... Read More, アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコの占領下にあるジャラーブルス市近郊のタッル・シャイール村とアイン・バイダー村を結ぶ街道で、いわゆる自由警察の車輌が正体不明の武装集団の襲撃を受けて、隊員1人が死亡した。 AFP, November 7, 2020、ANHA, November 7, 2020、al-D ... Read More, イドリブ県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(11月7日付)によると、トルコ軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるマアッル・ハッタート村にあるの拠点の撤収に向けて、施設の解体作業を開始した。 ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の支配下にあるフール・キャンプで、内務治安部隊(アサーイシュ)に協力するイラク人難民1人が、ダーイシュ(イスラーム国)と思われる武装集団の襲撃を受けて死亡した。 そうした実感に基づいて、 イラクのテロ撲滅機関は声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)の主要幹部の1人ハッジー・タイスィール(本名ムウタッズ・ナウマーン・アブドゥナーイフ・ナジュム・ジャブーリー・ムカンナー)が死亡したと発表した。 タイスィール氏 … Read More, イラク通信社は、同国治安機関が、ダーイシュ(イスラーム国)の前指導者であるアブー・バクル・バグダーディー氏の後継者と目されていたアブドゥッラー・カルダーシュ氏(同通信社ではアブドゥンナースィル・カルダーシュ)を逮捕したと … Read More, ダマスカス郊外県では、SANA(3月7日付)によると、首都ダマスカスとヒムス市を結ぶM5高速道路でタンクローリー1台、旅客バス2台、乗用車15台の衝突事故が発生し、22人が死亡、70人が負傷した。 ムハンマド・ハーリド・ … Read More, 米国防総省のジョナサン・ホフマン報道官は、イラクとシリア領内にあるイラク人民動員隊所属のヒズブッラー大隊の拠点を爆撃したと発表した。 ホフマン報道は「有志連合軍を迎え入れてくれているイラクの複数の基地に対するヒズブッラー … Read More, 運輸省は、ハサカ県ブーカマール国境通行所(イラク側はアンバール県カーイム国境通行所)を経由してシリアに入国する貨物車輌に対する入国手数料を免除することを決定した。 SANA(12月5日付)が伝えた。 AFP, Decem … Read More, ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ブーカマール市近郊のイラク国境近くでイラク人民動員隊の車輌が所属不明の無人航空機の攻撃を受け大破し、乗っていた全員が死亡した。 AFP, November 18, 2019 … Read More, イラクのヌーファル・バハー・ムーサー移民大臣は、トルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)を受けて、シリア領に至るすべての国境通行所を閉鎖したと発表した。 スーマリーヤ・チャンネル(10月18日付)が伝えた。 … Read More, アサド大統領はシリアを訪問したイラクのファーリフ・ファイヤード内閣国家安全保障担当顧問と会談し、両国間関係について意見を交わした。 SANA(10月17日付)によると、会談で、アサド大統領は、トルコのシリア北東部への侵攻 … Read More, シリアのダイル・ザウル県とイラクのアンバール県のユーフラテス川西岸の国境を結ぶブーカマール・カーイム国境通行所が正式に再開した。 再開式典には、シリアのムハンマド・ハーリド・ラフムーン内務大臣、アブドゥルマジード・カワー … Read More, ダイル・ザウル県では、ジュルフ・ニュース(9月18日付)によると、大型旅客バス車輌5台からなる車列がシーア派巡礼客数百人を乗せて、イラクのカーイム国境通行所を経由してブーカマール市に到着した。 車列はダマスカス県のウマイ … Read More, イラクのアンバール県カーイム郡のアフマド・ジドヤーン郡知事は、9月7日に予定されていたダイル・ザウル県ブーカマール市に面するカーイム国境通行所(ブーカマール国境通行所)の再開が延期されたことを明らかにした。 ジドヤーン郡 … Read More, イラク人民動員隊の第45旅団は声明を出し、シリアとの国境に面するアンバール県カーイム市近郊にある同旅団の武器弾薬庫が所属不明の航空機の爆撃を受けたと発表した。 ANHA(8月25日付)などが伝えた。 AFP, Augus … Read More, ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(8月7日付)は、アブー・バクル・バグダーディー指導者が、トルコマン系イラク人のアブドゥッラー・カルダーシュ氏を自らの「後継者」(カリフ)として推挙したと速報で伝えた。 