投資:3万8500円→10万1600円◎ 6枠11番 リリーピュアハート. いや~やってくれました!またまた馬主席のオフレコ! @œƒ}ƒCƒiƒX•]‰¿c•ƒƒLƒ“ƒOƒJƒƒnƒƒn~•ê•ƒ‚r‚rŒn‚Ì“à‘ŽY”n, •ƒ‚ª‚r‚rŒnŽí‰²”niŽÅ2400‚ˆÈã‚Ì‚f‚PŸ‚¿jA•ê•ƒ‚ªƒm[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[Œniƒ}ƒCƒ‹‘OŒã‚̏dÜŸ‚¿^ŠCŠOŽí‰²”nE—A“üŽí‰²”njA‚»‚µ‚ăm[ƒUƒ“ƒtƒ@[ƒ€‚©ŽÐ‘äƒtƒ@[ƒ€‚̐¶ŽY”nB‚±‚̃^ƒCƒv‚ª‚P`‚Q”Ԑl‹C‚É‚È‚ê‚ΓS”‚¾B, ‚P”Ԑl‹C”ZŒú‚̃A[ƒ‚ƒ“ƒhƒAƒCiƒm[ƒUƒ“ƒtƒ@[ƒ€¶ŽY”nj‚́A•ƒ‚ª’Z‹——£”nƒ[ƒhƒJƒiƒƒA‚Æ‚¢‚¤“_‚ª‹^–âBƒ‰ƒbƒL[ƒ‰ƒCƒ‰ƒbƒN‚͕ꕃ‚ªƒ~ƒXƒ^[ƒvƒƒXƒyƒNƒ^[Œn‚Ń}ƒCƒiƒX‚¾B, ‚È‚ç‚ΕƒƒfƒB[ƒvƒCƒ“ƒpƒNƒg~•ê•ƒƒm[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[Œn‚Ì‚Q“ª‚ª–Ê”’‚¢Bƒg[ƒZƒ“ƒuƒŒƒX‚͎Бäƒtƒ@[ƒ€¶ŽY”n‚ŕꕃƒtƒ@ƒ‹ƒuƒ‰ƒ”‚̓}ƒCƒ‹‚f‚PŸ‚¿”nAƒ}ƒEƒŒƒA‚̓XƒeƒBƒ‹ƒCƒ“ƒ‰ƒu‚Æ“¯‚¶‰º‰Í•Ó–qê‚̐¶ŽY‚ŕꕃStorm Cat‚Í8.5ƒnƒƒ“‚Ì‚f‚PŸ‚¿”n‚¾B. ディクタス(Dictus、1967年4月11日 - 1989年9月20日)はフランス生産の競走馬、種牡馬である。, 競走馬としては1971年にG1競走のジャック・ル・マロワ賞に優勝、種牡馬としては日本に輸入されてすぐに1984年にファーストシーズンサイヤーチャンピオンになると、3歳チャンピオンのサッカーボーイをはじめ多くの活躍馬を出した。, 1969年より主にフランスで競走生活を送り、引退後の1972年よりフランスで種牡馬となり、1980年に日本へ輸出された。以後フランスに残した産駒からザラテア、パリカラキ、日本ではスクラムダイナ、サッカーボーイといったGI優勝馬を輩出した。, 1968年に6万4000フラン(約466万円)でホセ・M・ソリアーノに購買され、R・ド・モニイパジョル厩舎に入厩し、ラテン語で「お告げ」を意味する「Dictus」と名付けられた[1]。, 2歳でデビューしたディクタスはダリア賞で3着になり、フォンテーヌブロー競馬場のブーケデュロワ賞(Prix du Bouquet du Roi、1700メートル)に勝って2戦1勝でシーズンを終えた[2][3]。, 3歳の時は、春にジュドランジュ賞(Prix Jus d'Orange、2000メートル)、ラク賞(Prix du Lac、2400メートル)に勝ち、3100メートルのパリ大賞典に挑み大敗した。このあと、中距離に戻ってG2コートノルマン賞2着、続くラロシェト賞(Prix La Rochette、1850メートル)に勝った[2][3][1][4]。, 夏を休養して秋初戦のG2アンリデラマール賞で4着のあと、イギリスに遠征してニューマーケット競馬場のチャンピオンステークスに挑戦した。この競走には、この年のイギリスの三冠馬ニジンスキーが出走した。ニジンスキーは三冠達成のあとフランスへわたって凱旋門賞に出て、ササフラに不覚を取った後だったが、適距離の2000メートルに戻って勝利は間違いないと考えられていた。イギリス人の中にはニジンスキーの単勝に200万ポンドも賭けた不動産屋もいた[5][6]。, ところが、ニジンスキーの引退レースを一目見ようと集まった2万人の観衆は出走前のニジンスキーを追いかけまわしてスターティングゲートのところまで取り囲み、ニジンスキーはすっかり興奮して消耗してしまった。ニジンスキーは動きが悪く、早めに抜けだしたローレンザッチョを捕まえられずに3馬身差で敗れた。3着にはホットフット(Hotfoot)が入り、ディクタスは4着だった[5][2][3]。, 古馬になったディクタスは、春初戦のエヴリ賞(G3、1600メートル)でファラウェイサン(Faraway Sun)をクビ差おさえて1分36秒5のレコードタイムで勝ち、グループレース初勝利を挙げた。