ャッターのかんたん解説へ, ファインダーは調整しておこう, 家族写真・記念写真のポイント, 子どもの笑顔を引き出すヒントを見る, 入学式・卒業式の撮り方を見る, 愛犬とのお散歩フォトの撮り方へ, ちょっと「いい写真」を撮るヒント, レンズを変えると写真が変わる!, 日本各地の写真ギャラリーを見る. 写真のお役立ち記事、プレゼントをお知らせ! 「球団が発信しなければ今後生き残れないと感じます」。昨年1月の記事「千葉ロッテ『広報カメラ』の仕掛け人に聞く」にて千葉ロッテ広報・梶原紀章氏は球団広報の役割についてこう語っていた。そんな梶原氏はどのような思いでファンに情報発信をしているのか…。 開幕戦試合前のロッカールーム、試合前の円陣風景、ブルペンでの投球練習、ドラフト会議で佐々木千隼投手の交渉権を獲得し、控え室で喜ぶスカウト陣……。, 試合中継やスポーツニュースではなかなか見られない場面や選手の一面を映し出しているのが、千葉ロッテ公式YouTubeチャンネルのコンテンツ「広報カメラ」だ。この広報カメラで自ら企画・撮影しているのが球団広報の梶原紀章氏。スポーツ紙の記者から2005年に球団広報へ転身し、「カジさん」の愛称で選手、チームスタッフから慕われている。, 「広報カメラ」がスタートしたのは、球団が公式YouTubeチャンネルを開設した翌年の2014年。始まったきっかけはYouTubeの普及だった。, 「近年、スマートフォンやタブレットPCの普及もあって、YouTubeで動画を見るのが当たり前の社会になっています。YouTubeに試合中継では見られない動画をアップして、千葉ロッテや野球について好きになってもらいたいなと思いました。もう一つは2013年に伊東勤監督が就任した際、『MLBのようにロッカールームを開放しよう』というアイデアが出たんです。でもロッカールームの狭さなどもあって断念しました。その時に私が代表してロッカールームに入ってカメラを回し、舞台裏を披露する形もアリかなと思い付きました」, 公式YouTubeチャンネルを開設した初年度は、試験的な意味で球団キャラクターの動画を中心に配信。その後、検証・調査を経て、選手に密着した映像を撮り始めた。しかし、始まった当初は選手たちの反応は決して芳しいものではなかった。梶原氏が振り返る。, 「口には出さなかったけれど、違和感はあったと思います。表情も固かったし『この映像、何に使うの?』という印象でした。でも2015年のCSぐらいから選手たちにもすっかり当たり前の雰囲気になって、撮られていることに違和感がなくなっていましたね。以前は事前に『映像撮るよ』と言っていましたが、最近は流れの中で自然に撮っています。もしも今、事前に言ってしまったら自然な表情は出せないでしょう」, 中には偶然撮影できた映像も存在する。昨秋の鴨川キャンプ、ジョギングで球場入りする伊東監督に密着したものだ。, 「マネージャーから『球場まで監督走ってきますよ』と連絡があって、監督が来るであろうコースで待っていたんです。でもなかなか来ないのであきらめて球場に戻ろうとしたら、監督が私の後ろ姿に気付いて声を掛けてきました。実はこの時、監督は道を間違えていたんです。迷っていたらたまたま私と会った。偶然撮れた映像だったんです。私の中では『やった!』と感じましたね」, 昨年11月に行われたファン感謝デー「スーパーマリンフェスタ」ではこんな一幕があった。普段は撮影する立場の梶原氏だが、ロッカールームで選手に撮影されるという普段とは逆の立場を経験した。, 「撮られる立場になって初めて気付いたんですが、なかなか笑顔になれませんよね。その時に『あぁ、選手たちはいつもこんな気持ちで撮られていたんだな』と実感しました。同時に撮影に協力してくれる選手たちに対して、改めて感謝の気持ちが生まれましたね」, また、密着映像だけではなく、プロならではの技にも迫ってきた。200本以上を超える「広報カメラ」の動画の中で、最も再生回数が多かったのは2014年、15年に在籍したルイス・クルーズ選手(現巨人)の巧みなグラブさばきを集めた守備練習の映像だった。