45代 ドナルド・トランプ. この記事は、ウィ … Learn more: https://t.co/1nMYQAjpSqpic.twitter.com/N3pkiBlCkj, ワシントン・ポストによると、新型コロナウイルスの感染拡大は特に2020年の大統領選の結果を左右する、いわゆる"激戦州"で顕著だ。, 「クック・ポリティカル・レポートが"接戦"と見なしている13の州で、1日あたりの平均新規感染者数(週間)は過去2週間で45%増えた」と同紙は報じている。ペンシルベニア州、オハイオ州、ミシガン州では、53%以上増えた。, 「わたしたちは感染拡大を制御するつもりはない」とメドウズ大統領首席補佐官は10月25日、CNNに語った。 「わたしたちはワクチン、治療法などを確保するという事実をコントロールするつもりだ」という。, 米疾病予防管理センター(CDC)によると、 アメリカでは少なくとも22万7000人が新型コロナウイルス感染症で死亡している。, [原文:US smashes single-day record for new coronavirus cases, with spikes in every swing state], US smashes single-day record for new coronavirus cases, with spikes in every swing state, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 日本テレビ「アメリカ大統領選挙2020」公式サイト。世界が注目するアメリカの大統領選挙は、共和党 トランプ候補と、民主党 バイデン候補の一騎打ち。11月4日(水)開票速報をお届けします。 以上 アメリカの歴代大統領を紹介しました。 試験などでも重要になってくる単語が多数出てきたと思います。 Average daily cases in the previous 7-days increased 26% from the previous 7 days. こうさん2020年にあるアメリカの大統領選挙のスケジュールを調査。 大統領はいつ決まる?2021年の1月に大統領および副大統領当選者が正式決定します。1月20日 大統領就任式が行われます。候補者を調査!既に大統領選挙に向けて戦いは始まっています。 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないアメリカでは10月29日(現地時間)、9万人近い新規感染者が報告され、1日あたりの感染者数としては最多記録を更新した。トランプ大統領は新型コロナウイルスとの戦いについて、状況は「好転しつつある」と強調しているが、10月は新型コロナウイルスに感染して入院する患者の数もこれまでで最も多くなっている。, Covid Tracking Projectによると、29日は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡者数も1000人を超えた。1日あたりの死亡者数が1000人を超えるのは、今週2度目。この日は8万8452人の感染が新たに確認され、現在、4万6000人以上が入院している。これは、新型コロナウイルスの感染拡大が制御されていないこと、新規感染者数の増加は単に検査数が増えたためではないことを示している。, As of October 25, #COVID19 cases continue to increase nationwide. 【アメリカ大統領選】激戦6州の平均支持率でバイデン氏をトランプ氏が徐々に詰め、2.3ポイントに迫る ★7 1: 名無しさん 2020/11/04(水) 07:18:09.57 Help slow the spread: Wear a mask, wash your hands, and stay 6 feet apart. 歴代アメリカ合衆国大統領の一覧(れきだいアメリカがっしゅうこくだいとうりょうのいちらん)は、アメリカ合衆国の行政権の長であり国家元首である大統領(President of the United States of America)の、初代から現在の第45代までの計44人 の一覧である。 2017年1月20日就任 .


Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. 黒人初のアメリカ大統領、2009年ノーベル平和賞 . アメリカ大統領は多忙を極めると言われている。実際にはどうなのだろうか。1979年5月2日、日米首脳会談時のジミー・カーター大統領のスケジュールを実際に追ってみよう。 0500 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないアメリカでは10月29日(現地時間)、9万人近い新規感染者が報告され、1日あたりの感染者数としては最多記録を更新した。トランプ大統領は新型コロナウイルスとの戦いについて、状況は「好転しつつある」と強 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, 朝の“重役タイム”を重視するトランプ大統領、執務室入りは昼が近づいた頃だという。(写真:ロイター/アフロ), アメリカで注目を集めているオンラインニュースメディア・アクシオスがトランプ大統領のプライベートな“裏スケジュール”をスクープ、その後、CNNもトランプ大統領の一日を紹介し、その過ごし方に注目が集まっている。, アクシオスによると、公のスケジュールでは、トランプ大統領は午前8時から11時まで、大統領執務室で“重役タイム”を送っていることになっているが、プライベートな“裏スケジュール”によると、住まいのある公邸2階の”イェロー・オーヴァル・ルーム”という部屋で、テレビを見たり、電話をしたり、ツイッターしたりという“重役タイム”を過ごしているというのだ。また、昼近くに執務室に入ってからも、1~2のミーティングしかせず、電話をしたりテレビを見たりなどの“重役タイム”を送り、午後6時には執務室を去っているという。(Scoop: Trump's secret, shrinking schedule), 怠けているようにしか見えない“裏スケジュール”だが、これに対し、サンダース大統領報道官が「午前中は公邸にいる時間と執務室にいる時間が混在しているが、公邸にいる時間もスタッフや議員、閣僚、外国の指導者と電話連絡を取り合っている。大統領は私が会った中で最も勤勉な者の1人で、1年中ほぼ全日、長時間働いている」と言って反論した。, 4~5時間の睡眠後、起床するのは5時半頃。そして、早い時は午前6時に、公邸の”イェロー・オーヴァル・ルーム”から電話をかけ始める。かける相手は、側近や議員や閣僚たちで、ジョン・ケリー大統領主席補佐官やクシュナー氏、娘イヴァンカ、コミュニケーション・ディレクターのホープ・ヒックス氏などの主要な側近たちを公邸に呼び出すこともある。また、国家安全保障問題担当のマクマスター大統領補佐官を呼び、海外の指導者に電話をかけることもあるという。 (A window inside Trump's morning 'executive time'), 早朝から電話をかけるという姿勢は、不動産王として仕事をしていた頃と変わっていないようだ。『トランプ三代記』によれば、トランプ氏のビルを管理するマネージャーは、早朝からトランプ氏の電話で叩き起こされていたという。それは、例えば、ビルの前に空き缶が転がっているなどの管理不行き届きを発見したトランプ氏からの叱咤の電話だった。トランプ氏の完璧主義さが現れているエピソードだが、側近たちも、起き抜け、トランプ氏から叱咤の電話を受けて頭を痛めていることだろう。, トランプ氏は朝から、メディア報道のチェックにも熱心だ。トランプ政権の“大本営発表”をする“フォックス&フレンズ”という朝のニュース番組を流しながら、“フェイク・ニュース”と名指ししているニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙などのメジャーな新聞の見出しをチェックしているという。, 自宅オフィスで“重役タイム”を過ごした後、トランプ氏がようやく大統領執務室入りするのは午後12時が近づいた頃。日本的に言うなら”重役出勤”になる。ちなみに、ブッシュ元大統領は午前6時45分までに執務室入りし、オバマ元大統領はワークアウトをした後、午前9時~10時の間に執務室入りしていた。歴代大統領の多くは午前9時まで執務室入りしていたが、フランクリン・ルーズベルト元大統領も、トランプ氏のように“イェロー・オーヴァル・ルーム”を仕事場にし、真珠湾攻撃もそこで知ったという。, アクシオスが入手した“裏スケジュール”によると、トランプ大統領は、執務室入りした後は、1~2つしかミーティングをせず、多くの時間を電話やテレビなどの“重役タイム”に費やしているという。