※国内のネーミングライツ契約においては、日産スタジアムの年間4.7億円が過去最高金額(ニールセンスポーツ調べ), 新球場の象徴である開閉式屋根のシルエットに北海道の象徴である七光星をアクセントに加え、シンプル且つ普遍的なロゴデザインを採用しました。当ロゴデザインは新球場のファサードに掲げる他、2020年2月よりJR新千歳空港駅ホームのサインボード広告などにも掲出する予定です。今後、国内に留まらず、海外の主要エリアでもプロモーションを行うことで、グローバルに認知される新球場であり、世界の中で認識される新たな北海道のデスティネーションを目指します。, 東京本社:東京都港区虎ノ門二丁目10番4号 オークラプレステージタワー20F 2017/07/02 21:45, もう一度札幌市と話し合いを持つことが必要と思うほどファイターズからの提案は素晴らしいと感じるのですが皆さんはいかがでしょうか?新しいドームができればいまある札幌ドームは閑古鳥となることが予想されます。ファイターズのことでしょうから、野球がない時期はライブや他の催しも大々的にやるでしょうから。市の方の中に、スポーツエンターテイメントに通ずる方はいないのでしょうか?共に作ってきた北海道日本ハムファイターズ。このまま札幌市と袂を別つのは残念です。. 大阪本社:大阪市中央区伏見町四丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル13F, ボールパーク、新球場は私を含めて選手たちも今から誕生を心待ちにしています。ファイターズ、その強い意思を象徴する新球場、そのネーミングライツにご賛同いただいた株式会社日本エスコン様というパートナーを得たことは大変心強く、感謝しかありません。壮大なプロジェクトが次段階へと進み、さらに推進していくことは間違いないと確信しています。ファイターズも今シーズンの躍進、また2023年へ向けて進化、成長していきます。. 単なる施設命名権に留まらない「パートナー企業の事業とマーケティングが有機的に融合したパートナーシップ」を実現していきます。 北海道日本ハム・ファイターズの新球場建設構想が29日、公表された。 地元北海道での関心は非常に高く、発表の日、球団事務所前は地元テレビ各社のカメラやアナウンサー、新聞記者たちでごった返したという。 ファンやメディアの関心は「新球場がどこに建てられるのか」に集中している。今回の発表はその疑問に直接答えていない。少し肩すかしを食らわすかのように、「新球場建設構想」つまり「夢」を語る内容になっている。 球場建設の候補地は現在、札幌市と千歳市のほぼ中間に位置する北広島 … 結について, ボールパークエリア名および新球場名決定のお知らせ, 新球場保有・運営会社設立のお知らせ, ボールパーク構想に関するクラウドファンディング開始のお知らせ, 新役員体制についてのお知らせ, 新球場建設に関してのお知らせ, ファイターズ・日本ハム・電通の3社共同出資による準備会社設立のお知らせ.

2017/07/02 18:49, 88年開場の東京ドームは2016年から19年1月まで総事業費約50億円をかけてリニューアル作業中。それでも「ボールパーク」というより「観光地」とか「多目的ホール」って雰囲気だよなぁ…, 株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー

▼ 北海道日本ハムファイターズ の新球場建設が現実味を帯びた プロ野球 ・ 北海道日本ハムファイターズ の親会社・ 日本ハム (本社・ 大阪市 )が19日、球団が掲げる新球場建設構想を正式了承した。 札幌駅から、新球場の最寄り駅となる北広島駅までは快速で15分。 新球場に伴い、新駅も検討されましたが、 2023年時点においては北広島駅を大幅改築して対応するそうです。 2023年といえば、あと4年後! 株式会社北海道日本ハムファイターズ(以下「HNF」という)および株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント(以下「FSE」という)は、2023年開業予定のボールパークエリア名および新球場名を決定しましたので、下記の通りお知らせいたします。 29日、プロ野球の北海道日本ハムファイターズが、新球場構想に関する発表を行った。札幌市内で行われた説明の中で、責任者である前沢賢事業統轄本部長は「ここにしかない場所、道民の皆様に誇ってもらえるような施設にしていきたい」と夢の構想を語った。新球場構想は単なる球場移転の話に留まらない。球場新設に託す思い、その先にファイターズが描く夢とは? 作家・スポーツライターの小林信也氏に寄稿いただいた。(文:小林信也), 北海道日本ハム・ファイターズの新球場建設構想が29日、公表された。 