で、実際オバマ大統領はアメリカで評価されているの? 1933年就任のルーズベルト大統領から、歴代米大統領の平均支持率を並べてみました。するとオバマ大統領は下から3番目です。これはあまり評価されていないと言っていいでしょう。

歴代アメリカ合衆国大統領のランキング(れきだいアメリカがっしゅうこくだいとうりょうのランキング、英:Historical rankings of United States Presidents)では、アメリカ合衆国大統領を務めた個々の者の業績をランク付けするために行われた政治学における調査結果を示す。 All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. 歴代アメリカ合衆国大統領の一覧(れきだいアメリカがっしゅうこくだいとうりょうのいちらん)は、アメリカ合衆国の行政権の長であり国家元首である大統領(President of the United States of America)の、初代から現在の第45代までの計44人 の一覧である。

それでは歴代大統領の支持率をみていきましょう。 まとめている項目は所属政党、在任期間、平均支持率、就任3年目の支持率です。 1953年以降で一人ずつみてきます。 スポンサードリンク . アメリカの歴代44人の大統領を対象に、偉大さを100点満点で評価するアンケートが実施された。 予想がつくだろうが、2018年アンケートでWorst 1はトランプ現大統領。.

All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

アメリカ歴代大統領の中で暗殺されたリンカーン、ガーフィールド、マッキンリー、ケネディの4人を取り上げてその背景や実行犯を解説。その他、アメリカ大統領に関する基本事項や逸話、エピソードなど豊富な情報を紹介。 アメリカ大統領選挙では、現職が断然有利だと言われている。 アメリカ大統領という「世界最強」の肩書を持ち、自分を知らない人はほぼいない。 メディアへの露出も多く、党内の指名を勝ち取らなければならない対立候補に比べて、資金集めや支持固めに早い段階から取り組むことができるからだ。 実際、第2次世界大戦後に大統領選挙に臨んだ現職大統領10人のうち、敗れたのは3人だけ。「再選率」は70%に上る。 その3人 … アメリカでは、約200人の政治学者を対象に歴代大統領の評価調査が実施され、その結果がランキングとして発表された。最下位は現職のトランプ大統領で、1位はリンカーン大統領だった。調査は2017年12月~2018年1月に、アメリカ政治学会のPr 歴代アメリカ大統領の支持率まとめ. アメリカ大統領歴代支持率ランキング - ナッキです。 @nakki_fukugyo 2020年11月3日にアメリカ大統領選挙が実施されます。 この記事では歴代大統領の在任中の支持率をまとめてみました。 歴代のアメリカ大統領は個性派が多く、トランプやブッシュ、? 歴代大統領の“再選率”は65.5%(29人中19人)となる。 ※1=出馬しなかった、公認候補に選ばれなかった、任期中に死亡した大統領を除いています。 アメリカの歴代44人の大統領を対象に、偉大さを100点満点で評価するアンケートが実施された。 予想がつくだろうが、2018年アンケートでWorst 1はトランプ現大統領。. さらにトランプ大統領の支持率の安定感。この4年間、40%前後を維持!! 史上最も低支持率で安定感のある大統領です。最低と最高の支持率の差は14%で、アメリカ大統領史上最少という安定感です。 つまり、根強い支持層があるという事実。 ドワイト・d・アイゼンハワー