第7回船橋競馬ではコマに解説を入れましたが、第11回大井競馬からは上がり3ハロン・着順・脚いろが入ります。 ・調教について 従来の調教メモはなくなりましたが、時計横に寸評を加えました。 ・前半3ハロンの計測について  休養は期間のみ入ることになりました。 ・冊子版への変更に伴いブリンカーなどの装備品は割愛していましたが、7回浦和より掲載することになりました。 競馬電子出版(電子新聞・電子書籍・電子雑誌)ポータルサイト「e-shinbun競馬」です。競馬の予想なら「e-shinbun競馬」をご利用下さい!

当サイトは競馬専門紙「園田ニュース」が運営するサイトです。当サイトに関する兵庫県競馬組合へのお問い合わせはご遠慮ください。出走表は事前の情報に基づいて制作しています。投票の際は必ず主催者発行のものと照合してください。 著作権について ・能力試験について スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けします。

Reserved by keisyu Co.,Ltd. ・ペースについて         ・予想欄とコラム担当者の変更について 紙面の主な変更点
 原則として9月18日以降の南関東レースについては入ります  使いやすさを考え冊子版へ変更します。かねてより文字が小さくて読みづらいと指摘を頂いておりましたが、大きくなり読みやすくなりました。 ・休養馬について 競馬 藤田菜七子は2週連続福島参戦…日曜5Rパステルブーケに期待「スタートを決めて、スムーズな競馬を」 (14:10) クロノジェネシス、香港カップの招待受諾 出否は未定 (12:33) Copyright(C) 2003-2013 All Rights ・前半3ハロンの計測について 当サイトは競馬専門紙「園田ニュース」が運営するサイトです。当サイトに関する兵庫県競馬組合へのお問い合わせはご遠慮ください。出走表は事前の情報に基づいて制作しています。投票の際は必ず主催者発行のものと照合してください。 著作権について  これまで話と調教メモで異なる表現もありましたが、取材・調教・実績を加味した総合評価を掲載致します。また、注目コメントについては文章中に掲載致します。 スポーツ報知の競馬ニュースです。 競馬専門サイト「 馬トク 」では、3種類の出馬表の他、馬トク指数、新激走馬などの独自データを提供中。 馬券作戦に不可欠な要素が満載です。 競馬新聞(けいばしんぶん)とは競馬の予想紙であり、競馬専門紙(けいばせんもんし)とも呼ばれる。, 発行は原則として競馬開催日となるが中央競馬は開催前日夕方から主要駅の売店、コンビニエンスストア、書店、競馬場や場外勝馬投票券発売所で売られる。地方競馬の場合は売所が限られている。, 日本における競馬新聞の発祥は、1924年に関西の競馬を予想の対象に発売された『中島高級競馬號』(通称:中島競馬號、現在は高知競馬場で発売されている)とされる。現在もほぼすべての競馬新聞を含む予想紙で使われている予想印も、同紙が最初に採用したものである。, 日本の競馬新聞は狭いスペースに多くの情報を詰め込むためにさまざまな表現法を駆使している。最近ではスポーツ新聞各紙も競馬新聞同様の情報を載せる。, 競馬新聞は限られた紙面に多くの情報を盛り込まなければならないため、特別な構成になっている。, 競馬新聞は、レースごとの出馬表を中心に構成される。出馬表はレース番号やレース名、施行条件などを記したレース概要と、そのレースに出走する競走馬の競走馬名や過去の成績などが一列に書かれた馬柱からなる[1]。馬柱の構成を考案したのは『ホースニュース・馬』を発行した角田二郎であるとされている[2]。, 馬柱は一般的に枠番号・馬番号・出走馬名・負担重量・騎手名・厩舎名・予想印・前4-7走の成績・距離、芝・ダートコース別の成績などが書かれた欄で作られる。また馬柱の周囲には調教の走破タイムや関係者のコメント、トラックマンやその新聞の競馬評論家のコメントなど馬券を検討する際に必要な情報が盛り込まれている。, なお通常、一面はその日のメイン競走(中央競馬では主に第11競走)、終面は準メイン競走ないし他場のメイン競走が組まれるがGI級競走が開催される週の土曜日は翌日のGI級競走が一面、当日のメイン競走が終面になる。, 中央競馬の競馬新聞の発行基盤は、中央競馬自体のシステムと同様に、関東・関西の両地区に分かれている。また、全国規模で展開している新聞社の場合でも、関東版・関西版・従場によって予想者が異なる場合が多い。関東もしくは関西のみで発行の専門紙では直接競合しないため、東西間で情報交換等の提携が行なわれているほか、同一地区内でも提携が行なわれることもある。, 専門紙各社間で競馬新聞協会が結成されており、競馬場やWINSにおいて協会加盟紙の合同販売が行なわれているほか、協会加盟の新聞に所属する記者に対してJRA賞・顕彰馬選定の投票権が与えられている。そのため、たとえスポーツ新聞系列でも協会に加盟していない専門紙(『競馬エイト』、『馬三郎』)に所属する記者には、投票権は与えられていない。, また、競馬専門紙を発行している代表者や関連企業が、競走馬の馬主になっているものも少なくない(『ホースニュース・馬』の関連会社であるホース産業や、『優馬』の発行元である中光印刷の竹國弘など)。