続くガネー賞(G1、2100メートル)ではカロの前に9着に敗れ、次走モーリスドラクソン賞でも4着に終わった[1][2][3][4]。, 夏はメシドール賞(G3、1600メートル)で首差の2着に敗れたのち、ドーヴィル競馬場のジャックルマロワ賞(G1、1600メートル)に出た。ディクタスはイギリスの3歳馬スパークラー(Sparkler)をゴール前で半馬身捉え、G1初優勝を遂げた[1]。, 1マイルのG1競走に勝ったとはいえ、ディクタスの真価が問われるのは次走、イギリスのアスコット競馬場のG2戦、クイーンエリザベス2世ステークスになった。この年のヨーロッパのマイル路線には1頭の傑出馬がいた。春に2000ギニーで本命のミルリーフに3馬身差をつけて切って捨てたブリガディアジェラードである。ブリガディアジェラードはデビュー以来無傷の8連勝でこの競走に出てきた[7]。, ディクタスがこれまで戦ってきた相手を尺度にすると、ディクタスがエヴリ賞でクビ差を争ったファラウェイサンは、その後イギリスへ渡ってサセックスステークスに挑み、ブリガディアジェラードの2着になっていた。とはいえ、着差は大差だった。しかし、ジャックルマロワ賞で半馬身差だったスパークラーは、セントジェームズパレスステークスでブリガディアジェラードとアタマ差の勝負をしていた。これはブリガディアジェラードに最も僅差まで迫ったもので、これ以外の7戦で、ブリガディアジェラードは常に2着に最低でも2馬身以上、合計で27馬身+大差をつけて勝ってきている。, 9月末のアスコット競馬場のクイーンエリザベス2世ステークス(G2、1マイル=約1609メートル)には、たったの3頭しか出走しなかった。ほかはみなブリガディアジェラードを恐れて回避した。結局ディクタスはブリガディアジェラードに8馬身の差をつけられて2着になった。これがディクタスの最後の競走となった[1][2][3][4]。, この直後、ファラウェイサンはブリガディアジェラードとの対戦を避けて10月にムーランドロンシャン賞・フォレ賞のG1競走を制した[8]。スパークラーは古馬になってG1のモルニ賞を勝っている[9]。, この年、G1競走に勝ったとはいえ、フランスでのディクタスの評価はそれほど高くはなく、フリーハンデでフランス馬のなかで14位にランクされた[2]。, 全成績は17戦6勝、獲得賞金は596,678フランと2,623ポンドだった[2][3]。, 1972年よりフランスのマレ牧場で種牡馬となる[1]。1978年に種牡馬ランキングで5位となったのを皮切りに毎年10位以内の成績を保ち、1980年には日本の社台グループに購入された[1]。翌1981年には自己最高のランキング2位(フランス)を記録し[1]、さらに1983年にはザラテアがオークツリー招待ステークス、パリカラキがアーリントンハンデキャップと、産駒がそれぞれアメリカのG1競走に優勝した。日本でも供用初年度産駒から朝日杯3歳ステークス勝ち馬のスクラムダイナを出し、その後もGI競走2勝のサッカーボーイなど数々の重賞勝利馬を輩出した。1989年に23歳で死亡。サッカーボーイが後継種牡馬として3頭のGI競走優勝馬を輩出しているほか、ザラテアの産駒にフレイズ(ブリーダーズカップ・ターフなどG1競走3勝)、サッカーボーイの全妹・ゴールデンサッシュの産駒にステイゴールドがいる。, ヨーロッパでは長距離馬も送ったものの、日本では短・中距離向きの産駒がほとんどであった[10]。しかし、瞬発力に優れマイル〜中距離走を得意としていた代表産駒のサッカーボーイは種牡馬として数々の長距離馬やパワー型のダート馬を輩出した[10][11]。ライターの村本浩平は、ディクタスから出たこうした血統的特徴を「"意外性"の血」と称している[11]。, また、社台グループ所有馬で、1980年代の最有力種牡馬であったノーザンテーストを父に持つ繁殖牝馬との相性が良く、「ディクタス×ノーザンテーストの肌[注 1]」は、社台の総帥・吉田善哉が誇る配合だった[12]。吉田と親交の深かった作家の吉川良によれば、吉田はディクタスの死に際して「横綱ではなかったが名大関だったね」と評し、「ひとつの時代が終わったね」と吉田としては珍しく感傷的な態度を見せたという[13]。