国際的テロリスト集団「アルカイダ」の現在に注目が集まっています。今回はアルカイダの成り立ちについてわかりやすく解説し、その目的や指導者、日本人が犠牲になったアルカイダによるテロ事件、現在のアルカイダの状況などについてまとめました。 同紙の報道について、国防総省スポークスマンは攻撃が9月14日にシリア北西部イドリブ近くで実施されたことを確認した。米国の対テロ当局者や現地の人権監視団体などによると、殺害されたのは「フラス・アルディン」幹部のサイヤフ・チュンシというチュニジア出身のテロリストで、西側への攻撃計画の首謀者とされる。, 米軍のドローン「リーパー(死神)」が「R9X」と命名されたヘルファイア・ミサイルを発射し、殺害した。通常のヘルファイア・ミサイルには弾頭に約9キロの爆薬が装着されているが、「R9X」は弾頭を爆発させる代わりに、6枚の回転刃が付いた金属物体を放出、これによって標的はズタズタに切り刻まれる仕組みだ。, この兵器はほぼ10年前に開発され、今回は最近の3カ月間で2度目の使用。1度目は6月に同組織の事実上の指導者だったハリド・アルアルリをシリアで殺害した。この他、これまでに統合特殊作戦軍と中央情報局(CIA)がイエメンやシリアで過激派の暗殺に使ったが、実戦に投入された回数は6度ほどにとどまっている。, 残虐とも思われるこの兵器は米軍の過激派攻撃で民間人の死傷者が増えたため、オバマ前大統領が民間人の巻き添えを最小限に食い止める兵器の開発を指示して生まれた。一般的に多数の過激派を一挙に掃討する場合は通常のヘルファイア・ミサイルが使われ、少数を標的にするケースに通称“忍者ミサイル”の「R9X」が使用されるという。, 統合特殊作戦軍は今後も、シリア、アフガニスタン、イエメン、イラクなどの過激派殺害に「R9X」を使用すると見られているが、最近アフリカ軍がケニアでのドローン攻撃を容認するよう、国防長官とトランプ大統領に要求していると伝えられており、同ミサイルの使用頻度が増える可能性がある。ケニアには隣国のアルカイダ系過激派「アルシャバーブ」が越境テロを繰り返し、1月には米国人3人が殺害された。, 殺害された幹部が属している「フラス・アルディン」は米国が最凶のテロ組織として狙い続けてきたグループだ。同組織は元々、アフガニスタンに潜伏していると見られるアルカイダの指導者アイマン・ザワヒリが西側権益を攻撃させるためシリアに設置させたもので、当初は「ホラサン・グループ」と呼ばれた。, シリアのアルカイダ分派だった旧ヌスラ戦線(現シリア解放委員会)がアルカイダと決別宣言した後、過激な思想を持つ面々が集まって2018年、「ホラサン・グループ」の後継組織として「フラス・アルディン」を立ち上げた。その後、米国の空爆によって大きな打撃を受けたものの、現在はイドリブ県に約2000人の戦闘員が残っているといわれる。シリア北西部はロシアが制空権を握っているため、米国の空爆に抑制が掛かったおかげで生き延びたようだ。, 同組織の存在が知られるところとなったのは昨年10月、過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者だったバグダディが米軍の急襲によりイドリブ県で殺害された時だ。バグダディに隠れ家を提供していたのが「フラス・アルディン」の司令官だったからだ。ISとは犬猿の仲だっただけに、バグダディから用心棒代を受け取って匿っていたことに、世界中のテロ専門家らが仰天した。, イドリブ県はシリア内戦で残った反体制派の最後の拠点だ。現在は全土制圧を目指すアサド・シリア政権軍がロシア軍機の支援で、同県への攻勢の機会をうかがっているが、トルコ軍がシリアに侵攻し、にらみを利かせているためアサド政権、ロシア、トルコが三すくみのような膠着状態が続いている。