ベルギー. 2020年現役選手の背番号「10」 3球団が永久欠番に制定している背番号「10」。2020年に背負っている各球団の選手は以下の通りとなっている。 西武:森友哉捕手 ソフトバンク:大竹耕太郎投手 楽天:永久欠番(ファンのための番号) ロッテ:加藤翔平外野手 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 年度: 選手名: ポジション: 背番号情報: 選手名情報: その他備考: 1950: 今久留主 淳: 内野手 入団/西鉄へ移籍 1951 1952: 長谷川 善三 new! ㊗️鳥谷敬ロッテ入団! 新天地でもまだまだ頑張ってくれ. 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 背番号10と言えば、サッカーにおけるエースナンバーであり、“チームの顔”とも言うべき選手がつける番号だろう。では今現在、各国代表の“10番”と言えば誰なのか。主要国の顔ぶれをまとめてみた。 ※カッコ内は現所属クラブ ※情報はすべて2020年10月12日時点のもの. Copyright (c) 2020 FromOne Inc. All Rights Reserved. そうなると背番号は9になるのかなぁ? 確か今ロッテの9って空き番やったし… ロッテ・鳥谷敬も楽しみだ! 交流戦、甲子園で待ってるぞ. 中でも張本勲選手は、現役生活23年間で在籍した球団全て(東映、日拓、日本ハム、巨人、ロッテ)で背番号10番をつけ、日本プロ野球史上最も長く10番をつけた選手だ。現役選手(2016年現在)で一番長く背番号10番をつけているのは、巨人の阿部慎之介選手である。 ロッテに新加入したWBCキューバ代表のロエル・サントス外野手(29)が26日、ZOZOマリンで入団会見を行った。背番号は「10」に決まった。 ロッテで背番号00を付けた選手はこれまで9人。鳥谷選手が10人目となりますね! 年度: 選手名: 1991-1992: 大順 将弘: 1993 : モトリー: 1994-1996: 諸積 兼司: 1997: 小坂 誠: 2001-2003: メイ: 2005-2008: 代田 健紀: 2011-2016: 高濱 卓也: 2017: 柴田 講平: 2019: レイビン: 2020: 鳥谷 敬: 阪神ファンとロッテファンの … 史上初の“オール海外組”でオランダ遠征に臨んでいる日本代表。9日に行われたカメルーン代表との国際親善試合では、MF南野拓実が初めて“10番”をつけてプレーした。, 背番号10と言えば、サッカーにおけるエースナンバーであり、“チームの顔”とも言うべき選手がつける番号だろう。では今現在、各国代表の“10番”と言えば誰なのか。主要国の顔ぶれをまとめてみた。, 本来10番をつけるエデン・アザールが負傷離脱中のため、25歳のアタッカーが大役を務めている。, “現”世界王者の10番はエンバペ。過去にはミシェル・プラティニ、ジネディーヌ・ジダン、カリム・ベンゼマらが背負ってきた。, ペレ、ジーコ、ロナウジーニョなどレジェンドがつけてきたセレソンのエースナンバー。継承者にふさわしい活躍を披露している。, 11日に行われたベルギーとのUEFAネーションズリーグで10番を着用。65分に殊勲の逆転ゴールを決めた。, “現”欧州王者、ポルトガルの10番はこの人。フル代表デビューから数えて5試合目には10番をつけていた。, 2015年のコパ・アメリカでディエゴ・フォルランから10番を継承。2018年のロシアW杯でも10番を着用した。, 9月9日に35歳の誕生日を迎えたが、パフォーマンスレベルは今も世界トップクラス。不動の存在だ。, 2010年南アフリカW杯から10番を着用。8日のW杯南米予選でも、エクアドル相手に決勝点を決めた。, 11日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナとのUEFAネーションズリーグで、10番を初着用。本来10番をつけるメンフィス・デパイは出場停止だった。, 2018年、代表引退を表明したメスト・エジルから10番を継承。来年は自身初のユーロ出場を狙う。, リーダーシップに優れるレフティーは、母国で代表の10番を背負い、キャプテンまで務める。, “9番”アーリング・ハーランドと共にノルウェー代表をけん引。21歳にして、フル代表のキャップ数は「24」を数える。, クラブでは背負ったことがないが、代表では2014年のブラジルW杯後から10番を着用している。, 9日の日本戦で10番を着用。彼にとっても、カメルーン代表の10番をつけるのは初めてのことだった。, 出場機会こそなかったが、8日のベルギー戦では背番号10として登録。13日の日本戦に出場すれば、実に3年ぶりの代表戦出場となる。. 3/10(火) おはようございます(*Ü*)ノ”☀. ウーデゴールやハーランドらが順当選出! グループ首位目指すノルウェー代表が発表《UEFAネーションズリーグ》, オランダ代表が予想外の5-3-2採用。イタリア代表指揮官が面食らう「驚いた」【UEFAネーションズリーグ】, イタリアとオランダは譲らずドロー、ポーランドが首位浮上《UEFAネーションズリーグ》.