西武・榎田大樹投手(33)が17日、仙台遠征中の1軍に合流した。1 19日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)に先発する見込み。� Copyright © 2020 年俸推移・生涯収入の年俸.jp All Rights Reserved. ◆西武4-0日本ハム(2日・メットライフドーム)クライマックスシリーズ進出を争っている3位西武が日本ハムに快勝し、試合がなかっ... ◆楽天-西武(10日、楽天生命パーク宮城)西武の先発・榎田は降雨ノーゲームとなるまでの3回を投げ、悪条件の中で5四球を出しながらも2安打無失点だった。「四球や球数が多くな... 5連敗中の西武は27日、榎田大樹投手(34)と今井達也投手(22)の出場選手登録を抹消した。榎田は26日に日本ハム戦(メットライフドーム)で3回途中7失点で今季初黒星を喫... ◆西武-日本ハム(26日、メットライフドーム)西武の榎田が今季最短の2回2/3、7失点でKOされた。2回1死一、二塁からビアヌエバに先制の左中間3ラン被弾。3回は簡単に2... ◆オリックス3-4西武(19日、京セラドーム大阪)5回まで75球を投じた西武の榎田はオリックス打線に的を絞らせない“巧投”を見せた。この日の最速は137キロ。一球も140... ◆楽天9-5西武(19日、楽天生命パーク宮城)今季初登板の西武・榎田は今季初白星とはならなかった。初回、ロメロに先制ソロ被弾。それでも味方があっさり逆転し、3回に3点を追... ◆楽天9―5西武(19日、楽天生命パーク宮城)西武が終盤に痛恨の逆転負けを喫し、2カードぶりの負け越しとなった。今季初登板の榎田が初回、ロメロに先制ソロを許したものの、2... 西武・榎田大樹投手(33)が17日、仙台遠征中の1軍に合流した。19日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)に先発する見込み。試合前練習でナインから拍手で迎えられた。開幕2軍スタ... 西武は22日、春季キャンプの班分けを発表した。A班(1軍)宮崎南郷キャンプ【投手(21人)】今井、高橋光、増田、宮川、松坂、松本、斉藤大、浜屋、平井、粟津、森脇、小川、ギ... 西武の野田昇吾投手(26)が13日、ロッテの美馬と「160センチ台タッグ」を組んだことを明かした。野田は12球団の支配下投手では最小兵タイの身長167センチで、美馬は16... ◆西武契約更改交渉(5日)十亀剣投手(32)が埼玉県所沢市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1900万円アップとなる年俸7000万円の変動制3年契約を結んだ。国内フリー... 西武の榎田大樹投手(33)が3日、契約更改し、700万円ダウンの4800万円でサインした。阪神から移籍した昨季は11勝を挙げたが、今季は4勝にとどまった。また、中継ぎと... ◆西武契約更改交渉(3日)昨オフに人的補償で巨人から移籍した内海は、野球協約の減額制限(年俸1億円以下は25%)いっぱいとなる2500万円減の年俸7500万円でサインした... ■指名あいさつ西武からドラフト2位で指名された浜屋将太投手(20)=三菱日立パワーシステムズ(MHPS)=が6日、横浜市内の同社で潮崎哲也編成グループディレクター(50)... 西武の選手の来季年俸は以下の通り。(外国人、育成選手を除く。空欄は未更改。金額は推定)【投手】今井達也3500(△1700)渡辺勇太朗650(□)高橋光成4000(△21... ■2回無失点西武の今井達也投手(21)が、10日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦の先発候補に浮上した。2日にメットライフドームで行われた1軍対2軍... ◆ロッテ4-12西武(24日・ZOZOマリンスタジアム)優勝マジックを「2」としていた西武は、ロッテに大勝した。2位ソフトバンクが楽天に敗れたため、2年連続23度目のリー... ◆楽天7―5西武(22日・楽天生命パーク)どんよりした空から冷たい雨が打ちつける杜(もり)の都でVロードの歩みが止まった。9回2死一塁。秋山の打球が左翼手のグラブに収まる... 22日の楽天戦に先発する榎田が平常心での登板を誓った。連覇を目前にしての一戦に「こういう場面で回ってくるのはありがたいこと。あまり考えず、いい緊張感を持って投げたい」。楽... 【西武ライオンズ】18日(水)ニール=オリックス@18時西武19日(木)十亀=日ハム@18時西武20日(金)松本航=楽天@18時西武21日(土)今井=楽天@18時楽天22... 2年連続2桁勝利を目指した昨季は4勝止まり。「肩をけがしてスタートからうまくいかなかった」と悔やむ。万全なコンディションで再び先発ローテの柱へ。, 榎田が7回1死までノーヒットの快投 CS目指す3位西武が快勝 2位ロッテと1ゲーム差に接近, 涙の引退試合 西武の元守護神・高橋朋「ブルペンでずっと泣いてた」魂の106キロで幕. 