地元北海道での関心は非常に高く、発表の日、球団事務所前は地元テレビ各社のカメラやアナウンサー、新聞記者たちでごった返したという。 ファンやメディアの関心は「新球場がどこに建てられるのか」に集中している。今回の発表はその疑問に直接答えていない。少し肩すかしを食らわすかのように、「新球場建設構想」つまり「夢」を語る内容になっている。 球場建設の候補地は現在、札幌市と千歳市のほぼ中間に位置する北広島市の『きたひろしま総合運動公園』と、札幌市が推薦した北海道大学構内と豊平区の学校法人八紘学園の所有地を含む敷地の計三ヵ所に絞られている。北広島の候補地は36ヘクタール以上と広いがアクセスが不便。新しい駅を作る必要もある。札幌市内の二カ所は、それぞれ10ヘクタール、13ヘクタールと広さが不十分、設計の自由度が低いなど一長一短だ。 球団が新球場の建設ビジョンを具体的に示したのは、新球場問題が「面積」を中心に語られ、新球場を作る一番の目的と離れたところに関心が移っている違和感を解消し、「こんな夢のある球場を、こんな強い情熱で作りたい!」という明確なメッセージをファンや道民に伝えたかったからだという。 発表されたビジョンを見ると、いままでの球場のイメージと、ファイターズが作ろうとしている新球場は大きく違う。すでに東北楽天ゴールデンイーグルスや広島カープなどが提唱している「ボールパーク構想」をさらに進めた、もっと壮大な“街作り”、生活文化の中核に球場(野球)を置く発想が込められている。球団はこれを「選手のパフォーマンスが最大限活かされるスタジアムを核に、国際競争力を有するライブ・エンターテイメントタウンとして『“アジアNo.1”のボールパーク』を目指します」と表現している。 特徴的なのは、外野席の向こうが自由通路になっていて、その先にバーベキュー場、少年野球のグラウンドなどが配置され、自然公園の趣が広がっていること。球場に入るメインストリートはファッション性の高い一大ショッピングタウンとレストラン街。ディズニーランドのメインエントランス周辺を大人向けにデザインしたようなイメージだ。 球場内の施設も、世界に誇れるグレードを感じさせる。選手のロッカーはクリーンで開放的。コンディショニング用のプール、劇場的なミーティングルームも完備している。野球選手なら、「このチームに入りたい」と思うだろうし、「こんな素晴らしい球場でプレーできるなら、絶対プロ野球選手になりたい!」という強い意志をかきたてられるだろう。 球場の周りには、ホテル、レストランなども建設され、そこから試合が自由に観戦できる配置になっている。バーベキュー場は広島のマツダスタジアムにもあるが、ファイターズはキャンプ場も併設し、野球を見た後、北海道の星空を見上げてアウトドアで夜を過ごしてもらう構想も描いている。メイン球場隣に少年野球場を作るのは、ジュニアの育成、野球普及の願いを込めているのだろう。 野球少年の激減、野球人気の低迷が案じられる中、ファイターズは徹底して「夢のあるスタジアム」「野球の楽しみにあふれたボールパーク」を作ることで新しい野球の未来、野球を通した社会貢献や社会エネルギーの創出を思い描いている。それが発表された新球場建設構想から伝わってくる。, 新球場を作る目的は、大きく集約すると二つある。 ひとつは球団の収益性を高める狙い。札幌ドームは“借家”だから、飲食や物品の収益は札幌ドーム(札幌市)に入る。球団は一部を受け取るに過ぎない。年間13億円と言われる賃貸料も支払わなければならない。持ち家になれば、収益は球団のものになる。2004年に札幌に移転してからすでに14年。地元ファンの支持を得て“人気球団”となったファイターズが自前の球場を持った場合の試算をすると、相当な増収増益、完全な黒字化が見込める。借家ゆえに多額の利益が消失するのはあまりにもったいない。昨年、横浜DeNAが横浜スタジアムを買収した意図もここにある。球団の赤字が親会社の広告宣伝費で補填されていた時代が長かった日本の球団も、独立採算を目指す方向に変わり始めた。その基本が自前のスタジアムを保有することだ。 もうひとつの目的は、ファン・サービスの充実と社会貢献の実現。収益が上がれば、ファン・サービスに還元できる。野球の普及に注ぐ資金も潤沢になる。思い通りの球場運営、演出、ファン・サービスができないジレンマを新球場建設によって解消する。球団が実質的に球団経営の主導権を握れる。例えば、人工芝の張替えを希望しても、判断するのは持ち主である札幌市。スタンドの椅子の大きさや素材についてファンから要望が寄せられても、いま球団ではすぐに対応できない。 「新球場を作り、収益を高めてもっと存分にファンに喜んでもらえる環境を整えたい。 