, 県内に立てこもる最大勢力はアルカイダとの関係を切ったと主張する「シリア解放委員会」で、その勢力は約3万人。またトルコが支援する反体制派「国家解放戦線」も同程度の勢力規模だといわれる。「シリア解放委員会」は自分たちの占領地域をISと同様に「国家」と呼び、同県の支配体制の強化を図っている。最近では、外国人の過激派追放に乗り出し、「フラス・アルディン」との間で交戦に発展、緊張が高まっている。(続きはソース), 9/28(月) 12:22配信https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200928-00010003-wedge-n_ame, 引用元: http://2chspa.com/thread/newsplus/1601387524, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ネットサーフィンが大好きでまとめ記事をはじめました。 時事ネタを中心に気になったことをまとめています。, 2chnavi2chまとめあんてな1おまとめつべこアンテナ2chまとめのアンテナにゅーもふキタコレ(゚∀゚)!!にゅーぷる, 【痛報】目も当てられない悲惨な末路…「ペイペイの猛毒」にやられたキャッシュレス企業, 【大阪】「アル中モーニング」 「さすが西成」と言わざるを得ないモーニングセットがこちらです, 【朗報】ノーパソ感覚で持ち歩けるクルマ? 超小型4輪 「WALKCAR」が気になる, 【岩手】初の新型コロナ感染者 達増知事が訴えも…やはり始まった誹謗中傷と特定作業 「特定しました 盛岡は◯◯◯◯(実名)」, 【注意】「富士山」のマグマに異変が 日本地震予知学会会長が警鐘「いつ噴火してもおかしくない」, 【マジキチ】ワゴン車の屋根に乗っていた高2転落し死亡 知り合いの生徒が無免許運転か 笠間, 【噂の種】中国から届いた「謎の種」植えてみた→グングン成長して謎の巨大野菜誕生・・・, 東京女子医大、経営危機に直面…「夏季一時金を支給しない」と労組に回答し、看護師の退職希望が法人全体の2割にあたる400人を超える, ニューヨーク・タイムズ(9月24日付)などによると、米統合特殊作戦軍はこのほど、国際テロ組織アルカイダのシリア分派「フラス・アルディン」の幹部をドローン搭載の通称“忍者ミサイル”で暗殺した。このミサイルは爆弾の代わりに長い回転刃で標的を切り刻むという特殊兵器。米軍はテロリストとの「影の戦争」に新兵器を本格投入し始めた。, 【コロナ研究】 ビタミンD値が十分である40歳以上の患者の死亡リスクは、不足の患者に較べて51.5%低い・・・ボストン大学医学部, 【テクノロジー】 タイヤがただの輪っか! ハブもスポークもない未来のeバイク「beno」, 【米大統領選】ジョー・バイデン?いえ「梅田穣」。熊本県山都町の町長が話題。ネットでは「うまい」「よっ、大統領」の声, 【科学】「ロボットにロボットを作らせてはならない」ただ1つの理由 生物学的自然選択が作用 人間に害を成す優れた多様性を産む, 【ランキング】イマドキ20代に多い「〇〇離れ」ランキング、3位クルマ、2位タバコ、1位は?, 【原爆の日】当時の日本政府「原爆は怖くない」被害隠蔽、ウソだらけの安全神話を流布していた コロナ対策に通ずる問題点, 【パソナ移転】「島流し」の声もあるけれど…淡路島はここがすごい! 地元民のアピールに「移住したくなる」「完璧かもしれない」, 【郵便物】突然届いた「謎の種子」、日本各地で続々報告 送付元は中国…狙いは何なのか, 【Twitter】晩ご飯の冷凍餃子に夫「手抜きだよ」→味の素公式「手抜きではなく手間抜き。