Bhttp://www.strike-zone.jp/, ‰ïŽÐŠT—viŽæÞAƒR[ƒfƒBƒl[ƒgAŽÊ^‘ݏoj. 「刑務所のルールブック」(賢い監房生活)で主人公のキム・ジェヒョク(パク・ヘス)はプロ野球球団のネクセンのスター投手として活躍しています。このネクセンは実在するネクセンヒーローズ(2017年時点、現キウムヒーローズ)です。 また、マスコットキャラは千葉ロッテのマーくんとそっくりです。 それもそのはず、韓国ロッテのヌリと千葉ロッテのマーくんは遠い親戚という設定らしいです。 サムスン ライオンズ(SAMSUNG LIONS) Samsung Lions 球団ロゴ All Rights Reserved. |サムソン ライオンズ紹介 (サムスン、三星) ⇒ 球団公式サイト → グッズを見る! 球団小史:日本でも「サムスン」として有名な電子部門を中心とする財閥・サムソンが親会社。球界発足以来、球団名、本拠地が変わっていない。

All Rights Reserved. まず韓国代表・サムスンライオンズのマスコットは「ブレオ」。 チームカラーである、ブルーのライオン(レオ)でブレオです。 今回来てたのは男の子と女の子の2体ですが、どちらも名前は「ブレオ」だそうです。 韓国のプロ野球界は日本よりも歴史が浅いながらも大いに盛り上がりを見せており、所属球団も多彩な魅力が人気です。 今回は韓国プロ野球チーム10球団について、チームの特色・拠点などを人気ランキング形式でまとめてみました。 長い、長いシーズンがやっと終わりました。リーグ優勝・日本一・そしてアジア№1という、これ以上ない最高の結果と共に…。今シーズンについては次回にでもじっくり振り返ろうと思いますが、その前にまず皆さんに報告しておきたい事があります。それは今回のアジアシリーズで体感した、アジア各国の「マスコット事情」。色んな意味での刺激もありましたんで、今回は試合内容そっちのけで(笑)そちらについてお話ししていきましょう。, アジアシリーズの舞台は東京ドーム。僕が東京に向かったのは大会前日でした。東京に着くと、打合せの為すぐその足で東京ドーム入りしたんですが、球場に入る時から普段とちょっと違う感じがしましたね。東京ドームは今までも年に10試合程度主催試合で行ってますけど、まず球場の出入りや内部の通行の際のチェックがいつもと比べてかなり厳重なんです。球場内の通行には常に顔写真付IDの携帯が必要だし、関係者入口にはテロ対策の為か、空港で見かけるような金属探知機を通る必要があったりする。他国のメディアの姿も多く見られたりして、改めて「国際大会」に来たんだな…という実感を覚えました。  さて、試合そのものについては皆さん既にご存知だと思うんで、ここではあくまで僕の目線から見たシリーズについて語っていきます。今回のアジアシリーズでいつもの試合と大きく異なったのは、内野席に応援用のステージが設けられており、各国のチアリーダーやマスコットの応援活動がここを中心に展開されていった事。試合中はホームチームが各回表の終了後、ビジターチームが各回裏終了後に「応援タイム」が割り当てられ、基本的にビジターチームのチアとマスコットは試合中グラウンドには出ず、ステージのみでの応援という取り決めでした。恐らく韓国などの応援スタイルに合わせた物だと思うんですけど、これには正直ちょっと戸惑いましたね。ご存知の通り、日本流の応援は外野席が一番盛り上がる部分。通常の試合で僕らが一番「訴えかける」エリアは、必然的に外野席が中心になってきます。決して内野席のファンを無視している訳ではないんだけど、内野席はどちらかと言うと「じっくり観戦したい」派が多くを占めるんじゃないでしょうか?予選の最初2試合ウチはビジターだったんで、YMCAもラッキーセブンも内野席で踊ってたんですけど、なんか周りのファンのノリが今一つなんですよ(^^;)。