次はそんな長谷部誠選手の性格が垣間見えるエピソードを見ていきましょう。, サッカー日本代表のキャプテンとして頼れる存在の長谷部誠選手ですが、失点や味方がミスをしたシーンでも、すぐに気持ちを切り替えて味方を鼓舞する姿は、見るものに勇気を与えてくれます。, 選手だけでなく、チームスタッフとも常にコミュニケーションをとることを大切にしており、チーム全体の雰囲気を一つにまとめることで、結束力を高めるという事もしていました。, まわりへの気遣いもありながら冷静に、時に力強くみんなを引っ張っていく姿は、まさにリーダーと言えるのではないでしょうか。, プロ入りした当初はプレッシャーに弱かったという長谷部選手。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 石川昂弥 (東邦高校) 2019年ドラフト目玉!! 14分にドストが決定機を迎えたフランクフルトだったが、16分にトゥーレがボックス左に侵入したニコラス・ゴンサレスを倒してシュツットガルトがPKを獲得。このPKをニコラス・ゴンサレス自ら決めてシュツットガルトが先制する。 今回はサッカー日本代表の橋本拳人選手のポジションやプレースタイルをPICKUP!! 追い付かれたブレーメンは、70分にビッテンコートとエンボムを下げて大迫とトプラクを投入。72分には、ゲブレ・セラシェの右クロスをゴール前のサージェントが右足ボレーで合わせたが、これはGKトラップが正面でキャッチ。 ドイツに渡りチームでもレギュラーから外され、ベンチを温める状況が続くこともありました。, しかしそこで悔しい気持ちを抑えて、ベンチから監督やチームの求めることを観察して、その意思をくみ取っていくことに徹しました。 「ブレーメンはとても良いスタートを切ったと思います。彼らも最初の5試合で8ポイントを獲得しました。昨シーズンはブレーメンにとってとても難しい状況でしたが、彼らは今シーズンすでにそのクオリティを証明しています。だから簡単なゲームだとは思っていません」 サッカー日本代表のエースとして君臨し、3度のワールドカップに出場した本田圭佑選手。 2018年のFIFAワールドカップでの男子日本代表の活躍は、まだ記憶に新しいのではないでしょうか。 「5試合で8ポイントを獲得しています。今の状態ではバイエルンに負けてもおかしくはありません。ただ、ビーレフェルトとケルンに対して4ポイントを落としてしまいました。だから、ある程度順調に進んでいると思います」 攻勢を続けるバイエルンはさらに26分、キミッヒの右CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートが決まって追加点。 長谷部は開幕から5試合で先発し、今シーズンが現役ラストシーズンの可能性もささやかれている。コンディションも良い状況だが、それは試合数が少なくなったことが影響しているようだ。 ブンデスリーガ第7節、シュツットガルトvsフランクフルトが7日に行われ、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、フランクフルトのDF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地は87分までプレーしている。 すると37分、シュツットガルトが追加点を奪う。遠藤のパスを受けたニコラス・ゴンサレスがスルーパス。これに抜け出したカストロがGKとの一対一を制した。 一方、前節ブレーメン戦では鎌田のアシストで同点としたものの、鎌田のゴールがVARで取り消しになるなど、逆転勝利には及ばなかったフランクフルト。そのフランクフルトは鎌田と長谷部が7試合連続スタメンとなった。 今シーズンの開幕戦から無敗を続けていたフランクフルトだが、24日に行われた第5節のバイエルン戦では5-0で完敗。シーズン初黒星を喫していた。 それでも10分、バイエルンが先制する。長谷部がコマンの対応に当たるためにレヴァンドフスキのマークを一瞬離すと、そのコマンのパスをフリーで受けたボックス中央のレヴァンドフスキが左足でゴール右に蹴り込んだ。 立ち上がりから一進一退の攻防が続くが、互いに互いにアタッキングサードまでボールを運べるものの、そこからの連携や精度に問題があり、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。 