49歳を迎えた今でも現役選手である三浦知良選手の日頃の努力は計り知れないものがあります。いつまでもカッコよくスタイリッシュであるカズ選手を目指している選手はとても多いです。, スター選手はJ1にいると思われがちですが、多くのJ2選手たちもしっかりと輝きを持ってプレーしています。多くの選手たちの光るプレーを観てJ2ならではの面白さを熱さを是非スタジアムで体感してみてください。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. J1よりもチームの総合力としては質が落ちるかもしれませんが、J2にも良い選手がたくさんいます。 日本に来る外国人選手が背番号「42」を着用することが多いのは、このような理由がある。, ジャッキー・ロビンソンのメジャーデビュー50周年の1997年4月15日。全球団の背番号「42」が永久欠番となった。着用を許されたのは、その時点で「42」を背負っていた選手だけだ。そのひとりがマリアノ・リベラだった。ニューヨーク・ヤンキースの守護神として活躍したリベラも1997年開幕当時、実績はまだなかった。 ロッテ:フランク・ハーマン投手 広島:クリス・ジョンソン投手 2015シーズンには7ゴールを挙げたこともあり、リオ五輪を目指す五輪代表候補にも選出され、五輪を目指す最終予選でも活躍しました。 永久欠番:0球団 巨人:クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手 内野手:2球団 日本ハム:黒羽根利規捕手 現役引退後は2009年から2011年までの3年間にわたり、阪神の監督を務めている。, 2020年に「42」を背負う日本人選手は4人。ヤクルト・坂口智隆もその一人だ。 当時は「世紀のトレード」と呼ばれ、阪神から田淵幸一、古沢憲司が西武(この年に西武が買収)へ、真弓、武田和史、竹之内雅史、若菜嘉晴が阪神へ移籍するという2-4の大型トレードだった。阪神では真弓の背番号は「7」になった。 楽天:不在 Jリーグ開幕当初からその人気は絶大であり、日本サッカーを引っ張り続けて数々の歴史を創ってきました。そして今も最高齢選手として活躍し続けています。 18歳で日本代表に選出され、日本が初めて出場したW杯の舞台に立ちました。現在は36歳となった小野伸二選手は、コンサドーレ札幌に所属しています。 オリックス:アデルリン・ロドリゲス内野手 ロビンソンはファンからヤジを受けた。一緒のグラウンドをプレーすることを拒む他チームの選手もいたほどだった。そのような状況にロビンソンは耐え忍びながら結果を残した。 投手:5球団 捕手:1球団 坂口は神戸国際大付から2002年ドラフト1位で近鉄に入団。現役で近鉄のユニフォームを着ていたのは、他に巨人・岩隈久志とヤクルト・近藤一樹しかおらず、野手では坂口が唯一となっている。 誰が見ても他の選手たちとは足首の柔らかさが違うことがわかるほど、天才的なボールタッチは観ている人たちを魅了します。柿谷選手だけが起こすことのできる瞬間を是非体感してください。, 小野伸二選手の名はサッカーをよく知らない人でも知っていることでしょう。 是非J2の選手たちにも注目してみてください!, セレッソ大阪の伝統あるエースナンバーである「8」を背負う柿谷曜一朗選手は、幼稚園の頃からセレッソ大阪でサッカーをしてきた生粋のピンクの戦士です。背番号8に誇りを持ち続け、現在ではキャプテンも務めています。 サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. jリーグといえばj1が最高峰ではありますが、j2でも熱戦が繰り広げられています。j1よりもチームの総合力としては質が落ちるかもしれませんが、jにも良い選手がたくさんいます。是非j2の選手たちにも注目してみてください! ヤクルトでは2016年から3年連続150安打以上をマーク。2019年は22試合出場に終わったため、2020年に巻き返しを期している。また、DeNA・石川雄洋は坂口を追いかけて2020年から「42」に変更している。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 外国人選手の着用が多い背番号「42」。2020年シーズンも12球団中6球団が外国人選手の番号となっている。日本では縁起の悪い番号とされるが、メジャーリーグでは全球団が永久欠番となっていることもあり、来日してこの番号を選ぶ選手は多い。 ヤクルト:坂口智隆外野手 2020年各球団の背番号「42」は下記の選手が背負っている。 移籍市場が活発なメジャーリーグにおいてリベラはヤンキース一筋でプレー。ヤンキースタジアムの9回表に登場曲であるMetallicaの「Enter Sandman」が流れると、スタジアムのファンは勝利を確信した。それほどまでの絶対的守護神だった。, 日本人選手で背番号「42」を背負った選手が多くないだけに、実績を残した選手はさらに少ない。「42」が「死」を連想させるために、空き番となることが多かったからだ。しかし、中には「42」を背負って飛躍を遂げた選手もいる。阪神の監督を務めた真弓明信もその一人だ。 