アメリカ独立戦争(アメリカどくりつせんそう、英: American War of Independence)は、1775年4月19日から1783年9月3日までの、イギリス本国(グレートブリテン王国)とアメリカ東部沿岸のイギリス領の13植民地との戦争である。現在のアメリカではアメリカ独立革命(英: American Revolution)もしくは革命戦争(英: Revolutionary War)と呼ばれ、主にイギリスではアメリカ独立戦争と呼ばれている 。なお、日本の歴史教科書では、「アメリカ独立戦争」と表記することもあれば 、単に「独立戦争 … →2020年、歴史能力検定3級受験予定 4月の第3月曜日はアメリカ独立戦争の緒戦となる1775年4月19日のレキシントン・コンコードの戦いを記念したアメリカの「愛国者の日」(Patriots' Day)である。 アメリカのマサチューセッツ州・メイン州・ウィスコンシン州の3州において祝日に制定されている。

→2021年、大学共通テスト(世界史B)受験予定.
44回 アメリカ独立戦争 大陸会議の招集 そこでアメリカ側は、1774年9月に第1回大陸会議を開きます。 これは何かと申しますと、ジョージア以外の12の植民地から、各植民地議会より選出された50人の代議員が集まった会議です(議長はバージニアのペイトン・ファンドルフ)。 アメリカ独立革命 経過と結果.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 愛国派[アメリカ合衆国]の用語解説 - アメリカ独立革命期に独立を推進した勢力の総称。特に 1774年イギリス政府が前年のボストン茶会事件に対する懲罰として制定した強制諸法によって,植民地人はみずからの政治的立場の選択を迫られた。
こうして、イギリス本国からのアメリカ独立戦争が始まったのです。 独立戦争当初、自営農民や商工業に携わる人々が愛国派(パトリオット)として独立を目指していましたが、その数は植民地人口のおよそ3分の1程度でした。 ボストン茶会事件(ボストン・ティー・パーティー)は、1773年に起こりました。イギリスからアメリカが独立する戦争のきっかけとなった、とても重要な事件です。お茶会なんてとても楽しそうな雰囲気なのに事件??しかも戦争のきっかけ??驚きですよね。 第1回大陸会議(1774、フィラデルフィア) 本国との通商を断絶することを決定。 →国王派【ロイヤリスト】と愛国派【パトリオット】の対立. 1775、レキシントン・コンコードで武力衝突(本国軍vs民兵)。

第1回大陸会議(1774、フィラデルフィア) 本国との通商を断絶することを決定。 →国王派【ロイヤリスト】と愛国派【パトリオット】の対立.

