0000005537 00000 n Office 2013 は、一旦削除して再インストールしました。, Word の印刷で表示されるプレビューでは「フチなし」となっていて、印刷すると周囲に数mmの余白部分付いて印刷されるということでしょうか。Wordの印刷で表示されるプレビューでは「フチなし」となっていて、印刷すると周囲に数mmの余白部分付いて印刷されるということでしょうか。 0000006643 00000 n 0000012900 00000 n 0000006944 00000 n %PDF-1.3 %���� 0000001153 00000 n 8 0 obj << /Linearized 1 /O 11 /H [ 1293 202 ] /L 18218 /E 13466 /N 2 /T 17941 >> endobj xref 8 35 0000000016 00000 n 0000011383 00000 n 0000012644 00000 n 0000001293 00000 n 0000009237 00000 n 0000010689 00000 n エプソンのページを見てみましたが、フチなし印刷設定に問題はないようですね。 なお以下のようなPDFの情報があり、Word で「四辺ふちなし」印刷する場合は、用紙サイズを+8mm 大きくした「ユーザー定義サイズ」にして印刷するようなことが書かれていますので、はがきを指定すると … 0000006923 00000 n 0000012276 00000 n 0000007739 00000 n 0000009216 00000 n 0000007718 00000 n 0000012309 00000 n trailer << /Size 43 /Info 4 0 R /Encrypt 10 0 R /Root 9 0 R /Prev 17932 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 9 0 obj << /Pages 5 0 R /Type /Catalog /DefaultGray 6 0 R /DefaultRGB 7 0 R >> endobj 10 0 obj << /Filter /Standard /V 1 /R 2 /O (G�&�f��Z����\nRI-�O�.z����|�) /U (w.B����37�K���F-T3dL%�C��qTf��) /P -44 >> endobj 41 0 obj << /S 46 /Filter /FlateDecode /Length 42 0 R >> stream 0000004699 00000 n はがき設定は、[差し込み文書]タブの[はがき印刷]ではなく、[レイアウト]タブのページ設定の用紙を[はがき]にして、余白をすべて 0mm に設定して作成されているのでしょうか。, 余白を 0mm に設定したとき、警告が表示されてきますが、[無視] を指定していますか。, [無視] を指定しないと、プリンターの最小余白量になってしまいますが、これは[余白]設定を設定した時点でわかります。, Word の印刷で表示されるプレビューでは「フチなし」となっていて、印刷すると周囲に数mmの余白部分付いて印刷されるということでしょうか。, 挿入した画像の文字列の折り返しは、行内、前面などでもフチなし印刷はされるようですが、画像サイズがはがきサイズより大きい場合は、前面または背面に設定して配置したほうが良さそうです。, 余白の設定が 0mm となっていて、印刷する時にプリンターのプロパティで「四辺縁なし」に設定で問題はないようなので、原因が Word 側かプリンター側か現状は不明です。, Office 2013 のクイック修復、またはオンライン修復を行って、再度確認してみてはどうでしょう。, こちらの Canon製プリンターで、通常のページ設定ではがきのフチなし印刷を試した結果では、問題なく印刷可能でした。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, 余白を 0mm に設定したとき、警告が表示されてきますが、[無視] を指定していますか。 背景付きの資料や、画像・写真の多い資料をWordやExcelでフチなし印刷すると、用紙の端に不要な余白ができてしまうことがあります。 WordやExcelでキレイに資料をふちなし印刷するにはどうすればいい … 0000008448 00000 n �v>A@�.�U�o�����. �~fXB%����~�6�FA�&S:l)�B��r~��/��b[��7�u=���TD�Ҍ�1y}H�+���ך�͇��u���b,�(� #0��0�� endstream endobj 42 0 obj 98 endobj 11 0 obj << /Type /Page /Parent 5 0 R /Resources << /Font << /F0 15 0 R /F1 12 0 R /F2 16 0 R /F3 19 0 R /F4 23 0 R >> /ProcSet 37 0 R >> /Contents [ 18 0 R 22 0 R 25 0 R 27 0 R 29 0 R 31 0 R 33 0 R 35 0 R ] /MediaBox [ 0 0 596 842 ] /CropBox [ 0 0 596 842 ] /Rotate 0 >> endobj 12 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /Name /F1 /BaseFont /Century /FirstChar 31 /LastChar 255 /Widths [ 1000 278 296 389 556 556 833 815 204 333 333 500 606 278 333 278 278 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 278 278 606 606 606 444 737 722 722 722 778 722 667 778 833 407 556 778 667 944 815 778 