とは言うものの、以前ほど日本人選手が敬遠する風潮はなくなっている。DeNAは2019年までエディソン・バリオスが背負っていたが、「7」だった石川雄洋が2020年から変更。ソフトバンク・松田遼馬は阪神から、日本ハム・黒羽根利規はDeNAから、ヤクルト・坂口智隆はオリックスから移籍した際にこの番号となった。西武は2019年まで在籍していたカイル・マーティンが退団したため、楽天は2019年まで在籍していたフランク・ハーマンがロッテに移籍したため空き番になっている。, メジャーリーグにおいて背番号「42」は全球団共通の永久欠番となっている。黒人選手として初めてメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンがそのルーツだ。ロビンソンはまだ人種差別の激しかった1947年にブルックリンドジャースでメジャーデビュー。その年に盗塁王に輝くと、1949年には首位打者にも輝くなど1956年まで10年間プレーした。 この移籍が真弓の転機となり、1983年には打率.353(448打数158安打)で首位打者。1985年には一番打者として打率.322(497打数160安打)、34本塁打、84打点の成績を残し日本一に貢献。長打のある切り込み隊長として君臨した。 西武:不在 一度スイスのバーゼルへと移籍して海外挑戦をしましたが、セレッソ大阪へと復帰。 不在:2球団 多くのゴールを決めて試合の流れを変えることができ、チームの中心的選手として活躍する大前選手は、清水エスパルスにとって替えの利かない選手と言えます。試合中の接触プレーから肋骨を4本折るという重傷を負いましたが、復帰を待ち望む人たちの応援は絶えず、復帰後のプレーにも期待したい選手です。, 日本で一番有名な選手である、キングこと三浦知良選手は、その名の通り日本サッカーの王様と呼べる存在です。 DeNA:石川雄洋内野手 外野手:2球団 中日:ソイロ・アルモンテ外野手 阪神:ジョン・エドワーズ投手 メジャーリーグでは全球団の永久欠番となっている背番号「42」。そのためか、日本にやってくる外国人選手はアメリカでつけることのできない「42」を選択する選手が少なくない。日米含めて「42」を背負った選手を振り返ってみたい。 このロビンソンの功績を讃え、現役時代に着用していた背番号「42」が全球団共通の永久欠番となったのだ。また、メジャーデビューを果たした4月15日をジャッキー・ロビンソンデーと称し全球団、全選手が背番号「42」をつけてプレーするようになった。 Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 年齢を重ねても体力は落ちても、そのセンスや神がかったプレーは健在。視野が広く高く、ピッチの全体を見渡しここぞというところへとパスを供給する姿に思わずため息が漏れます。経験豊かな選手だからこそ見えている世界観を体感することができますよ。, 浦和レッズの下部組織で育ち、浦和レッズのトップチームへと昇格を果たした生え抜きの浦和っ子である矢島選手ですが、日本一層の厚い浦和レッズではなかなか出場機会がなく、武者修行のためにJ2ファジアーノ岡山へと移籍。 坂口は合併球団のオリックスでレギュラーをつかみ、2011年には175安打で最多安打のタイトルを獲得。しかし、ケガの影響で36試合出場にとどまった2015年オフに大幅な減俸を提示され、オリックスを退団。ヤクルトに移籍し、自ら背番号「42」を選んだ。 Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 世代別代表では背番号10を背負い、チームでもスタメンの位置を不動のものとしている次世代のエース候補と言ってよいでしょう。, 「オリジナル10」と呼ばれるJリーグ創設時からのJ1クラブであった清水エスパルスは、初めてJ2に降格してしまいましたが、1年でのJ1復帰を目指すチームを引っ張り、その中心となって活躍を続けているのが、チームのキャプテンでもありエースでもある大前元紀選手です。 サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. JリーグといえばJ1が最高峰ではありますが、J2でも熱戦が繰り広げられています。 ソフトバンク:松田遼馬投手 シアトル・マリナーズの選手の一覧。例えば,フィル・ブラッドリー,スコット・アッチソン,ジェフ・マント,ブライアン・スウィーニーなどがあります。 1972年ドラフト3位で電電九州から太平洋クラブ(現西武)に入団した真弓は、背番号「2」でプロ野球人生を歩み始める。翌1974年に背番号「42」へ変更すると徐々に出場試合数を増やし、1978年にはレギュラーとして118試合に出場。打率.280(418打数117安打)、8本塁打、38打点の成績を残す。そのオフには阪神へとトレードされた。 この年に抑えを任され、43セーブをあげたことで、史上最高のクローザーへの道を歩むことになったのだ。2011年まで15年連続30セーブ以上をマーク。最多セーブを3度記録し、2013年の現役引退時までに積み上げたセーブ数はメジャーリーグ史上最多の652。ポストシーズン通算42セーブも歴代最多だ。