前節バイエルンに惨敗し今季初黒星を喫したフランクフルトは、その試合から先発を1人変更。トゥタに代えてアブラアムを起用。長谷部は3バックの中央、鎌田はトップ下で6試合連続のスタメンとなった。 「とても残念です。僕たちにとってもちろんすごく悪いことです。サポーターがいない中でプレーすると、感情や情熱など多くの要素を欠くことになります。ただ、今まで10試合以上、無観客試合でプレーしました。サポーターがいなくても、執念を見せ、感情を持ってプレーしなければいけません」, ブンデスリーガ第5節、バイエルンvsフランクフルトが24日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。フランクフルトのDF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は前半のみの出場となっている。 日本代表の守備的ボランチといえば、 やはり長谷部誠選手。 橋本選手のプレースタイルの特徴である ボール奪取力、. 本田圭佑といえば、ビッグマウスのイメージが強い方も多いと思います。 そして奪取力だけでははく、引いた状況下で ポジションを下げ、バックラインと一体となって 守備を固定し、守備を安定させ、. #スポーツ #長谷部 誠 2020/01/10 15:00 元日本代表主将・長谷部誠の本質は「8番」にある チームの手綱を引く不動の背番号 鎌田のパスでボックス右深くまで侵入したバルコクがマイナスに折り返し、アンドレ・シウバが蹴り込んだ。 一方、前節ケルン戦では鎌田のPK奪取があったものの1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。ゴールに絡む働きが続いている鎌田と、長谷部はそれぞれ開幕から5試合連続スタメンとなった。 評価は!? #スポーツ #長谷部 誠 2020/01/10 15:00 元日本代表主将・長谷部誠の本質は「8番」にある チームの手綱を引く不動の背番号 サッカー日本代表としておよそ8年もの間キャプテンを務め、FIFAワールドカップに3大会連続で出場し、すべての大会でキャプテンを務めた日本代表で初めての選手です。, 長谷部選手と言えば、真面目さを同僚にいじられるというエピソードがありますが、試合となればみんなを鼓舞する姿はまさにキャプテンにふさわしく、選手からの信頼は絶大なものでした。, 2018年のW杯ロシア大会をもって代表を引退した時も、吉田選手らは涙を流して惜しんだシーンは、キャプテン長谷部誠という存在の大きさを物語っており、胸を熱く打たれました。, 今回はそんな日本代表史上最高のキャプテンという声もある、長谷部誠選手の血液型から見える性格やエピソードまで確認していきましょう。, 高校卒業と同時に浦和レッズに入団し、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた長谷部誠選手。2008年よりドイツリーグへの挑戦が始まり、複数のポジションをこなせるユーティリティな選手としてチームでも重宝されてきました。, その後ドイツリーグでの活躍が認められ、チームでもキャプテンを任されることもあり、ポジションをリベロに移してからも絶対的な存在感を示し、敬意を込めてドイツのレジェンドである、皇帝ベッケンバウアーや英雄マテウスに例えられるほど絶賛されています。, まさに長谷部誠選手と思えるものもありますね。 余裕のバイエルンは68分、レヴァンドフスキ、ミュラー、ドグラス・コスタをお役御免とし、サネらを投入する。 https://images.app.goo.gl/HAtywuS39A1Fnyvm7, https://images.app.goo.gl/bwi4kDPc2LAY6Nqg8, 今回はFC東京所属の橋本拳人選手のポジションやプレースタイルをPOCKUPしていきましょう。