667 778 722 630 667 815 722 981 704 704 611 333 606 333 606 500 333 556 556 444 574 500 333 537 611 315 296 593 315 889 611 500 574 556 444 463 389 611 537 778 537 537 481 333 606 333 606 750 750 750 204 556 389 1000 500 500 333 1000 630 259 1000 750 750 750 750 204 204 389 389 606 556 1000 333 1000 463 259 833 750 750 704 287 296 556 556 606 704 606 500 333 737 334 426 606 333 737 500 400 549 333 333 333 576 606 278 333 333 300 426 833 833 833 444 722 722 722 722 722 722 1000 722 722 722 722 722 407 407 407 407 778 815 778 778 778 778 778 606 778 815 815 815 815 704 667 574 556 556 556 556 556 556 796 444 500 500 500 500 315 315 315 315 500 611 500 500 500 500 500 549 500 611 611 611 611 537 574 537 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /FontDescriptor 13 0 R >> endobj 13 0 obj << /Type /FontDescriptor /FontName /Century /Flags 34 /FontBBox [ -250 -214 1200 1000 ] /MissingWidth 1000 /StemV 91 /StemH 91 /ItalicAngle 0 /CapHeight 1000 /XHeight 700 /Ascent 1000 /Descent -214 /Leading 214 /MaxWidth 1000 /AvgWidth 500 >> endobj 14 0 obj << /Type /FontDescriptor /FontName /Arial /Flags 32 /FontBBox [ -250 -273 1200 1000 ] /MissingWidth 727 /StemV 83 /StemH 83 /ItalicAngle 0 /CapHeight 1000 /XHeight 700 /Ascent 1000 /Descent -273 /Leading 273 /MaxWidth 1000 /AvgWidth 455 >> endobj 15 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /Name /F0 /BaseFont /Arial /FirstChar 31 /LastChar 255 /Widths [ 750 278 278 355 556 556 889 667 191 333 333 389 584 278 333 278 278 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 278 278 584 584 584 556 1015 667 667 722 722 667 611 778 722 278 500 667 556 833 722 778 667 778 722 667 611 722 667 944 667 667 611 278 278 278 469 556 333 556 556 500 556 556 278 556 556 222 222 500 222 833 556 556 556 556 333 500 278 556 500 722 500 500 500 334 260 334 584 750 556 750 222 556 333 1000 556 556 333 1000 667 333 1000 750 750 750 750 222 222 333 333 350 556 1000 333 1000 500 333 944 750 750 667 278 333 556 556 556 556 260 556 333 737 370 556 584 333 737 552 400 549 333 333 333 576 537 278 333 333 365 556 834 834 834 611 667 667 667 667 667 667 1000 722 667 667 667 667 278 278 278 278 722 722 778 778 778 778 778 584 778 722 722 722 722 667 667 611 556 556 556 556 556 556 889 500 556 556 556 556 278 278 278 278 556 556 556 556 556 556 556 549 611 556 556 556 556 500 556 500 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /FontDescriptor 14 0 R >> endobj 16 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /Name /F2 /BaseFont /#82l#82r#83S#83V#83b#83N,Bold /DescendantFonts [ 39 0 R ] /Encoding /90ms-RKSJ-H >> endobj 17 0 obj 739 endobj 18 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 17 0 R >> stream