秋田新幹線と山形新幹線には、520円引きではなく890円引きの区間があるということ。.

新幹線のグリーン料金が一目でわかる! 新幹線のグリーン料金の総額が一目でわかる価格表です。新幹線でグリーン車に乗るには、運賃と特急料金とグリーン料金の総額がかかりますが、計算をしないとわかりにくいので、グリーン車に乗る時に必要な総額をまとめて料金表にしてみました。 指定席・自由席とも同じです。 JR九州内の普通列車のグリーン料金は、50キロまで780円、51キロ以上は1,000円です。 このおかげで、移動中にパソコンで仕事をしたい人などもストレスなく没頭することができます。, 本を読む人や書物をする人などにとっては嬉しいLED読書灯も設置されており、イヤホンを用意すればラジオが聴ける環境になっているなど、普通車にはないサービスが満載。, 寒い日にはレッグウォーマーを付けて足元を暖めたり、リクライニングも特別な仕様になっているため普通車ほど気を使う必要はありません。, また、座席の前と肘掛け収納部分の二箇所にテーブルが設置されているのも嬉しいポイントです。, グリーン車の料金と魅力についてご紹介してきましたが、乗りたいと思うか、それとも「別に普通の指定席でもいい」と思うかは、人それぞれ。, ただ、飛行機の各グレードの差と比較すれば、料金面で見たときには、そこまで大きな差は無いようにも感じます。, 例えば、行きは普通車の指定席、ちょっと疲れている帰りはグリーン車でゆったりと、という使い分けもしてみるのも良いかもしれません。, いずれにしても、一度は乗ってみる価値があるはず。一度乗り、その価値を自ら確認してみましょう。. グリーン車との差額は、4,780円となります。, 普通車の自由席を利用した場合なら、大人運賃(8,750円)と自由席利用時の特急料金(4,870円)の合計なので、13,620円。 JR東日本管内の相互発着の新幹線・特急のグリーン料金・グランクラス料金です。東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線が対象になります。北陸新幹線では、JR西日本区間(上越妙高~金沢間)でもこの料金表が適用されます。 ※東北新幹線と北海道新幹線を直通してご利用になる場合、または、北陸新幹線のJR東日本区間とJR西日本区間を直通してご利用になる場合は、会社境界で打ち切り計算となるか、加算額が設定されています。 グランクラス(A)を適用する列車 1. 新幹線のグリーン車やグランクラスを利用する際の特急料金は、通常期の指定席特急料金の530円引きです。 ただし、新幹線を乗り継いで東海道新幹線と九州新幹線を利用する場合は、1,060円引きになります。 グレードが異なれば、当然、料金も異なるのですが、新幹線の座席はグレードによってどの程度の差があるものなのでしょうか。, グリーン車と普通車の差がどれくらいあるのかを知れば、グリーン車の利用価値が分かってくるかもしれません。 šã®ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³æ–™é‡‘表【東京発着】, 東京発着(東北・山形・秋田), グリーン料金には繁忙期や閑散期の区分はありません。通年同額です。, *の付いている価格は、「のぞみ」と「さくら」のグリーン席を博多駅で乗り継いだ場合の料金です。, 片道運賃で表示しています。東京〜西明石以遠は往復で購入すると. グリーン車との差額は、5,610円となります。, 注意していただきたいポイントが、秋田新幹線と山形新幹線には、520円引きではなく890円引きの区間があるということ。, ここまでグリーン車の料金についてご紹介させていただき、普通車と比較すると数千円の差額があることをご説明いたしましたが、その差額を支払うほどの良さがグリーン車にはあるのでしょうか?, グリーン車は、普通車と比べて料金が高くなります。これにはもちろん理由があり、その一つが、座席の広さです。, グリーン車の座席は普通車に比べるとかなり広く作られているため、ゆったりと腰掛けることができます。, 座席の背面部分も高くなっているので、しっかりともたれかかることができるのも、グリーン車の特徴。, また、座席配置も異なっており、新幹線の普通車(一部の列車を除く)は片側二席、通路を挟んで三席という一列五席が基本となっていますが、グリーン車は片側に二席ずつの一列四席となり、このおかげで圧迫感が大幅に軽減されています。