報告書などの物を読まないトランプ氏にとって、常に、“情報は人の口から”なのだ。彼とランチをよく共にしていたというある建築家は、ランチの間も、絶えず、トランプ氏のところには誰かがやってきてコミュニケーションに大忙しだったと話していた。, また、テレビを視聴しながらツィートすることにも余念がないようだ。執務室にはマルチスクリーンシステムのテレビが設置されているが、トランプ氏はというと、ニュース番組を一つずつ見て、自身に好意的なフォックスニュースの流すテロップをそのままリアルタイムにツィートしたりしているという。, ツィートに欠かせないのはツィート可能な携帯だが、トランプ氏は複数の携帯を持っており、側近は、それを密かに、”トランプ・ワン”、”トランプ・ツー”というニックネームで呼んでいる。, トランプ氏の自由時間が来るのは、ホワイトハウスのウエスト・ウィング(政権の中枢を担うオフィスがある)を牛耳っている大統領主席補佐官のケリー氏が午後6時頃に帰宅した後だ。というのは、ケリー氏が公務中は、ケリー氏がトランプ氏に入って来る電話をスクリーニングし、トランプ氏に繋いでいいかどうか最終的な判断をしているからだ。そのため、電話の“お目付役”のケリー氏が帰宅した後、トランプ氏は昔からの友人や、元側近、さらには、テレビのパーソナリティーにまで電話をして、おしゃべりをしたり、アドバイスを求めたり、メディア報道について怒ったりしているという。, 朝から晩まで、電話で話したりツィートしたりと、“電話LOVE”なトランプ大統領の一日。コミュニケーションは非常に重要だ。しかし、そのコミュニケーションが効果を上げているとは言い難い。, “アメリカ・ファースト”一点張りのコミュニケーションで世界からは孤立する一方だし、何より、金正恩氏とのコミュニケーションができていない。多くのスタッフが去り、決まっていない重要ポストも多く、政府機関が閉鎖に追い込まれたのもコミュニケーションができていない証拠だ。アメリカ国民とのコミュニケーションも、一部の熱狂的支持層を除いて、上手く行っていない。唯一、いいコミュニケーションができている相手はウォール街の面々くらいだろう。就任1年目は、トランプ大統領が、所詮は、ビジネスマン上がりの政治家であることを証明したに過ぎなかった。, 就任2年目に入ったトランプ大統領だが、その“電話LOVE”なコミュニケーションで、外政や内政で成果を上げることができるのだろうか?, 大分県生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。出版社にて編集記者を務めた後、渡米。ロサンゼルスを拠点に、政治、経済、社会問題、トレンドなどをテーマに、様々な雑誌に寄稿している。ノーム・チョムスキー、ロバート・シラー、ジェームズ・ワトソン、ジャレド・ダイアモンド、エズラ・ヴォーゲルなど多数の知識人にインタビュー。著書に『9・11の標的をつくった男 天才と差別ー建築家ミノル・ヤマサキの生涯』(講談社刊)、『そしてぼくは銃口を向けた」』、『銃弾の向こう側』、『ある日本人ゲイの告白』(草思社刊)、訳書に『封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか』(講談社 )がある。, ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。, 「そこには愛があるから」 バイデン氏勝利! 米大統領選の勝敗を分けたものは何だったのか?, マーカーペンを巡る陰謀論「シャーピーゲート」が浮上 「票が数えられなかった」と訴訟に発展 米大統領選, トランプ氏が不当な勝利宣言 「トランプに投票」は1人もいなかった ドジャース球場の投票所ルポ, 「働く」の不幸を取り除け!組織課題へ取り組む産業医の役割【浜口伝博×倉重公太朗】第1回(倉重公太朗), 【スクープ!】コロナ第2波 英マンチェスターは12月1日ワクチン接種開始で準備(木村正人), 【プレーオフ】投手戦の決着は9回に トゥサンが代打のひと振りで先手を取る<韓国KBOリーグ>(室井昌也), 「シュプリーム」を「ザ・ノース・フェイス」や「ヴァンズ」の親会社が買収 創業者やチームは残留(松下久美), “トランプ氏ロス” の金正恩氏――自身を「悪党」「暴君」呼ばわりするバイデン氏に戦々恐々, バイデン大統領ほぼ確実 菅政権に追い風 アメリカの対日政策はどう変わる トランプ主義は残る, 「債券は売られた後、買い戻される」牛さん熊さんの本日の債券(引け後)2020年11月9日, Scoop: Trump's secret, shrinking schedule, A window inside Trump's morning 'executive time'.