イラク戦争開戦前に大量破壊兵器がないと報道する話。. 『スタンド・バイ・ミー』『最高の人生の見つけ方』のロブ・ライナーが監督を務め、イラク戦争の大義名分である「大量破壊兵器」の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の記者たち4人の奮闘を描いた映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~ 』が、2019 年 3 月下旬より TOHO シネマズ シャンテほかにて全国ロードショーいたします。また、何度も TV や 著書でテーマとして取り上げ、自身もイラク戦争終結後の現状を取材しに現地に足を運んでいるジャーナリストの池上彰氏が本作の字幕監修を担当することが決定しました。. イラク戦争の大義名分「大量破壊兵器」の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた4人の記者たちの奮闘を、『スタンド・バイ・ミー』の名匠ロブ・ライナー監督が映画化!実話を基にした社会派ドラマ! ?」と頭を抱えたこともしっかり思い出しておきたい。, ★★★★ The Guardian | ★★★★ The Times | ★★★★ Financial Times | ★★★★ The SunUncover the shocking true story of Katharine Gun in OFFICIAL SECRETS, starring Keira Knightley, in cinemas NOW pic.twitter.com/yXMEndXpJ0, 2020年に生きる我々は皆、あの戦争が間違いだったことを知っている(と願う)。それはキャサリンのような人物が自らを犠牲にして世界中に知らしめてくれたおかげだが、同じような構造を持つ事態は今日の日本でも起こっている。個人の悪行ないし国家の不正義を暴く告発と、それに伴う地道な活動が、ひとりの女性に背負わされる不条理。本作は、真実を知ることができた個々人には連帯して責任を果たしていく必要があるということも訴えている。劇中でキャサリンが言う「政府は変わる。私は国民に仕えているのだ」という言葉を永遠に胸に刻みたい。, 『オフィシャル・シークレット』は2020年8月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー, 2003年1月。英国の諜報機関GCHQ(政府通信本部)で働くキャサリン・ガンはある日、米国の諜報機関NSA(国家安全保障局)から送られたメールを見て愕然とする。それは英米がイラク侵攻を強行するため、国連安全保障理事会のメンバーに対するスパイ活動を指示するものだった。 | 映画『ゼロ・ダーク・サーティ』動画フル無料視聴!キャスリン・ビグロー監督の代... ブッシュの無知さをいい事に、自分の独断でイラク戦争に導いた(とされる)チェイニーの実態. © 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. キーラ・ナイトレイ主演最新作『オフィシャル・シークレット』は、アメリカ主導のイラク戦争という泥沼に世界がハマっていった00年代初頭を舞台に、ひとりの勇気ある女性の歴史的告発=通称「キャサリン・ガン事件」を描いた、実話ベースのポリティカル・サスペンスだ。……と聞くと「なんか小難しそうだな」と敬遠してしまう人もいそうだが、ご心配なく。キーラを筆頭にレイフ・ファインズやマット・スミス、マシュー・グードら英国を代表する俳優たちが集結し、国家に“背いた”女性の急転直下の人生を描く重厚かつドラマチックなサスペンス劇に仕上がっている。, 『オフィシャル・シークレット』Photo by: Nick Wall © Official Secrets Holdings, LLC, それでも抵抗感が拭えないという人は、ぜひ本作の宣伝用に作られたチラシを手にとっていただきたい。SNSで公開された「100日で崩壊する政権」でも知られる漫画家ぼうごなつこ氏による超わかりやすい解説漫画や、あの“せやろがいおじさん”のコメントも掲載された新聞風のチラシは、視認性と訴求力に優れた抜群の映画宣伝ワーク! 紙質も良いので、永久保存版としてパンフレットと一緒にお持ち帰りしたい逸品だ。, 2001年、アメリカで“911同時多発テロ事件”が発生する。当時の米大統領ジョージ・W・ブッシュは、サダム・フセインの危険性と国際テロ組織アルカイダを強引に結びつけ、イラクは大量破壊兵器を保有している! と決めつけて開戦を示唆。そんなアメリカに同調する英国首相トニー・ブレアの姿をニュースで見ながらブツクサ言っていたキャサリンだったが、まさか自分が後に機密情報をリークし逮捕されることになろうとは思いもよらなかっただろう。