議するために、ある代議員が架空の「ジョー・スミス」に投票したことだった。, アドレー・スティーブンソンは1952年の民主党候補者であり、1956年も再指名に向けて、テネシー州選出の上院議員で人民主義者のエステス・キーフォーヴァーと予備選ではしっかりとした戦いを演じた。キーフォーヴァーはニューハンプシャー州予備選で反対無く勝利した(ただし、スティーブンソンは記名投票で15%を取った)。キーフォーヴァーがミネソタ州予備選でスティーブンソンを破ると、スティーブンソンは危機的状況にあることを認識し、フロリダ州でキーファーヴァーと討論を行うことに同意した。スティーブンソンとキーファーヴァーは、フロリダ州予備選の前の1956年5月21日に、初めてテレビ中継された大統領候補者の討論会を行った。スティーブンソンがフロリダ州予備選を52%対48%で制した。6月のカリフォルニア州予備選までに、キーファーヴァーの選挙資金が底を突き、資金力のあるスティーブンソンと広告宣伝力で競うことができなかった。スティーブンソンがカリフォルニア州予備選を63%対37%で制し、その後間もなくキーファーヴァーが指名争いから撤退した。, シカゴで開催された1956年の民主党全国大会では、ニューヨーク州知事アヴェレル・ハリマンが元大統領ハリー・S・トルーマンの後ろ盾を得て、スティーブンソンと指名を争った。しかし、スティーブンソン支持の代議員数がハリマン支持を大きく上回っており、スティーブンソンが1回目の投票で指名を得た。, 1956年民主党全国大会のハイライトは、スティーブンソンが候補者選びの興奮を生み出そうとして、副大統領候補は代議員達が選ぶと突然の宣言をしたときだった。このことで、指名を得るために数人の候補者による激しい指名獲得競争が始まった。副大統領候補レースの興奮の大部分は、投票が始まるまでに代議員達に訴える時間が慌ただしい1日間しか残されていないという事実によっていた。有力候補は2人いた。1人はキーフォーヴァー上院議員であり、主な代議員の支持を保持していた。もう1人はマサチューセッツ州選出の若き上院議員ジョン・F・ケネディであり、当時は比較的知名度が低かった。スティーブンソンは副大統領候補としてケネディの方を好んだが、投票に影響を与えるようなことは如何なることもしなかった。専門家達を驚かせたことに、ケネディは2回目の投票で首位に立ち、しかも指名まで15票足りないだけだった。しかし、多くの州がその州の「お気に入りの息子」候補から離反し、キーファーヴァーに鞍替えしたことから、調整後の集計でキーファーヴァーが勝利した。ケネディはこの時潔い敗北演説を行った。この敗北はケネディにとって事実上長きにわたる大統領挑戦の始まりだった。キーフォーヴァーを倒す寸前まで行くことで全国的知名度を得ることができ、さらに最後はキーフォーヴァーに破れることで、11月に予測されるスティーブンソンがアイゼンハワーに破れることに対する非難は回避した。副大統領候補者選びの投票結果は以下の通りだった[3]。, スティーブンソンはアイゼンハワーに対抗して激しい選挙戦を行い、両陣営共にテレビ広告が初めて支配的な手段になった。アイゼンハワーが1952年に当選したのは女性票を獲得したのが大きかったので、「主婦」に焦点を当てた広告が多かった。, スティーブンソンは社会福祉に宛てる歳出を大きく増やすことや、ソビエト連邦との条約を結んで軍事費を下げ、米ソ共に核実験を停止する提案を行った。また軍隊の徴兵制を止め、「すべて志願兵」に切り替える提案もした。アイゼンハワーは個人的には大気圏内核実験を禁止する提案のために動いていたものの、スティーブンソンのアイディアには公然と反対した。アイゼンハワーは第二次世界大戦の間に獲得した大きな個人的また政治的人気を保持し続けており、選挙運動中の世論調査でもかなりのリードを続けた。, アイゼンハワーは投票日前の週末に起こった2つの外交政策に関わる危機に助けられた。ソビエト連邦が占領したハンガリーで、多くの市民がソ連軍に反抗して立ち上がった(ハンガリー動乱)。その反乱は数日の間にソ連軍に潰された。エジプトでは、イスラエル、イギリスおよびフランスの連合軍がスエズ運河を占領した(第二次中東戦争)。アイゼンハワーはこの占領を非難し、連合軍に運河をエジプト支配に戻すよう圧力を掛けた。この2つの出来事は現職大統領の支持に多くのアメリカ人を結集させ、その支持率の差が広がった。アイゼンハワーはまた1954年に出た「ブラウン対教育委員会裁判」の判決を支持していた。この合衆国最高裁判所による判決で、公共教育における合法的人種差別を終わらせていた。その結果、アイゼンハワーは黒人票の40%近くを獲得した。黒人からこのような多くの支持を得たことでは共和党候補者としては最後のことになった。, 投票日に、アイゼンハワーは一般投票の57%を獲得し、48州のうち41州を制した。スティーブンソンを候補は南部州のうち6州と境界州であるミズーリ州を制したに留まり、過去100年間でミズーリ州を制しながら選挙には敗れた唯一の候補者になった。アイゼンハワーはルイジアナ州を制し、レコンストラクションの1876年以来、同州を制した初の共和党候補になった。, (a) アラバマ州の造反選挙人W・F・ターナーはアドレー・スティーブンソンとエステス・キーフォーヴァーに投票することになっていたが、実際にはターナーの出身町の巡回裁判所判事であるウォルター・バーグウィン・ジョーンズと、隣接するジョージア州知事ハーマン・トールマッジに投票した。, 1959年にアラスカ州とハワイ州が州昇格を果たすので、1956年選挙は48州531人の選挙人で行われた最後のものになった。