榎田 大樹(えのきだ だいき、1986年8月7日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属する鹿児島県曽於郡大崎町出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。 今シーズンの成績; 年度別・通算成績; 投手成績. 榎田投手は阪神に2010年ドラフト1位で入団した左腕のピッチャーで、1-2年目は中継ぎで活躍していました。 速球に2種類のスライダー、フォーク、カーブという変化球を駆使して組み立てるピッチャーです。 プロ野球観戦はネット中継がオススメ!無料動画中継アプリを紹介!(テレビでも視聴可), 【2020年版】プロ野球選手名鑑を徹底比較!オススメの選手名鑑はどれ?【2月発売】. プロフィール; 年度別成績; 試合別成績; 条件別成績; 登録名/本名: 榎田 大樹: ふりがな: えのきだ だいき: 生年月日: 1986年8月7日: 年齢: 34歳: 身長: 181cm: 体重: 89kg: 出身地: 鹿児島県: 投打: 左投げ/左打ち: 経歴・獲得タイトル. 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 榎田大樹投手は元阪神!嫁さんは姉女房. ひらっちの12球団野球ブログ 榎田大樹 (日语: 榎田 大樹 / えのきだ だいき   Enokida Daiki ,1986年8月7日 - )是 日本 鹿兒島縣 曾於郡 大崎町 出身的職業棒球選手,司職 投手 ,效力於 日本職棒 埼玉西武獅 。 1 個人情報 1.1 年度別投手成績 1.2 年度別守備成績 榎田 大樹(えのきだ だいき、1986年8月7日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属する鹿児島県曽於郡大崎町出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。, 大崎小学校4年時に地元の鹿児島県・大崎ソフトボールスポーツ少年団に所属しソフトボールを始める。5年生の時には全国大会優勝。当時、同チームの1学年先輩には松山竜平が在籍して捕手を務めており、榎田ともバッテリーを組んでいた(なお、このチームの監督の新留勝郎は、阪神で榎田とチームメイトとなる福留孝介を指導した人物である)。, 大崎中学では野球部に入り投手兼外野手。小林西高では1年春からベンチ入りし、秋からは本格的に投手として起用されるようになる。3年の夏は、準決勝で日南学園高に敗れベスト4。甲子園出場はならなかったが、打者として注目され、投手としても高く評価されるも、体育の教員免許が取れる福岡大学に進学。2年上には後に東北楽天ゴールデンイーグルスに入団する藤原紘通、1年上には後に阪神でチームメートとなる白仁田寛和がいた。4年春には肘を痛めながら2勝を挙げリーグ優勝に貢献し、大学選手権出場を決めた。リーグ通算12勝で、ドラフト候補にも挙げられたが指名されず、東京ガスに入社した。東京ガス時代のチームメイトに、後に楽天に入団する美馬学がいる。, 東京ガスでは入社1年目から投手の柱として活躍し、2009年の第80回都市対抗野球大会では若獅子賞を受賞し、好左腕として注目される。翌2010年の第81回都市対抗野球大会でも大いに活躍した。, 2010年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目で指名。契約金1億円に出来高分5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という最高条件で入団した。背番号は13[2]。なお、指名後の同年11月には、広州アジア大会に野球日本代表として参加。銅メダルを獲得した。, 2011年には、新人ながら、開幕からセットアッパーとして活躍[3]。5月24日の対埼玉西武ライオンズ戦(阪神甲子園球場)でプロ初勝利を挙げると、7月7日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)ではプロ初セーブを記録した[4]。さらに、オールスターゲームにも監督推薦で出場[5]。阪神でオールスターに出場した新人選手は、当時の一軍投手コーチ・藪恵壹の現役時代(1994年)以来であった。後半戦の序盤に蓄積疲労の影響で二軍調整を経験したものの[6]、8月15日に一軍へ再び昇格する[7]と、セットアッパーへ復帰。公式戦全体では、西村一孔(1955年)の60試合を上回る球団新人新記録の62試合に登板した。この間に稼いだホールド数は33で、セントラル・リーグの新人投手では歴代最多、NPBの新人投手全体でも歴代2位に相当する記録であった[3]。, 2012年には、前年に続いて開幕からセットアッパーに起用されると、NPBシーズンタイ記録の8試合連続ホールドを記録。9試合目での登板でも無失点に抑えたが、チームが8点差を付けていた場面からマウンドに立ったため、ホールドが付かず新記録の達成を逃した[8]。オールスターゲームでは、選手間投票で選出されていた中日のトニ・ブランコが左手骨折のために出場を辞退したことから、ブランコの代替選手扱いながら2年連続出場が内定していた。しかし、内定後に左肘の関節を痛めたため、結局は榎田自身も辞退(榎田の代役は中日の新人投手・田島慎二)。