朝日杯フューチュリティSデータ分析 2014年に中山から阪神に舞台を移した2歳G1レースだが、この時期のマイルG1であることに変わりはなく、中山開催時と比較して出走メンバーの質に大きな変化は見ら … 2014年に中山から阪神に舞台を移した2歳G1レースだが、この時期のマイルG1であることに変わりはなく、中山開催時と比較して出走メンバーの質に大きな変化は見られない。強いて変わった点を挙げるならば、京都2000mの新馬戦を勝ち上がり、2戦目で当レースを制した2015年の優勝馬リオンディーズのようなタイプは、中山開催時であればその大半が朝日杯を見送っていたということ。おそらく「阪神外回りだからこそ」使ってきたのだろう。今後、同じようなケースが増える可能性もあり、押さえておきたいポイントのひとつである。レースが行われる阪神外回り1600mは、直線が長く急坂もあるため、高い瞬発力を求められる。速い上がりを確実に使えそうな馬を優先してチョイスしたい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります), 【人気】阪神移行後の結果を検証すると、上位人気に限れば中山開催時と大差はなく、ほぼ同様の傾向ととらえてもいい。2016年こそ波乱決着となったが、基本的に1番人気が強いレースで、連対率、複勝率ともに極めて優秀な成績を残している。特に注目したいのは「前走芝1600m以上の勝ち馬」が1番人気のケース。2007年以降、馬券に絡めなかったのは2010年4着のサダムパテック1頭のみという、抜群の安定感を見せつけている。一方で、阪神開催以降は、2桁人気馬の健闘も目立っている。よって、人気馬を軸に相手を絞るのではなく、手広く散らしたほうが、好結果につながりやすいと判断したい。, 【脚質】脚質についても中山開催時とさほど大きな違いはなく、「差し有利」。阪神開催移行後はコース形態も味方しているのか、その傾向がより顕著となっており、中団待機組が先行勢を圧倒。2018年は4角5番手以内の3頭で決まったが、これはかなりのレアケースで、基本的に逃げを含む先行勢は「あっても3着まで」と考えていい。対照的に4コーナーを10番手以下で通過した馬の好走が目立ち、阪神開催になってからは、勝ち馬はほぼ該当。2014年と2016年はワンツーフィニッシュを果たしている。「中団やや後ろめ」のポジションを取りそうな馬で、速い上がりを使えそうなタイプであれば、絶対に押さえるべきだ。, 【枠順】現在の施行条件に移行してから、さほど回数をこなしておらず、サンプルがあまりにも少ない状況。過去の中山開催時のデータを分析しても意味はなく、ここでは、同時期に同じ舞台で行われる阪神JFと合わせて検証する。阪神JFでは「人気サイドが1枠に入れば信頼度アップ」の傾向がみられていた。当レースについても、上位人気馬が1枠に入ったケースでは、2014年にダノンプラチナ(1番人気)、2017年にダノンプレミアム(1番人気)が人気に応えて優勝している。コース形態や開催時期を考えると、阪神JFと同様の傾向が出てもなんら不思議はなく、人気馬が1枠を引いた場合は素直に信用すべきだろう。2018年には1枠に入ったクリノガウディーが9番人気2着の激走を見せたので、1枠の重要度はより高まった印象を受ける。, 【血統】血統については、阪神JFと同様に父または母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の好走が目立つ。また、阪神に開催が移行されてからの勝ち馬は、別表のリーディング上位に位置しているディープインパクトとキングカメハメハの産駒で占められており、主流血統が走りやすいレースと言えるだろう。ほかでは、サクラローレル、スペシャルウィーク、ジャングルポケット、ピルサドスキーなど、大箱コースの中・長距離G1勝ち馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が顕著。前述したディープインパクトとキングカメハメハも同じく大箱コースの中・長距離G1勝ち馬だ。阪神に移行してから、条件を満たす馬は毎回上位争いを演じている。まとめると、主流血統が走りやすく、加えて中・長距離の潜在適性も要求されるレースであると言えよう。, ◆同コース種牡馬別成績(阪神競馬場/芝/1600m/過去5年)集計期間:2015/11/08~2020/11/08, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。. 競馬予想のウマニティが朝日杯フューチュリティS2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 1980年のテンモンが当時3歳のレース条件であった「朝日杯3歳ステークス」を優勝して以来、実に35年間牝馬に優勝は無い。 牝馬による優勝は1980年以来なし.