同通 … Read More, イラクのアンバール県西部のシリア国境に面するユーフラテス川河畔のカーイム郡のアフマド・ジドヤーン知事は、シリアのダイル・ザウル県ブーカマール市とカーイム市を結ぶブーカマール・カーイム国境通行所を9月1日に再開することが決 … Read More, イラクのアーディル・アブドゥルマフディー首相は記者会見で、イラク政府がシリアとヨルダンに石油を輸出することを決定したことを明らかにした。 スーマリーヤ・ニュース(7月10日付)によると、アブドゥルマフディー首相は「イラク … Read More, イラク航空のライス・ルバイイー報道官は、5月18日土曜日に、イラクの首都バクダードとシリアの首都ダマスカスを結ぶ旅客便を再開すると発表した。 バグダード・ダマスカス便は週1回運航するという。 シリアの運輸省もフェイスブッ … Read More, 米中央軍(CENTCOM)は、4月21日~5月4日の14日間でのシリア、イラク両国における有志連合の爆撃の戦果をHPで発表した。 それによると、両国領内でのダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対する爆撃回数は10回で、う … Read More, イラク内務省のアブー・アリー・バスリー諜報総局長は、内務省所属の「鷹部隊」がシリア領内でダーイシュ(イスラーム国)の残党を掃討するための特殊作戦を実施し、多数を殺害したことを明らかにした。 バスリー諜報総局長によると、ア … Read More, イラクのテロ撲滅機関は米主導の有志連合がダーイシュの「イラク総督」をダイル・ザウル県での爆撃で殺害したと発表(2020年5月26日), イラク通信社はダーイシュの故バグダーディー前指導者の後継者と目されていたカルダーシュ氏を治安機関が逮捕したと発表(2020年5月20日), ダマスカス郊外県でタンクローリー1台、旅客バス2台、乗用車15台の衝突事故が発生し、イラク人ら22人が死亡(2020年3月7日), 米軍はシリア・イラク領内のイラク人民防衛隊ヒズブッラー大隊の拠点を爆撃(2019年12月29日), ブーカマール国境通行所(カーイム国境通行所)を経由してシリアに入国する貨物車輌に対する入国手数料免除に(2019年12月5日), ダイル・ザウル県南東部の国境地帯でイラク人民動員隊が所属不明の無人航空機の攻撃を受ける(2019年11月17日), イラクはダーイシュの潜入を阻止するためシリア領に至るすべての国境通行所を閉鎖(2019年10月18日), アサド大統領「トルコのシリア北東部への侵攻は歴史的野望に基づいたあからさまな侵略」(2019年10月17日), シリアとイラクを結ぶユーフラテス川西岸のブーカマール・カーイム国境通行所が正式に再開(2019年9月30日), イラクからのシーア派巡礼者数百人を乗せた車列がカーイム国境通行所を経由してダイル・ザウル県ブーカマール市に到着(2019年9月18日), イラクのアンバール県カーイム郡知事はカーイム・ブーカマール国境通行所再開が延期されたと発表(2019年9月6日), イラク領内でイラク人民動員隊の武器弾薬庫が所属不明の航空機の爆撃を受ける(2019年8月25日), ダーイシュのバグダーディー指導者はカルダーシュ氏を後継者「カリフ」に推挙(2019年8月7日), イラク・アンバール県カーイム郡知事「ブーカマール・カーイム国境通行所を9月1日に再開する」(2019年8月7日), イラクのアブドゥルマフディー首相は、ホルムズ海峡緊張化に対処するため、シリアとヨルダンに石油を輸出することを決定したことを明らかにする(2019年7月10日), イラク航空のバグダード・ダマスカス旅客便が18日に8年ぶりに再開(2019年5月16日), 米主導の有志連合は4月21日~5月4日までの14日間、シリアでの爆撃を実施せず(2019年5月7日), イラク内務省諜報総局長:シリア領内でダーイシュ残党掃討作戦を実施するも、バグダーディー指導者を取り逃がす(2019年5月4日). イラクに関するニュース・速報一覧。イラクの話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。2020/10/26 - イラクへ飛んだ日本人看護師「壮絶な痛みの中亡くなる子供が…」 - 看護師・金澤絵里さん(43)は、アフリカや中東、東南アジアなどで医療支援に携わってきた。 また、シリア人権監視団によると、アフリーン市近郊のマアバトリー(マーバーター)町で国民軍に所属す ... Read More, 欧州評議会は報道声明を出し、8月30日に発足した第2次フサイン・アルヌース内閣の新閣僚8人を制裁対象に加えたと発表した。 M5高速道路の沿線 ... Read More, ハサカ県では、SANA(11月7日付)、シリア人権監視団によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が米主導の有志連合の支援を受け、北・東シリア自治局の支配下にある東ガルビーヤ村の民家複数棟に対して強制捜査を行い、住 ... Read More, ラッカ県では、SANA(11月7日付)、ANHA(11月7日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアイン・イーサー市、同市近郊のアイン・イーサー国内避難民(ID ... Read More, 保健省は新たに45人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者48人が完治し、4人が死亡したと発表した。 