甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?, Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?, 事故後2年半で、すでにチェルノブイリ以上の発ガン率という調査結果をどう見るべきか?. 第44代 アメリカ合衆国大統領 (在任: 2009年1月20日 – 2017年1月20日)。 民主党 に所属し、 アフリカ系アメリカ人 ・ 有色人種 初の大統領となった。2 オバマとは一言で言えば、「最高で最低な大統領」だったのではないだろうか。それぐらいドラマテックな「オバマの時代」だった。 あまりにも期待が高かったために、その分、失望感も大きかった。 オバマ支持が一種の社会運動に昇華した2008年の大統領選挙を経て、さっそうと現れた初めてのアフリカ系大統領は、リーマンショックによる不景気や、「テロとの戦争」も一気に解決してくれそうなスーパーマンのようだった。 … オバマ氏は、昨年12月に北大西洋条約機構(NATO)主体でアフガニスタンに展開していた国際治安支援部隊(ISAF)が昨年12月に任務を終えたことによる影響は大きく、タリバンの攻撃激化によってアフガン兵や市民の多くが命を落としたと指摘。 2009年に発足した民主党オバマ政権の下、アフガニスタンへの関心は再び高まることとなる。2008年の大統領選挙の時から、イラク戦争への反対とアフガニスタンへの再注力はオバマの外交方針の根幹を成すものであったと言っていい。 アフガニスタンはこの10年間で平均9.4%の経済成長を実現し、平均寿命も伸びたとして、アフガン介入の成果と撤退の合理性を強調している。しかしオバマ政権としては、これ以上、海外の紛争には関わりたくないというのがホンネである。 2014 All Rights Reserved. (CNN) オバマ米大統領は6日、アフガニスタン駐留米軍の撤退計画を見直し、予定よりも3000人多い8400人規模の駐留を維持する意向を明らかにした。, これまでの計画では、大統領の任期中に駐留米軍を現在の9800人から5500人に減らすことになっていた。, オバマ大統領は「アフガニスタンにおける治安は不安定な状況が続いている」と述べた。大統領は7日に北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が行われるポーランドに向かう。現地では同じくアフガニスタンに部隊を派遣している同盟諸国の首脳と話し合いを行う予定だ。, オバマ大統領は「アフガニスタンのパートナーに成功のための最大のチャンスを提供することが、わが国の安全保障上の利益になると強く信じている」と述べた。, アフガニスタンでの戦争を勝利のうちに終わらせることを公約に掲げて当選したオバマ大統領だが、今回の決定によって米史上最長の戦争は次期政権に持ち越されることとなった。また、期待したほどアフガン情勢が改善されていないことを暗に認めた形となった。, 「われわれはありのままの世界の現状に対処しなければならない。アフガニスタンで何が問題になっているか忘れてはならない。ここでは国際テロ組織アルカイダが再集結を図っており、過激派組織『イラク・シリア・イスラム国(ISIS)』がプレゼンスを拡大しようとし続けている」とオバマ大統領は述べた。, このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。. オバマ大統領は2010年6月、駐アフガニスタン米軍司令官だったスタンリー・A・マクリスタル(Stanley A. McChrystal)氏を更迭した。 『ローリング・ストーン』誌が、マクリスタル氏の側近が匿名でオバマ大統領を侮辱したと報じた後のことだった。 政治 アフガニスタン, オバマ大統領, 軍縮, 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …, トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …, かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …, 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …, グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …, 2014年4月下旬のオバマ大統領来日を控え、TPP(環太平洋パートナーシップ協 …, 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …, シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …, 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …, 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …. Copyright© ニュースの教科書 , オバマ米大統領は2014年5月27日、2016年までにアフガニスタンからの完全撤退を目指すという声明を発表した。アフガニスタンからの撤退はオバマ大統領の公約でもあったが、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)に合わせた声明の発表は、諸外国の紛争に介入しないというオバマ政権の姿勢をより明確に示す狙いがあると考えれる。, アフガニスタンの戦争には、累計で約5380億ドル(55兆円)の戦費が投じられ、ピーク時には10万の兵力が動員されていた。 2011年、オバマ大統領はアフガンからの撤退計画を発表、同年には1万人が米国に帰還し、2012年の夏には3万3000人が、2013年中には3万4000人が帰還を果たした。現在、アフガンに駐留しているのは約3万2000人である。 オバマ大統領は、2014年末までに2万2000人を帰還させ、2015年は9800人を残すのみとし、2016年には大使館関係などごくわずかな要員を除いて、撤退を完了させるとしている。