, 2018年に入ってからは発売地域並びに取扱店を縮小する中央競馬専門紙が出始めており、勝馬は、福島競馬場とウインズ新白河を除く福島県・宮城県・山形県・岩手県の4県における発売を第59回宝塚記念開催週をもって終了した他[3]、ケイバブック(競馬ブック・研究ニュース)も2018年と2019年に、茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・奈良県・和歌山県の6県で、発売を行う地域や取扱店を大幅に縮小した[4][5][6][7]。代替として全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機で中央競馬専門紙を印刷できるサービスが開始されている。, 地方競馬では、地区単位で競馬新聞が発行されている。例えば南関東地区のように、中央競馬版も発行している専門紙が大部分を占めている地区もあれば、岩手地区のように区域内のみで発行の専門紙で占められている地区など、その形態はさまざまである。また同一タイトルの専門紙が、複数地区で発行されているが資本関係がない場合や、逆に東海地区のように発行元が合併した結果1社が、複数の題号で新聞を発行している(事実上市場を独占している)場合もある。, 中央競馬の専門紙は新聞様式のものがほとんどであるが、地方競馬の専門紙は冊子様式になっているものも(特に中央競馬と商圏がかぶらない地域で)多い。廃止された中津競馬の『競馬ファン』や益田競馬の『シーホース』のように、場内の場立ち予想屋が新聞も発行しているケースも存在していた。, 北海道の地方競馬はかつて道内の競馬場を巡回しながら開催していたため、場内に予想屋は存在していなかった。しかし予想業を行う者はおり、この予想業者が独自に手書き、ガリ版印刷で発行していたシンプルな「予想紙」も多数存在していたが、現在は全て廃刊となった。なお、ホッカイドウ競馬はかつて複数の専門紙が競合していたが、次々と撤退した結果現在は1紙(『競馬ブック』)のみとなった。, 九州の地方競馬では前開催6日分を線で区切り、レース番号と着順のみを掲載した簡素な対戦相手早見表である「6本線」が掲載されているのが特徴。通常の競馬新聞は1面にメインレースの馬柱を掲載するのが基本であるが、九州の地方競馬新聞は1面に1レースと2レースの馬柱。以後レースの順番通りに馬柱を掲載していくシステムが基本となっている。, 競馬新聞は1紙もしくは数紙程度で国内のシェアが占められていることが多い。予想提示の際には先述の予想印を用いることは無く、有力馬を列挙する形となっている。, 東南アジアでは、競馬が行われている香港、マレーシア、シンガポール、タイにおいて専門紙が発行されている。特に香港では、冊子状の予想紙を含めると10紙ちかくの競馬新聞が発行されており、予想印こそ無いものの、本命(熱門馬という)、対抗、穴(冷門馬)の予想があるほか、記者による推薦レースや推奨馬、前週の予想成績などが掲載されており、レース前日には各地のブックスタンドで発売されている。また一般紙でも、レースの無い日でも、競馬について紙面を割いている。その他、マカオの一般紙『澳門日報(中国語版)』にも香港競馬の記事が掲載される。, シンガポールの一般紙『ストレーツタイムズ』や『聯合早報』、マレーシアでは最大手英字紙『ニューストレーツタイムズ』が競馬関連の面を常設している。, オーストラリアでは、毎日どこかの地域で競馬が行われている為、日刊紙の数ページを割く形で、その日行われる競馬(繋駕速歩競走を含む)の出走馬や予想記事を掲載している。, “中央競馬の予想専門紙「競馬ニホン」休刊 86年の歴史にいったん幕「諸般の事情」”, https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/04/08/kiji/20180408s00004000242000c.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=競馬新聞&oldid=79813570, 旭ニュース、勝馬ニュース、ばん馬、日の出(ばんえい、手書きガリ版予想紙。休刊時期不明), かみのやまKEIBAニュース、Bestホース、Mainichiヒント(上山、競馬開催廃止), シーホース、馬(益田、「馬」は「ホースニュース・馬」とは無関係。元々は紀三井寺競馬の専門紙「競馬関西」), 福山エース、福山キンキ、福山特報(福山、「福山エース」は「競馬エース(東海)」の姉妹紙。競馬開催廃止). ・調教について をクリックすると予想新聞が別ウインドウで開きます。, 西脇市日本のへそ特別B1 3歳以上. ・話とメモ ブリンカーなどの装備品について  従来の調教メモはなくなりましたが、時計横に寸評を加えました。
 予想欄の一部に変更があり、大井の「地元トラックマン 今日の勝負レース」藤田裕之が担当することになりました。, 新型コロナウイルスの蔓延・拡散防止のため、南関東4競馬場では2月27日から無観客競馬による開催が始まりました。. 発行は原則として競馬開催日となるが中央競馬は開催前日夕方から主要駅の売店、コンビニエンスストア、書店、競馬場や場外勝馬投票券発売所で売られる。 地方競馬の場合は売所が限られている。.  第7回船橋競馬ではコマに解説を入れましたが、第11回大井競馬からは上がり3ハロン・着順・脚いろが入ります。