阪神の選手では藪以来になるはずだった入団1年目からの連続出場には至らなかった。8月21日に一軍へ復帰したが、左肘痛の再発をきっかけに左肘関節炎との診断を受けたため、9月21日に再び出場選手登録を抹消[9]。同月27日には、シーズン終盤にもかかわらず、翌シーズンの早期復帰に備えるべく左肘遊離軟骨の除去手術を受けた[10]。, 2013年には、前年に手術を受けた左肘への負担を軽減すべく、プロ入り後初めて先発に転向[11]。4月4日の対中日戦(京セラドーム)で公式戦への先発デビューを果たしたが、失策による1失点(8回2安打自責点0)で敗戦投手になった[12]。しかし、2試合目の登板になった同月11日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(甲子園)では、8回途中まで2安打無失点に抑えて先発初勝利[13]。一時はセントラル・リーグの防御率ランキングでトップに立つほど好調だった[14]が、4月と7月に2勝ずつ挙げただけで、勝ち星は伸びなかった。9月15日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では、ウラディミール・バレンティンから1回裏にシーズン本塁打の日本プロ野球新記録の56号本塁打、3回裏の第2打席に2打席連続でアジア野球新記録の57号本塁打を献上[15]。先発としてプロ入り後最短の3回で降板する[16]と、翌16日以降は[17]一軍から遠ざかった。レギュラーシーズン全体では、リーグ優勝の巨人から先発で3勝を挙げたものの、4勝9敗と負け越し。さらに、3回にわたって戦線を離脱するなど、一軍の先発ローテーションへ完全に定着するまでに至らなかった。シーズン終了後の契約交渉では、球団からプロ入り後初めての減俸提示を受けた末に、推定年俸4,100万円(300万円減)で契約を更改した[18]。, 2014年には、巨人との開幕カード第3戦(3月30日)で先発を任されたが、3回裏の終了までに4点を失った末に黒星を喫した。以降も3試合に先発したが、2試合で3回途中に降板。4月20日に出場選手登録を抹消された。6月8日の対福岡ソフトバンクホークス戦(甲子園)では、初回に味方打線が9点を取ったが、3回途中6失点で降板[19]。翌9日に登録を再び抹消されると、二軍での再調整を境に、中継ぎ要員として一軍に復帰した[20]。8月に左肩の違和感を訴えた[21]が、最短期間(10日間)での二軍調整を経て、同月29日の対ヤクルト戦(甲子園)に救援登板。1死も取れないまま首脳陣から交代を命じられたばかりか、翌30日の同カードでの救援登板でも1死を取っただけで1点を失ったため、シーズン3度目の登録抹消に至った[22]。一軍公式戦では通算24試合の登板で、2勝1敗2ホールドを記録したものの、先発では1勝も挙げられなかった。, 2015年には、左の救援陣が手薄なチーム事情などを背景に、中継ぎ専任で再起を期した[23]。しかし、公式戦への登板はわずか8試合で、2年連続の未勝利に終わった。, 2016年には、3月27日に、中日との開幕カード第3戦(京セラドーム大阪)へ救援で登板。1回を無失点に抑えた末に、自身2年振りの公式戦勝利を挙げた[24]。一軍公式戦では35試合に登板。防御率は4.35ながら、1勝1敗3ホールドという成績を残した。, 2017年には、9月7日の対広島戦(マツダスタジアム)[25]から公式戦3試合に登板。防御率1.42と1ホールドを記録したが、シーズンの大半を二軍で過ごした。, 2018年には、春季キャンプを二軍で迎えた後に、教育リーグで実戦登板を重ねていた。, 2018年3月14日に、埼玉西武ライオンズへ移籍することが発表された。右投手の岡本洋介との交換トレード[26]による移籍で、背番号は岡本が着用していた30を継承。3月16日に、NPBから支配下登録選手として公示された[27]。左腕の中継ぎ要員の強化を見込まれての移籍であったが、一軍における左腕の先発要員が事実上菊池雄星に限られるチーム事情[28]から、移籍後は先発投手としての調整へ専念した。, 2018年のレギュラーシーズンでは、4月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)に、先発投手として移籍後初の公式戦登板。6回を5被安打2失点(2自責点)にとどめた末に、移籍後初勝利を挙げた[29]。一軍の公式戦における先発勝利は、阪神時代の2013年7月17日に対巨人戦で記録して以来、1730日振りであった[30]。この試合から、5月13日にメットライフドームで催された同カードまで、先発登板の4試合に全勝[31]。6月3日の対阪神タイガース戦(メットライフドーム)では、古巣の打線を7回3失点に抑えた末に、一軍の公式戦では自己最多のシーズン5勝目を挙げた[32]。その後も、先発ローテーションの一角で白星を重ねた末に、9月19日の対北海道日本ハムファイターズ戦(メットライフドーム)で2桁勝利を達成[33]。10月2日に札幌ドームで催された同カードに、7回1失点という好投で11勝目を挙げたことによって、レギュラーシーズンを締めくくった[34]。