, https://images.app.goo.gl/9osXAnKNeHi1vhou5, 日本代表の柴崎岳選手のようなボランチ位置から、試合を組み立てるプレイメーカーのようなプレースタイルではなく、, https://images.app.goo.gl/3nrn1CsdnTS5T7Fk9, プレッシングなど、寄せの速さで自らのポジションを変え、正確な位置を取り、ボール奪取力に優れており、球際に強さには定評がある。, 守備的な要素が強い橋本選手であるが、ボールを奪ってからの攻撃への切り替えも早く、広い視野を生かし、自ら前線へ上がりながら、動き出しもよく、, またボールを奪ってから味方選手へのパスをすぐさま供給し、連動性ある攻撃につなげることができ、, https://images.app.goo.gl/RwKRT7HTaw53MSyU9, そのプレースタイルは現在所属の好調FC東京ではスピーディーなカウンターベースの早いチーム戦術において、, それだけ、現在の好調のFCでは抜群の存在感を発揮し、チームの心臓として今や欠かせない存在。, そして最近では日本代表でもスタメンに名を連ねており、国内組唯一のスタメンを飾るなど、クラブでも日本代表でも存在感を発揮しつつある。, そして奪取力だけでははく、引いた状況下でポジションを下げ、バックラインと一体となって守備を固定し、守備を安定させ、, また橋本選手のようなボール奪取力がありながら、攻撃の起点となる出し手にもなれる選手は貴重価値が高い。, https://images.app.goo.gl/woeGh3nj9eFQ8gy39, 当時は現在のようなプレースタイルではなく、攻撃的MFのポジションでユース時代は10番を背負うなど、プレイメーカーして活躍。, その後、19歳の時にトップチームに昇格後は出場機会を求めて、当時J2のロアッソ熊本へ期限付き移籍、その後松本山雅FCなどでプレー。, 橋本選手自身は、当時の経験は自分自身にとって、将来活かせると必要な経験であったと語り、その経験が現在、活きている。, パラグアイ戦のスタメン11人中10人が海外組の中、橋本選手は唯一国内組でスタメンに抜擢されるなど、, Jリーグで好調のFC東京の中盤の要として、そして国内組として堂々てるプレーであった。, 日本代表のボランチには柴崎選手以外にも、遠藤航選手や山口蛍選手、小林祐希選手、板倉滉選手など様々な特性をもつ選手がこれまで招集され、, そんな激戦区のボランチの中で。先日国内組で唯一日本代表のスタメンに抜擢され、序列を上げつつある。, https://images.app.goo.gl/nR2GMx1Pdcf6zLPU9. そして75分、バルコクの右CKからアブアラムのヘディングシュートが決まり、フランクフルトがついに同点に追いついた。 すると72分、サネがボックス手前右からゴール左に蹴り込むファインゴールを決めて4-0。さらに終盤の90分にはミュージアラにもゴールが生まれ、バイエルンが5発完勝としている。, 遠藤航と鎌田がゴールに絡んだ日本人対決はフランクフルトが2点のビハインドを追いつきドロー決着《ブンデスリーガ》, 鎌田&長谷部先発フランクフルトと大迫途中出場のブレーメンによる日本人対決はドロー決着《ブンデスリーガ》, ブレーメン戦に臨む長谷部誠、来季欧州の舞台に立つためには「改善しなければならない」, レヴァンドフスキがハットのバイエルンが長谷部&鎌田先発のフランクフルトに5発圧勝!《ブンデスリーガ》. 鎌田は、水曜と木曜のチームトレーニングに咲かしておらず、大腿部に問題を抱えているとのこと。金曜のトレーニングで決めるようだ。, ブンデスリーガ第6節のフランクフルトvsブレーメンが10月31日に行われ、1-1の引き分けに終わった。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地はフル出場、ブレーメンのFW大迫勇也は70分からプレーした。 そして、「自分に足りないものに気づいていく」という考えを持つことで、自分の力に変えていきました。, その結果、どのクラブでも必ずレギュラーの座をつかみ取る自信になっていったそうです。, 逆境に負けず自分の状況を客観的に見ることができ、その状況を活かして次につなげる姿勢は、どんな仕事にも通じるものがあるように思えますね。, 見た目のイメージとは違い、試合中は大声で指示を出したり、時に激しいプレーをもいとわない熱いプレーでチームのピンチを幾度も救ってきた長谷部選手。