, 「クルーズが巨人に移籍した後、『いろいろな人からあの映像を言われるんだ』と言われました。母国メキシコからはもちろん、遠い海外の知り合いからも『動画見たよ』と連絡があって、そのコメントは嬉しかったです。これこそがYouTubeで配信する狙いでした」, 2015年の秋季キャンプでは、ブルペンで自身の前にネットを立てカーブを特訓する南昌輝投手の投球練習映像を配信した。この映像はチームスタッフが「こんな練習しているよ」と教えてくれたからこそ撮れたと梶原氏は言う。, 「この映像は『プロってすごいな』と感じさせる映像です。この翌年となった昨年、南は自己最多の57試合に登板し中継ぎ陣の一角を担う活躍をしました。この映像の記憶があるファンは『あれほど練習した南が頑張った』とより感情移入しますよね」(後編につづく). アジャ井上のキャンプにカメラが接近【広報カメラ】 https: ... — 千葉ロッテマリーンズ公式アカウント (@Chiba_Lotte) February 2, 2020. カメラ性能MAXな「iPhone 12 Pro Max」は価値がある? NYCでいろいろ撮ってみて感じたこと, iPhone 12でHDRビデオ作成も! アップル純正動画アプリ「Clips」の新機能を解説, 「iPhone 12」のカメラを徹底的に試す iPhone 11世代から買い替えるレベル?, 強化した暗所撮影機能が作品作りを変える――落合陽一氏が感心する新型iPhoneのカメラ性能, 【アウトドアにおすすめのアクションカメラ】プロが撮影したような動画をキャンプで楽しもう!, ゴルフの練習に行ったら球を打つだけ? 内藤雄士が「上達したいなら、動画撮影が絶対です」と言いきる理由. ロッテ「広報カメラ」仕掛け人が撮り始めたワケ 最多再生回誇る映像は… 2017/01/28 16:44 千葉ロッテマリーンズ球団広報・梶原紀章氏【写真:武山智史】 ロッテの球団広報を務めながら、自ら原稿も書く梶原紀章氏 「球団が発信しなければ今後生き残れないと感じます」。昨年1月の記事「千葉ロッテ『広報カメラ』の仕掛け人に聞く」にて千葉ロッテ広報・梶原紀章氏は球団広報の役割についてこう語っていた。 プロ野球・千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供します。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright © Full-Count. 「広報カメラ」仕掛け人が考える、ライブと動画の「いい循環」とは 試合中継やスポーツニュースではなかなか見られない場面や選手の一面を映し出しているのが、千葉ロッテ公式YouTubeチャンネルのコンテンツ「広報カメラ」だ。 石垣島で春季キャンプを行っているロッテ。今年は内・外野ともにポジション争いが激しい。2年連続で24本塁打を放った井上晴哉もレギュラーが安泰というわけではない。, 今年は昨年のイースタン・リーグで二冠王を獲得した安田尚憲が一軍で起用されることが濃厚。安田は三塁が本職ではあるものの、そこには昨年32本塁打のブランドン・レアードが君臨している。安田が一塁に回り、井上と競争になる可能性も十分にある。, 井上は打撃練習で快音を連発。途中でレアードが絡んでくる場面もあり、ライバルではあるものの仲の良い一面も見せている。, 昨年末、井上は自身の愛称である「アジャ」の大元でもあるアジャ・コングさんにホームラン王を誓った。約束を果たすために、キャンプでしっかりと仕上げレギュラー死守することに期待がかかる。, アジャ・コングに誓うホームラン王!アジャ井上のキャンプにカメラが接近【広報カメラ】 https://t.co/ZbA87grcYF #chibalotte #2020年マリーンズ春季キャンプ, https://images.daznservices.com/di/library/sporting_news/f/43/_11blr3ukvrsnx13ptvb8agep40.jpg?t=148808704&w=500&quality=80. new! Copyright © Full-Count. カメラ初心者のための「写真の撮り方」ガイド. 