ハサン・ガッバーシ ... Read More, フール・キャンプでアサーイシュに協力するイラク人難民1人がダーイシュと思われる武装集団の襲撃を受けて死亡(2020年11月8日), トルコ占領下のアレッポ県ジャラーブルス市近郊で自由警察が襲撃を受け、1人死亡(2020年11月8日), トルコ軍はイドリブ県ダイル・サンバル村・イフスィム村間の地域に新たな拠点を設置(2020年11月8日), SANAはハサカ県で米軍のパトロール部隊が道路に仕掛けられていた爆弾の爆発に巻き込まれて、兵士4人が死亡したと報じるが、有志連合はこれを否定(2020年11月8日), シリア政府支配地域で新型コロナウイルスの新規感染者68人、北・東シリア自治局支配地域は部分的外出規制を15日間延長(2020年11月8日), シリア軍はM4高速道路沿線のアルナバ村(イドリブ県)にあるトルコ軍の拠点一帯を砲撃(2020年11月8日), アサド大統領は2020年立法令第31号を施行し、兵役猶予者、在外居住者に対する補償金の金額を変更(2020年11月8日), ロシア難民受入移送居住センター:難民237人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は625,413人に(2020年11月8日), ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使が辞任を発表(2020年11月7日), トルコ軍がM5高速道路沿線に位置するマアッラト・ハッタート村(イドリブ県)の拠点からの撤退を開始(2020年11月7日), シリア民主軍が米主導の有志連合の支援を受け、ハサカ県東ガルビーヤ村でダーイシュ元司令官と思われる男性1人を殺害(2020年11月7日), トルコ軍と国民軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるラッカ県アイン・イーサー市とその一帯を砲撃(2020年11月7日), 新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で45人、北・東シリア自治局支配地域で237人(2020年11月7日), ロシア軍戦闘機が「決戦」作戦司令室の支配下にあるザーウィヤ山地方を13回にわたり爆撃する一方、ロシア軍所属と思われる自爆式ドローンがサルジャ村のシャーム解放機構の拠点を攻撃、ウズベク人戦闘員7人を殺害(2020年11月7日), ロシア難民受入移送居住センター:難民552人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は625,176人に(2020年11月7日), トルコによってアゼルバイジャンに派遣されたシリア人傭兵(国民軍戦闘員)10人がナゴルノ・カラバフ自治区一帯での戦闘で新たに死亡(2020年11月6日), 欧州評議会は第2次フサイン・アルヌース内閣の新閣僚8人を制裁対象に追加(2020年11月6日). これにより、11月8日現在のシリア国内での感染者数は計6,215人、うち死亡したのは317人、回復したのは ... Read More, イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから248日目を迎えた。 2020年11月6日、イラク南部バスラで行われていた反政府デモの最中、デモに参加していた男性1名が銃撃により死亡しました。銃撃時の混乱に伴う負傷者は40名以上に上っています。 発砲はデモ隊ともみ合っていた治安当局関係者によってなされたものと想定されています。 2020年11月6日、イラク南部バスラで行われていた反政府デモの最中、デモに参加していた男性1名が銃撃により死亡しました。銃撃時の混乱に伴う負傷者は40名以上に上っています。, 発砲はデモ隊ともみ合っていた治安当局関係者によってなされたものと想定されています。, なお、同日首都バグダッドでは昨年10月から反政府デモを主導しているグループの幹部が自動車で移動中に銃撃を受け、死亡する事案も発生しています。イラクにおける反政府デモの高まりには十分注意が必要と言えます。, 海外進出に必ずつきまとうテロや騒擾リスクに対処するために、より確かな海外安全管理業務設計に関する情報発信と、業務設計だけではなく、実務レベルにおとしこめる組織開発・人材教育サービスを提供しています。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。, 極めて安全な日本に拠点を置く、 新たに制裁対象となった閣僚は以下の通り: 基礎からわかりやすくお伝えします。, 2020年11月6日、イラク南部バスラで行われていた反政府デモの最中、デモに参加していた男性1名が銃撃により死亡しました。