, さらに、座席の足元にある幅も、普通車と比べると12cmほど広くなっており、足置き(フットレスト)も設置されているため、足を伸ばして休むことができます。, 普通車の座席とはゆとりが全く違うため、長時間の移動でも疲れがほとんど溜まらず、快適に移動することができます。, グリーン車はある程度お金を持っている人が利用するため、若い学生のグループや子供の数が極端に少ないのも特徴的。 交通手段.com , Copyright© 東京~仙台間、東京~盛岡間、東京… よって、こうした人たちが発する大きな声や物音から逃れることができるのです。, さらには、グリーン車には振動が抑えられる装置が付けられていたり、防音構造になっている車両もあるため、静かにゆったりと移動することができます。, 自由席や指定席なら、乗車率によっては通路に人が溢れかえることがありますが、グリーン車ではそれもなし。, 大きな音が苦手な人、新幹線で寝たい人などは、グリーン車を選択する価値があるかと思います。, グリーン車に乗ると、定期的におしぼりの配布サービスを受けられたり、ひざ掛けの貸出サービスなどを受けることができます。, また、グリーン車専任の乗務員がゴミの回収も定期的に行ってくれますので、座席周りを清潔に保つこともできます。, 新幹線のグリーン車には、各座席の肘掛けの下にコンセントが付いています。 東海道・山陽新幹線のグリーン料金 (【のぞみ】【ひかり/こだま】共通) グリーン車をご利用になる場合は、通常期の指定席特急料金から520円引きした額に、 グリーン料金(おとな・こども同額です)を加えてください。 グリーン車・グランクラスをご利用になるときには、グリーン券・グランクラス券が必要です。 グリーン料金・グランクラス料金は実際にご乗車になる区間の営業キロによって計算します。グリーン料金は、新幹線・特急・急行と快速・普通でねだんが異なります。 普通・快速列車のグリーン料金はこちらをご覧ください。 →普通列車・快速列車のグリーン料金 東海道・山陽新幹線の「東京からのグリーン車料金」「東京までのグリーン車料金」の総額が一目でわかる価格表です。「のぞみ」「ひかり」「こだま」のグリーン席の通常期のjr正規価格が一目でわかります。世界一わかりやすい新幹線旅行の解説サイトです。 グリーン車との差額は、4,780円となります。 普通車の自由席を利用した場合なら、大人運賃(8,750円)と自由席利用時の特急料金(4,870円)の合計なので、13,620円。 グリーン車との差額は、5,610円となります。 全国の新幹線の自由席と指定席の料金の差額は原則530円である。 一方のグリーン車と指定席の料金の差額は、グリーン料金から530円引いた金額。 山陽・九州新幹線(境界駅:博多駅)、東北・北海道新幹線(境界駅:新青森駅)のように2つの会社をまたぐ場合は運賃計算が打ち切りになる。 北陸新幹線(境界駅:上越妙高駅)は一応通算するものの、相互利用は加算料金が発生する。これらの場合はグリーン車と指定席の差額が大きくなりやすい。 逆に、「その程度の差なら普通車で十分!」と思う人も出てくるでしょう。, 最終的な感想は人それぞれで異なってくるかもしれませんが、それもすべて、グリーン車と普通車の違いを知っているからこそ。, そこで今回は、新幹線のグリーン車の特徴や料金、普通車との違いについてご紹介させていただきます。, まず最初に、新幹線のグリーン車を利用する際の料金に関することについてご紹介させていただきます。, 新幹線に乗る場合、運賃(乗車券代)と特急料金(特急券代)を支払うこととなりますが、この料金に加算してグリーン料金を支払うことで、普通車からグリーン車にグレードアップすることができます。, 上記のように、グリーン料金は路線によって多少の差がありますので、乗車予定の路線のグリーン料金をチェックしておきましょう。, また、運賃と特急料金は、6歳以上~12未満の小学生であれば子供料金として半額になりますが、グリーン料金は大人と同額となります。, 上記の「新幹線のグリーン車の乗り方は?」で、運賃と特急料金にグリーン料金を加算すると説明いたしましたが、正しい計算方法は異なります。, 正しいグリーン車の料金計算は、運賃+(通常期の指定席特急料金-520円)+グリーン料金となります。, 上記のように計算すると、グリーン車を利用するには19,230円(大人片道)かかることになります。, 普通車の指定席を利用した場合なら、大人運賃(8,750円)と大人指定席特急料金(5,700円)の合計なので、14,450円。