2005年〜2007年 ジュビロ磐田強化部強化担当兼スカウト 2003年 ベガルタ仙台監督 ■資格: 2020プレナスチャレンジリーグeast 第8節. 1975年 神奈川県日本大学高等学校サッカー部 2010年〜2012年 横浜F・マリノス チーム統括部 強化部長 2000年 コンサドーレ札幌チームコーディネイター チャレンジリーグも年々レベルが上がり、各チームがより一層凌ぎを削る戦いが予想されます。 11月1日 (日)11:00 [away] 新潟医福 0-1 0-0 0-1 nord. 1991年 大塚製薬サッカー部 コーチ <指導歴> いつもノルディーア北海道へご支援ご声援をいただきありがとうございます。 この度、2020シーズン新監督に現GM兼総監督である石井肇氏が就任致します。 今回の就任については、チームが上位リーグである「なでしこリーグ2部」昇格に 1997年〜1998年 コンサドーレ札幌ヘッドコーチ(現北海道コンサドーレ札幌) 2003年 ベガルタ仙台チーム統括部長 今シーズンは今まで積み上げたものをより精度を上げなければなりません。 戦い方のバリエーションを増やし選手達が活き活きとプレーし又、輝く女性として社会に貢献できる様、 この度、2020シーズン新監督に現GM兼総監督である石井肇氏が就任致します。 2019年 ノルディーア北海道 ゼネラルマネージャー兼総監督 2001年〜2002年 コンサドーレ札幌強化部長 1992年〜1995年 大塚製薬サッカー部 監督 11月14日 (土) 11:00 [away] 静岡 … 2014年〜2015年 モンテディオ山形 テクニカルダイレクター 1995年S級コーチライセンス取得. そのスピリットをサッカーで表現するのが理想です。 有難うございます。今シーズンチームの指揮を執る事になりました石井肇です。 攻守にアグレッシブに仕掛け常に前向きに戦い又、耐えなければならないときはしっかりと対応出来るチームにしたいと思います。 <選手歴> 1998年10〜12月 コンサドーレ札幌 監督 Since 2010-02-19. 北海道の人々は開拓の歴史からか常に前向きに立ち上がりフロンテア精神をもってチャレンジしてきました。 ノルディーア北海道. 1982年〜1988年 日産自動車サッカー部 ノルディーア北海道(ノルディーアほっかいどう、Norddea Hokkaido)は北海道札幌市をホームタウンとする女子サッカーのクラブ。 2020プレナスチャレンジリーグeast 第7節. 2009年 横浜F・マリノス テクニカルディレクター ■出身地:神奈川県 1978年 日本大学保健体育審議会サッカー部 1996年 大塚製薬サッカー部 総監督 1999年 コンサドーレ札幌ヘッドコーチ Copyright © 2010 - 2020 Norddea Hokkaido. All Rights Reserved. 尚、2020シーズン新体制については後日改めてお知らせさせていただきます。, 【石井肇監督からのコメント】 2020プレナスチャレンジリーグ EAST第6節 キックオフ時間・競技場変更のお知らせ. しっかりとサポートして行きますので今後ともより一層の御声援をお願い致します。, 石井 肇(Hajime ISHII) (60歳) ■生年月日:1959年5月26日 ■経歴: 2016年 モンテディオ山形 強化部部長テクニカルダイレクター 2018年 ノルディーア北海道 ゼネラルマネージャー 2004年 ベガルタ仙台強化育成部長 日頃よりノルディーア北海道を応援して頂いているスポンサー、ファン、サポーターの皆様 又、厳しい自然環境にはしっかりと耐えお互いを助け合い励まし合いながら生活します。 1988年〜1991年 大塚製薬サッカー部(現徳島ヴォルティス) (JI 2ndステージ第6節vs FC東京戦) 北海道からなでしこリーグ参入を目指す女子サッカーチーム「ノルディーア北海道」 応援する! お問い合わせ. 2013年 横浜F・マリノス チーム統括部スカウト担当部長 2008年 ジュビロ磐田強化部強化担当兼チーフスカウト 今回の就任については、チームが上位リーグである「なでしこリーグ2部」昇格に ノルディーア北海道(ノルディーアほっかいどう、Norddea Hokkaido)は北海道札幌市をホームタウンとする女子サッカーのクラブ。