少年たちが、300円とか500円とか、小遣いを握りしめて球場に応援しに来られる球場を作りたいんです」 球団関係者の一人はこのように球場建設の思いを語ってくれた。, そうなると、本当に求められる球場の候補地はどこだろう? これだけ壮大なライブ・エンターテイメントタウン、新しいスポーツ・コミュニティが北海道のどこにあれば、日常的にファイターズ新球場が北海道の生活文化の活力源でありえるのか? 今回の新球場建設構想発表は、こうした問いかけも含んでいるように感じる。 ファイターズは、2018年3月までに建設予定地など一定の方向性を出したいとしている。現時点の状況から言えば、冒頭に記した三ヵ所に絞られた感がある。だが、筆者の取材によれば、ファイターズは必ずしもその三ヵ所に満足していない。もっと相応しい場所があるのではないか? そんな思いでまだ最終的な候補地を探し続けている。 例えば、東京で想定したらどこが候補地になるだろう? 都心を離れた郊外が現実的にも感じるが、都心から東へあるいは西へ、遠い場所にあったら「都民が一丸になって応援する球団」「都民全員の心のよりどころ」といった感覚が持てるだろうか? ある時期、都心から都下に離れた私立大学がいままた都心に回帰して人気を復活させているように、都心に作る選択肢もある。築地市場跡地に巨人が球場を作る噂が流れたことがある。それも歓迎すべき一案だと思う。あるいは、日比谷公園、代々木公園の中に球場が出来たらどうだろう? まさに神宮球場や東京ドームの立地がその先例。誰もが行きやすく、試合前後、野球以外の楽しみとも連動できる。 そういう場所が札幌市内にはないだろうか? 筆者世代には巨人が毎年試合を行っていた「札幌円山球場」の名前に馴染みがあるが、北海道の人たちには、昭和55年までアマチュア野球の殿堂として親しまれていた中島球場がもっと身近な存在だった。中島球場は札幌駅の南。大通公園、すすきのの先にある中島公園の中にあった。そこにこの新球場(ライブ・エンターテインメント・タウン)ができたら、新しい札幌の新名所になり、街と一体になって活気づくのは容易に想像できる。 そこを復活させようと呼びかけたら、賛否両論、大変な議論になるかもしれない。なにしろ野球場はいま“迷惑施設”とされ、反対運動が推進側を上回る形勢にある。だからこそ、これだけ素晴らしい“社会的意義”を持つ構想を旗頭に、“野球の底力”を訴えるチャレンジもあってよいのではないだろうか。 ファイターズは本気で「夢のボールパーク・タウン」を作ろうとしている。札幌そして北海道の活性化の一翼を担う、大人も子どもも元気になるパワースポットにしよう、だから、札幌のど真ん中こそふさわしいじゃないか! そんな議論が湧き上がり、市民たちが喧々囂々の論議を交わすのもまた、新球場を推進するひとつの意義だと思う。 <了>, 昨年6月に発表されたプロ野球、北海道日本ハムファイターズの新球場構想は大きな反響を呼び、日ハムファンだけでなく、プロ野球ファンに”夢の球場“誕生への期待を抱かせてくれた。あれから半年が過ぎ、球場移転問題、新球場の「ボールパーク化」構想はどうなっているのか? ファイターズが描く”夢の現在地“について、作家・スポーライターの小林信也氏に寄稿いただいた。(文=小林信也), プロ野球北海道日本ハムファイターズのボールパーク構想の建設地が北広島市に決まりました。2023年に開業を目指す新球場は、札幌市が保有する札幌ドームとは異なり、日本ハムグループが主体となって建設・運営に当たります。全体の建設費を500~600億円と見込んでいる日本ハムの「ボールパーク構想」の懸念材料と可能性とは?, 2009年にオープンした広島東洋カープの新本拠地、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)。訪れた者なら誰もが魅了されるこの異空間は、日本のこれまでのスタジアムの概念を覆すようなアプローチによってつくられた。「スタジアム・アリーナを核としたまちづくり」が経済産業省を中心に進められるなど、今やスポーツの域を超えて大きな注目を浴びているスタジアム・アリーナ建設。今回、マツダスタジアムの設計に関わった株式会社スポーツファシリティ研究所代表取締役の上林功氏が、同スタジアムに隠された知られざる特徴と、未来のスタジアム・アリーナ建設のヒントを明かした――。(取材・文=野口学), 日本球界が生んだ最高の投手、ダルビッシュ有。メジャーリーガーとして圧巻のパフォーマンスを披露する傍ら、SNSを活用してしばしば球界に対する問題提起も行ってきた。今回、トークゲストに前DeNA球団社長の池田純氏を迎え、数少ない“主張するアスリート”への独占インタビューが実現。彼があえてメディアを通じて発したかったオピニオンとはーー。日本球界への熱い思いが伝わるプロ野球改革論、必見のインタビューだ。, 著者プロフィール