, キャサリンが当時勤めていたのは、ハイテク機器を用いて国内外の情報収集や暗号解読を行っている英GCHQ(政府通信本部)だ。あるとき米NSA(国家安全保障局)からイラクへの攻撃を正当化するための裏工作に加担するよう通達があり、関係のない他国まで巻き込まんとする横暴な内容(個人情報をネタに攻撃賛成を促すetc.)に「ちょ、ま、何これ……! ALL RIGHTS RESERVED. (C)2018 BY HS FILM, LLC. ・クリス・ヘムズワース主演『ホース・ソルジャー』、本予告映像が解禁!, 『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ポスタービジュアル&予告編解禁!“弱小新聞社”がアメリカ政府に立ち向かう, 【特集】今週公開の映画:11/6〜『十二単衣を着た悪魔』『おらおらでひとりいぐも』他. ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーの裏の姿を描く社会派ドラマ。型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドのもとで政治の表と裏を学んだチェイニーはニクソン政権で大統領首席補佐官、レーガン政権で国務長官の職を経て、ジョージ・W・ブッシュ政権の副大統領に就任した。 9.11の同時多発テロ後、ブッシュを差し置き危機対応にあたると、“影の大統領”として国民への情報操作を行い、法をねじ曲げ、イラク戦争へと国を導いていく。第76回ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞したディック・チェイニー演じるクリスチャン・ベイルの肉体改造による激変ぶりも話題になっている。, ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した『オデッセイ』やアカデミー賞®️主演男優賞にノミネートとなった『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』などのマット・デイモンと『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督が3度目のタッグを組んだ社会派サスペンス・アクション。イラクのアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に、イラク戦争の大義名分とされた「大量破壊兵器」を捜索する極秘任務に就いたアメリカ兵士を描く。任務を遂行するロイ・ミラー(マット・デイモン)は一向につかめない兵器の痕跡に不信感を抱き、 CIAのブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共に独自の捜査に乗り出すが、そこには全世界を揺るがす衝撃の真実が待ち受けていた。, 戦死した兵士の遺族に訃報を伝えるメッセンジャーの任務に就くこととなった米軍兵士の苦悩を描く戦争ヒューマン・ドラマ。イラク戦争で負傷しメッセンジャーとなったウィル(ベン・フォスター)は、上官のトニー(ウデ ィ・ハレルソン)と共に報道に遅れをとらぬよう最も身近な親族のみに第一報の訃報を伝えていく。しかし、遺族の怒りや悲しみは無事に生還している彼らに直接向けられることとなる。想像を絶する耐えがたい彼らの任務から戦争の悲惨な現実描きだし全米、全世界で絶賛された。『3時10分、決断のとき』のベン・フォスターが主演を務め、ウディ・ハレルソンの助演男優賞、そして脚本賞の2部門でアカデミー賞®️ノミネートされた。, 『マイティ・ソー』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワース主演で、9.11の直後アメリカ最初の反撃として現地に送り込まれた特殊部隊の活躍を描いた実録ドラマ。同時多発テロの翌日、タリバンの制圧のためいち早くアフガニスタン入りしたネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)率いるアメリカ陸軍特殊部隊の12名は、現地のドスタム将軍(ナビド・ネガーバン)の協力のもとタリバンを制圧する。しかし将軍から12人の隊員に対し敵は5万人、そして険しい山岳地帯で勝利を収めるためには馬が最も有効な手段だと告げられる。隊員のほとんどが乗馬経験のない中、ネルソン大尉らは馬に乗って厳しい戦いを強いられていく―。, ・『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ポスタービジュアル&予告編解禁!“弱小新聞社”がアメリカ政府に立ち向かう