それから、僕は試合中出来るだけいつも通りスタンドでグリーティングするようにはしてたんですけど、1~2イニングおきくらいにステージに戻っての応援活動が入るんで、あんまり落ち着いてグリーティングに専念出来るような状況でもありませんでした。  それにしても、韓国・台湾・中国のチアリーダー達は応援に相当気合が入っていたみたいですね。韓国なんか、僕らの感覚からすると少々しつこく感じるくらい毎イニング全てにダンスが入って、応援活動と言うよりそれ自体が「ショー」と化してる感じでした。マスコットも、チアと一緒にステージに上がってかなり積極的に踊ってましたね。他国のファンは絶対数自体は少なかったけど、みんな内野のステージ付近に固まって、その部分はかなり盛り上がっていました。応援スタイルも様々で、韓国は叩くとカンカンという金属音のするエアスティック、台湾は和太鼓みたいなものを多用していたようです。, ところで肝心のマスコット。まずは、今回のアジアシリーズに参加した他チームのマスコットをご紹介しましょう。まず韓国代表・サムスンライオンズのマスコットは「ブレオ」。チームカラーである、ブルーのライオン(レオ)でブレオです。今回来てたのは男の子と女の子の2体ですが、どちらも名前は「ブレオ」だそうです。「名前一緒なの?」と聞いたら、ちょっと考えた後男の方は「チェガン」、女は「サスン」と呼ぶ事もあると言ってたけど、これはニックネームの様なものなのか、それとも韓国語で何か意味のある呼称なのかは分かりません…(誰か意味の分かる方がいたら教えて下さい!)。そして台湾代表・La Newベアーズのマスコットは「ボビー」。背ネームの綴りは「BOBE」でしたが、これで「ボビー」と読むそうです。名前や背番号(168)の由来については…そこまで突っ込んだ会話は出来ませんでした(^^;)。もちろん、ブレオもボビーも本国から来た「本物」です!(「本物」とかって言い方もちょっと抵抗あるんだけど…)ちなみに中国は選抜チームの為、マスコットはおらずチアのみでした(中国の各プロ野球チームにはマスコットはいるんでしょうか?誰か情報ありましたら教えて下さい)。  大会期間中、僕達マスコットはずっと一緒の控室でした。コミュニケーションが取りやすいかと思ってそうしてもらったんですけど、ただお互い言葉が通じないんで、初日あたりはあまり会話がなかったですね。決して気まずい訳じゃないんだけど、控室にはちょっとビミョーな空気が流れてました(^^;)。普通マスコット交流の時は相手マスコットと事前にきちんとネタ合わせをやっておくんだけど、そんな訳で今回のシリーズ中は打合せナシ。試合前の相手マスコットとの絡みの部分は、全くのぶっつけでやってました。  それでも2日目ともなると、だいぶ打ち解けて来ましたね。予選の間はデーゲームとナイターの2試合制。ナイターの時僕はまだ第1試合中の午後2時ぐらいには球場入りしてたんですが、控室にはその日第1試合に出てたブレオ達がいたんで、片言や筆記を駆使して色々話をしました。彼らに日本のマスコットの写真を見せると興味津々の様子でしたし、彼らは僕ら日本のマスコットの待遇についても、しきりに尋ねてましたね。一方僕はと言うと、今まで韓国や台湾のマスコットを直にこの目で見た事がなかったんで、彼らの意識レベルとか「位置付け」について知りたかった。  話を聞く限り、韓国にしろ台湾にしろ、彼らはどちらかと言うと「ダンサー」的意識が強いように感じました。「マスコット」という独立した存在よりも、「チアリーダーの一員」と言った方が近いでしょうか。だから、彼らは試合中殆どずっとスタンド内のステージでチアと一緒に踊ってたし、ダンスに関してはかなりのレベルでしたね。但し、活動の中心はあくまでステージ上のダンス。日本のマスコットみたいに、球場内のグリーティングについてはあまり重視していない印象を受けました。僕は常々言っているように、マスコットの活動はあくまで「パフォーマンス」と「ファンサービス」の2本立てが基本だと思っています。