アメリカ独立革命 経過と結果. アメリカは1500年代から、スペイン、フランス、イギリスなどヨーロッパの植民地でした。, 1700年代に入り、イギリスとフランスが数年間に渡る戦争を行い、遂にイギリスが勝ちました。, 植民地アメリカはイギリスの物になりましたが、戦争でお金をたくさん使ってしまったイギリスは、, 砂糖の他、ワイン、コーヒー、衣類などにも課税しました。↓植民地の商人達が打撃を受け、強い反対で1766年に撤廃されました。, これだけでは足りなかったようで、イギリス、こんなのも出しました。1765年 印紙法, 新聞、パンフレットなどの印刷物はもちろん、暦やトランプなどにまで課税(イギリスの印紙を貼るように)しました。, もう、むちゃくちゃですね^^; トランプですよ、トランプ。そこまでお金ないのかい!って感じです。, ここまでいくとコメディ映画の世界みたいで、笑えます。でも現実にそこで生活している人達は、もちろん笑ってなんかいられない訳で。↓大反発をくらい、翌年には撤廃されました。, しかしイギリス、凝りません。また新しいのを出してきました。1767年 タウンゼンド諸法, タウンゼンドは人の名前です。でも法を発したその年に、ご本人は亡くなられています。↓この法も、もちろん大ブーイングでした。イギリス製品ボイコット運動が起こり、それでも3年続きました。, 虐殺なんて言うと恐ろしい感じですが、イギリス兵が暴動を起こした市民5人を射殺したという事件です。, 市民は普段からタウンゼンド諸法に強い不満を持っていましたから、暴動が起こりやすい環境だったのでしょう。そこにイギリスの兵士が無差別に発砲。, タウンゼンド諸法、全撤廃はされずひとつだけ残ったままでした。そう、紅茶だけは高く課税されたままだったのです。, そこでオランダ商人からの密輸茶が広まり、皆、イギリスのお茶は買わなくなりました。高いお茶を買いたくないですからね。, 植民地の人は、イギリスの議会に自分たちの議員(代表)を送る権利がありませんでした。, とっても真っ当な意見だと思いますが、イギリスからすれば、植民地の分際で!と思われそうな気もしますね^^;そんな中、イギリスは次の法を制定しました。, 大量の在庫を抱えていた東インド会社は、紅茶を安く販売することができました。これは、オランダの密輸業者に廃業を迫るものでした。, 密貿易で生活の糧を得ていた人達にとっては、特定の会社に特権を与えるこの法は面白くないものだったのです。, とイギリスへの反対運動が起こりました。(イギリスからの独立ではなく、「代表なくして課税なし」が目的でした。), 騒ぎに駆けつけたボストン市民は、応援するでもなく、止めるでもなく、眺めていたそうです。, 個人的には、フェイスペイントなどでネイティブアメリカンに変装していた、というのが、なんか卑怯で嫌ですね。, 被害を弁償するまでボストン港は閉鎖。さらに「耐えがたき条令」と言われた、強圧的諸条令を制定してきました。何がなんでも屈服させようとしてきたのです。, 面白いのが、密輸するくらい紅茶が大好きだったのに、紅茶までボイコットするようになったことです。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、というヤツですね。, ボストン茶会事件がなかったら、今でもアメリカでは紅茶の方が飲まれていたかもしれませんね。, 復元船に乗って、当時のコスチュームを着た博物館の人と、茶箱を投げるデモンストレーションもあります。(これは楽しい^^), ボストン茶会事件をわかりやすく説明!コーヒーとの意外な関係とは?、いかがでしたでしょうか。, 茶会なんて言うと、不思議の国のアリスのティーパーティーしか浮かばない私でしたが、今回調べて、とても勉強になりました。, 特にアメリカがコーヒー好きになった理由というのが面白いですね^^アメリカンコーヒーが薄いのも理由があるのかな。, アメリカ独立戦争を順を追ってわかりやすく!↓アメリカ独立戦争とは、フランス参戦でイギリス大ピンチ!, アメリカ独立記念日ってどんな日?オススメしたいイベント情報も!↓独立記念日のアメリカでの過ごし方!この日だけ許されるある事とは?, 福沢諭吉も参考にした独立宣言文↓アメリカ独立宣言とは?原文と和訳3つの内容、現物はどこ?, 2000年からアメリカ、北カリフォルニアのシリコンバレー在住です。家族は日本人の夫と、アメリカ生まれの娘、2匹の猫。映画と漫画、アニメが大好きです。(さらに詳しくは「運営者情報」をどうぞ!)アメリカに関するいろいろな事を、出来るだけ多くのアメリカのサイトを検証し、わかる限り正しい情報を、他とはちょっと違う+αの情報を出来たらプラスして、わかりやすく、楽しくお伝えしたいと思っています^^, イギリスの東インド会社に融通した茶法に怒り、ボストン港に停まっていた船から自由の息子達が紅茶を捨てたのがボストン茶会事件. ニューイングランド植民地(1620年にメイフラワー号でやってきて、プリマスを建設したピルグリム=ファーザーズが起源), 本国からの命令は数ヶ月かかるため、イギリス領13植民地では、植民地議会が作られ、自治が尊重されていた。, 七年戦争(北米ではフレンチ=インディアン戦争)による財政難により植民地の課税を強化した。, これは「植民地からの代表議員がいない本国議会で、このような法律を定める権限はないだろう!」ということ。, イギリス側は破産寸前のイギリス東インド会社に、北米植民地における茶の貿易権(独占販売権)を与える。, 先住民に扮した市民が、ボストン港にあった東インド会社船舶の茶箱、300箱以上を海に投じた。, イギリス政府は激怒、ボストン港を封鎖。また、マサチューセッツ植民地の自治権を剥奪した。, 1775、レキシントン・コンコードで武力衝突(本国軍vs民兵)。アメリカ独立戦争の開始である。, 1776.7.4、トマス=ジェファソンらが起草した独立宣言が、第2回大陸会議で採択された。, ジェファソンは、人々が神に与えられた権利(自然法)には「生命、自由、幸福の追求」が含まれると述べ、, 「政府の権力は被統治者の同意に由来する」のだから「新たな政府を設立するのは人民の権利」と独立を正当化。, →駐仏大使フランクリンの活躍で米仏同盟が成立(翌年、同じブルボン家のスペインも参戦), もし、イギリスが仕掛けてきたら、アメリカ側で参戦するということで、イギリスを孤立させる。, 合衆国は1つの国。対外的なことは連邦政府が行い、国内的なこと(民法や刑法など)は各州で決める。, フランス貴族のラファイエットやポーランドのコシューシコ、フランス社会主義者サン=シモンらが参加した。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ファンタジックな歴史創作をするために、ぼちぼち世界史を学んでます。 アメリカ独立戦争のはじまりレキシントン・コンコードの戦い1775年4月、レキシントンの戦いで、イギリス正規軍と植民との民兵(ミニットマン)が衝突し、独立戦争が始まった。戦いに備えた植民地人がコンコードに武器や弾薬をを集めていること 独立戦争は、植民地の正規軍+愛国派民兵とイギリス軍+王党派民兵+インディアンの多数派が戦った戦争です。北部戦線ではイロコイ連邦の一部、西部戦線でショーニー族などオハイオ周辺の部族、南部戦線ではチェロキー族の武闘派がアメリカ独立軍の敵に回りました。