有川 浩による小説「空飛ぶ広報室」についての感想が4件掲載中です。実際に小説を読んだレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。なお、内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, 狭き門をくぐり抜け、憧れの航空自衛隊のパイロットになった空井。だけど不慮の事故でパイロットの資格を失ってしまう。そんな彼に与えられた仕事は広報という仕事だった。自衛隊自体のことは自衛隊マニアの有川さんの作品で少しわかった気がしてましたがこれは、さらに広報室というところを題材にしているのが面白い。普段、まったく見えない裏方の仕事。だけど、彼らも立派な自衛隊の1員として民間の人に自衛隊を理解してもらうため、有事には必要な存在だとわかってもらうため、努力しているというのを感じました。最初はくさっていた空井も、そのことに気づき自分の仕事とは何かを見つけていく作品。お仕事小説としても自衛隊を理解する手助けをする作品としても一押しです。, 最近まで放映されていたドラマの原作。主人公は不慮の事故でパイロットの免許を剥奪された青年・空井。異動した先は癖のある先輩達ばかりの、航空自衛隊航空幕僚監部広報室。一方、TV局で報道局記者として働いていたが、情報局に異動してディレクターになった稲葉。有川作品の中では少し恋愛要素が控えめで、夢を断たれてしまった二人の成長物語として読む方が良いかと思う。しかしながら、丹念に取材されており、全く知識がなくても想像出来るほどによく「中」が描かれている。自衛隊について、様々な意見はあるだろうが、そういうのは一旦脇に置いて、フェアに、ピュアな気持ちで読んでもらいたい。また、作者が発行を遅らせてでも書きたかった「あの日の松島」。3・11、何が起きたのかを現地にいた隊員の目線で知り、とても心苦しくなった。「有事」とはかくも悲惨なものなのか。しかし、比較的軽めの作品でありながら、ここまで思わせてくれるあたり、本...この感想を読む, 主人公の挫折から、この物語は始まります。どうしても憧れに憧れていて、超超超狭き門で、でも手が届いて。なのに不運は突然、理不尽にやってくる。脱力感とか虚無感とか、そういったものを主人公から受け取ってから読み進めることになりました。そういうのも込みで、読書の魅力です。思ってもみなかった仕事に、それでも邁進できる力を持てるってすごいな。でも自分ひとりでそこまで行けるかといえば、どこかで限界はあるんですよね。同僚や上司、仕事で出会う他業種の人。仕事のスキルや心の持ち様や、またそういった具体的なことではなくても、何かしら分けて貰えるのが「人と働く」っていうことなのだと、そんなシンプルなことを思い出させて貰いました。主人公の空井君も、影響を与えたり与えられたりの日々で、空自の広報官の仕事を充実させていきます。自分ならどうかな。凹みそうなら、この本を読み返そうと思います。この感想を読む, この物語は、ふだん、まったくなじみのない航空自衛隊の広報室のメンバーが主役。とても自衛隊とは思えない話が多々あります。それは「自衛隊員だって生身の人間」だから当たり前なのですが、なかなかその当たり前がわからない。自衛隊=言い方を変えただけの軍組織としか頭になく。今まで自衛隊に対してなんの興味もなかった。自分自身の頭の中でただ自然災害の時に助けてくれる集団ぐらいにしか認識していなかった。でもこの物語を読んだことで少なからず何かが変わったような気がします。自己イメージだけで物事を見てはいけないことを学びました。この著者さんの作品には結構自衛隊ものがあるらしいので、今度ほかの作品も読んでみたいと思った。. ドラマ「空飛ぶ広報室」の原作となる有川浩の自衛隊小説「空飛ぶ広報室」のあらすじとネタバレを含んだネタバレ読書感想文です。, このページには有川浩の原作小説「空飛ぶ広報室」のあらすじとネタバレが含まれています。あらすじやネタバレを知りたくない人は閲覧にご注意ください。, ■空飛ぶ広報室-あらすじとネタバレ 今を時めく小説家、有川浩の青春小説有川浩と言えば、デビュー作『塩の街』から数多の作品を出版し、今最も... 高知県庁おもてなし課に配属された青年と、地元の女の子のお話。有川さんの小説の場合、この時点でこの二人... 新米霊媒師って霊媒師に新米と謳ったのが興味を引かれた。霊媒師に新米も古株も関係ないのかと思ってたので... 女性にとっての服の役割女性にとって服とは自分を可愛く見せるためのものである。そして可愛くなった自分の... 解離性同一性障害(多重人格者)の男性のなかに存在する、一人の人格に恋をしてしまう既婚女性の物語です。ヒ... 「自衛隊について興味がない人こそ読んで欲しい」他、有川 浩の小説空飛ぶ広報室についての感想を一覧表示しています。実際に小説を読んだレビュアーによる長文考察レビューが4件掲載中です。