お母さんに代わってに丁寧に準備してます」, 【金融】三菱UFJ銀行、68年かかる仕事をAIで5年に短縮 難題「ホチキス外し」も自動で, 【猛暑】「シャツイン」は「シャツアウト」より5℃高い。熱中症防ぐ着こなしワザ。シャツを出せる格好を心がけよう, 【新型コロナ】 米国研究者が警告 「このウイルスの最盛期が訪れる。はじめて私たちに目が覚めるような深刻な時期が到来することになる」, https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200928-00010003-wedge-n_ame, http://2chspa.com/thread/newsplus/1601387524. if(MSFPhover) { MSFPnav53n=MSFPpreload("../_derived/up_cmp_canvas010_up.gif"); MSFPnav53h=MSFPpreload("../_derived/up_cmp_canvas010_up_a.gif"); } ¡A•Ä‘‚ɂ́AŽ©‚炪Žª‚¢‚½ƒJƒ‹ƒ}‚ðŠ ‚èŽæ‚邽‚߂ɁA‚³‚ç‚È‚éo•º‚ÆŽ©‘“àƒeƒ‚Æ‚¢‚¤“ñ‚‚̋ºˆÐ‚ª‘Ò‚¿Žó‚¯‚Ä‚¢‚é‚悤‚¾B, ‚Ç‚ñ‚È‚ÉŒ¾—t‚ðs‚­‚»‚¤‚ªAí‘ˆ‚ÍŽE‚µ‡‚¢ˆÈŠO‚̉½•¨‚Å‚à‚È‚¢B‚Ü‚µ‚Ă◝•ss‚Æ•sð—‚É–ž‚¿‚½í‘ˆ‚Æ‚à‚È‚ê‚΁A‚»‚̐íê‚͈¢C—…‚̏ê‚ƂȂ邱‚Æ‚Í•K’èB‚¾‚©‚炱‚»A¡•Ä‘‚ł́A 有名なイスラム系テロ組織「アルカイダ」ですが、その歴史は古く結成されてから30年以上が経ちます。「アルカイダ」の起源や目的の他、最高指導者や日本人殺害事件、そして現在の様子についてまとめ … アフガニスタンには現在、8400人が駐留している。 ... を象徴する出来事は、すぐそこに迫っていた。米軍は2011年5月2日、パキスタンを急襲し、アルカイダの指導者ウサマ・ビン・ラディンを … ‚»‚¤‚µ‚½íê‚©‚ç–ß‚Á‚½•œˆõ•º‚½‚¿‚ɁA‚P“ú‚É‚Q‚Ql‚ÌŽ©ŽEŽÒ‚ªo‚Ä‚¢‚é‚Ì‚¾B ‚»‚ê‚É‚µ‚Ä‚àBŽ©‘‚ÆŽ©‘–¯‚ɁA‚±‚ꂾ‚¯‚Ì‘å•Ï‚ȏd‰×‚ð”w•‰‚킹‚½ƒuƒbƒVƒ…ˆê‘°‚ª”w•‰‚Á‚½ƒJƒ‹ƒ}‚Í‚¢‚©‚΂©‚è‚©Bl‚¦‚½‚¾‚¯‚Őg‚Ì–Ñ‚ª‚悾‚ÂŽv‚¢‚Å‚ ‚éB, ‘å—Ê”j‰ó•ºŠíˆê‘|‚Æ‚¢‚¤ŠG‹óŽ–‚Ì‘å‹`–¼•ª‚ÅŽn‚Ü‚Á‚½ƒCƒ‰ƒNí‘ˆB  アイマン・ムハンマド・ラビーウ・アッ=ザワーヒリー (アラビア語: أيمن محمد ربيع الظواهري ‎ , 1951年 6月19日 - )は、アルカーイダの作戦及び戦略責任者とされる人物。 報道などでは「ザワヒリ容疑者」と表記されることが多い。 Ž©‘“à‚Å‚¢‚ƒeƒ‚ª‹N‚«‚é‚©•ª‚©‚ç‚È‚­‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB アル=カーイダ、アルカイダ(アラビア語: القاعدة‎、翻字: al-qāʿidah、英語: Al-Qaeda)は、イスラム主義を掲げるスンナ派ムスリムを主体とした国際テロ組織。ソ連・アフガン戦争中の1988年、ソ連軍への抵抗運動に参加していたウサーマ・ビン・ラーディンとその同志らによって結成された 。