また吉川自身はディクタスについて「社台ファームを支える柱のひとつになっていた[13]」、「社台ファームを日本一の牧場にしたのはノーザンテーストのおかげと言って間違いないが、脇役としてのディクタスの存在を忘れたら正確でない[12]」と評している。, なお、社台グループの白老ファーム場長・服巻滋之によると、ディクタス産駒は機嫌は損ねると「耳を後ろに寝かせ、白目を剥いて睨み付ける」という独特の表情をするものが多くおり、放牧地でそうした表情を見せる馬を見つけ「父系か母系にディクタスの血が入っていないか」と確認すると、その通りであることが多かったという[14]。, マイアミニュース紙 1970年10月19日付 'We still love you' Nijinsky's finale disappoints fans, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ディクタス&oldid=78527955, 『凱旋門賞の歴史』第3巻(1965-1982)アーサー・フィッツジェラルド・著、草野純・訳、財団法人競馬国際交流協会・刊、1997. ディープインパクト×ガリレオ . jra日本中央競馬会の公式ホームページです。出馬表、オッズ、払戻金、レース結果などの確認やインターネット投票が行え、また、全国の競馬場、ウインズのイベント情報など中央競馬に関することを掲載 … ■京都5R 3歳未勝利 優駿牝馬(オークス)2020血統全頭診断・後半 . ‚éƒP[ƒX‚à‘½‚¢B‚¾‚ªŽÀ‚̓I[ƒNƒX‚àƒXƒs[ƒh”\—Í‚ª•K—vB•ê•ƒ‚Ì’Z‹——£ŽÀÑ‚ª—DG‚È‚Ì‚¾B, ƒvƒ‰ƒX•]‰¿cc•ê•ƒ‚ªƒ}ƒCƒ‹‘OŒã‚̏dÜ‚ŏŸ—˜, ‚P`‚Q”Ԑl‹C‚ɐ„‚³‚ꂽ20“ª‚̐¬Ñ‚Í‚TŸE‚Q’…‚T‰ñE‚R’…‚R‰ñB‚±‚Ì13“ª‚Ì‚¤‚¿‚X“ª‚ªƒm[ƒUƒ“ƒtƒ@[ƒ€¶ŽY”nA‚R“ª‚ªŽÐ‘äƒtƒ@[ƒ€¶ŽY”n‚¾B, ‚P`‚Q”Ԑl‹C‚Å‚S’…ˆÈ‰º‚É”s‚ꂽ‚V“ª‚ðŒ©‚é‚ƁA‚R“ª‚ª•ê•ƒƒ~ƒXƒ^[ƒvƒƒXƒyƒNƒ^[ŒnA‚Q“ª‚ª•ƒƒLƒ“ƒOƒJƒƒnƒƒnŽY‹î~•ê•ƒ‚r‚rŒn‚Ì“à‘ŽY”n‚Æ‚¢‚¤”z‡‚¾‚Á‚½B, ƒvƒ‰ƒX•]‰¿cc‚P`‚Q”Ԑl‹CŽž‚̃m[ƒUƒ“ƒtƒ@[ƒ€¶ŽY”n‚ƎБäƒtƒ@[ƒ€¶ŽY”n 優駿牝馬オークス2020が行われる東京芝2400mの血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。, 東京芝2400mと先週の東京芝コースの傾向を分析することで、オークスの注目馬を探します。, PR.無料情報で高配当! この結果を見ているだけで良いですか? しかも1日で2連発!先々週も10万円の配当を的中してノリにノッてますね~ 投資:3万8500円→5万3300円◎ 出馬表; レーシングカレンダー ; オッズ; 払戻金 ... 優駿牝馬(オークス) ・ レース映像は、gⅠ開催日の18時頃に掲載いたします。 ・ 1984年以降のgⅠレースの映像となります。 優駿牝馬(オークス) 表はスクロールすることができます. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、アンジェリカスの血統情報:5代血統表に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 高配当XXXへの無料登録はこちらから グランスオークスの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ワイド15.6/4.9/33.4倍 All rights reserved. 投資:3万8500円→6万300円◎, ■新潟12R 赤倉特別 ワイド4.7/14.2/13倍 Copyright © 2018 JRA SYSTEM SERVICE CO. , LTD . ━━━━━━━━━━━━━━ ⇒http://secret-baken.net/(こちらから無料登録) 普通におすすめできる無料情報なんです。, トウカイテイオーの日本ダービーに感激し、ダビスタで完全に競馬のトリコになりました。 クリスティ・ショウナンハレルヤの母父がクロフネ(ヴァイスリージェント系)です。