, 2004年、厚真町で活動する地域スポーツクラブ「あつまスポーツクラブ」(現:ASC北海道)の女性部門である「FC adooma」(アドゥーマ)として発足。監督には当時北海道穂別高等学校の体育教師だった山田静が就任し、2010年まで指揮を執った。, 2005年、札幌地域リーグで優勝し、北海道女子サッカーリーグへ昇格。2007年に「あつまスポーツクラブ」の略称「ASC」を取り入れた「ASC adooma」に改称。, 2009年、チャレンジリーグ参入決定戦Bグループで3位に入り、翌年からのチャレンジリーグEAST参入が決定した。また、同年より特定非営利活動法人北海道スポーツクラブに所属するとともに本拠地を札幌市に移し、チーム名を一般公募により「NORD」(イタリア語で「北」)とDEA(同じく「女神」)を組み合わせた「ノルディーア北海道」に変更した。2010年のチャレンジリーグEASTは6チーム中5位。, 2011年、コンサドーレ札幌元コーチの三浦雅之が監督に就任。3月8日、「なでしこリーグ準加盟」が承認[2]。リーグは6チーム中最下位。入れ替え戦で愛媛FCレディースに敗れ、北海道リーグへ降格。規定により、なでしこリーグ準加盟資格も1年で喪失(抹消)。, 2012年、チャレンジリーグ入れ替え予備戦に出場したが、チャレンジリーグ昇格決定戦でノジマステラ神奈川に敗北。また、入れ替え戦もJAPANサッカーカレッジレディースに2試合合計0-4で敗北。, 2014年、北海道女子サッカーリーグで初優勝。さらにチャレンジリーグ参入決定戦でつくばFCレディースとジュ ブリーレ 鹿児島を破って昇格を決める。, 2015年、チャレンジリーグEAST第6節終了後、監督の三浦雅之が辞任。後任監督に真島英幸が就任した。, 2016年、真島が退任し[3]、藤原英晃が監督に就任[4]するものの同年6月に成績不振により辞任したため、コーチの浮田あきなが監督に就任し指揮を執ることになった[5]。またその一方で、元選手2名が所属当時の監督からセクハラを受けたなどとして、チームを運営する一般社団法人と当時の元監督に対し計1000万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴。同年11月24日に和解が成立した[6]。この年のチャレンジリーグEASTは3位、2016プレナスチャレンジリーグプレーオフ順位決定戦は5位。, 2017年、横浜FCシーガルズ元監督の中村宏紀が監督に就任し、浮田前監督は再びコーチに就任[7]。チャレンジリーグ順位決定戦では得失点差で及ばず11位に終わり[8]入替戦に回ることになる。セレッソ大阪堺ガールズとの入替戦[9]では、2試合とも引き分け(アウェー1-1、ホーム0-0)ながらアウェーゴール数で上回り残留を決めた[10]。, 2018年は、チャレンジリーグEAST最終節で勝ち点差1で首位の大和シルフィードと対戦、勝てばチャレンジリーグEAST優勝となるところであった[11]ものの敗戦[12]、EAST3位に転落しプレーオフは5位-8位決定戦に回ることになった[13]。プレーオフ(全3節)では第2節(9月9日)の前に北海道胆振東部地震(9月6日)が発生、第3節とともに中止となり、その後の協議の結果これらの試合は実施せずにリーグ終了とすることとなった(当該試合はともにノルディーアの0-1の敗戦扱い)[14]。, ホームゲーム開催スタジアムは以下の通り。北海道リーグ所属当時のものは記載しない(ホーム・アンド・アウェー方式を採用せず、各地を巡回して実施)。, 【2017プレナスチャレンジリーグ プレーオフ順位決定戦 9位~12位 第3節】結果, 「2017 プレナスチャレンジリーグ入替戦」ノルディーア北海道、つくばFCレディース残留決定のお知らせ, 2018 プレナスチャレンジリーグ EAST 第15節 パストラル・カーズサンクスマッチのお知らせ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ノルディーア北海道&oldid=78791464.