1990年代以降、2001年のアメリカ同時多発テロ事件や1998年のアメリカ大使館爆破事件等、アメリカを標的とした数々のテロを実行した 。 ‚±‚¤‚µ‚½ƒeƒ‚Ì”­¶‚ð‰Ÿ‚³‚¦‚悤‚ƁAƒIƒoƒ}‘哝—̂́A“ÁŽê•”‘à‚É‚æ‚éŒÀ’è“Iìí‚Æ‚¢‚¤–¼–ڂ̉ºA‚Ç‚¤‚â‚ç’nãŒR‚É‚æ‚镐—͍sŽg‚ðl‚¦Žn‚ß‚½‚悤‚¾B, ˜A‡ŒR‚ª‹Ž‚Á‚½ƒAƒtƒKƒ“‚âƒpƒLƒXƒ^ƒ“‚ł͍ĂуAƒ‹ƒJƒCƒ_¨—Í‚ª¨‚¢‚𑝂µ‚Ä‚«‚Ä‚¨‚èAó‹µ‚É‚æ‚Á‚Ă͕č‘‚Í—¼‘‚Ö‚àÄ‚Ñ”h•º‚¹‚´‚é‚𓾂Ȃ­‚È‚Á‚Ä‚­‚é‚©‚à‚µ‚ê‚È‚¢BŽ©•ª‚ÅŽª‚¢‚½Ží‚ÍŽ©‚犠‚èŽæ‚éA‚±‚ꂪŽ©‘R‚̐ۗ‚Å‚ ‚éB if(MSFPhover) { MSFPnav52n=MSFPpreload("../_derived/back_cmp_canvas010_back.gif"); MSFPnav52h=MSFPpreload("../_derived/back_cmp_canvas010_back_a.gif"); }

【2月23日 AFP】フランス軍は21日、西アフリカのマリで空爆と地上攻撃を行い、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系の武装勢力「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM)」の指導者を殺害した。仏政府が22日に明らかにした。この人物は、サハラ砂漠南部一帯のサヘル(Sahel)地域で起きた欧米人らの拉致事件の首謀者とされ、長年捜索が続いていた。, 殺害されたのは、AQIMのアルジェリア人指導者のジャメル・オカチャ(Djamel Okacha)容疑者。仏当局によると、21日にトンブクトゥ(Timbuktu)の北部で、オカチャ容疑者が乗っていた自動車を含む車列を仏軍の特殊部隊やヘリコプター、小型無人機が攻撃し、同容疑者を殺害した。, 仏国防省によると、オカチャ容疑者はイスラム過激派として長らく活動し、「複数の攻撃の首謀者であり資金提供者」だったという。米当局は同容疑者が、アフリカ北部と西部で複数の欧米出身者を拉致したとして非難していた。, オカチャ容疑者はまた、2009年に米国籍のクリストファー・レゲット(Christopher Leggett)さんがモーリタニアで殺害された事件や、同年に同国首都ヌアクショットの仏大使館が攻撃された事件にも関与したとみられている。, フランスのエドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)首相は22日夜、同国のフロランス・パルリ(Florence Parly)国防相と共にマリの首都バマコを訪問し、マリへの「支援」を表明。マリにはイスラム過激派からの北部地域の奪還に向け、2014以降、約4500人の仏軍兵士が駐留している。(c)AFP/ Daphné BENOIT, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News.

有名なイスラム系テロ組織「アルカイダ」ですが、その歴史は古く結成されてから30年以上が経ちます。「アルカイダ」の起源や目的の他、最高指導者や日本人殺害事件、そして現在の様子についてまとめてみました。 軍人やアルカイダ系の7人の専門職がいる。 大量破壊兵器一掃という絵空事の大義名分で米国が行った、イラク戦争という悪事は罪のない多くの人々を死に追いやり、平穏な生活を送っていた一般市民を恐怖と悲しみの世界へと追いやった。