, 各チームで監督に信頼されており、長谷部がいるとチームに安定感が生まれる、とまで言わしめています。, 守備だけではなく、後方からでもドリブルやパスを駆使して攻撃の起点となれる存在で、攻守ともにチームの要として、ピッチ上の監督とまで言われるほどの存在感をもっています。, 抜群のキャプテンシーを持っている長谷部誠選手ですが、自身が出版した著書「心を整える」にまつわる心温まるエピソードをご紹介します。, 自身の著書でベストセラーにもなっている「心を整える」という本を出版している長谷部誠選手ですが、この本を出版したのちに東日本大震災が発生し多くの方が被害を受けてしまいました。, これを受けて長谷部選手は、自身の本の印税を全額ユニセフに寄付するという対応をしました。, もうひとつ、長谷部誠選手がゴール時にするパフォーマンスについて、指を空に向かって突き上げるポーズは、長谷部選手がプロの道へ進むことを周囲が反対する中、プロへ挑戦することに背中を押してくれた亡き祖父に向けてのパフォーマンスということです。, ・長谷部誠選手の O型らしいエピソードとしては、「①日本代表における絶対的なキャプテンシー」「②どんな状況でもあきらめない意思の強さ」「③チーム内における圧倒的な存在感」などがあります。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 「鎌田大地は少し良くない状態だ。起用できるかどうかは、少し様子を見るしかない」 「ただ、来年ヨーロッパの舞台で戦いたいのであれば、改善しなければなりません。ブレーメンとシュツットガルトに対しては、可能であれば6ポイントを獲得したいです」 追い付かれたシュツットガルトは79分、クリバリが枠内シュートを放つも、GKトラップに好守で止められ、2-2の引き分け決着に。日本人対決は譲らずドローで終了した。, フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が負傷している可能性があるようだ。 ここ最近というわけではないのですが、長谷部誠の評価が高いですよね!円熟味を増したプレースタイルが海外メディアから評価されているようですが、長谷部誠のどんなプレーが高く評価されているのでしょうか?長谷部誠が海外メディアに高く評価されている理由について書いてみました。 ここまで6試合を戦い、2勝3分け1敗のフランクフルト。同じ勝ち点のシュツットガルトとの試合になるが、アディ・ヒュッター監督が試合に向けた記者会見でメンバーについて言及した。 2勝3分け1敗で並ぶシュツットガルトとフランクフルトによる日本人対決。前節シャルケ戦を1-1で引き分けたシュツットガルトは、高パフォーマンスを続ける遠藤が7試合連続スタメンとなった。 kickerポジション別ランキングCB編では、5年半にわたって首位の座を争ってきた両雄、マッツ・フメルスとジェローム・ボアテングが揃ってトップ5からも脱落。代わりにアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠が頂点に立った。 長谷部誠ってどんな選手?~プロフィール紹介~ 長谷部誠ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~ 相手の攻撃の芽を的確に潰す、危機察知能力の高さ。 足元の技術・パスセンスに優れ、ボール奪取後に安定感がある。 攻勢に出るフランクフルトは62分にコールが決定的なヘディングシュートを浴びせると、65分にはアンドレ・シウバがカットインシュートでGKを強襲した。 先制のチャンスを逃したフランクフルトは、直後にピンチを迎える。51分、グロスのパスで左サイドを抜け出したサージェントがボックス左まで切り込むとニアサイドにシュートを突き刺し、ブレーメンが先制に成功した。 ドグラス・コスタのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス中央に侵入し、DFに寄せられながらもシュートを決めきった。 長谷部誠と遠藤保仁のボランチコンビは凄かったですね。攻守において、日本代表に安定感をもたらせてくれていました。いったい、長谷部誠と遠藤保仁のコンビは、どこが凄かったのでしょうか?