google_ad_format="120x600_as"; ここからは、具体的なNHK集金人の撃退方法をご紹介致します。 (1)「撮影」と「退去勧告」で撃退する方法. ライフハック・ノウハウ, 節約 方法, NHK, しつこい, 集金人, 撃退, 受信料, 断り方, 契約, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 春並に暖かい日もあり嬉しく感じる反面、暖冬による影響で雪不足になり、スキー場のオープ... なりたい職業ランキングでいつも上位にいる公務員。 引... お寺や神社にお参りに行くとついつい手に取ってしまうお守り。

2020/10/28 nhkのしつこい集金人を撃退する受信料の断り方をご紹介します。 nhkの集金人の服装で判断して居留守を使う.

1位:秋田県 96.3%

gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx;



google_color_bg="F3F3F3"; NHK集金人の撃退法(応用編)/「違法営業」の手口と対抗法 よくある「トラップ」, やはり110番するか、腕っぷしに自信のある男性ならば、その場で取り押さえて警察に引き, などがあったことを、筋道立てて冷静に伝えれば、NHK職員は、口では「以降そのようなことがないよう注意します」とお決まりのセリフしか言わなくても、内部では、その訪問員を, としてマークし、以降、あなたの家には近寄らないようにさせます。また、同様の苦情が複数の世帯から寄せられれば、その地域スタッフはNHKに次回の業務委託契約の更新を拒否され、実質クビになることもあるようです。, 向かって「◯◯営業センターにお前の氏名を言って苦情を入れるぞ!」と告げると効果的かもしれません。, 電話番号を事前にアドレス帳に登録しておき、彼らの目の前で実際に電話して、「お宅の訪問員の◯◯と言う人が今、目の前にいる。, 「本当はテレビを持っている」だとか「契約義務があるのにまだ果たしてない」だとか、そんなことはこの際一切関係ありません。, 。仮に「義務を果たしてない」がその通りだったとしても、だからといって玄関先に居座ってしつこく契約を迫ったり家を覗き込んだりしていいということにはなりません。, 放送法も受信規約もロクに説明できない、身元もハッキリ分からないような突然の訪問者の言うがままに、その場でハンコついたりクレジットカードを渡すなど、セキュリティの観点からも、あり得ないことです。, と言っても帰ろうとしないなら、それは押し売りと全く同じことなので、ためらわずに110番すべきでしょう。もし警察が来てから集金人が, 警察に届ける場合、この状況があったことをを言うのと言わないのとでは、警察の対応が大きく違ってきます。他人の家にきて, 俄然対処しやすくなります。事件化まではされなくとも、最低でも警察は集金人の所属する営業所に連絡し、状況を聞き、厳重注意してくれるようです。むろん、そのようなことになったら当面集金人はあなたの家には近寄りません。(その集金人はたぶん解雇されるでしょう)。「ドアを物理的に閉められなくさせる行為」を受けた場合は、警察に届けることを前提に話を進めましょう。(というか、この行為があった場合は営業所への苦情なんて回りくどいことせずにいきなり警察に届けるべきでしょう。), オートロックマンションなどで、ロックを解除した覚えがないのに、NHKの集金人がマンション内の玄関ドアの前まで入ってきてインタフォンを鳴らしてくる例が後を絶たないようです。, 手口としてはまず、マンションの前で待ち伏せして、ロックを開けてマンションに入る配達人などの後ろについてスルっと入り込む方法が考えられますが、これは, NHKの集金人がよくやるのは、一軒の住人にロックを開けてもらって中に入れた場合、その家の訪問が終った後も、一旦マンションの外に出ることなく、直接, または、マンションの外でターゲットの住人が帰ってくるのをひたすら待ち、それと思われる人が帰ってきたら「NHKですが」と声をかけ、しつこくつきまとってそのままオートロックを通過し、その人の家までついてきてしまうという手口です。この方法で狙われるのは、例外なく, です。集金人もそれを自覚した上で、通報されたらパクられるのを覚悟で危ない橋を渡っています。, マンション内に入ることを自分が許可したわけでもないのに、なぜか集金人がオートロックの内側に入っている状況を認識したら、, 、という話も時々耳にします。もう呆れて言葉を無くします。