なお、チーム10年振りのパシフィック・リーグ優勝を経て進出した福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ ファイナルステージでは、10月19日の第3戦(メットライフドーム)に先発。ポストシーズン中の公式戦への登板は阪神時代を含めても初めてだったが、3回4失点という内容で敗戦投手になった[35]。結局、チームも2日後(21日)の第5戦でステージ敗退を喫したため、日本シリーズでの登板までには至らなかった。, 2019年には、菊池のシアトル・マリナーズ移籍で左腕の先発陣が手薄になったことを背景に、春季キャンプから先発調整。キャンプの途中まで一軍相当の「A班」に帯同していたが、左上腕部の三頭筋を痛めた影響で、一軍への復帰は5月2日の対日本ハム戦(メットライフドーム)での先発登板まで持ち越された。この試合では8回1失点の好投でシーズン初勝利を挙げたものの、投球フォームの乱れから調子を徐々に落としたため、6月中旬から2ヶ月にわたって二軍でフォームを修正[36]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦13試合の登板で4勝3敗と勝ち越しながら、防御率が6.52にまで達した。, 平均球速約139 km/h[37]、最速150 km/h[38]のストレートと二種類のスライダー(本人いわく120 km/h前後の縦気味のスラーブとカットボール[39])、二種類のスクリューボール[40]、一方でフォークボール、カーブを投げ分ける[39]。フォークボールは回転のない独特の軌道で落ちるため、アマチュア時代は1試合に1・2球投げる程度だった[41]。また、クイックモーションや、一塁へのカバーリングに長けている[40]。, 2018年に西武へ移籍してからは、本拠地・メットライフドームとの相性の良さを発揮。2019年までの一軍公式戦では、2018年のセ・パ交流戦で中日相手に黒星を喫した[42]ものの、通算16試合の先発登板で9勝1敗という好成績を残した。, 愛称は、JXエネルギー(ENEOS)のイメージキャラクターに容姿が似ていることから付けられた「エネゴリ」、「ゴリ」[43]。またつの丸の漫画『モンモンモン』にも似ているとされ、2016年にはタイガースおよび榎田とのコラボグッズが発売される[44]。, 元々は中日ファンで、自身と同じ左腕投手の岩瀬仁紀(中日)に憧れていた。阪神時代には、岩瀬と同じ背番号13を着用。入団1年目の2011年に出場したオールスターゲームでは、当時のチームメイトだった藤川球児の計らいで、岩瀬とのキャッチボールに漕ぎ着けた[45]。, EXILEの黒木啓司が高校の硬式野球部の7年先輩にあたる縁から、阪神入団当初から登場曲をEXILE、EXILE THE SECONDの楽曲にしている[46]。, 阪神2年目の2012年3月1日に、東京ガス時代に知り合った3歳年上の一般女性との結婚を発表[47]。実際に結婚したのは同年3月14日で、ちょうど6年後に、阪神球団から西武へのトレードを通告された[30]。, 日本文理大学から日本新薬へ入社した2歳下の実弟・宏樹は、自身と同じ左腕投手として、社会人野球で活躍中。日本新薬のエースとして出場した2016年のJABA東京スポニチ大会では、2試合連続完封勝利でチームを優勝へ導くとともに、MVPに選ばれた[48]。, 気になるあの投手たちの持ち球CHECK!『週刊ベースボール』2011年26号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-6/20、35-39頁。, 運命の日を前に ドラフト候補インタビュー『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、100-101頁。, 小関順二&西尾典文のアマチュア野球スカウティングリポート 『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、56-57頁。, https://www.nikkansports.com/baseball/news/1884407.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/14/kiji/20180314s00001173134000c.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/14/kiji/20180314s00001173077000c.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/13/kiji/20180413s00001173026000c.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=榎田大樹&oldid=80363867, 初セーブ:2011年7月7日、対中日ドラゴンズ9回戦(ナゴヤドーム)、11回裏から3番手で救援登板・完了、1回1失点, 「日昇る光に ~Pray for Now~」EXILE THE SECOND(2019年).