応援スタイルは各国様々でしょうけど、マスコットと直にふれ合う機会が多ければ嬉しいというファン心理は万国共通だと思うんで、もっとグリーティングにも目を向けた方がいいんじゃないのかなぁ?とは感じましたね。  それから、今回のアジアシリーズを前に、僕がどうしても気になっていた事がありまして…。前述の通り、僕には韓国や台湾のマスコットについての予備知識はあまりなかったんですが、唯一にして最大の情報と言うか驚きだったのが、韓国のマスコットがパフォーマンス中、人前で堂々と「頭を外す」という事…(^^;)。当然僕らの常識からすると、絶対に「あり得ない」行為です。去年出たロッテのマーくんから最初この話を聞いた時、とても信じられなかったんだけど、色んな情報を集めてみるとどうやら本当らしい。そして…確かに今回、ブレオ達は僕の目の前でやらかしてくれました!(正確に言えば、顔は衣装の中に引っ込めて、いわゆる「首なし」状態になってたんですが・笑)この辺についても僕は当然聞いてみたんですけど、彼らにとって頭を外す事は、単なるネタの1つといった程度の意識みたいですね。別に悪びれる様子もなく、どちらかと言うと誇らしげ(?)に「こんな事やるのはウチだけだぜ!」みたいな感じで話してましたから(笑)。  僕は、特にこの事について彼らを非難つもりはありません。そりゃもちろん、最初これを知った時かなりの抵抗は感じましたよ。「何の為のマスコットなの?」と。でも、お国が違えば考え方や常識も全く違ってくるのはよくある事ですからね。まぁ、僕は絶対にマネしようとは思いませんけど…(^^;)。これは僕の推測ですが、恐らく韓国や台湾の応援スタイルはチアリーダーの存在が大きく、マスコットもチアの一員という意味合いが濃い為か、彼らにとってマスコットとは、「ダンス衣装の一部」的な感覚なんじゃないでしょうか?だから人前で頭を脱ぐ事も、スタンド内ステージの前で休憩しながら頭を外して給水したりする事もあまり気にしない。例えて言えば、服を一枚脱ぐのと大して変わらない感覚なのかもしれないですね。実際彼らのマスコット衣装も見てみましたけど、韓国にしても台湾にしても機能性はかなり悪そうです。あれじゃ確かにバク転の時頭を外したり、走る時に靴を脱ぎたくなる気持ちも分からないでもない(笑)。ただ、もっと機能性を突き詰めて動きやすい衣装を作っていく事だって可能なんですけどね(もちろん見た目のバランスとも両立させながら、です)。彼らにはそこまでキャラクターイメージの維持についてのこだわりはないみたいです。まぁ、これはあくまでシリーズの僅か4日間の中で、僕が感じた印象。サムスンとラニューのマスコットだけを見て全体を決め付けてしまうのは乱暴なので、韓国や台湾のマスコットについてもっと違う姿を知っている方がいらしたら、ぜひ情報をお寄せ下さい。, それにしてもこのシリーズを通して気になったのは、盛上りという部分でかなり物足りなさを感じた事。ファイターズ戦の観客数を見てみると、初戦が15,147人・第2戦11,038人・第3戦12,337人――ハッキリ言ってスタンドはガラガラ、オープン戦並みの入りです。ラニューとの決勝戦はまあまあの入りではあったものの、それでも24,580人。プレーオフ・日本シリーズと、超満員の球場で物凄い盛上りの中で試合をしてきた後だったので、余計に物足りなさを感じました。これが札幌ドームだったら――わざわざ足を運んでくれた東京周辺のファンには申し訳ないけど、やっぱりここはホームじゃないんだ…という寂しさはヒシヒシと感じましたね。それを反映してか、胴上げの時の選手も何となく淡白な感じが否めませんでした。ちなみに、翌日のスポーツ紙の取り上げ方も一面扱いはゼロ。本来アジアシリーズは、日本シリーズよりも位置付け的には上にあるべきものなのに…。  アジアシリーズはまだ2年目と歴史も浅く、各国の力の差がもっと均衡していって「どこが優勝するか分からない」くらいにならないと盛り上がっていくのは難しいのかもしれませんね。