, ☆オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)が2勝。 先々週は1発10万獲得! ⇒オークス2020プレ予想デアリングタクト編 馬連13.1倍、3連複75.6倍 優駿牝馬(オークス)・出馬表; レース選択に戻る . 3月には一撃必殺84万円!な~んていうのもありました! まさに高配当!, 無料情報でここまで高配当予想してくれるのはありがたいです。 ワイド9.9/5.2/11.2倍 東京競馬場 2400メートル(芝) 定量 (牝) 3歳オープン. 惨敗したヴァンキッシュラン。 重厚な欧州牝系とディープとの配合で、 東京の高速決着になると全くついて. ※オークスの登録馬ではインターミッション・サンクテュエール・スマイルカナ・ソフトフルート・デゼル・マジックキャッスル・ミヤマザクラ・リアアメリア・リリーピュアハートがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。, ☆他では2勝をあげたスクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)や、母父として活躍していたクロフネ(ヴァイスリージェント系)にも注目したいですね。 第79回 優駿牝馬(オークス) 血統分析|gⅠ特集|競馬情報ならjra-van 過去10年の血統データからレースの特徴を分析。父や母父、近親に至るまで血統の適性から勝ち馬を導き出します。 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、デアリングタクトの血統情報:5代血統表に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 馬連33倍、3連複47.3倍 ━━━━━━━━━━━━━━ 馬連43.4倍、3連複105.9倍 ⇒http://secret-baken.net/, ☆ディープインパクト(サンデーサイレンス系)は父で2勝、母父としても2勝と存在感を示していました。 ━━━━━━━━━━━━━━ ディクタス( Dictus 、1967年 4月11日 - 1989年 9月20日)はフランス生産の競走馬、種牡馬である。. ※オークスの登録馬ではウインマイティー・ショウナンナデシコ・ホウオウピースフルがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統です。, ☆サンデーサイレンス系では他にハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)も良さそうですね。 こちらにも注目したいですね。, ⇒オークス2020の1週前追い切り情報 ※オークスの登録馬ではウインマリリンがスクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)、 ━━━━━━━━━━━━━━ ⇒オークス2020過去5年の血統傾向 タグ : オークス2019 出走予定馬 予想 血統 データ. ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統は他にも好走馬を出しており要注目です。 ■5/9(土) 東京7R 4歳以上1勝 メニュー. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、バビットの血統情報:5代血統表に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 ⇒オークス2020プレ予想デゼル編, 10万円配当に続き6万,5万円の配当!! •ê•ƒƒm[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[Œn‚ŎБäƒtƒ@[ƒ€¶ŽY”n‚̃g[ƒZƒ“ƒuƒŒƒX‚ª–Ê”’‚¢I, ƒTƒ“ƒf[ƒTƒCƒŒƒ“ƒX^1200‚‚ŏ‰Ÿ—˜A1700‚‚̏dÜ‚P’. ↓↓5/16(土)の無料情報的中実績 第80回 優駿牝馬(オークス) 血統分析|gⅠ特集|競馬予想・競馬情報ならjra-van 過去10年の血統データからレースの特徴を分析。父や母父、近親に至るまで血統の適性から勝ち馬を導き出します。