「球団が発信しなければ今後生き残れないと感じます」。昨年1月の記事「千葉ロッテ『広報カメラ』の仕掛け人に聞く」にて千葉ロッテ広報・梶原紀章氏は球団広報の役割についてこう語っていた。そんな梶原氏はどのような思いでファンに情報発信をしているのか…。前編は梶原氏が得意とするコラム執筆について聞いた。, 【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法, 梶原氏は元スポーツ紙記者という前職を生かし、様々なネットメディアで球団、選手についての記事を執筆している。地元・千葉日報では連載コラム「千葉魂」を持ち、2月の春季キャンプ期間中は毎日コラムを2本執筆した。「2月のキャンプは野球ファンに対して見本市のような時期。新しい魅力、期待感を煽るためにあえて自ら積極的な情報発信を心がけました。少しでも新生・井口マリーンズに希望、ワクワクするような期待を持ってもらい球場に足を運んでもらいたいという戦略の下です」と振り返る。, 以前から梶原氏は球団発行の「マリーンズマガジン」や、西村徳文監督時代には球団携帯サイトに「七転八起」と千葉ロッテファン向けの媒体で情報発信をしていた。それが2014年、千葉日報を皮切りにネットメディアを中心に活躍の場を広げる。そこにはどんな意図があったのだろうか。, 「インターネットを幅広い年齢層が見るようになったのが大きいです。情報が広まりますからね。コラムを書く上で常に意識しているのは『Yahoo! new! 「広報カメラ」仕掛け人が考える、ライブと動画の「いい循環」とは 試合中継やスポーツニュースではなかなか見られない場面や選手の一面を映し出しているのが、千葉ロッテ公式YouTubeチャンネルのコンテンツ「広報カメラ」だ。 飼い主のポケモン愛がうつった!? ポケGOを見ると手を伸ばさずにはいられない子猫さん, 【巨人】ファンとの懸け橋となった「ブラコミ」部 SNSを積極的に活用…「WITH FANS」の精神を担当記者が見た, 【アウトドアにおすすめのアクションカメラ】プロが撮影したような動画をキャンプで楽しもう!, 小倉智昭、交通違反動画に「どこから撮られているか分からないので気を付けて」と注意で批判殺到, 「#コロナに負けるな千葉ロッテ」……マリーンズにはいつも逆境で支えてくれるファンがいる, 隠しカメラ駆使で舞台裏公開…100勝の巨人菅野に投手陣が計画した“サプライズ”とは?. 初めて買った一眼レフやミラーレスカメラ。お子さんの成長記録からsnsで「いいね!」がもらえるオシャレな写真まで、ちょっとした撮り方のコツを覚えるだけで、写真がぐーんとステキになりますよ。さあ、始めましょう! 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 試合中継やスポーツニュースではなかなか見られない場面や選手の一面を映し出しているのが、千葉ロッテ公式YouTubeチャンネルのコンテンツ「広報カメラ」だ。この広報カメラで自ら企画・撮影しているのが球団広報の梶原紀章氏。スポーツ紙の記者から2005年に球団広報へ転身し、「カジさん」の愛称で選手、チームスタッフから慕われている。, 今回の取材中、梶原氏は自身のスマートフォンでYouTubeを開き、千葉ロッテ公式チャンネルにアップされている「広報カメラ」の映像を見返した。「印象に残っている映像は?」と質問すると、「何だろう……いっぱい撮ってきましたからね」と苦笑いを見せる。, 「広報カメラ」で欠かさず撮っていたのはホームゲームで勝利した際、試合後にライトスタンドのファンと勝利を分かち合う「We Are! 千葉ロッテ!」のやり取りだった。「これは思い出深いなぁ。『We Are!』の最高傑作です」と梶原氏が動画を再生したのは昨年5月15日の楽天戦。2試合連続のサヨナラ勝ちで沸く直後の「We Are!」だった。