, アフガニスタンはこの10年間で平均9.4%の経済成長を実現し、平均寿命も伸びたとして、アフガン介入の成果と撤退の合理性を強調している。しかしオバマ政権としては、これ以上、海外の紛争には関わりたくないというのがホンネである。 米国の世論調査でもその傾向は明らかで、ピューリサーチセンターが最近行った世論調査では、過半数の米国人が「米国は自国のことだけを考えればよく、他国に介入すべきではない」と回答している。 オバマ大統領は、シリア問題に対しては当初から軍事介入を完全否定しているほか、ウクライナ問題 についても軍事介入はないと何度も表明している。ナイジェリアの女生徒拉致事件についても、アメリカの本格介入を求める声は高まっているが、積極的に動く気配はない。, オバマ大統領の任期はまだ2年半残っているが、国際的な関心は、次の政権も引き続き、諸外国の紛争に関与しない「引きこもり」政策を継続するのかに移りつつある。 現在、共和党はオバマ政権への対決姿勢という意味で、シリア問題などへの積極介入を主張しているが、実際に政権を獲得するという段階になれば、どうなるかは分からない。クリントン元国務長官も、次の大統領選を意識し、積極的な姿勢を強めているが、彼女にしてもそれは同様である。, 米国の景気拡大が順調に進み、国民に余裕が出てくれば、再び国際問題に関心が向く可能性もある。ただ、米国は今後10年間で4870億ドル(約50兆円)という史上最大規模の軍縮を実施を決定している。世論に多少の変化があったとしても、大きな流れは変わらない可能性が高い。, 今回のオバマ大統領によるアフガンから完全撤退声明は、アフタニスタンだけの問題ではなく、世界の紛争からの撤退声明と考えた方がよいだろう。, - BBCは外部サイトの内容に責任を負いません。 本サイトの外部リンク方針はこちら. オバマ大統領が掲げた計画では、2015年1月からは、アフガニスタン治安部隊への支援や、アルカイダの残党に対する対テロ作戦を主眼とする「自由の歩哨作戦」を開始して、2016年末までに大使館の警護要員らを除いて全面的に撤退するとのことでした。 バラク・オバマ政権の外交政策(英語:Foreign policy of the Barack Obama administration)では、バラク・オバマ政権下での2009年1月20日以降のアメリカ合衆国の外交政策について説明する。オバマの主要な外交政策アドバイザーにはヒラリー・ロダム・クリントン国務長官、ジェームズ・L・ジョーンズ国家安全保障問題担当大統領補佐官、スーザン・E・ライス国連大使らがいる。オバマの外交政策の全体像はワシントン・ポスト紙のコラムニストE・J・ディオンヌによって「米国の力を臆することなく展開 … (CNN) オバマ米大統領は6日、アフガニスタン駐留米軍の撤退計画を見直し、予定よりも3000人多い8400人規模の駐留を維持する意向を明らかにした。 <英語ビデオ>オバマ大統領がアフガン駐留延長を発表。「小規模で、かつ意味のある形で延長することで、効果を発揮する」と。, オバマ米大統領は15日、ホワイトハウスで記者会見し、2016年末までにアフガニスタン駐留米軍を撤退するという方針を見直し、2017年以降も5500人を駐留させる新方針を発表した。反政府勢力タリバンが勢いを回復していることなどが理由という。, 現在アフガニスタンには米兵9800人が駐留している。米政府はこれまで2017年以降は大使館警備のための小規模部隊のみを残す方針だった。, 方針転換を発表したオバマ大統領は、駐留延長はアフガニスタンやアフガン治安部隊にとって意味のある「大きな違い」になると述べた。アフガニスタン治安部隊は米軍が訓練しているが、その能力はまだ十分でないと大統領は認めた。, オバマ氏は、昨年12月に北大西洋条約機構(NATO)主体でアフガニスタンに展開していた国際治安支援部隊(ISAF)が昨年12月に任務を終えたことによる影響は大きく、タリバンの攻撃激化によってアフガン兵や市民の多くが命を落としたと指摘。, このため駐留継続は「正しい対応だ」と大統領は述べ、「この国を攻撃するためのテロリストの避難場所としてまたしてもアフガニスタンが使われるような事態は、最高司令官として容認できない」と意義を強調した。, タリバンについては、米軍の完全撤退を実現させたいなら、アフガニスタン政府と和平合意を交わしこれを順守するしかないと述べた。, アフガニスタン駐留米軍の撤退延長とは、オバマ大統領は自分の任期満了前にすべての米兵を帰国させることができないということを意味する。, 駐留についての検討は数カ月前から米政府内で行われてきたもので、アフガン北部クンドゥズをタリバンが一時的に占領した結果の決定ではない。, しかしクンドゥズでの攻防は、米軍が引き続きアフガン部隊を訓練し助言し続けることの必要性を浮き彫りにした。, 過激派勢力アルカイダがアフガンで活動を再開し、いわゆる「イスラム国」が足場を固めつつある状況で、米政府は対テロ作戦実施の足場となる基地を少数でも残しておきたい意向だ。, 完全撤退への期待がどうであれ、米政府は引き続き軍事的にアフガニスタンに関わっていくという決断したようだ。アフガニスタンでは特にアメリカの空軍力が不可欠となる。, オバマ大統領は当初、2017年1月に任期満了で退任するまでに、アフガン駐留米軍の数を兵士1000人規模まで削減する方針だった。, 米国家安全保障会議(NSC)は大統領会見に先立ち、方針転換は「数カ月にわたる広範囲にわたる検討の結果」で、大統領は「アフガニスタンのパートナーおよび安全保障政策担当チーム全体と協議した」と文書で発表している。, NSCはさらに「アフガニスタンにおける我々の戦闘任務が終了したという事実には何ら変化はなく、対テロ活動およびアフガニスタンのパートナーの訓練・助言・支援という、限定的な2つの任務のみを継続する」と説明している。, アフガニスタンのガーニ大統領はこれまでも米軍撤退のペースを落とし、アフガン軍の技術と装備向上を図るよう求めていただけに、今回の米政府の方針転換は歓迎するものとみられる。, アフガン駐留米軍のキャンベル司令官も、クンドゥズ攻防と米軍による病院誤射の後に議会公聴会で証言し、アフガニスタンの治安が不安定な状況にあり、タリバン掃討には部隊の増強が必要だと述べていた。, © 2020 BBC.