テロについて 「テロ」について国際的に確立された定義は存在しませんが,一般には,特定の主義主張に基づき,国家等にその受け入れを強要する又は社会に恐怖等を与える目的で行われる人の殺傷行為等を指すとされています。 「カリフ国家」の事実上の崩壊を迎えたISILは,シリア及びイラクで,相次ぐ掃討作戦を受けて活動地域を縮小させた。しかしながら,勢力面において,両国に依然として相当数の戦闘員などの人員を擁している可能性があるほか(注1),資金面においても,依然数億米ドルを保有しているとみられ,さらには,両国におけるISILによるテロが増加しているとされるなど(注2),テロ組織としての攻撃能力などを引き続き保持していることを顕示した。 また,「カリフ国家」の支配地域(「州」)が世界各地に … また、最近では、裕福で高学歴の若者が、正義感や使命感でテロに加担したり、貧困国からアメリカやイギリスなどに移住した移民の2世、3世が、インターネット情報などに感化されてテロを起こしたりするケースも見られます。 テロリズム(英語: terrorism )とは、政治的目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う。 元々の意味は恐怖政治。 またテロリズムの実施者をテロリスト(英: terrorist )と呼ぶ。. 10月31日(現地時間)、ニューヨークで2001年9月11日以来最悪のテロ事件が起こった。29歳のサイフロ・サイポフ(Sayfullo Saipov)容疑者がピックアップトラックで自転車専用レーンに突入、暴走し、8人が死亡、12人以上が負

国際テロ対策を推進するには、世界各国の連携・協力が必要であることから、g8や国連等の場において、政府首脳間、治安担当大臣間、警察機関相互間等で諸対策に関する活発な議論がされています。 2018年における国際テロ情勢は,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)の標榜(ぼう)する「カリフ国家」が2017年末までに事実上崩壊したにもかかわらず,ISILの脅威が依然として世界各地に波及し,その影響力の拡散も続いていることがうかがえるなど,引き続き,ISILによるテロの脅威を中心に推 … 変化するテロのかたち ここ最近、特に目立つテロの傾向は? ⇒自国育ちのテロリストが急増中 2015年11月13日、パリ同時多発テロが起こった際に、「ホームグロウン・テロリスト」の存在がさかんに報じ …
チュニジア首都チュニスで,自爆テロが連続して2度発生し,警察官1人が死亡,警察官5人及び市民3人の計8人が負傷。同日,isilと関連を有する「アーマク通信」が,テロ実行犯について,「イスラム国」の兵士であったと主張。