キューバの方が好きだな。. これである。 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(西: Buena Vista Social Club )は、アメリカのギタリスト、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド。 同バンドのメンバーがソロアルバムを出す際等のブランド名としても使われる。 それから20年余経つ。 一度だけ、行く予定を立てていたが。 All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. その日の新聞に、香港で催されたファッションショーの写真が出ていた。それを複写し、4枚を合成、額装した。 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のオリジナル・メンバー。 中国の共産主義、資本主義的共産主義なんだ。 前世紀末、アメリカのギタリストであるライ・クーダーが、キューバのオールドミュージシャンをプロデュースし、世界的ヒットを飛ばした。その後、1999年、ロードムービーの巨匠・ヴィム・ヴェンダースが『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』を撮った。 中国という国、「習近平同志を核心とする共産党の指導の下に・・・」という国。共産党一党独裁の国である。が、金儲けばかりしている。世界のビリオネアがいっぱいいる。 制作・総指揮として、前作の監督・ヴィム・ヴェンダースの名が。 オマーラ・ポルトゥオンド、ルーベン・ゴンザレス、95歳まで生きたコンパイ・セグンド、・・・、・・・。 私のハバナも、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ同様、アディオスである。, 今日、中国の全人代では、香港に対する国家安全法制を可決した。 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(西: Buena Vista Social Club )は、アメリカのギタリスト、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド。 同バンドのメンバーがソロアルバムを出す際等のブランド名としても使われる。 その話は2年後実現することになる。1998年“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”のメンバーである「黄金の声の持ち主」イブライム・フェレールのソロアルバムのレコーディングに合わせて、彼らはキューバに向かうことになった・・・。 <18年の愛をこめて。>か。一昨年の映画だった。速いものだ。ヴィム・ヴェンダースの『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』から。しかし、ハバナはそう大きく変わってはいない。 その話は2年後実現することになる。1998年“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”のメンバーである「黄金の声の持ち主」イブライム・フェレールのソロアルバムのレコーディングに合わせて、彼らはキューバに向かうことになった・・・。 香港の行く末、今日の全人代の模様を予見していたのではないか。幅広の五星紅旗で目を覆われた23年前の香港のモデル、確実にそれを予見していたに違いない。 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ アディオス』、監督はルーシー・ウォーカー。 いや、面白い映画であった。ハバナの町を疑似体験しているようだった。 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(英: Buena Vista Social Club)は、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャン達(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ)との演奏を中心に、彼らの来歴、キューバの日常を描いたキューバ音楽ドキュメンタリー映画。 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(西: Buena Vista Social Club)は、アメリカのギタリスト、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド。同バンドのメンバーがソロアルバムを出す際等のブランド名としても使われる。, ライ・クーダーがキューバに旅行した際、それまでキューバ国外にはほとんど知られていなかった老ミュージシャンとセッションを行ったことがきっかけとなり、まず1997年にアルバムが出され、1999年にはドキュメンタリー映画が制作された。それと前後して、このブランド名で、各ミュージシャンのソロアルバムも発売されている。, 1997年にライ・クーダーが制作したキューバ音楽のアルバムで、作品に参加したミュージシャン達の大半が、1940年代のキューバに実在した会員制音楽クラブの会員だったため、タイトルも『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』となった。このアルバムは欧米のラテン音楽ファンを中心に世界中でヒットし、ワールドツアーが組まれた。, 1999年には、クーダーの友、ヴィム・ヴェンダース監督により、同名の音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が制作される。ワールドツアーの模様も収録されており、映画の後半に映ったカーネギー・ホールでのライヴ録音が2007年に『ライヴ・アット・カーネギー・ホール』としてCD化された。, グループとしてのステージ活動の終了を決め、2016年には“アディオス(さよなら)”世界ツアーを決行した。この模様は音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(英語版)』(ルーシー・ウォーカー(英語版)監督)として、2017年に公開された[2]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ&oldid=78412750. 1930年生まれのオマーラ・ポルトゥオンド、「最後の最後まで歌い続けたい」、と語っている。 であるが、キューバの共産主義は明るい。中国のように暗くない。キューバの共産主義は陽気である。中国のように金儲けに向けて走っていることはない。だから、今もって貧乏。 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(英: Buena Vista Social Club )は、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャン達(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ)との演奏を中心に、彼らの来歴、キューバの日常を描いたキューバ音楽ドキュメンタリー映画。 キューバ、アメリカにはずいぶん虐められてきた。ハバナの町には、革命前のがたいのデカいアメ車ばかりというのに。ポンコツ車を直しに直して。 おそらく、7月1日の返還直前の6月22日に催されたファッションショーの写真であろう。 1997年7月1日、香港は中国へ返還された。50年間は一国二制度、香港の自治権は護るというもの。 モデルの目、大きな五星紅旗で覆われている。 1959年のフィデル・カストロの革命以来70年。社会主義国キューバは貧しい中にある。しかし、皆さん明るくオシャレなんだ。 今日、23年ぶりに額装を解き、合成写真を取り出した。 一国二制度、香港の高度な自治を制限するものである。 キューバも社会主義国である。キューバ共産党の一党独裁。 ただ、下の方に、<香港 22日 ファッション>とかろうじて読み取れるところがある。 「アディオス」のオルケスタには、若いメンバーも。 この写真の記事が額の中に入っていないかと思っていたが、なかった。 20数年前となるが、メキシコ、ユカタン半島のカンクンへ行った。マヤの遺跡・チチェンイツァを訪れるため。カンクンからハバナまではひとっ飛び、眼と鼻の先、1、2時間である。2、3日、ハバナへ、と考えていたが事情がありやめた。 ハバナの町、行きたい町のひとつであった。が、叶わなかった。 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(西: Buena Vista Social Club)は、アメリカのギタリスト、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド。同バンドのメンバーがソロアルバムを出す際等のブランド名としても使われる。, ライ・クーダーがキューバに旅行した際、それまでキューバ国外にはほとんど知られていなかった老ミュージシャンとセッションを行ったことがきっかけとなり、まず1997年にアルバムが出され、1999年にはドキュメンタリー映画が制作された。それと前後して、このブランド名で、各ミュージシャンのソロアルバムも発売されている。, 1997年にライ・クーダーが制作したキューバ音楽のアルバムで、作品に参加したミュージシャン達の大半が、1940年代のキューバに実在した会員制音楽クラブの会員だったため、タイトルも『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』となった。このアルバムは欧米のラテン音楽ファンを中心に世界中でヒットし、ワールドツアーが組まれた。, 1999年には、クーダーの友、ヴィム・ヴェンダース監督により、同名の音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が制作される。ワールドツアーの模様も収録されており、映画の後半に映ったカーネギー・ホールでのライヴ録音が2007年に『ライヴ・アット・カーネギー・ホール』としてCD化された。, グループとしてのステージ活動の終了を決め、2016年には“アディオス(さよなら)”世界ツアーを決行した。この模様は音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(英語版)』(ルーシー・ウォーカー(英語版)監督)として、2017年に公開された[2]。. 50年代の大物たちが出ていた前作から18年。まだ健在のメンバーが集まる。「アディオス」、さよならの世界ツアーに。 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のオリジナル・メンバー。 オマーラ・ポルトゥオンド、ルーベン・ゴンザレス、95歳まで生きたコンパイ・セグンド、・・・、・・・。 「アディオス」のオルケスタには、若いメンバーも。