, United States presidential election, 1956, この選挙ではアイゼンハワーの出身州について幾らか混乱があった。[Leip]とthe National Archivesは1952年に初めて選ばれたときに住んでいたニューヨーク州を出身州とした。これら2つの情報源は1956年には誤りであると信じるに足る強力な理由がある。The National Archivesは, 1956 Presidential General Election Data - National, Electoral Votes for President and Vice President 1953-1965, http://frwebgate.access.gpo.gov/cgi-bin/getdoc.cgi?dbname=107_senate_manual&docid=sd001_107-41, “General Election Returns: November 6, 1956”, http://www.mdarchives.state.md.us/megafile/msa/speccol/sc2900/sc2908/000001/000167/html/am167--325.html, Republican Party National Convention. リーズでお伝えしている「アメリカ大統領選挙 基本の『キ』」!, 実は、正確には分からないんです。. 1996年アメリカ合衆国大統領選挙(1996ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 1996)は、1996年11月5日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。現職の民主党ビル・クリントン大統領が、共和党候補のロバート・ドールを破って再選を果たした。, 民主党現職のクリントンが好調な米国経済を追い風に、最多の選挙人を抱えるカリフォルニア州をはじめ、ニューヨーク、フロリダ、ペンシルベニア、イリノイなどの大規模州のほか計31州と首都ワシントンで勝利、選挙人379人を獲得した(過半数270人)。共和党のドール候補は共和党の牙城である南部や、中西部の一部とロッキー山脈一帯の計19州で勝ったが、テキサスを除きいずれも人口の少ない州で、選挙人数も159人にとどまった。ドールはある演説会場で演壇から誤って転落するアクシデントもあり、当時73歳と高齢だったことから健康問題への懸念も選挙戦に響いた。, 一般投票での得票率は、クリントン大統領が49.2%と目標としていた50%にわずかに及ばなかったものの、92年の選挙からは6ポイント伸ばした。ドールは40.8%、前回選挙で19%の票を獲得したロス・ペロー候補は8.5%で、選挙人は獲得できなかった。他の政党をみると、緑の党、リバタリアン党、納税者党、自然法党の候補者は0.1% - 0.6%の得票に終わった。投票率は49%と史上最低であった。, United States presidential election, 1996, 1996 OFFICIAL PRESIDENTIAL GENERAL ELECTION RESULTS, Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections, US President – D Primaries Race – Feb 01, 1996, 1996 Presidential General Election Data - National, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1996年アメリカ合衆国大統領選挙&oldid=80343376. 1996年ロシア大統領選挙(1996ねんロシアだいとうりょうせんきょ)は、1996年にロシアで行われた大統領選挙である。現職のボリス・エリツィン大統領が、4年の任期満了することに伴い実施されたロシア史上2度目の大統領選挙である。, 第一回投票は1996年6月16日(日曜日)に行われた。この結果、過半数に達する候補がいなかったため、憲法の規定によりエリツィンとロシア連邦共産党のゲンナジー・ジュガーノフ委員長(党首)の上位2名による決選投票が行われた(二回投票制)。エリツィン陣営はなりふり構わない選挙戦を展開し、政権側の強みを遺憾なく発揮した。さらに3位につけていたアレクサンドル・レーベジを自陣営に取り込み、レーベジ票を獲得することに成功した。7月3日に決選投票が行われ、エリツィンが53.8%を獲得して当選した(正式の大統領就任式は、1996年8月9日)。, ジュガーノフは第一回投票でエリツィンを僅差に追い込むなど善戦したもの、以降ロシア連邦共産党は低落傾向を示すこととなった。レーベジは選挙戦後、論功行賞として安全保障会議書記に就任するが、チェチェン問題など政権内の権力闘争に敗れ解任された。, その他、ソビエト連邦共産党書記長・最高会議議長・初代大統領を歴任したミハイル・ゴルバチョフも立候補したが、第一回投票で僅か0.5%の得票で落選した。, Polls open for Russian presidential election CNN - Polls open for Russian presidential election - 1996年6月15日, Poynter Online - Russian Presidential Election, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1996年ロシア大統領選挙&oldid=78506114.

Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). 誘致, 米国大統領選挙では、南東部の激戦州フロリダで共和党のドナルド・トランプ大統領が勝利した(注)ものの、そのほかの南東部州のうち、大統領選の勝敗を左右するノースカロライナ、ジョージア両州ではいまだ選挙結果が判明しておらず、大接戦が続いている。, CNNの報道によると、米国東部時間11月5日午後11時時点で、ノースカロライナ州では共和党のトランプ大統領が1.4ポイント(開票率95%)の僅差でリードしている。同州では3日以降に到着した郵便投票の集計を連邦最高裁が認めたことで、最終結果が判明するのは12日以降になる見通しだ。ジョージア州では開票当初はトランプ大統領がリードしていたが、都市部の票と郵便投票が集計されるにつれて民主党のジョー・バイデン前副大統領が追い上げ、両者ともに得票率49.4%(開票率99%)で並んでいる。ジョージア州法では、両者の差が0.5ポイント未満だった場合には、候補者による再集計の申し立てが認められており、申し立てがあった場合にはこちらも最終結果の確定まで時間を要する可能性がある。, ジョージア州では1996年以降6度の大統領選全てで共和党候補が勝利している。しかし、前回選挙時から州都アトランタ市近郊の都市圏で民主党支持層がさらに増えた結果、今回は近年で最も厳しい接戦になった。同州では連邦上院選でも、現農務長官で元ジョージア州知事のソニー・パーデュー氏の従弟にあたる共和党現職のデービッド・パーデュー氏に民主党のジョン・オソフ候補が挑み、大接戦を繰り広げている。米国東部時間5日午後11時時点で、パーデュー氏が2.1ポイントリードしているものの、両者得票率が過半数に達しておらず、2021年1月の決戦投票までもつれる可能性がある。, 同州上院選では、ジョニー・アイザクソン氏(共和党)が任期を2年残して引退したことを受けた補欠選挙(特別選挙)も実施されており、両党から複数候補が立候補し1議席を争っている。これについても民主党のラファエル・ウォーノック候補と現職で共和党のケリー・ロフラー氏が得票率で上位2人となったが過半数に満たなかったため、2021年1月の決戦投票に臨むことになる。, 下院選では、フロリダ州で民主党の2議席を共和党が奪取したが、ノースカロライナ州で共和党の2議席を民主党が奪った。ジョージア州では、未確定の第7区で民主党が僅差でリードしている。, (注)前回2016年の選挙でトランプ大統領が1.2ポイントの僅差で勝利したフロリダ州(選挙人29人)は、今回もトランプ大統領が得票率51.2%で、バイデン氏に3.4ポイント差をつけて勝利した。リアル・クリア・ポリティクスの11月2日時点の世論調査平均値では、バイデン氏が0.9ポイント差でリードしていたが、それを覆す結果となった。, ジェトロ海外調査企画課
1996年ロシア大統領選挙(1996ねんロシアだいとうりょうせんきょ)は、1996年にロシアで行われた大統領選挙である。現職のボリス・エリツィン大統領が、4年の任期満了することに伴い実施されたロシア史上2度目の大統領選挙である。, 第一回投票は1996年6月16日(日曜日)に行われた。この結果、過半数に達する候補がいなかったため、憲法の規定によりエリツィンとロシア連邦共産党のゲンナジー・ジュガーノフ委員長(党首)の上位2名による決選投票が行われた(二回投票制)。エリツィン陣営はなりふり構わない選挙戦を展開し、政権側の強みを遺憾なく発揮した。さらに3位につけていたアレクサンドル・レーベジを自陣営に取り込み、レーベジ票を獲得することに成功した。7月3日に決選投票が行われ、エリツィンが53.8%を獲得して当選した(正式の大統領就任式は、1996年8月9日)。, ジュガーノフは第一回投票でエリツィンを僅差に追い込むなど善戦したもの、以降ロシア連邦共産党は低落傾向を示すこととなった。レーベジは選挙戦後、論功行賞として安全保障会議書記に就任するが、チェチェン問題など政権内の権力闘争に敗れ解任された。, その他、ソビエト連邦共産党書記長・最高会議議長・初代大統領を歴任したミハイル・ゴルバチョフも立候補したが、第一回投票で僅か0.5%の得票で落選した。, Polls open for Russian presidential election CNN - Polls open for Russian presidential election - 1996年6月15日, Poynter Online - Russian Presidential Election, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1996年ロシア大統領選挙&oldid=78506114. Tel:03-3582-3518