レビューンは、「理解が深まる」レビューサイトをコンセプトとしているため、制作者の意図や作品の作られた時代背景をもとにした、レビュアーによる独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューが多く掲載されています。内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。. 有川 浩『空飛ぶ広報室』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 ドラマ「空飛ぶ広報室」の原作となる有川浩の自衛隊小説「空飛ぶ広報室」のあらすじとネタバレを含んだネタバレ読書感想文です。 このページには有川浩の原作小説「空飛ぶ広報室」のあらすじとネタバレが含まれています。 有川 浩『空飛ぶ広報室』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約5309件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 「空飛ぶ広報室」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→主人公の空井大輔は、小さい頃からずっと夢見てきたブルーインパルスのパイロットになることが現実になりかけていたある日、不慮の事故によってその夢を永遠に断たれてしまいます。 航空自衛隊の曲芸飛行専門部隊「ブルーインパルス」に憧れて自衛隊へ入った戦闘機パイロットの空井大祐は、ブルーインパルスへの採用直前で、交差点で車にはねられて怪我をしてしまう。, やがて、空井大祐は、一般生活には支障の無い程度まで回復したが、パイロットに求められる身体能力の基準をクリアー出来ず、パイロットを罷免(通称「P免」)となった。, 空井大祐は小さい頃から憧れていたブルーインパルスへの採用が内定していたが、夢を叶える直前で交通事故に遭い、パイロット罷免となったが、それでも、空井大祐は荒れることはなく、制服を着た亡霊として淡々と勤務し、総務を経て広報部へ移動となる。, 一方、帝都テレビに勤務する稲葉リカは、憧れの記者となり、強引な取材方法で新人記者時代は同僚を出し抜いて活躍していたが、強引な取材方法ゆえに行き詰り、同僚に追い越されるようになっていた。, やがて、稲葉リカは帝都イブニングのディレクターへと左遷され、帝都イブニングの企画で自衛隊に関わることとなった。, こうして、空井大祐と稲葉リカの2人は航空自衛隊の広報部で出会うことになるが、自衛隊に嫌悪感を持つ稲葉リカは「戦闘機って人殺しの機械でしょ」と言い、元戦闘機パイロットの空井大祐を怒らせてしまう。, ただ、稲葉リカの暴言は、パイロットを罷免になって以降、抜け殻のようになっていた空井大祐に命を吹き込んだ。, この一件で空井大祐は、上司・鷺坂に「暴論を許してはいけないが、怒ったら負けだ」と注意され、上司・鷺坂から航空自衛隊の広報室における「専守防衛」の精神を教わる。, 空井大祐は航空自衛隊の広報官として、稲葉リカに自衛隊の事を理解して貰えるように努力し、帝都テレビの月曜9時ドラマ「報道記者、走る」の取材協力などを担当為ながら、広報室としてのあり方を学んでいく。, 一方、広報室のドキュメンタリー番組を作ることにした稲葉リカは、空井大祐の密着取材を通じて、自衛隊について理解を深めていった。, やがて、空井大祐は広報室の仕事で、女性自衛官・藤川を起用した航空自衛隊のCMを制作した。, しかし、就職支援団体の代表が新聞のコラムで、航空自衛隊が流したCMを「戦争賛美としか思われない内容だ」と批判。さらに、後日、代表は帝都テレビのワイドショーに出演した際も、「女性自衛官のエピソードは捏造だ」と航空自衛隊のCMを批判した。, 空井大祐は直ぐに帝都テレビへ抗議する。稲葉リカは出張により不在で、稲葉リカが代表の捏造発言を知り、航空自衛隊の広報室へ来たのは、ワイドショーから2日後だった。, 稲葉リカの帝都テレビの社員でデレクターをしているが、このワイドショーには関わっておらず、謝罪しながらも、就職支援団体の代表の発言について憤慨する。, しかし、稲葉リカを通じて帝都テレビを信頼していた空井大祐は、「稲葉さんだって初めて会ったときは戦闘機を人殺しの道具だと言ってたじゃないですか」と突き放した。, すると、稲葉リカは、自分が自衛隊のことを理解した気になっていたが、自分は就職支援団体の代表と同じだった事に気付き、逃げるように立ち去った。稲葉リカは、その日から広報室へ現れなくなった。. 空飛ぶ広報室(有川浩)小説版の感想とあらすじを紹介しています。航空自衛隊ブルーインパルスファンの皆さん、必見です!空飛ぶ広報室の簡単な話の内容、登場人物、名言、読んだ感想などなど・・・好きすぎて暴走してしまいました(笑) 空飛ぶ広報室の感想一覧. 有川 浩による小説「空飛ぶ広報室」についての感想が4件掲載中です。実際に小説を読んだレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。