, この日、ハンディメガホンを握ったのは6回に一時は逆転となる代打満塁弾を放った細谷圭選手。細谷選手はライトスタンドの千葉ロッテファンに対し「ヘイヘイヘイヘイヘイ! 楽しんでるかー!」と大声で盛り上げる。さらにベンチへ引き上げる前には「サンキュー幕張!」と絶叫。その姿は細谷選手がファンを公言する伝説のロックバンド・BOOWYのボーカル氷室京介氏を彷彿とさせるものだった。, 「彼とは入団したころから『BOOWYをからめたファンの盛り上げをやりたいね』と話していました。ようやく実現できて感慨深いです。いつ見ても良いよね……」。その言葉には深い情感が込められていた。, 試合前、試合後の映像はその日のうちにアップするのが基本。ファンの反応を見ていると、「広報カメラ」によっていいサイクルが生まれているのではと梶原氏は考察している。, 「昨シーズンが終わってふと思ったんです。球場で試合を見ていたお客さんは、また動画で見返すのは嬉しいんですよ。家に帰る途中や帰ってから動画で違う角度から見て、『選手同士でこんな会話をしていたり、こんな表情をしていたんだ』と気付く。まるで選手と一緒に試合をしている感覚になるんですよね。逆にテレビで試合を見た後に動画を見ても、感動は薄くなってしまう。ライブで見た後に動画を見ると、すごく楽しいと聞きました。そうすることで『また球場で見たい、そして勝ってYouTubeでまた見たい』といい循環が生まれるでしょう」, また、昨年はドラフト1位で入団してきた平沢大河選手に密着して撮ってきた。年明けに行った地元・宮城での自主トレ、春季キャンプインの朝、プロ入り初スタメン、シーズンオフには宮城帰省にも同行している。, 「私が好きなのは母校・仙台育英での自主トレですね。マスコミ公開用として腕だけで縄を登るシーンがありました。この光景を見てファンは『コイツ、凄い選手だろうな』とワクワク感を持ったと思います。大河の場合は『広報カメラ』が導入されてから入団してきた選手。なるべく長いスパンで撮影して、もしかしたら引退した時に総集編として映像を出せるかもしれません。今後も追いかけていきたいです」, プロ野球の球団広報はメディア対応など、基本的に「受ける」仕事が多い。しかし近年はSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の発達もあり、球団自らが情報発信するケースが増えている。梶原氏自身はスポーツ紙記者という前職を生かし、千葉日報で「千葉魂」を連載するなどメディアを通して選手たちの素顔を伝えてきた。球団広報の立場として、近年の傾向をどう考えているのだろうか。, 「私も以前はメディアを通して発信することだけを考えていました。その手法も大事ですが、これからはSNSを通して球団が発信しなければ今後生き残れないと感じています。今は『どう情報を発信していこうか』と24時間ずっと考えていますよね」, 今後、撮ってみたい映像について聞いてみると「結構いろいろ撮っちゃいましたからね……」と答えた梶原氏。その中でこんなアイディアを明かしてくれた。, 「一番理想なのは優勝して、胴上げのど真ん中で撮影したいですね。もしくは胴上げされている伊東監督の真下(笑)。そういう面白い映像を撮ってみたいです」, 最後に同氏は「広報カメラ」を見ている視聴者に「ぜひ動画に対してコメントしてほしい」とメッセージを送った。, 「なるべく動画にコメントしてほしいですね。コメントを見て『こんな考え、発想もあるのか』『ここが面白いんだ』と気付くことが多々あります。私自身の勉強になりますし、次に撮影する動画のヒントも生まれてくる。これはテレビや新聞ではできない、インターネットだからこそできる強み。受け手が何を求めているのかも見えてくるので、どんどんコメントをお願いします!」, 2017年、梶原氏はドラフト1位で入団した佐々木千隼投手の自主トレ風景や、今季から背番号「4」から「0」に変わる荻野貴司選手の「最後の背番号4の姿」を撮影した。まもなく始まる石垣島キャンプで、「広報カメラ」はどんな面白い動画を配信するのだろうか。今から楽しみだ。.