当然のことながら奴らにそんな権限などあるわけもなく、腕っ節に自信のある男性が居合わせれば、即, そもそも営業所のNHK職員のメインの日常業務は自分が担当する地域スタッフの業務管理です。, ただし、集金人がドジを踏んで本当に警察沙汰になってしまった時などは、担当のNHK職員がスクランブル対応で駆けつけ、平謝りして, 実態のない所もありますので、そっちを相手にしようとするのは無意味です。一部には中堅の人材派遣会社のような所もありますが、ブラック企業なので、コミュニケーションを成立させるのは困難でしょう。, しつこい訪問員は必ずといっていいほど、放送法等について事実と異なる説明をしていたり、厳密には違法になるような勧誘行為をしているので、撮影されていることがわかれば急に大人しくなり、結局は逃げ出します。(最近の「違法な勧誘行為」の代表例は次に述べる「訴訟恫喝営業」です), なお、最近は、ビデオ撮影することで集金人の無法行為から自分や家族の身を守ろうとする人が増えたため、NHK側は、「肖像権の侵害だ!」「撮影は違法行為だ!」などと屁理屈言って抵抗しているようですが笑止千万です。自分の家の玄関先での出来事を, 2012末時点)を相手に民事訴訟を起こし、ほとんどのケースで支払い命令(または和解)を勝ち取っています。また、2011年からは、テレビを設置しているのに契約していない「未契約者」も訴え始めたと公表し、2013年10月に出された初の判決でNHKが勝訴したと公表しました。しかし、判決が出たケースを含め、「未契約裁判」の実態はすべて特殊なケースで、普通の未契約世帯にはほとんど関係のない話です。, ですが、NHKの訪問員(地域スタッフ)は、この判決を「日々の営業」に最大限活用しているようです。, も少なくないようなので、そのように言われた場合の対応の仕方を幾つか例示しておきます。, こう言われたら、恐らく彼らはモゴモゴと要領を得ないことを言ってお茶を濁しながらそのまま退散でしょう。, 万一、そこでその地域スタッフが何か血迷って「裁判するリストに登録するんだよ!」などと口走ったら、しめたもの。そいつは一発アウト→クビです。実際に地域スタッフごときの見定めで一般市民を訴訟リストに載せることなど1000%あり得ません。もしそんなことがあったら大問題に発展します。, と言って畳み掛けましょう。そこまで言われればその地域スタッフは血相を変えて退散し、その家には二度と寄り付かなくなるでしょう。, と言ってカウンターを食らわしてやるのも楽しいでしょう。そのセリフを言う前に、隠し持っていたカメラを取り出してすかさず、地域スタッフの顔を記念撮影してあげればさらに効果的でしょう。, デジタルテレビに、B-CASカードを挿入して放送を受信すると、その時点で、放送電波受信=テレビ設置の事実がNHKにわかってしまうのではないか…。驚いたことに、受信料関係の掲示板などを見ると、漠然とこのようなことを考えている人も少なくないようです。しかし、, 確かにデジタルテレビには双方向通信機能がついていて、視聴者側の情報をテレビ局に送ることができますが、それはアンテナ端子とは別についているインターネット接続端子でテレビをインターネットにつなぎ、放送波とは別の経路(つまりインターネット)で、テレビ局と情報をやりとりするためのものです。, 考えてもみてください。インターネットにつなげてもいないテレビ受信機が、B-CASカードを入れただけで勝手に電波(のようなもの?)を発信してテレビ局と双方向通信を始め、テレビ設置者の情報を勝手に他者に伝えることなどあり得えるでしょうか?小学校高学年~中学生レベルくらいの理科、技術の常識があれば理解できる話だと思います。, にあなたの「TV受信は確認できてる発言」を報告した上で、私の『テレビ電波受信情報』についての情報開示を請求する」, そして、迂闊にB-CASに個人情報を登録すると、それを (株)B-CAS社に好き勝手に使わせることを承認, しまいます(ただ、NHKがこれをテレビ設置の証拠として営業活動に利用することなどできません。そんなことをすれば、B-CAS社もNHKも、個人情報の不正流用=個人情報保護法違反となります)。, しかし、NHKのBS放送に流れる、受信契約を促すテロップ(BSおじゃまテロップ)を消すために、, 参考:まんまと術中に嵌っている人の相談サイト。回答しているのはネット上の相談を常時監視しているNHK関係者, 何人も自己を本人とする保有個人情報の開示を請求することができる。

相手がnhkの集金人であると服装で判断できた場合には、居留守を使って追い返しましょう。もっとも簡単な撃退法です。