, 同日首都バグダッドでは昨年10月から反政府デモを主導しているグループの幹部が自動車で移動中に銃撃を受け、死亡する事案も発生しています。. FAX:(870-782)-174-466(衛星電話) 住所:International Zone,Baghdad,Iraq, ©COPYRIGHT MEDICI CORPORATION. シリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢 Detail Report on the Arab Spring in Syria: Latest Situation in Syria / アラビア語の新聞、通信社、ウェブサイトなどを通じて収集した情報をもとに、シリア情勢をより網羅的に把握・紹介することをめざします。 バッサーム・トゥウマ石油鉱物資源大臣 AFP, November 8, 2020、ANHA, N ... Read More, ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月8日付)を公開し、11月7日に難民237人(うち女性72人、子供120人)が新たに帰国したと発表した。 ** メソポタミア文明で栄えた地で、有名な世界遺産などがあり、魅力的な中東のイラク。いまだに、治安が悪く、不穏な情勢がニュースで伝えられていますが、イラクの最新の治安はどうなっているのでしょうか。将来回復の見込みはあるのか、旅行に行って危険はないのかご紹介します。 これにより、11月7日現在のシリア国内での感染者数は計6,147人、うち死亡したのは313人、回復したのは ... Read More, イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから247日目を迎えた。 イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機が、「決戦」作戦司令室の支配下にあるザー ... Read More, ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月7日付)を公開し、11月6日に難民552人(うち女性165人、子供282人)が新たに帰国したと発表した。 爆弾を仕掛けられ ... Read More, 保健省は新たに68人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者55人が完治し、4人が死亡したと発表した。 電話:(870-772)-543-197(衛星電話) シリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢 Detail Report on the Arab Spring in Syria: Latest Situation in Syria / アラビア語の新聞、通信社、ウェブサイトなどを通じて収集した情報をもとに、シリア情勢をより網羅的に把握・紹介することをめざします。 イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるM4高速道路 ... Read More, アサド大統領は2020年立法令第31号を施行し、徴兵法(2007年5月3日施行の立法例第30号)を修正し、兵役猶予者、在外居住者に対する補償金の金額を変更した。 このうちレバノンから帰国したのは難民2 ... Read More, 米国のジェームズ・ジェフリー国務省シリア問題担当特使が辞任を発表した。 イラク(首都:バグダード)の治安・危険度情報をご紹介。イラク(首都:バグダード)でのテロ、犯罪・誘拐、病気・感染症、自然災害に関する詳細情報を各国の政府機関情報を基にご紹介しています。渡航(旅行)・滞在する際の参考情報にオススメです。 このうちレバノンから帰国したのは難民 ... Read More, シリア人権監視団は、トルコによってアゼルバイジャンに派遣されたシリア人傭兵(国民軍戦闘員)10人がナゴルノ・カラバフ自治区一帯での戦闘で新たに死亡したと発表した。 シリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢 Detail Report on the Arab Spring in Syria: Latest Situation in Syria / アラビア語の新聞、通信社、ウェブサイトなどを通じて収集した情報をもとに、シリア情勢をより網羅的に把握・紹介することをめざします。 安全管理の理論と実践について なお、これにより、シリア領内のト ... Read More, SANA(11月8日付)は、ハサカ県の複数の住民の話として、北・東シリア自治局の支配下のマルカダ町近郊で米軍のパトロール部隊が道路に仕掛けられていた爆弾の爆発に巻き込まれて、兵士4人が死亡したと伝えた。 者情報も, のん「一生いたい」女優業に決意, 文氏 米朝交渉「仲介役」に意欲, 山本舞香 番組降板の可能性?, 国内新たに781人感染 死者12人, ハム・斎藤佑樹 来季も現役続行, 感染急拡大「可能性高い」分科会, ホットカーペットで猫とろける, バイデン氏勝利確実でセレブ歓喜, 新型コロナウイルス感染症対策分科会.