舞台が全て日本の東京ドームというのも、球場スケジュールの確保や気候の問題・選手・球団スタッフ・各国マスコミ等大量の人々の移動や宿泊等の都合…etc.、現実的に考えると仕方ないのは理解出来ますけど、年ごとに各国持ち回り制にするとかにしたら、もっと面白くなるんじゃないかと個人的には思います(シリーズ出場の為に「海外」に行ける韓国や台湾のマスコットを、ひそかにうらやましく思ったりもしましたし・笑)。  そんな中でもアジアシリーズならではの喜びを感じたのは、球場で普段とは違う色んな人とふれ合えたこと。ファイターズファン(わざわざ北海道から応援に駆けつけてくれたファンも結構いました)のみならず、国内他チームのファンにも多く出会いました。ファイターズの試合に他チームのレプリカユニを着てくるファンを快く思わない人も中にはいるようですが、こと今回に関しては、僕は気にならないどころかむしろ嬉しかったですね。僕達は「日本代表」としてこのシリーズに出ているんだ、みんなが代表として僕達を応援してくれているんだ、って実感しましたから。  もちろん、他国を応援に来たファンとも沢山ふれ合いました。マスコット交流の時に他チームファンに喜んでもらえるのと同様、他国のファンに喜んでもらえるのも無上の喜びです。特に台湾のファンはかなりの人が「写真を撮らせてくれ」って集まって来てくれましたし、台湾人はかなりマスコット好きみたいですね。  相手の選手に関しても、韓国・中国・台湾、どこの国の選手達も僕には快く接してくれましたよ(^^)。向こうではマスコットが直接選手に絡むような事があるのかどうか知りませんが、僕が試合前ベンチに行くとみんな笑顔で嬉しそうにしてました。アジアシリーズでは国際大会らしく、試合後に両軍の選手が並んで握手を交わしていく場面があるんですが、僕もちゃっかり最後尾に並んで握手を求めてました(笑)(中には多少手荒いリアクションの選手もいましたけど)。, 様々な驚きや喜び、そして課題なども感じながら、今年最後の公式戦であるアジアシリーズはこうして過ぎていきました。僕はこの後も当分忙しい日々が続きますけど、今は優勝の喜びより無事ここまで辿り着けたという安堵感の方が大きいですね。とりあえず今月末には仕事も一段落すると思うので、そこまでは余力を振り絞って走り続けたいと思います。そしてその後は、ちょっとだけ優勝の余韻に浸る時間を下さい…。. 北海道日本ハムファイターズ公式サイトCopyright © Hokkaido Nippon-Ham Fighters. Copyright © Hokkaido Nippon-Ham Fighters. 1972.01.29 @183cm / 80kg E E Ł@.288 @2 { @18 _ ( _)3200 ( N)1 1000 啑 12 N ځB V [ Y 2 ł T i ŁB A W A V [ Y ł ‚©Hv@12”N‘O‚ɐç—tƒƒbƒeƒLƒƒƒ“ƒvŽQ‰Á‚ÌŽáŽè‚ª32Î‚ŃTƒ€ƒXƒ“‚Ì4”Ô‚É, ¡”NAŠØ‘‚Ì‹…ê‚Ńtƒ@ƒ“‚ªÅ‚àƒnƒ}‚Á‚½‰ž‰‡‰Ì‚Ƃ́HŠØ‘‚̉ž‰‡Ž–î, ‹lí‚ňÀ‘ł̃nƒ“ƒTƒ€V•‚Ál‚͉«“ê‚Ƀ‹[ƒc‚ª‚ ‚éƒNƒH[ƒ^[, u‹âŽŸ‚³‚ñiŠy“Vj‚Æ‚ÌŽ©ŽåƒgƒŒ‚Å–l‚Í•Ï‚í‚Á‚½v@ŠØ‘‚̃CƒPƒƒ“D‘ÅŽÒ‚É‚à‚½‚炵‚½ˆÓŽ¯‰üŠv‚Æ‚Í, ”w”ԍ†13‚Í“ŠŽè‚©–ìŽè‚©H@ŠØ‘‚Ì“—Û‰¤‚ª‚±‚̔ԍ†‚É•Ï‚¦‚½——R‚Æ‚Í, VEUŒ‚“I2”Ô‘ÅŽÒ‚Ì‹t“]ƒ^ƒCƒ€ƒŠ[‚ŃTƒ€ƒXƒ“˜AŸ@KIA‚Í7”ÔŽè‚É“à–ìŽè‚ª“o”Â, ƒTƒ€ƒXƒ“‚É“r’†‰Á“ü‚̐V•‚Ál@‰ƒA[ƒ`‚ªŒˆŸ’e^ƒxƒ“ƒ`‚Ì‘IŽè‚àƒ}ƒXƒN‹`–±‰»‚É.